RECORD BOY

Death from the Graves!!


pestilence-consuming.jpg

pestilence-consuming-cd.jpg



・PESTILENCE - Consuming Impulse 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)

オランダのデス・メタル老舗レーベル Hammerheartによるダッチ・デス・メタル代表格 PESTILENCEの再発シリーズ、こちらは最高傑作の呼び声も多い1989年発表2ndアルバムです。よく考えたらこの2ndはオリジナル・レーベルのR/C Records / Roadracer盤以外でのCD再発は今までなかったので、1stの再発以上に楽しみにしていたファンが多かったようです。1988年と1989年のライブを収録した17曲入りボーナスCD付きで、スリップケースに隠されたジャケ・ブックレットは、当時バンドが準備しながらもRoadrunnerに勝手に差し替えられたという曰くつきのお蔵入りオリジナル・アートになっています!!


CD 1 :
Tracks 1-10 : Consvming Impvlse ALBUM (1989年)

CD 2 :
Tracks 1-9 : Live Veghel (1989年)
Tracks 10-16 : Live Bochum (1988年)


1988年に発表した1stアルバム Mallevs Maleficarvmはスラッシャーも狂喜させるデスラッシュのマスター・ピースでありながら、時々伝統的ヨーロピアン・スピード・メタルのような旋律とパートが絡むところが最高でしたが、本作でデス・メタルの重厚ステンチなサウンドを完全に確立しています。フロリダ/スウェディッシュ/UKのいずれともちょっと違う、音の壁が迫りくるような圧倒的な重厚サウンドは、ベース&Vo.のMartin van Drunen氏が後に参加してアルバムを発表したASPHYXの初期作品と並び、ダッチ・デス・メタルの完成度の高さと激烈さを世界中のデスメタラーに強烈に印象付けました。しかしまだ楽曲はスラッシュの疾走感やリフワークの名残も強く、乱暴に言ってしまえばPOSSESSEDが欧州に渡ってしまったようなかっこよさです。デスラッシャーも必須の初期デス・メタル・ウルトラ・マスターピース!!



pestilence-testimony.jpg



・PESTILENCE - Testimony Of The Ancients 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)

こちらは1991年発表3rdアルバムです。過去にMetal MindなどからCDが再発されていましたが、今回は1992年のライブ2本を収めた16曲入りのボーナスCD付きで、スリップケースに収まった、これまでで一番デラックスなバージョンとなっています。ちょっとオーダーするタイミングを逃してしまったら、アナログ盤は早々に初回プレス終了したそうですので、第2期PESTILENCEの最高傑作と評される本作の人気の高さがうかがえます。


CD 1 :
Tracks 1-10 : Testimony Of The Ancients ALBUM (1991年)

CD 2 :
Tracks 1-9 : Live at Dynamo Open Air (1992年)
Tracks 10-16 : Live at Nighttown Rotterdam (1992年)


2ndアルバムまではスラッシュのブルタリティーを増幅させたようなスタイルで、テクニカル・リフと重厚なサウンドのマッチングが破壊的でしたが、前作2nd発表後にベース&Vo.のMartin van Drunen氏が脱退し、本作からはギタリストのPatrick Mameli氏がVo.も兼任して、ベースをATHEISTのTony Choy氏が担当しています。この人事異動がサウンドの進化も物語っていて、キーボードによるスペーシーなムードのパートや、Tony Choy氏のジャジーなフレーズなども聴かせたりと、PESTILENCEが元々備えていたテクニカルな志向をよりアピールした作風となっています。しかし、のっけからまるでPOSSESSED (Beyond The Gates期)のようなリフでスタートしているように、テクニカルなスラッシュの要素も健在で、目まぐるしさは加速しながらも、アグレッシブな疾走感は失われていません。メロディックなギターソロも最高です。ATHEIST, CYNIC, DEATHのHumanアルバム以降のファンは必聴の名作。ライブ音源がまたカッコいい!!



pestilence-sphres-lp.jpg



・PESTILENCE - Sphres LP 税込2,808円 / 2CD 税込2,160円 (Hammerheart)(Hammerheart)

こちらは1993年発表4thアルバムです。昔ならば当店はPESTILENCEは3rdアルバムまでで留めていたでしょうが、才能あふれる現行のアンダーグラウンド・デス・メタル・バンドや、Dark Symphonies / Vic / Xtreem Musicなどから再発されるカルト・ストレンジなデス・メタル・クラシックなど聴いてると本当に面白いので、PESTILENCEはやはりここまでいってみようと思います。LPは重量盤で、このアルバムにはポスターが付いてます。

前作3rdアルバムまでの土台だったテクニカル・スラッシュ・デス・メタルが、この作品ではほぼ姿を消し、ムーディーなジャズ基盤のプログレッシブ・デス・メタルへと完全に移行しています。Nothing Face期VOIVODや日本のDOOMのような屈折フレーズもパーツとして土台を構成して、アヴァンギャルド感は最高潮に達しながら、CYNICスタイルのジャズ/フュージョン・デス・メタルを極めています。ただ、CYNICよりもやはりヘヴィメタル/スラッシュの血が濃いところが、リフのかっこよさなどに表れています。フランスSUPURATIONなどのファンにも絶対オススメので、アヴァンギャルド・フュージョン・デス・メタル傑作death!!



nominon-recremation.jpg



・NOMINON - Recremation CD 税込1,728円 (Konqueror)

1993年結成のスウェディッシュ・ベテラン・デス・メタル NOMINONの2005年発表2ndアルバムCDです。1999年1stアルバム Diabolical Bloodshedと2010年4thアルバム Monumentombのアナログ盤がBlood Harvestからのリリースで当店にも入荷していたバンドですが、海外での人気の高さに比べて日本での知名度は相当低く、しかしその1stと4thのアナログ盤が入荷した際は購入された方々からは好評でしたので、評価の高い2ndと3rdのCDも入荷させてみました。

「スウェディッシュ・デス・メタルで最もヘヴィなバンド」という評判もダテではない、黒く重い感触が強烈ですが、INCANTATIONやAUTOPSYなどとはまるで違う印象で、起伏もある展開を猛烈に突き進んでいく、邪悪性とガムシャラ感が一体となったようなゴリゴリな曲調は、AT THE GATESやGROTESQUEなどにも通じる冷たさを帯びたリフ&フレーズも絡めています。この作品は同年代スウェディッシュ・バンドで例えたらKAAMOSやDEFLESHEDなどに通じるところがあると思うけど、北欧エピックなキャッチーは皆無なので、KAAMOSの最終作を出していたNuclear Winter / Martyrdoom prod.リリースの黒く重い感触のデス・メタル好きにもオススメ。いやはや、それにしてもこの鈍くて鋭く、黒くて冷たいゴリゴリ・アグレッシブなデスラッシング・サウンドは、体調万全じゃないとボッコボコに打ちのめされる強力さです。凄い!!



nominon-terra.jpg



・NOMINON - Terra Necrosis DIGIPACK CD 税込1,728円 (Konqueror)

こちらは2007年発表3rdアルバムCDです。永い歴史故にメンバー遍歴も複雑なバンドで、これまでに多くの伝説的なスウェディッシュ・デス・メタル・バンドのミュージシャン達が参加してきましたが、中心メンバーはギタリストのJuha Sulasalmi氏。2015年から活動停止期間に入ってて、その頃はNIGHTMARE CITYのベーシストがVo.を担当していたようです。

前作2ndアルバムの黒くジャキジャキなギターとロウなドラミングのバランスよりも、スウェディッシュ・デス・メタルらしいファットなサウンドになっていて、DISMEMBERとAT THE GATESとMARDUKのミックスのようなゴリゴリ・ブルータル且つソリッド&コールドなスカンジナビアン・デス・メタル・アルバムです。若干遠慮したバランスになってますが、ドラミングはやっぱり強烈。北欧の冷たさと暴力的なパワーを同時に求めてる人は絶対必聴のカルト・バンドdeath!!


関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR