RECORD BOY

Death the Brutal Way!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったデス・メタル系商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。



anatomia-undergang.jpg



・ANATOMIA / UNDERGANG - Split 10" 税込1,944円 (Me Saco Un Ojo)

2010年のKill-Town Death Festでの共演から構想がスタートし、長年かけて2017年に遂に発売となった、東京のANATOMIAとコペンハーゲンのUNDERGANGによるSplit 10"EPです。両バンドともに録音は当時のもので、ANATOMIAは初代ギタリストのYoshio氏(TRANSGRESSOR, NECRO-E)在籍時2010年録音未発表曲、UNDERGANGは2011年録音の未発表曲を提供した各1曲ずつ/全2曲入り。当初は8"でのリリースを目論んでいたそうですが断念して10"になったそうです。そしてこのリリースはジャパニーズ・バージョンとデンマーク・バージョンの2種でリリースされていて、日本バージョンがホワイト・ビニール、デンマーク・バージョンはレッド・ビニール。ジャケ・アートもそれぞれ違い、歌詞やクレジットもそれぞれの母国語で表記されています!!

ANATOMIAは恐らく他のどの曲よりも最も絶望的退廃感の強い異色ナンバーを披露。ダルダルのlowサウンドですが、音圧重視の昨今のアンビエント・デスとは対極とも言える隙間を埋めない荒涼としたドゥーム・チューンで、この曲だけで言えば、デス・メタルと呼ぶよりもドゥーム・ブラックとでも呼べるようなサウンドです。しかし、ハーシュなノイズ・サウンドなどではもちろんありません。とにかく必聴です。CORRUPTEDファンにもオススメしたい感じです。

UNDERGANGはまさにTanaka氏との出会いがバンド人生を腐らせたような極上の腐敗デス・メタル・バンドへと成長してきてますが、ここで聴けるサウンドは初期のスタイルを懐かしく思い出させてくれる、ブルータルな重厚lowデス・メタルでまたカッコいいです。KRYPTSやSWALLOWEDなどのファンにオススメ!!



phrenelith-desolate.jpg



・PHRENELITH - Desolate Endscape LP 税込2,484円 (Me Saco Un Ojo)

UNDERGANGの中心人物であり、ANATOMIAのTanaka氏とのユニット WORMRIDDENや、自らのテープ・レーベル Extremely Rottenなどで精力的に活動するDavid Torturdod氏がギターとVo.を担当するデンマーク・コペンハーゲンのデス・メタル・バンドの8曲入り1stアルバムLPがMe Saco Un Ojoからリリース。今回は既にレーベルでは早々に完売したホワイト・ビニールで入荷しました。

北欧とUS東海岸をつなぐオールドスクール・デス・メタル・スタイルで、KRYPTSほどドゥーム感は強くなく、GOREPHILIAやMAVETHなどのDEAD CONGREGATION型INCANTATIONウォーシップでもなくて、切れ味も備えた殺人級の重厚リフで重苦しく突撃する様は、FUNEBRARUMやDISMAなどのニュージャージー・デス・メタルを彷彿させます。特に疾走ナンバーの爆発力は凄まじい!!FUNEBRARUM, DISMA, イギリスCRUCIAMENTUM, スペインATARAXY,etcのファンと、そしてもちろんこれまでのDavid Torturdod氏関連デス・メタルが好きだった人も絶対要チェックです!!



deiquisitor-sword.jpg



・DEIQUISITOR - Sword Of Pestilence 7" 税込972円 (Me Saco Un Ojo)

デンマークを代表するブラック・メタル・レーベルの一つ、Ancient Darkness prod.からアルバムもリリースしているダニッシュ・デス・メタル・バンドの4曲入り7"がMe Saco Un Ojoからリリース。今回は限定クリア・ビニールで入荷しました。

メンバーはLUCIATIONやBLODFESTなどのブラック・メタル方面のミュージシャンで、ドラマーはSADOMATORでもサポートしている人物。その辺の感触が絶妙に混ざり合ったようなINCANTATION影響下のデス・メタルで、初めて聴きましたが、これはかなりカッコいいです。冷徹な殺伐さが非人間的なムードを高めていて、MORBID ANGELやIMMOLATIONなどのパーツを組み合わせながらも、全くテクニカルには聴かせずに、むしろミニマルな楽曲にして、尚且つ鈍器で殴打するようなプリミティブな感触。鈍い質感なのに、ブラスト・パートはグラインディングにつんのめっています。INCANTATION, MORBID ANGEL, DIOCLETIAN, VON, BLASPHEMY, INFESTER, ectをミックスしたらこうなるでしょうか?オススメです!!



deadcongregation-sombre.jpg



・DEAD CONGREGATION - Sombre Doom CDEP 税込972円 (Martyrdoom prod.)

ギリシャ・クラスト・デス・メタル・レジェンド NUCLEAR WINTERメンバー等から成るギリシャ・デス・メタル・シーン顔役 DEAD CONGREGATIONの2曲入りEPが、ギタリストで中心メンバーのAnastasis氏によるNuclear Winter Records改めMartyrdoom prod.からペーパー・フォールド・スリーブCDでリリース。ちなみにアナログ盤もDEATHSPELL OMEGAでお馴染みのNorma Evangelium Diaboliからリリースされています。

ヨーロッパのバンドで早くからINCANTATIONスタイルを実践していたバンドの一つがこのDEAD CONGREGATIONだと思いますが、IMMOLATIONを彷彿させる演奏の切れ味がバツグンで、MAVETHやDIOCLETIANなどの誕生も促したようなアグレッションが魅力です。また、本作のアナログ盤がNorma Evangelium Diaboliから出たことによってようやく気付きましたが、確かにDEATHSPELL OMEGA以降のプログレッシブなユーロ・ブラック・メタルとも通じるムードも漂わせているところがあります。今回はタイトル通り、1曲目はドゥーミーな長尺ナンバーで、DISMAなどのUS東海岸デス・メタルのブルタリティーと、Norma Evangelium Diaboli / End All Life / Ajna Offensive etcのバンドのようなプログレッシブなドラマ性が見事に融合したナンバーを披露。そして2曲目では一転して、オールドスクール・デス・メタルを土台にしたアグレッシブ且つ荘厳な、これぞDC節炸裂!のナンバーで暴走してて、終始緊迫感を維持しながら高揚させてくれます。文句なしにファンは必聴デス!!



thechasm-awaiting.jpg



・the CHASM - Awaiting the Day of Liberation CD 税込1,836円 (Bellphegot)

1992年にメキシコで結成され、CENOTAPHらとともに初期メキシカン・デス・メタル・シーンを形成した、現在はUSシカゴを拠点とするTHE CHASMの、1993年1stデモを収録した4曲入りCDです。PYPHOMGERTUM / DAWN Split CD, THERIONの1st CDに続くBellphegot Records名義を復活させたアンオフィシャル・リリースですが、やはり全く無関係なところで作られたわけではないCDのようで、今回は入荷してませんが、最近になってこのアナログ・バージョンもまた堂々とBellphegot Recordsを名乗って10"でリリースされています(入荷させたい・・・)。もちろんこのCDの1993年オリジナル・リリースは、高額で取引される人気のレア盤です。

メキシコのバンドの特徴として、古代の神秘的テーマを取り扱うバンドの質が非常に高く、ブラック・メタル系ですが、NWN!がアナログ再発したXIBALBAも、DARKTHRONEなどの寒々としたメロディーをきっかけにしながらも、中南米アンシエントなミステリアス叙情旋律へと深化したような、極上級のエピック・ブラック・メタル・サウンドを確立して、世界各地に熱狂的な信者を獲得しています。このTHE CHASMの初期も、起伏に富んだ北欧型プログレッシブ・デス・メタルとNOCTURNUSやTIMEGHOULなどのSci-Fiデス・メタルをミックスしたような土台に、宗教的退廃感や宇宙的神秘とはまた違った土着的な陰鬱旋律が絡まる独特のスタイルで、まさしく唯一無比のエピック・デス・メタルと言えるカッコよさです。何はともあれ、カルト・デス・メタル・ファンはこの機会に必ずや入手しておきましょう!!

関連記事
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR