RECORD BOY

Anti-Goth!!


* 毎週水曜は当店の定休日ですが、昨晩完了できなかったNWN!商品を先ほどカートアップしました。


pervertedceremony-sabbat-diehardlp.jpg



・PERVERTED CEREMONY - Sabbat of Behezael DIE HARD LP 税込3,240円 (Nuclear War Now!)

デビュー・デモ・カセットがベスチャル・デス/ブラック・メタル・マニアの間で話題となっていたベルギー出身ブラック・メタルの9曲入り1stフル・アルバムが、アナログ盤もようやく到着しました。先にホワイト・シェルのカセット・バージョンが入荷してから2か月以上も掛かってしまいましたが、その間にこの作品は世界中で爆発的な反響を呼び、アナログ盤もカセットもプレスするたび早々に完売していました。パッチ&ステッカー付きでカラー・ビニールの、ダイハード・バージョンでの入荷です。

BEHERIT, DEMONCY, ARCHGOAT, PROFANATICAに影響され、それらのミックスを目指してるそうで、確かにプリミティブな鈍さと冷たさが同居したベスチャル・ウォー・ブラック・メタルは、SADOMATORのような北欧バンドが好きな人にオススメです。ノイズ具合がもっとプリミティブだったデモの時よりも、BEHERIT型のコズミックな感じを強めたようなナンバーもあって、隣国オランダのカルト・ブラックのような前衛性もどこか漂います。こういうサウンドの新人がハイプな存在になるなんて、やっぱり欧米のアンダーグラウンド・ブラック/デス・メタル・シーンの層の厚さと言うか地盤の強さは凄いですね。とにかく、2017年にブラック・メタルを聴いていた証として、これは絶対に触れておかねばならない歴史的作品です!!!666!!!



sangue-diehardep.jpg



・SANGUE - S/T DIE HARD 7" 税込1,512円 / REGULAR 7" 税込972円 (Nuclear War now!)

イタリア・ローマ出身ブラック・デス・メタル・バンドの2曲入りデビューEPがNWN!からリリース。特に作為的に非公開にしているような感じではないですが情報の少ないバンドで、バンドの活動状況やこの2曲以外の記録なども見当たりません。しかし興味深いのは、イタリアのバンドですがドラムス担当のAlex Wank氏は、あのオーストリア最凶シック・デス・メタル PUNGENT STENCHドラマーのRector Stenchのようです。他にもDark Descentからの1stデモがなかなか良かったオールドスクール・デス・メタル・バンド MORBOのVo.などが参加していて、デビュー作ながら裏ジャケのメンバー写真はみなさん迫力の面構えでカッコいいです。限定ダイハード・バージョンはステッカー&パッチ付きでカラー・ビニールです。

サウンドはモダンな2010年代型INCANTATION流派のデス・メタルで、もはや完成された感すらある仕上がりです。呪術的なグルーム感と爆発力あるファスト・パートで構成されて、IMMOLATION要素のある激烈なタイプでなく、FATHER BEFOULEDのような暗黒の中にかすかに黄昏も見え隠れするような、INCANTATION系列の王道と言っても良いかと思います。NWN!リリースですが、Dark Descentファンはぜひチェックしておいてください!!



scarecrow-deo-lp.jpg



・SCARECROW - Deo Optimo Maximo LP 税込2,484円 (Nuclear War Now!)

1980年代後期~1990年代初頭の東欧メタル・シーンに於いて、NWN!がチェコと並んでリスペクトしているポーランドに存在した知られざるバンドの音源が初ヴィニール化再発。昨年2016年にINDULGENCEというバンドとのカップリングでThrashing Madness prod.から発掘再発されていたバンドで、ご覧の通りルックスからしてNWN!が放っておくわけがない最高に魅力的なリイシューです。イニシャル250枚にはパッチとステッカーが付きます。

ジャーマン・スラッシュ・メタルに影響を受け1987年に結成されたそうで、解散した1991年までに2種のデモを残しているようですが、もう1種は恐らくこのデモを英語詩で再録したものではないかと思います。ジャーマン・スラッシュのどの辺に影響されたのか?と推測するようなレベルには達していない、冷戦時代の東欧らしいミステリアスな薄暗さが充満した極上のオブスキュア・サウンドです。もしかしたら、SODOMのIn The Sign~に衝撃を受けたから頭巾をかぶった、とか、そんな程度の影響なのではないでしょうか。ジャーマンPOISONとSARCOFAGO的なハードコア・スピードでデスラッシュをやったような感じは、最初期ROOTやペルーのHADEZなんかのNWN!カルト・リイシューが好きだった人に超おすすめデス!!



pandemonium-devilri-diehardlp.jpg



・PANDEMONIUM (Poland) - Devilri DIE HARD LP 税込2,916円 / REGULAR LP 税込2,484円 (Nuclear War Now!)

先にThe Cryptによる1994年1stアルバムのアナログ盤再発が入荷していたポーランドのドゥーム・デス・メタル PANDEMONIUMの、こちらは1992年デモをNWN!が再発ヴィニール化したものです。1stアルバムとよく似たジャケ・デザインはかなりカッコいいですが、こっちのデモ・アルバムの方は模様と文字がフォイル・スタンプ加工されていて、あと裏ジャケの革ジャン姿メンバー写真も激渋。こちらはパッチ&ステッカーT付きでカラー・ビニールのダイハード・バージョンです。

予備知識なしで1stアルバム聴いた時はあまりにも冷徹なまでの拷問無機質デス・メタル・サウンドに完全ノックアウトされてしまいましたが、こっちのデモを先に聴いときゃバンドの輪郭がもっとクッキリ見えて、このバンドの楽しみ方も理解しやすかったと思います。実際、さっき改めて1stアルバムも聴いたけど、初めて聴いた時よりもかなり面白く聴けました。やっぱり結成当初からCELTIC FROST型のブラック・ドゥーム・メタルを基にしたバンドで、初期SAMAELにも通じる点もあるかと思うのですが、このバンドはそこにCANDLEMASS要素をかなりの割合で導入してしまったのがうかがえます。CELTIC FROSTとCANDLEMASSのミックスと言う、この誰でも思いつきそうな一見どうってことない融合がこのバンドの場合はかなり独特、と言うかヒネリも何もなくて、例えばONSLAUGHTがPower From HellでDISCHARGEとSLAYERをそのまんま融合した結果、メタルヘッズにとっては拷問級に退屈なズグズグ・ノッペリ・スラッシュの歴史的名作になったのと似た、非常に緊張感とスリルに満ちた退屈さが延々と続きます。ここまで自分で書いといて「なんじゃそりゃ」って思いますが、ドゥーム・クラスト・ファンでこの感触が好きな人、けっこういるのではないでしょうか?

関連記事
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR