RECORD BOY

Metal Mexicana!!





・the CHASM - A Conscious Creation from the Isolated Domain-Phase I CD 税込1,620円 (Lux Inframundis prod.)

1992年にメキシコで結成され、現在はシカゴを拠点に活動するTHE CHASMの2017年発表最新アルバムです。今回はCENOTAPHの初代ギタリストで、METALUCIFERの2003年USツアーの際にも抜擢されたDaniel Corchado氏と、ドラムのAntonio Leon氏の、オリジナル・メンバー2人によって制作された、なんと全編インストゥルメンタルのアルバム。オランダのVic Recordsライセンス盤も出ましたが、今回入荷したのはDaniel Corchado氏自身のレーベル Lux Inframundis prod.盤で、ハガキよりもちょっと大きいサイズのカードとステッカーが付いています。

出身国メキシコのバンドに多い、中南米アンシエントなミステリアス叙情旋律を導入したエピック・デス・メタルとしてスタートし、作品を発表するたびにより深く進化していますが、このアルバムはTHE CHASMのプログレッシブな志向を突き詰めたインストゥルメンタル・アルバム!なのですが!!これが本当に凄い。。。プログレッシブなインスト作品、と聞くと誰もが大作志向の作り込んだアルバムを想像するでしょうが、THE CHASMの場合はただ純粋に彼らの高まり続ける演奏と楽曲のテンション&クォリティーを注ぎ込むことに徹していて、つまり効果音や雰囲気作りのような装飾で盛り付けたような作風では全然ないのです。ただただひたすらに、エクストリーム・メタル職人の巧みの技を繰り出し続けるだけ。アンビエント・パートとかSEとか、そんなもんが一切混ざってないのです。しかも、楽曲はTHE CHASM史上最もスラッシュな作風、と言うか完全なピュア・スラッシュ・メタルで、ガッツンガッツン攻めまくりのテクニカル・スラッシュで終始暴走しています。もちろん、ドラマチックなフレーズなども絡めながら。MEKONG DELTAなんかのファンは絶対に必聴です。素晴らしい!!!







・ACERUS - The Clock of Mortality DIGIPACK CD 税込1,512円 (Lux Inframundis prod.)

メキシカン・カルト・デス・メタル CENOTAPHの発起人で1992年の激レア名作1stアルバム The Gloomy Reflection of Our Hidden Sorrowsまで在籍し、その後CENOTAPHを去った後はINCANNATIONの1998年アルバム Diabolical Conquest制作に参加。そして1992年に母国メキシコで結成したTHE CHASMがUSシカゴに移住後はシカゴを拠点とし、2003年のMETALUCIFER渡米時にギターも担当した、さすらいのダイハード・メタル職人ギタリスト Daniel Corchado氏が全パートを担当する(ドラムはプログラミング)正統派パワー・メタル・プロジェクトの2016年に発表した8曲入りアルバム、デジパックCDです。

ダイハード・デス・メタラーならば見過ごせない輝かしい職歴を持ったギタリストですが、このプロジェクトではやはりMETALUCIFERに抜擢されたという点に注目してもらいたいです。IRON MAIDEN直系のような鋼鉄スタイルで、スピード・メタル調の疾走パートも多く飛び出しながら、そこに哀愁メロディーをふんだんにトッピングしています。そしてこのアンシエント・エピックな旋律が、メキシカンと言うか中米ヒスパニックならではの独特のコブシを利かせていて、こういうところにMETALUCIFERにも抜擢されたようなセンスを感じてしまいます。正統派トラディショナルで、ちょいクサレてて、そして男の哀愁漂う、これぞダイハード・メタル!!







・la DIVINA COMEDIA - Genesis : Demos I y II CD 税込1,944円 (Raza Solar)

1986年~1991年の5年間活動したウルトラ・メガ・オブスキュア・メキシカン・メタル・バンドのコンピレーションCDが、現地レーベルからリリース。バンドも再発レーベルも全く未知の存在でしたので何故入荷できたのかが不思議なくらいですが、これがジャケ見て何かを感じ取ってしまったような人ならガッツポーズ級の素晴らしいドぐされ中南米鋼鉄ですので、ぜひともこの機会に入手してください!!

IRON MAIDENからの強い影響を感じさせる正統派メタルだけど、”Abigail”という曲名もあり、歌詞の内容は意味不明ながら恐らくサタニックなアティチュードだったと思われます。オカルト・メタルなファッションのブックレット中の写真も素晴らしい。そしてサウンドもまた最高で、ペルーやアルゼンチンの80'sメタルなんかにも通じる南米ヒスパニックな哀愁全開の楽曲と、そのバッキングに全く関係ないようなメロディーも時折キョーレツ音痴に歌いまくるVo.のミスマッチが号泣素晴らしい!!
関連記事
11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR