RECORD BOY

Japanese New Releases


*毎週水曜は当店の定休日ですが、日本のパンク新作がいくつか入荷しましたので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降となります。



thesavages-bloom.jpg

・the SAVAGES - Bloom on the Ash CD 税込2,160円 (Break The Records)

2015年のデモCDリリース以降、精力的に音源発表とライブ活動を重ねてきた東京のSAVAGESの9曲入り1stアルバムCDがBreak The Recordsから発売。UKや北欧の80'sハードコア影響下のロウ・パンクを日本語詞で表現し、青春系の哀愁だけど円熟もしてきて、細かなジャンル問わず、もはやイースタン・ユースなどの日本語エモーショナル・パンク・ファンにこそ聴いてもらいたいような渾身の1stアルバムに仕上がっています!!


INTRUDERS、RAW DISTRACTIONS、REDNECKS、ROUGH STUFFのメンバーによる、日本語EMOTIONAL RAW PUNK、THE SAVAGESの1stアルバムが遂に完成。EMOTIONAL RAW PUNKって何だよって思うかも知れませんが、彼らの音を分かりやすく説明するにはこれしかありませんでした。それは前述のメンバーの関係バンドから連想される音とは少し違うはずです。あなたの思い描くような、黒く塗りつぶすハードコアやパンクのスピリッツを持っている事は間違いありませんが、彼らは自らを表現するのに絵筆を持ち、水彩の絵を描いたのです。歌うようなベースラインが8ビートと絡み、生き生きしたリズムを生み出す。UK音楽を連想させる独特な響きで彩るギターと、絞り出すように歌うボーカル。数多いる日本のギターロックバンドと全く違う印象を受けるのは、やはりそれぞれのバックボーンによるものでしょうか。そして聴きこむ度に、これは人間が作った音楽なんだな、という至極当然な思いが強くなる。永く愛される音楽とはきっとこういうものなのだろうと。
気の良い三人のパンクスが寄り集まり、紡いだ9つの想いが遂に花開く。その名もBLOOM ON THE ASH。灰の上の咲かせた花が成長していくのは、またこれからの話。

~インフォメーションより~




centipede-bystander.jpg

・CENTIPEDE - bystander 7" 税込1,080円 (Pogo 77)

大阪パンク・バンドの2014年発表2枚組EP以来となる2nd EPがPogo 77からリリース。全3曲入り、限定500枚リリース。パンクの衝動性と、ベテラン・パンクスならではツボを押さえまくった楽曲と演奏力のバランスが完璧に近いくらい見事で、ロウ・パンク・ファンは必聴のキラーEPです!!全3曲入り、限定500枚リリース。


punkとは?
誰もが一度は向きあった事があると思う。ボクは今だって自問自答を繰り返している。その答えのかけらがCENTIPEDEの中にあるんじゃないのか?ボクは彼等から目が離せないでいた。そんな彼等、CENTIPEDEの2ndep「BYSTANDER」がついにリリース。狂気の海と言う名の現実に泥舟を出し、世の中の不条理、疑問、矛盾に対し毒を吐き続ける。
70s80spunkに留まらず、古き良き歌謡曲のユーモアとアイデアまで取り入れた彼等の音楽は何者にも囚われないCENTIPEDEそのもの。日本語で歌われる彼の目から映る世界。それらを包む、荒々しくもポップに広がるメロディ。彼等の中に流れているパンクミュージック全てが渦巻いているんじゃないだろうか?針を落とした瞬間、CENTIPEDEに飲み込まれニヤリとしてしまうでしょう!ボクはそうでした。笑

去年の冬、大阪でCENTIPEDEの企画に遊びに行くバスの中。桜井さんからメールが届いた。
「ヨシヲ~2nd出すんだけどレビュー書いてくんない?」
内心、この人何言ってんの?バカなの?と思った。もちろん大好きなバンドからそんな事言われて嬉しいに決まってる、だけどそんなもんやったこともなけりゃまともに考えた事もなかった。
しばらく考えたけど、笑顔でやるよ!やらせてよと答えた!
色々と影響を受けた人達なだけに言葉で表すなんて簡単にはいかないけど伝わってもらえたなら幸いです。
彼等のpunkrockへの愛情は本物、実際彼等に会って話してみればそれが伝わるはず。
レコードも大事だけど是非ライブハウスに足を運び彼等の熱量を体感し、言葉を交わしてもらいたい。彼等の発言、一挙手一投足を見逃すな!!
ヨシヲ/skizophrenia!

~インフォメーションより~




vroom-reblesss.jpg

・VROOM - Rebless CD 税込2,500円 (Rever部)

東京で活動するヘヴィロック・バンドの2018年発表12曲入りCD。男臭く歌い上げるVo.とグルーヴィンなヘヴィ・サウンドで、Till Your Death Recordsリリースのファンなどにオススメです。


『突かれる、疲れる、憑かれる…だが、それがいい!VROOMの飽くなき絶唱への追求と、憤怒・怒号に満ちたステートメント(声明)は、幽玄的トライバルビートを完全掌握する!』

~印藤勢(マシリト・SEI WITH MASTER OF RAM)~

『破壊力があり時に繊細な唄。試行錯誤の集団が襲い掛かる演奏。これがあのVROOMですわ!高円寺から世界へ!アモーレ!』

~池田 浩之(両国サンライズ店長・MUSHAxKUSHA)~


関連記事
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR