RECORD BOY

Grinding Syndicate!!


lookingforananswer-dios.jpg



・LOOKING FOR AN ANSWER - Dios Carne DIE HARD SPLATTER LP 税込2,808円 / DIGIPACK CD 税込1,944円 (F.O.A.D.)

MACHETAZOと並ぶスペインを代表するグラインドコア・バンド LOOKING FOR AN ANSWERの2017年新作アルバムが、イタリアのF.O.A.D.からリリース。DISHAMMERやMANIACなどのメタルパンク方面での活動が近年活発だったVo.のInaki氏は脱退していたようで、新Vo.になっての初フルレングス作品となります。アナログ盤はゲートフォールド・スリーブで、今回はltd.100枚ダイハード・スプラッター・ビニールで入荷しました。

Distortion Recordsから2000年にデビューして以降、当店では各種作品を細かく入れてきたわけではないしので余計に強く感じてるのもあるのでしょうが、こんなにもデス・メタルに接近したグラインドコアになってたとは驚きです。どちらかと言えばゴアリーなMACHETAZOの方がデス・メタルとしても認知度が高かったわけだけど、LFAAのこの作品の場合はもっと正統派のデス・メタル要素が強く、必殺級の王道デス・メタル・リフを、パワー・バイオレンス並みの爆発力で叩き出しています。特に前半なんか、Dark DescentやUnspeakable Axeなどのオールドスクール・デス・メタル/グラインド・ファンにもかなりアピールするであろう曲の連射です。唯一違う点は、ギターソロが無いだけ。ジャケも昨今のデス・メタルっぽいし、あとVo.の激lowスタイルもかなり渋い。Unspeakable AxeのUNRESTとかが好きな人にオススメのオールドスクール・デス・メタリック・グラインド傑作!!



pissbolt-pissnblood.jpg



・PISSBOLT - Pissnblood CD 税込1,080円 (NGM)

オーストラリアにUNBOUNDというデス・メタル・グラインド・パンクの若手がいまして、そのメンバーが別でやってるメルボルンのグラインドコア・バンドの10曲入りペーパー・フォールド・スリーブCDです。録音とマスタリングは、OZグラインド重鎮 BLOOD DUSTERのメンバーが担当しています。

サウンドはスラッシーなリフも聴かせるクロスオーバー風味も漂うグラインド・スラッシュで、なかなかです。Vo.がハードコアなシャウト・スタイルですが、スラッシュ・メタリックなサウンドが好きな人はぜひチェックを!!



jususchrust-thelast.jpg



・JESUS CHRUST - The Last Temptation of Jesus Chrust CD 税込1,728円 (Bestial Burst)

PSYCHOやGONKULATORのドラマーであり、Fudgeworthy Recordsオーナーでもある、我らがCharlie Infection氏と、PSYCHOのギタリスト Johnny X氏(Mr.Devour Records氏の情報によると、Ax/ctionは実はチャーリーのレーベルではなくこのジョニーXのレーベルだ、とのことですが未確認)、同じくPSYCHOのベーシスト Ed Lynchのバック3人PSYCHOメンバーを従えて、Jesus Chrustなる人物がVo.をとり1990年代初頭に7"EPを2種発表していたバンドのディスコグラフィーCDが、我々同様Hail toチャーリーを掲げるフィンランドの流通極悪レーベル Bestial Burst Recordsからリリース。前半はなんと2011年以降の新録音源です!!


Tracks 1-14 : "The Last Temptation Of Jesus Chrust" 2011-2014
Track 15 : "Bllleeeeaaauuurrrrgghhh! - The Record" Comp 7" (1991年)
Tracks 16-33 : "Blasphemy" 7" (1990年)
Tracks 34-50 : "I'm Nailed Right In" 7" (1991年)


このVo.のJesus Chrustって名乗ってる人、実はあのPOST MORTEMの1990年の7"でVo.をやってた人だというから、やはり類は友を呼ぶと言いますか、モノ凄いコラボレーションです。POST MORTEMはNew Renaissanceを離れた後、完全に気がふれたような音楽性のアヴァンギャルド・スラッシュコアになって、SIGHのMirai氏も参加した作品などもありました。このJESUS CHRUSTは、早くからサタニック・ノイズに目覚めていたチャーリーの趣向にPSYCHOの2人が付き合って相手してあげたようなサウンドで、劣悪な音質の中で繰り出されるすさまじくチープなファスト・ナンバーとダラダラのスロー・ナンバーを繰り返し、極端な曲の中でズキューンと飛び出すJohnny Xらしいギター・ワークもたまに見え隠れします。新曲も何一つ変わっていません。完全に支持したいリリースですが、少量入荷で十分なCDです!!


関連記事
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR