RECORD BOY

Thrash To The Death!!


vulture-theguillotine-lp.jpg



・VULTURE - The Guillotine LP YELLOW VINYL 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (High Roller)

Victim to the Bladeデビュー・デモEPが素晴らしい内容で世界中のスピード/スラッシュ・メタル・ファンから一躍脚光を浴びたドイツのVULTUREの2017年発表1stアルバムです。既に日本でも高い評価を得ている大ヒット作で、アナログ盤の初回プレスは早々に完売となり、今回入荷したのは限定500枚の2ndプレスのうちのltd.300枚イエロー・ビニール。これもソールドアウトは時間の問題です。

BULLDOZING BASTARD, OBSESSORメンバーらによるジャーマン・スラッシュ・メタル・バンドで、オリジナルは限定150本のカセットでリリースされ、その後High RollerからLPとCDで再発されたVictim to the Blade EPは、アナログ盤がプレスされるたびに早々に完売して大きな話題となりました。本作もそのデモEPと全く路線は変わっていませんが、賞賛や高評価の声はむしろ前作を上回っています。今までの2000年代以降ジャーマン・スラッシュ・メタルとはちょっと違う整合感のあるゴリゴリのスラッシュはスウェーデンのANTICHRISTを彷彿させますし、そこにキモ~チ初期RANGERも思わせるスピード・メタル的なオールドスクール感もあって、まぁニクいくらいツボを突いてきますが、しかし楽曲の完成度はモノマネ・レベルを超えたオリジナリティーあふれるものも多くて、予想通りのサウンドなのに期待以上の内容で、これはホント凄い。こんな、PARADOXみたいな壮絶なアンサンブルと美麗ツインリードを聴かせるバンドだったなんて、改めて驚きです。しかも、その上にPaul Baloffみたいな唱法したりして、もう40代はガッツポーズ級のカッコよさ!!グレートすぎる!!!



foreseen-gravedanger.jpg



・FORESEEN - Grave Danger CD 税込1,944円 (20 Buck Spin)

ともにツアーを周ったUSのPOWERTRIPと並んで現代クロスオーバー・スラッシュの代表的存在にまで認知されてきたフィンランドのFORESEENの2017年発表2ndアルバム。今回もUSの20 Buck Spinからのリリースで手をこまねいておりましたが、遅ればせながらなんとかCDだけ入荷しました。当店でこのレーベルのCDをこの値段に抑えるにはミラクルが起きないと絶対無理なので、まあSvart Records盤CDも出ちゃいましたが、まだ買ってなかった人はぜひこの機会に入荷してください。

RANGERのベースVo.のDimi氏がクロスオーバー・バンドもやってると言うので、試しに入れてみた7"EPが、クロスオーバー系では近年まれに見るカッコよさで大反響だったバンドですが、Dimi氏脱退後に発表した前作1stアルバム Helsinki Savageryは以前よりさらにスラッシュ・メタリックに爆発した傑作でした。本作2ndアルバムは、近年のノルウェー・スラッシュ・メタル若手に代表される北欧スラッシュ・メタルらしい前作路線の曲ももちろんあるけど、刻みリフよりもハードコアのダイナミズムを強調したパートが素晴らしく、オープニング・ナンバーなどはジャパニーズ・ハードコア・ファンもノックアウトされるであろう(哀愁メロディーと邪悪バイオレンスとかいった類のヤツではない)超荒くれブルータル・スラッシュコアで最強カッコいい!!!ドラムのバタバタ・アグレッシブなスタイルが生かされたこういう曲調が増えていて、これはハードコア・ファンにも絶対聴いて欲しいです。ハードコア・パンク・サイドからのクロスオーバー・スラッシュとしては、現行ナンバーワンと断言したい大傑作です!!



dekapited-nacidos.jpg



・DEKAPITED - Nacidos Del Odio LP 税込2,916円 (Anger Of Metal)

限定500枚アナログ盤も入荷!!

2006年に結成されて、MCDとSplit CDも発表しているチリ出身スラッシュ・メタルの1stフル・アルバムです。日本でも既に盛り上がる気配を漂わせてる有望株で、チェック済みの方はこのハイテンション&爆発力に魅了されてることでしょう。正統派のスラッシュ・メタルとしては、2015年最大の成果と言っても過言ではない傑作です!!

新鋭らしからぬ抜群の安定感+疾走感で、とにかく爆発力が文句なしです。もちろんモダンなダイナミズムなどではなくて、ピュアにオールドスクールな突進力が破壊的に爽快で、尚且つツイン・ギターによるリフの刻みも鉄壁。メロディックなハーモニーも素晴らしいです。チリの伝統的デスラッシュや、普段BOYでヒットするロウで粗削りなタッチのスラッシュでもないけど、これだけカッチリした演奏で若々しいアグレッションを爆発させられたら、誰もケチのつけようがないのではないでしょうか。母国語のVo.と完璧なバッキングのミスマッチも個性的です。クロスオーバーでもスピード・メタルでもない純然たる真性スラッシュですが、いつものBOYらしい幼稚な例えで強引にまとめるなら、スピード・メタル寄りになったFORESEEN、と言った感じすらあります。これは凄い!!全スラッシュ・メタル・ファン必聴です!!



diabolicforce-praise.jpg



・DIABOLIC FORCE - Praise of Satan CD 税込1,728円 (Morbid Tales)

2001年発表の1st 12"が当時けっこう日本でも高く評価されたブラジリアン・ブラック・デスラッシュ・メタルの2017年発表2ndアルバムCD。実はメンバーが全員ATOMIC ROARであり全員FARSCAPE, あと他にたくさんやってるお馴染みの連中です。全9曲入り。

久しぶり過ぎて昔どんな音だったかも忘れたけど、間違いなく言えるのは、やっぱり今もカッコいいです。簡単に言うと、スラッシュ・メタル・バンドで安定した演奏としっかりした仕事をしてるブラジル人メンバーが集まって、BATHORY型の冷徹ブラック・スラッシュをやる、と、こうなるのでしょう。本場北欧のブラック・スラッシュのようにガリガリに刻みまくったりDESTRUCTIONリフを織り交ぜたりせず、Return ~ Under The Sign of Black Markの頃を狙ったようなプリミティブ・スタイル。南米ファン以外にもオススメです!!

関連記事
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR