RECORD BOY

Metal from the Graves!!


wargasm-ugly-lp.jpg



・WARGASM - Ugly 2LP 税込3,996円 (The Crypt)

USボストン・スラッシュ・メタル WARGASMの1993年発表2ndアルバムが、遂にThe Cryptから初ヴィニール化!!Why Play Around?のアナログ再発時と同様、やはりWARGASMの再発には他リリースよりも力の入れようが感じられる作りでして、グロッシーなゲートフォールド・スリーブの内側にベース&Vo.のBob Mayo氏のライナーノートとレア写真と掲載し、歌詞は付属のインナーシートに掲載。CD再発の際に収録されたラフ・ミックスは未収録ですが、2枚組仕様の限定500枚プレスでltd.150枚ブラック・ビニール / ltd.175枚クリア・ビニール / ltd.175枚スプラッター・ビニールの3種でリリースです。

1stアルバム Why Play Around?発表以前からレーベルのProfile Recordsに問題があって苦難の道を歩んできましたが、アルバム発表後も全くサポートする姿勢を見せないためバンドはProfileと決別することを決め、Profileでレーベル・メイトだったCRO-MAGSとのショート・ツアーやデモのレコーディングを重ねます。そして1991年のBIOHAZARDとのヨーロッパ・ツアーが遂に実り、WARGASMに興味を抱いたドイツのMassacre Recordsと契約して、1stアルバム発表から5年後の1993年に本作をリリースしました。このへんの経緯は、ぜひライナーノートを読んでみてください。

サウンドは1stアルバムよりも疾走感のある曲調が増えながらも、ハードコア並みにソリッドで、ピュアにへヴィメタルでテクニカル、そして男臭いという、WARGASM本来のスラッシュ・メタル・サウンドが炸裂した傑作です。モダンさとMOTORHEADやTANK系統のラフなグルーヴは普通は相容れないものですが、WARGASMの場合はNYHC系にも近いストリート感覚が上手くそれらを中和してるように思います。Bob Mayo氏の哀愁に満ちたVo.がファンを仰天させた Chameleonは、彼ら本来のTANK系の男臭さと、クロスオーバー期CRO-MAGSなどとも近くに居て身につけたエモーショナルな感性が見事にミックスして生まれた名曲ではないでしょうか。



mandatory-initialvelocity.jpg



・MANDATOR - Initial Velocity CD 税込1,944円 (Dark Symphonies / The Crypt)

80年代ユーロ・スピード・メタルを代表する名作との呼び声も高いオランダのMANDATORの1988年にドイツの名門 Disaster Recordsから発表した1stアルバムが、Dark Symphoniesから限定1000枚で遂に初オフィシャルCD化再発。同じく先にDark Symphoniesから再発された前身バンドのMYSTO DYSTOとともに、Dark Symphonies Recordsの名を正統派スピード・メタル・マニアにも浸透させている、大ヒット・リイシューです。

まさにMYSTO DYSTOの進化形と言えるようなスタイルで、当時シーンを席巻していたスラッシュのアグレッションを積極的に取り入れつつも、隙間を埋め尽くさないドラミングなど、無意識なのか失敗だったのかはわからないけどスラッシュのダイナミズムには染まらずに、実にヨーロピアン・ヘヴィメタルらしい哀愁メロディーと疾走感で構成されています。ジャケ・ブックレットの仕上がりも素晴らしい、ファンは待ちに待った甲斐のある再発盤です!!



disabuse-sorrowandperdition.jpg



・DISABUSE - Sorrow and Perdition CD 税込1,944円 (Dark Symphonies / The Crypt)

後にNOCTURNに参加するギタリスト2人が在籍したオランダのスラッシュ・メタル・バンドの、1989年にLPで自主リリースした1stアルバムが、ボーナスで新録6曲を追加した12曲入りでDark Symphoniesから限定1000枚CD再発。

NOCTURNの再発盤ほど、オリジナル盤のメガレア高額をアピールしても全く売れないリリースはなかったので、NOCTURNの前身ともとれるこのDISABUSEも少々不安ではありましたが、これは大丈夫でしょう。KREATOR影響下のノイジー・デスラッシュで、初期ミレ・ペトロッツァをより凶暴サタニックにしたようなスタイルのVo.もカッコいいので、MORBIDとMERCILESSの中間のようでもあります。ハードコアな雰囲気もありますが、ドイツや北欧などの80年代後期サタニック・デスラッシュ・メタル・ファンにオススメ!!NOCTURNも売り切れるまでオススメ!!





deathpower-bogeyman.jpg



・DEATH POWER - The Bogeyman Returns DIGIPACK 2CD 税込2,160円 (Triumph Ov Death)

日本のデスラッシュ・ファンにも有名なAGRESSORに後に参加するドラマーが在籍して、80年代中~90年代初めに活動したフレンチ・スラッシュ・メタル・バンドの1990年発表の唯一のアルバムが、オムニバス提供曲/ライブ/リハーサルなど多数ボーナス曲を追加したボリューム満点の2枚組デジパックCDで初再発。MUTILATEDなどを再発しているTriumph Ov Deathからのリリースで、仕上がりも申し分なく、このレーベルでこの値段での入荷は2度とないと思いますので、オブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンはこの機会にぜひ入手してください。


DISC1 Tracks 1-10 「The Bogeyman」CD/LP (1991年)
DISC1 Track 11 「Total Virulence」Comipilation (1990年)
DISC1 Tracks 12-16「Live At The Bruay Area Festival」 (1990年)

DISC2 Tracks 1-10「Plop! Rehearsal」TAPE (1989年)
DISC2 Tracks 11-15「Mixed Rehearsal」TAPE (1988年)
DISC2 Tracks 16-17「Last Rehearsal 」(1991年)


オリジナル盤LPはLETHAL AGGRESSIONの後期7"などもリリースしていたレーベルから出ていて、当時日本にもわりと入ってきてたレコードだったと思います。DARKNESSの1stにも似た、ジャーマン・スラッシュにハードコアからの影響の絶妙なキャッチーさもあるスラッシュ、って感じの印象でしたが、改めて聴くとジャーマンと言うよりWHIPLASHタイプの熱血ヘッドバンギング・リフや、初期KREATORやSLAYERまんまのリフなどもあり、個人的に抱いてたハードコアな印象よりもダークな要素もけっこうあります。80'sユーロ・スラッシュ・メタル・ファンにオススメのナイス・リイシューです!!





dissonance-looktoforget.jpg



・DISSONANCE - Look to Forget + The Intricacies of Nothingness CD 税込1,944円 (Dark Symphonies / The Crypt)

チェコとスロバキア分離の真っ只中の1990年に結成されたNOTORICAというバンドを前身として、1993年にDISSONANCEに発展したデス・メタル・バンドの1994年発表1stアルバムと2014年発表2ndアルバムをカップリングした再発盤CDが、Dark Symphoniesからの限定1000枚でリリース。


CD 1 Tracks 1-11 : Dorval ALBUM (1994年)
CD 1 Tracks 12-17 : DeathBreed DEMO (1992年)


チェコのシーンの充実ぶりに比べると、当時のスロバキアのシーンについてはイマイチ情報が掴みづらかったと思うのですが、しかしこのDISSONANCEは、そんな東欧のメタル発展途上国(では決してないそうです)のイメージを抱かずに聴いたとしても、思わず唸ってしまうほどの凄いサウンドです。素晴らしいテクニックによる目まぐるしい展開と超絶フレーズの応酬で、ATHEISTとGORGUTSのミックスのようでもありますが、それらのバンドよりもジャズ要素も土台にあるような前衛的な感覚もあり、メロディックなソロも絡むと、まるで北欧のCARCASSウォーシップなプログレッシブ・デス・メタルみたいです。西欧のテクニカル・デスにも全く引けをとってない、90's東欧超絶変態テクニカル・デス・メタル驚異的傑作!!2014年2ndアルバムもほとんど変わってなくて凄い!!



pandemonium-ancientcatatonia.jpg



・PANDEMONIUM (Poland) - The Ancient Catatonia 2LP 税込3,996円 (The Crypt)

1989年結成で今も現役の東欧ポーランドのブラック・デス・メタル・バンドの、オリジナルはカセットとCDで1994年に発表した1stアルバムが、The Cryptから限定500枚で初ヴィニール化再発。ゲートフォルド・スリーブの内側には初公開写真や当時のファンジン・インタビュー、オリジナル・メンバーによるライナーノートなど掲載。ltd.175枚ホワイト・ビニール/ltd.175枚クリア・ビニール/ltd.150枚ブラック・ビニールの3種入荷しています。

まだ入荷はしばらく先ですが、これとほぼ同時にNWN!から1992年のデモもLP化再発されて、今ちょっと注目を集めている再発盤です。東欧らしい独特の感覚を持ったドゥーミー・ブラック・デス・メタルで、これはまさにカルト・クラシックです。CELTIC FROSTリフじゃないドゥーム・スラッシュをブラック・デス風味に演奏、なんて言うと全く何言ってるのかわかりませんが、つまりスラッシュやデス・メタルのスロウ・パートで使われるような"捨てリフ"をつなぎ合わせたような非常に不思議な感触で、ドゥーム・メタルの脱力感とは違う退廃感が充満しています。美意識が欠如したSAMAELのような感じでもありますが、その美意識の皆無を補ってるのが東欧独特の無感情な冷徹さで、機械的な暗黒インダストリアル・ドゥーム的でもあります。しかも"捨てリフ"のオンパレードなので、無感情でありながら恐ろしいまでにプリミティブ。これ以上説明しても、「拷問級ゴミだけど激渋」とか、相反することしか言えないので、とにかくコレは1度聴いてもらうしかありません。ジャケの雰囲気も素晴らしい。これぞ東欧鋼鉄の醍醐味!!



detest-dorval.jpg



・DETEST - Dorval 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies / The Crypt)

1990年に結成され、デモ数種とアルバムを1枚残して90年代中期に活動を停止したデンマークのデス・メタル・バンドです。1994年に発表した本作アルバムは、後にNuclear Blastがワールドワイドにディストリビューションして、注目も集めました。今回のDark Symphoniesからの限定1000枚再発盤は、1992年のデモをボーナス収録し、さらに1993年のサウンドボード・レコーディングのライブ8曲を収録したボーナス・ディスク付きの2枚組となっています。


CD 1 Tracks 1-11 : Dorval ALBUM (1994年)
CD 1 Tracks 12-17 : DeathBreed DEMO (1992年)
CD 2 Tracks 1-8 : Live (1993年)


Sci-Fiデス・メタルに分類されるタイプで、確かにメロディックなギター・ソロとテクニカルなフレーズで場面が展開していくところは、USデス・メタルの影響を強く感じさせます。しかし一般的なSFデス・メタルよりもかなり暗く、沈み込んでいくように淡々とミドル・テンポ中心に突き進むパートなどは、BOLT THROWERなどからの影響も感じさせます。分厚いブックレット・ジャケに掲載のメンバー自身によるライナーノートを読むと、SFデス・メタルでありながら、やはりデス・メタルはロウ(raw)であるべき、という信念は常に忘れずにいた、という点も強調している通りのサウンドです。この非人間的なサイエンス・フィクション・ムードと、それに相反する粗暴なアグレッションのミスマッチが非常にカルト臭を強めていて、オブスキュア・デス・メタル・ファンにはたまらない魅力となっています!!
関連記事
10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR