RECORD BOY

SataniCult of Death!!


* 毎週水曜は定休日ですが、デス・メタル系再発商品が多数到着しましたのでカートアップ致しました。


rottingchrist-satanas-lp.jpg



・ROTTING CHRIST - Satanas Tedeum WHITE VINYL LP 税込2,808円 / DIGIPACK CD 税込1,620円 (Cryptia prod.)

1980年代後期にグラインドコア・バンドとしてスタートして、その後徐々にブラック・メタル色を強めていき、現在はギリシャ・ブラック・メタルを代表するバンドとしてエクストリーム・メタル・ファンに幅広く認知されるROTTING CHRISTの1989年発表5曲入りデモが、1993年に行われた伝説のFuck Christ Tour (w/ BLASPHEMY & IMMORTAL)時のライブ "Feast Of The Grand Whore"を追加した6曲入りで再発。アナログ盤は50枚ブラック・ビニール+50枚ホワイト・ビニールの計100枚プレスとのこと。今回はホワイト・ビニールで入荷しました。

メロディック・ブラック/ゴシック・メタル以降のROTTING CHRISTファンは眉をひそめる極悪初期音源でありながら、エクストリーム・メタルの歴史を変えたマイルストーン的音源の一つとして最重要視されるデモです。まだグラインド期の名残もあるドカドカに速いロウ・サウンドだけど、曲調は着実にデス/ブラック・メタル化してきていて、初期ブラック・メタルとグラインドコアとの接点がここにも表れています。しかしこの音源が後のブラック・メタルに多大な影響を及ぼしたのはやはり大胆なシンセサイザーの導入で、このデモがエクストリーム・メタルにシンセサイザーを本格的に導入した世界初の音源とされています。NOCTURNUSもまた時をほぼ同じくしてキーボードを大々的に導入した最初のデス・メタルとして脚光を浴びましたが、ROTTING CHRISTの方法論はメンバーが認めている通りBATHORYから強くインスパイアされた結果で、そしてこのROTTING CHRSITの画期的なデモが、EMPERORなどのノルウェー・ブラック・メタルに大きな影響を与えたとされています。これまでも様々なバージョンでリリースされてきた最重要名作デモ音源ですが、未聴の方は必ずや1度は聴いてほしいブラック・メタル最重要音源デス!!



septicflesh-forgotten.jpg



・SEPTICFLESH - Forgotten Path LP 税込2,592円 (Necroterror)

pre.DEAD CONGREGATIONのNUCLEAR WINTERの1stデモをヴィニール化再発していたキプロスのマニアック・ブラック/デス・メタル・レーベル Necroterror Recordsから、ギリシャのSEPTICFLESH(正式にはまだこのデモの頃はバンド名は1ワードではなく、SEPTIC FLESHだったようです)の1991年1stデモが限定300枚ナンバリング入りでアナログ盤再発。SEPTICFLESHの初期デモはCDでは各種コンピレーション・アルバムに収録されていたと思うけど、この1stデモ音源のヴィニール化はたぶん今回が初ではないでしょうか?間違ってたらすみません。しかし内容が素晴らしいので、初ワックスだろうがなかろうが、初期ギリシャ・デス・メタル・ファンは必須のグレート・リイシュー・デス!!

ギリシャを代表するアトモスフィカル・デス・メタル・バンドで、ゴシック・メタル・ファンにも絶大な支持を集めてるバンドなわけですが、この1stデモはまだ非常にアングラ臭の強いデス・メタル・サウンドです。ROTTING CHRSITやVARATHRONほどのジメジメしたクリプティックなダークネスは強くないけど、スペインのNECROPHILIACのような低く徘徊するように激しく展開する楽曲と極上のエピック・トーンで切り込んでくるメロディック・ギターの絡みが最高にカッコいい!!NECROPHILIACや、PURTENANCEファンにすらオススメしたいアトモスフィカル・デス・メタル傑作デモ!!



equinox-florida-return.jpg



・EQUINOX (Florida, USA) - Return to Mystery CD 税込1,944円 (Unisound)

フロリダACHERONの1stアルバム Rites of the Black Massでギターを担当したPete Slate氏(現DRUID LORD)がACHERON脱退後に結成したデス・メタル・バンド EQUINOXの、1996年に悪名高きギリシャのUnisoundから発表した1stアルバムCDです。初回はデジパック・バージョンもあったようですが、オリジナル・リリース以降、他のバージョンやライセンス盤なども1度も出たことのない、Unisound搾取しまくりのロングラン(って言うべきじゃないだろうけど)クラシック・アルバムです。裏ジャケにemailアドレスが載ってるので、やはりUnisoundが好き勝手にプレスしてるようです(1996年発売のCDにemailアドレスは載ってないですよね?)。あと、コンタクト先が載ってるということは、レーベルが今も動いてると公に認めたことになりますね。

このEQUINOXは他メンバーも元ACHERON/現DRUID LORD組で、サウンド・スタイルもACHERONに通じる点が多いです。楽曲は完全なるCELTIC FORSTウォーシップ・デス・メタルで、CELTIC FROSTリフが随所に飛び出しますが、絶叫シャウトVo.がデス・メタルとブラック・メタルの中間的なイメージを強く放っているので、スラッシーな雰囲気はほとんどありません。シンセも導入しているので、めんどくさいこと書いて余計な字数を増やす意味もないくらい、ACHERONファン必聴のバンドです。あ、でもオランダPENTACLEにもかなり似てます。と言うか、ACHERONよりもシンセの乗ったPENTACLEに近いかも知れません。いずれにしろ、CELTIC FROSTウォーシップ・デス・メタル・ファン必聴death!!



acheron-rites.jpg



・ACHERON (USA) - Rites of the Black Mass CD 税込1,836円 (Vic)

NOCTURNUSの初代ギタリスト Vincent CrowleyがNOCTURNUS脱退後の1988年に結成したUSサタニック・デス・メタル総帥 ACHERONの、1992年にTurbo Musicから発表した1stアルバムが、オランダVic Recordsから再発。PHLEBOTOMIZEDギタリスト Tom Palms氏によるリマスタリングで、ライナーノートはPENTACLE / ASPHYX / SOULBURNベーシスト Wannes Gubbels氏によるVincent Crowley氏へのインタビューを掲載。これがとても良いインタビューで、Wannes Gubbels氏のACHERONへのリスペクトがヒシヒシと伝わってくるし、そしてちゃんとファン目線で探りたいところをいろいろ質問しています。1990年プロモ・デモ2曲をボーナスで追加した全12曲入りで、文句なしの再発盤となっています。

Church Of Satanに属していたこともあり、USデス・メタル界でサタニックな信仰をいち早く熱心に取り入れたVincent Crowley氏のライフワーク・バンドですが、デス・メタル・ファンならずとも、全オカルト・メタル・ファン必聴と言い切ってしまいたいカッコよさです。CELTIC FROSTやSAMAELなどとの共通項もうかがえるものの、クラシカル・メロディックなギターソロと全編を覆うキーボードがよりサタニック・リチュアルを強めていて、オカルト・テイストを強めたNOCTURNUSみたいな感覚もありますし、この豪華なサポート陣によるVic Records再発で気付いたけど、PENTACLEのCELTIC FROSTishサタニック・デス・メタルは、実はかなりこのACHERONからも相当触発されていたのが随所に感じられます。フロリダ・デス・メタル異端の記念すべき名作1stアルバムにして、CELTIC FROST影響下デス・メタルとしても異色の傑作death!!



melechesh-asjerusalem.jpg



・MELECHESH - As Jerusalem Burns... Al'Intisar CD 税込1,836円 (Vic)

イスラエル・エルサレム出身で、その後ヨーロッパに拠点を移してワールドワイドに活動を続けるブラック・メタル・バンド MELECHESHの1996年発表1stアルバムが、1stデモと1st 7"もボーナス収録した初期音源集CDとしてオランダVic Recordsから再発。オリジナルはJUDAS ISCARIOTメンバーによるカルト・ブラック・メタル・レーベル名門 Breath of Night Recordsの第1弾リリースで、2015年にようやく初ヴィニール化されたLPが、あのイタリアン・ダイハード・メタル・ヴァイナル専門レーベル Night of the Vinyl Dead Recordsからのリリースだったこともマニアの間では話題となりました。


Tracks 1-10 : As Jerusalem Burns... Al'Intisar ALBUM (1996年)
Tracks 11-15 : 1995 DEMO
Tracks 16-17 : The Siege of Lacish 7" (1996年)


イスラエルと言えばもうちょっとゴシック・ドゥーム寄りながらMAYHEMの故Euronymous氏もお気に入りだったというSALEMが有名ですが、このMELECHESHのサウンドは北欧スタイルの伝統的ブラック・メタルで、1996年のイスラエルでこれだけのクォリティーの作品を残していたのは驚異的です。激烈に速く、そして美しく冷たく突き進む、EMPERORやIMMORTALなどの影響を強く感じさせながらも、随所に中近東旋律も絡めたりしてきます。そしてこれが実に見事に、さりげなく絡んでくるので、オリエンタルな雰囲気のブラック・メタルが苦手な人でももしかしたら気付かないくらいに上手く導入しています。しかしボーナス音源を聴くとこのクォリティーに到達するまではやはり試行錯誤していたのがうかがえて、デモはシンセ導入のギリシャ・ブラックのようなジメジメしたエピック・グルーミー・デス・メタルに中近東フレーズを盛り込み、そして1st 7"ではそれがけっこうアヴァンギャルドな味わいとなり、ストレンジ・デス・ブラック・メタルとしての面白みがあります。1stアルバムでの攻撃性の非常に強いハーシュ・コールドなブラック・メタル・クラシックも、そしてデモ&EP時代のアヴァンギャルド・エピック・デス・ブラックなサウンドも、どちらもオススメdeath!!



maliciousonslaught-brutalgore.jpg



・MALICIOUS ONSLAUGHT - Brutal Gore CD 税込1,944円 (Unisound)

1980年代中期に始動したNYのデス・メタル・バンドの1994年発表2ndアルバムCDです。1992年の1stアルバム Rebellious MayhemはJL Americaからのリリースで、海外では今でも時々デッドストックが出回ったりしますが、この2ndは悪名高きギリシャのUnisoundから発表されていました。スラッシュ・メタルのFLAMESなどは長年Unisound盤が出回り続け、バンドは搾取されっぱなしだったけど、Flogaから再発されてからは需要もなくなったせいかUnisound盤もあまり見かけなくもなりました。と思ったら、今度はこんな最高のカルト・デス・メタルCDが出てきたので、思わず条件反射で入荷させてしまいました。

もう、この素晴らしいクサレ・ジャケだけで飛びついた人はガッツポーズのクレイジーな内容です。基本的にはグラインド・デスなんですが、シンセを入れたり、思いついたリフをつなぎ合わせたような支離滅裂に展開する構成で、しかも崩壊寸前。HORROR OF HORRORS, GOATLORD, TOXODETH, NUCLEAR DEATH, SEXTRASH, MYSTIFIER, ROOT, etcをミックスしたらこうなるでしょうか?そして何度でも言いたいくらいジャケのこのクソ・センスが最高に素晴らしい!!



obtruncation-sanctum.jpg



・OBTRUNCATION - Sanctum Disruption, Sphere of the Rotting CD 税込1,836円 (Vic)

1997年発表1stアルバムのデッド・ストックCDが数年前に出回ってオブスキュア・デス・メタル・マニアの間で話題となったオランダのバンドのデモ・コンピレーションCDがVic Recordsからリリース。1991年1stデモ/1992年2ndデモにライブも追加した全12曲入り。


Tracks 1-6 : Sphere of the Rotting DEMO (1992年)
Tracks 7-11 : Sanctum’s Disruption DEMO (1991年)
Track 12 : Aroused by the Deceased (live)


1stアルバムを初めて聴いた時も、なぜこれまで全く話題にならなかったのかが不思議なくらいに爆裂したサウンドにKOされたけど、このデモも本当にすさまじいです。ダッチ・デスならではのゴリゴリの爆裂感はPESTILENCEやASPHYXなどにも通じますが、ドラマーの暴走具合がグラインド・ファンも狂喜する突進力で、こんなにもせわしなくつんのめってるドラムは、めったに出会えません。IMMOLATIONやSUFFOCATIONなどのNYデス・メタルにも似たブルタリティーと、PESTILENECE, RIPPING CORPSE, MALEVOLENT CREATIONなどのテクニカルなメカニカル・デスラッシュ・リフを、TERRORIZER, NAPALM DEATH, REPULSIONなどの初期グラインドコア・バンドのような生々しい暴走ドラミングで叩き出しているようで、1stアルバムを入手して気に入ってしまった人も、そうでないグラインディング・デス・マニアも絶対必聴のクレイジー・デス・メタル・デモ発掘音源!!サンプル貼った"Sanctum's Disruption"って曲なんか、前半のグラインド状態から中盤はちょっとSODOMみたいなスラッシュ・パートに展開して激渋カッコよすぎます。



関連記事
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR