RECORD BOY

Scandinavian Death Cult Jawbreakers!!


ultradamaged-book.jpg

・ULTRA DAMAGED : DAMAGE INC. ZINE ANTHOLOGY 1985-2017 BOOK 税込2,916円 (Cult Never Dies)

30年以上ぶりに復活して先ごろ第3号が発刊され、メタル&パンク双方のシーン関係者とファンを仰天させた、ノルウェー・ブラック・メタル MAYHEMの初期ボーカリストとして知られるManiac氏によるファンジン DAMAGE INC.の編集版がUKのブラック・メタル・レーベルからリリース!!今日届くまで、1号と2号の合併号的な再版本かと思ってましたが、第3号まで含めて編集されています。第3号は日本のバンドが多数掲載されていますが、過去の2号はやはりあの当時のハードコア・メタル/スラッシュ・ファンジンらしい内容で、80'sスラッシュ・ファンにはたまらない記事や写真が満載です。

1号では北欧ツアーに来ていたMETALLICAをとりあげていて、古くからのスラッシュ・ファンには良く知られた話ですが、このツアー前にスケボーで怪我したJames Hetfield氏はギターが弾けない状態で、ギターを持たずに専任Vo.としてライブを行っていた写真が掲載されています。さらにはManiac氏はKirk Hammett氏にインタビューして、その時のお二人の2ショット記念撮影という素晴らしくレアな写真もありす。第2号では、Maniac氏との交友関係が有名で、WARDULKも一緒にやってたKilljoy氏のNECROPHAGIAや、スウェーデンのMEFISTOとAGONY (ex. AGONI)、DEAD KENNEDYS、そしてNYが生んだ人類史上最悪のバカ・ラップ・スラッシュ INTENSE MUTILATIONのインタビューまでも掲載!!まさか、自分がINTENSE MUTILATIONと同じ本に載るなんて夢にも思いませんでしたので、これは最高な人生の想い出がまた一つ出来ました。嬉しいです。

DAMAGE INC.のオリジナルはどの号もホチキス留めのDIYな体裁ですが、これはしっかり製本された背表紙のある、グロッシーな表紙も高品質な全117ページに及ぶアーカイブ・ブック。Maniac氏の直筆サインも入ってます!!


掲載バンド :
THE CRAMPS, DEAD KENNEDYS, NECROPHAGIA, ASSASSIN, MASSACRE, CORROSION OF CONFORMITY, CRUMBSUCKERS, METALLICA, MAYHEM, SEPULTURA, TEITANBLOOD, Fenriz of DARKTHRONE, Mikko Aspa of CLANDESTINE BLAZE, BIRTH RITUAL, DÖRAID, ANATOMIA, KNAVE, FRAMTID, etc



oldfunela-our-2lp-clear.jpg

・OLD FUNERAL - Our Condolences (1988 - 1992) 2LP CLEAR VINYL 税込3,888円 (Soulseller)

待望の再プレス!!!今回も500枚プレスで、盤はクリアー・ビニールになっています。ゲートフォルド・スリーブとインナー・スリーブは当初のままで、これが非常に素晴らしい仕上がりなので、今まで買い逃していた方は今度こそはしっかり確保してください。

世界中のデス/ブラック・メタル・マニアが待ち望んだ、初期デスメタルの幻封印音源が、20年以上の歳月を経て遂に解禁。IMMORTALメンバーらが80年代後期に始めたノルウェーのベルゲン出身デスメタル・バンドで、BURZUMのVarg Vikerness氏もギターで一時参加したことでも知られているバンドです。90年2ndデモ / 91年EP / 92年音源を収録したコレクション・アルバム "The Older Ones" CDが、99年にHammerheart Recordsからリリースされてましたが、長らく廃盤で、その後はブートCDも出回っていました。コンテンツを増量してオフィシャル再発された、このオランダ Soulseller Records盤の一番のセールス・ポイントは、何と言っても、50本のみ製作された89年オリジナル・リリースのカセット・テープ以降、一切世に出ることのなかった1stデモ音源7曲を収録していることです!!!


- 89年1stデモ
- 91年未発表ライブ
- 90年 "Abduction Of Limbs" 2ndデモ
- 91年 "Devoured Carcass" 7" EP
- 91年録音 "Forced To Be Lost"
- 92年9月録音アドバンス・テープ
- 91年ライブ


遂に姿を現した89年1stデモは、ジャーマンPOISONあたりと同じ匂いがする、ロウ・ノイジーなスピード・デスラッシュで、いかにもこの時代のユーロ・ローカルなデスメタルではありますが、演奏や楽曲は、既にけっこうしっかりしてます。今回の再発盤はあえてリミックスはしてないそうですが、この1stデモはそれでも十分に良好と言える音質で、待ち望んだデスメタル・マニアを十分に満足させてくれる内容です。90年2ndデモもまだスラッシュメタルのルーツが見え隠れするサウンドで、めまぐるしい展開を突進力失わず猛烈なスピードで繰り出すファスト・デスメタルは、初期DEICIDEがちょっとデスラッシュっぽい直線的なスピードになったようにも聴こえてきます。Vikerness氏が参加した91年EPは、リリースしたバンド/作品がことごとくカルトな素晴らしい作品ばかりで後に高い評価を得たフランスの伝説デスメタル・レーベル Thrash Recordsから発表。この頃になると、CARCASS影響下のスカンジ・デスメタル、といった感じのサウンドへと深化。Vikernss氏は当時、「OLD FUNERALのスラッシュなサウンドに興味があったのに、どんどんデスメタルな方向に進んだので面白くなくて辞めた」とLord of Chaosの中で語ってましたが、Vikernss氏在籍時のこの頃のゴリゴリのraw & lowデスメタル・サウンドも、やっぱり激渋にカッコイいいです。そしてHammerheart Recordsが発掘再発した当時、スカンジナビアン・メタル・ファンを唸らせた92年マテリアルは、ブラックメタル的スタイルへと進んだ、BATHORY影響下デスメタルといった感じのサウンドでこれがまたカッコいい!!

他にも、初公開の91年ライブでは、AGATHOCLESのカバーをやってるし、NAPALM DEATHやDOOMはまだしも、M.O.D.やTOY DOLLSまで登場する、"好きなバンド・サンクス・リスト"や、恥ずかしいくらい衝動大暴走のパッチ・デニム武装メタル・ファッションなど、釘付けになる興味深いポイントが至るところにちりばめられた、凄い再発盤です。だって、CountがAGATHOCLESカバーしてたんですよ!!!他力本願レジェンド化マイセルフが得意のAGATHOCLESが、またしても伝説に一歩近づいた衝撃的事実です。ノルウェー・ブラックメタル、スカンジナビアン・デスメタル他、そして全てのカルト・アンダーグラウンド・エクストリーム・スラッシュ・ファン必聴の再発盤!!



repugnant-epitome-lp-clear.jpg



・REPUGNANT - Epitome of Darkness LP CLEAR VINYL 税込2,808円 / CD 税込2,376円 (Soulseller)

待望のLP再プレス!!!666!!!もう何回プレスされたも忘れましたが、これはあらゆる意味で常に市場に流通して入手できる状態であるべき歴史的名作だと思いますので、今回のバージョンも張り切って入荷させました。この2017年版は500枚プレスで、クリア・ビニール。もう、今までのバージョンも全てそろえたい!!改めて今聴いても、やはりそう思わされました。CDも久しぶりに再入荷しました!!

今やニッケ・アンダーソン以上にスウェディッシュ・デス・メタル・シーンを代表する世界的ロック・スターになってしまったGHOSTのPapa Emeritus IIIことTobias Forge氏がギター&Vo.のMary Goore、ベースのCarlos Sathanasは自身のR&Rプロジェクト Grgaで7"もリリースしていたIRON LAMBの初代シンガー Gustaf Lindström、ギターのSid E. BurnsことJohan Wallin氏とドラムのTom Bones = Thomas Daun氏の2人もIRON LAMBでex.DISMEMBERという、スウェーデンのデス・メタルとパンクとR&Rのオールスター集合だった伝説的バンド REPUGNANTの、2002年に録音され2006年まで陽の目を見なかった唯一のアルバムです。

まずはサタニックなルックスがカッコイイけど、サウンドはルックスも豪華なメンバー編成も関係なくなるほどに脳天ブチ抜かれるるダーティー・ロウ・デスラッシュでグレート最強カッコイイ破壊力抜群の名作です。鉛のように重厚な感触と時折ブラストするドラミングはデス・メタルですが、楽曲はPOSSESSEDや初期SEPULTURAなどのプロト・デス・メタルな80's スラッシュ・メタルを土台にしたダーク・スラッシュ。ドイツのEXCORIATEもそうだったけど、このバンドもロゴにSEPULTURAからの影響が表れてます。低音域を邪悪に這いずり回るデスラッシュを、初期PROTECTORのようなジャーマン・スラッシュっぽくもあるサウンドで叩きつけていて、ルックス/サウンドともに文句なし。まさに知られざる名曲だったMORBIDカバー Another Visionは、GASTUNKとの共通性も感じさせる最凶悪ドラマチック・ナンバーです。ジャケ、ルックス、サウンド、全てが完璧すぎるスカンジナビアン・デスラッシュ奇跡の歴史的名作!!!必聴&Dieeeeggghhh!!!



maim-ornaments.jpg



・MAIM - Ornaments of Severity LP 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (Soulseller)

2006年結成のスウェディッシュ・デス・メタル MAIMの2017年発表3rdアルバムです。アナログ盤はブラック・ビニールのみの500枚プレスで、ゲートフォルド・スリーブ。

デビュー・アルバムは当店でもけっこう好評でしたが、当時このバンドと掛け持ちしていた(ヘルプのような参加だったみたいですが)メンバーが他でやってたMORBUS CHRONやGHOSTなどがビッグになっていくのに、このバンドの方はなぜか地味な存在のまま地道に続けています。本作はメンバー2人で制作されたようですが、内容は全く問題なくカッコいいです。

スウェディッシュ・デス・メタルの中でもAUTOPSYの影響を強く打ち出したタイプですが、AUTOPSYのアシッドな要素からスカムなテイストを排除して美しいまでに昇華させてしまったMORBUS CHRONのような手法ではなく、もっと王道スウェディッシュ・デス・メタル流のAUTOPSYウォーシップで、NIHILISTと似たところを強く感じます。スロウ・パートもありますがグルーム感をさほど強調せず、シンプルにDISMEMBERなどのスウェディッシュ・デス・メタル・ファンが聴いても気持ちよくヘッドバンギングできる疾走感がメインです。大味なスウェデスだとアルバム1枚持たない、というような人でも、AUTOPSYを通過したこういうタイプならば聴きこめるでしょう。音圧でカバーしようとしないところも素晴らしい。NIHILIST系スウェディッシュ・デス・メタル・ファンと、AUTOPSY影響下デス・メタル好きはぜひチェックしてください!!


関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR