RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!


* 毎週水曜は定休日ですが、昨晩フィニッシュできなかったデス/スラッシュ・メタル系再発盤商品を先ほどカートアップ致しました。受注対応は明日木曜日以降になります。


slaughter-nocturnalhellsurrender.jpg



・SLAUGHTER - Nocturnal Hell, Surrender or Die CD 税込1,836円 (Vic)

モントリオールのAGGRESSIONと並ぶカナディアン・ハードコア・スラッシュ・メタル最高峰、トロントのSLAUGHTERの最高傑作音源と断言できる1985年デモ Surrender or Dieが、1986年にFringe prod.からリリースされた Nocturnal Hell 7"EPとカップリングでVic RecordsからCD再発。Surrender or Dieデモは、Marquee RecordsからのStrappadoアルバム25周年記念盤のボーナス音源としてここ数年は聴くことができましたが、過去に2度ヴィニールLP化され、CDも単独リリースされていた、SLAUGHTERファン必須の最凶音源ですので、やはりこのMad Marc Rude画伯のチェインソー・スカルon Second Comingを恐らく勝手に拝借したと思われるジャケ体裁で永遠に存在すべきなのです(このBATTALION OF SAINTSジャケ・パクリの真相については、ブックレットに掲載のライナーで触れてます)。Nocturnal Hellは過去にあまり再発されていなかった音源で、AgipunkからのNocturnal Karnage LPか、Terror from HellからのOne Foot In The Grave CDでしか確か再発されていなかったと思います。


1. Nocturnal Hell (Nocturnal Hell 7")
2. One Foot in the Grave (Nocturnal Hell 7")
3. Tortured Souls (Nocturnal Hell 7")
4. Disintegrator (Surrender or Die DEMO)
5. Incinerator (Surrender or Die DEMO)
6. Maim to Please (Surrender or Die DEMO)
7. Tyrant of Hell (Surrender or Die DEMO)
8. Shadow of Death (Surrender or Die DEMO)
9. Death Dealer (Surrender or Die DEMO)
10. One Foot in the Grave (Surrender or Die DEMO)
11. Surrender or Die (Surrender or Die DEMO)
12. Eve of Darkness (Surrender or Die DEMO)
13. Strappado (Surrender or Die DEMO)
14. Tales of the Macabre (Surrender or Die DEMO)
15. Cult of the Dead : Instro-Mental (Surrender or Die DEMO)


なだれ込むように落下するビートと、一応は刻んでるけど反復リフのシンプルなパターンで展開する楽曲を組み合わせたハードコア・スラッシュ・サウンドは、SHITLICKERS型D-Beatパンクとの奇跡的な共通性を感じさせる驚異のロウエスト・スラッシュ・メタルで、それが顕著に表れているのがSurrender or Dieデモです。HELLHAMMER, CELTIC FROSTを刻みリフにしたスラッシュを目指して、そこにハードコアからの影響も実際かなりあったと思う突進力をプラス。これほど "ドカドカドカ!!!"という表現がピッタリ来るスラッシュメタル・バンドは他には絶対にありません。Nocturnal Hell 7"EPもStrappadoアルバム直前の音源でかっこよくて、よりCELTIC FROSTの影響を強くしたミドルテンポのナンバーでは、トムG「ウッ!」を連発しています。シカゴのMASTERのデモ・アルバムと並んで、クラスティーズも腰を抜かすロウ・ダーティー・デスラッシュ最上級バンド!!



demise-endlesstorment.jpg



・DEMISE (US Oregon) - Endless Torment LP CLEAR VINYL 税込2,808円 (Floga)

1992年に7"を1枚発表していたUSポートランドのデス/スラッシュ・メタル・バンドのコンピレーション・アルバムが、ギリシャのFloga RecordsからLPでリリース。ブラックx200枚とクリアx200枚の計400枚プレスで、今回はクリア・ビニールで入荷しました。


Tracks A1-A4 : "Inevitable Exit" DEMO (1990年)
Tracks A5-A6 : "Devious Deception" 7" (1992年)
Track B1 : "Devious Deception" 7" (1992年)
Tracks B2-B5 : "Sadistic Summoning" DEMO (1990年)


世界各国&ハードコア・シーンにも多いバンド名なのでややこしいですが、7"はListenableからのリリースだったので、このシングルは昔よく見かけたような気もします。初期はDEAD CONSPIRACYのギタリストが参加していて、インナー・シートに掲載の当時のフライヤーを見ると、DEAD CONSPIRACYやINSECTICIDEと頻繁にライブをやっていたようです。サウンド・スタイルもその2バンドと共通性の多い、と言うかいかにも80年代後期~90年代初めのアメリカン・デスラッシュらしいタイプで、テクニカルなスラッシュをインテリ方面に進めずに、ハードコアのスピードとデス・メタルのダークネスも加えて表現していて、SOOTHSAYERのデモ時代などカナディアン・スピード・デスラッシュ・メタルが好きな人にもかなりオススメです!!



mercyless-inmemorylp.jpg



・MERCYLESS - In Memory of Agrazabeth 2LP OXBLOOD VINYL 税込3,456円 (Floga)

Legion Of Death Recordsの再発部門レーベル Armee de la Mort RecordsからCDで出ていたフレンチ・デスラッシュ・メタルのコンピレーション・アルバムが、ギリシャのFloga Recordsから2枚組でヴィニール化。CDはリハーサルやライブも収録していましたが、このアナログ盤はデモ音源のみで構成された2枚組となっています。ブラックx250枚とオックスブラッド・カラーx250枚の計500枚プレスで、今回はオックス・ブラッド・カラー・ビニールで入荷しました。


LP1 SIDE A : "Immortal Harmonies" DEMO (1988年)
LP1 SIDE B : "Visions from the Past" DEMO (1989年)
LP2 SIDE C : "Visions from the Past" DEMO (1989年)
LP2 SIDE D : "Vomiting Nausea" DEMO (1990年)


CCG Underground Demo Seriesで12"が出てた(7"バージョンも存在するようです)ので、日本でも年配のマニアには名の知られているバンドですし、The Cryptからの1stアルバム再発アナログ盤も大好評でしたから、当店ではおなじみと言っていいバンドです。その1stアルバムで、フロリダSOLSTICE, DEMOLITION HAMMER, MORBID SAINTの2ndのようなブルータル・スラッシュ・メタルのユーロ版のごとき猛烈ダイナミックなゴリゴリ・デスラッシュを確立する以前のデモ3種を収録していますが、この初期デモ時代もカルト・デスラッシュ・ファンにはたまらない魅力があります。1stデモはメロディックなギターも印象的なDEATHROW型ジャーマン・スラッシュを彷彿させる金属質リフの突進ロウ・ノイジー・スラッシュ。ちょっとANIHILATEDみたいなUKメタルコアっぽさも感じたります。2ndデモからはSLAYER影響下USブルータル・スラッシュ・メタルのような暴走ダイナミズムにベクトルが向き、ヨーロピアン・バンドならではのガムシャラさとバツグンにマッチしています。スピードコアとも呼べるような激速パートもあって、アメリカン・スピードコア・スラッシュのようなクロスオーバー・ムードになっていない硬質さも聴きどころです。ゲートフォルド・スリーブを開くと内側には当時の写真やフライヤー画像など満載で、最高の仕上がりのアナログ盤です!!サンプル貼った曲なんか、DARK ANGEL, KREATOR, DEATHROW, MEKONG DELTAのミックスみたいで最高ですね。



soulburn-1996demo.jpg



・SOULBURN - 1996 Demo LP WHITE VINYL 税込2,700円 (Floga)

ASPHYXが解散状態にあった1996年に、ドラムのBob Bagchus氏とギターのEric Daniels氏がPENTACLEのベース&Vo.のWannes Gubbels氏を誘って始めたオランダ・デス・メタルの1stデモ音源が、Floga Recordsから限定500枚のLPでリリース。今回はltd.150枚のホワイト・ビニールで入荷しました。

この後、1998年にCentury Mediaから1stアルバムを発表して以降は、Martin van Drunen抜きのASPHYXのような存在感とサウンドで今日まで活動を続けていますが、このデモは後のアルバムで聴けるようなダッチ・デス・メタル・サウンドよりも非常にオカルティックなムードが強くて、ドゥーム・デス・ファンやブラック・メタル・ファンにも絶対オススメのカルト・ムード満点です。もちろんASPHYX組のお二人がメインですが、このデモで強烈な存在感をアピールしてるのはPENTACLEのWannes Gubbels氏。まるで初期PENTACLEがCELTIC FROSTウォーシップから若干BATHORYに寄ったような暗黒of doomブラック・デス・スピード・メタル・サウンドでメチャクチャかっこいい!!Wannes Gubbels氏のVo.はこの時もやっぱりメガ渋だし、ASPHYXファンに認知度の高いバンドですが、この音源に限ってはPENTACLEファン必聴&Die Death!!!



autopsy-skin-tapebox.jpg



・AUTOPSY - Skin Begins to Rot 3xTAPE BOXSET 税込3,996円 (Floga)

最も影響力のあるデス・メタル・レジェンドの一つ、USオークランドのAUTOPSYの初期3作品をカセットで再現してボックスに収めた、コレクターにはすっかりおなじみとなっているFloga Recordsによるカセット・ボックスセット・シリーズです。先にTHERIONがアップされた時から、おそらくこちらを待ってた人も多くいたことでしょう。PROTECTORのカセット・ボックスはスルーしました。ご要望があればPROTECTORのカセット・ボックスも次回やりますが、今回はTHERIONとこのAUTOPSYのみですので、今は安心してガンガンご注文ください。


TAPE 1. Severed Survival ALBUM (1989年)
TAPE 2. Mental Funeral ALBUM (1991年)
TAPE 3. Acts of the Unspeakable ALBUM (1992年)


アメリカのデス・メタル・バンドのほとんどは、SLAYERやPOSSESSEDなどのスピード・メタル/スラッシュ・メタルを土台に過激に進化した結果生まれたわけですが、AUTOPSYの場合はカリフォルニア・オークランドというパンクやハードコアなどオルタナティブなロックに於いて鋭いセンスを発揮していた土地柄が作用していたせいか、1stアルバムはハードコア・パンクの基礎が強く出ていて、ハードコアにだいぶ接近していた当時のアンダーグラウンド・メタル・シーンでも、AUTOPSYの1stアルバムは衝撃的でした。UKデスもスウェディッシュ・デスも、スラッシュ・メタルよりハードコア・パンクから枝分かれして生まれたようなものでしたので、そういう意味ではAUTOPSYはアメリカン・デス・メタルよりもイギリスやスウェーデンのデス・メタルと強く共鳴したような感性があります。しかし実は伝統を重んじていた英国のハードコアや、美しさも備えていた北欧デス・メタルとは違い、BLACK SABBATHにインスパイアされたBLACK FLAG的なサイコパスや、GG Allinのスカム・バイオレンスなど、アメリカン・パンクの狂気がヘヴィメタルの様式に土足で踏み入れたようなタブーを犯してる感覚が凶劣なのがAUTOPSYの最大の魅力です。ストローク・リフのハードコアなリフで構成して絶妙にメロディックなソロも乗せながら、中心的存在であるChris Reifert氏の独特のタイム感のドラミングでバッタバッタと突き進む1stから、スロウなナーバス・ブレークダウン・パートをより強調していった2ndと3rd、誰もがAUTOPSYの最凶傑作と認める3作ですので、マニアやコレクター以外の方もぜひどうぞ!!


関連記事
10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR