RECORD BOY

Thrashing Power Death from the Graves!!


possessed-tapebox.jpg

・POSSESSED - Tape Collection 3xTAPE BOX 税込3,888円 (Floga)

プロト・デス・メタル・バンドとしてブラック・メタル/デス・メタル・ミュージシャンからもリスペクトされ続ける、ご存じベイエリア・デスラッシャー POSSESSEDの歴史的名作3種をカセットで再現したボックスセットです。初期名作は近年も様々なレーベルからあの手この手で再発され続けていて、Century MediaのLPボックス・セットとか、オリジナル当時のステッカーも再現したレプリカ再発のHigh Roller盤LPとか、各社工夫を凝らして、現代のMusic For Nationsのような存在にならないよう頑張っていますが、なかでも一番すっとんきょうな再発で注目を集めたのが、ギリシャFloga Recordsから発売されたこのカセット3本組ボックスでした。1985年1stアルバム Seven Churches, 1986年2ndアルバム Beyond The Gates, 1987年3rdミニ・アルバム The Eyes of Horrorの3種をカセット・フォーマットで再現して、ロングボックスのような箱に収めていて、世界的にもかなりの反響で追加生産されるたびに毎度悩みながらも毎度逃してきましたが、今更ながらようやく入荷できましたので、気になっていた方はこの機会にぜひどうぞ。


TAPE 1 : "Seven Churches" ALBUM (1985年)
TAPE 2 : "Beyond The Gates" ALBUM (1986年)
TAPE 3 : "The Eyes of Horror" EP (1987年)


スイスのHELLHAMMERが参加したせいもあったのか、ヨーロッパではNoise Recordsオムニバスの "Death Metal" LPがイチ早く、そしてUKではONSLAUGHTがPower from Hell LPで、さらには日本でもCASBAHが "Death Metal"と早くから言い切っていましたが、キャッチ・コピーとしての "Death Metal"ではなく、スピード・メタル・スラッシュの音楽性を一段階上のエクストリームを目指して最初にデス・メタルを掲げたのは、やはりPOSSESSEDの1984年デモ "Death Metal"と、フロリダのMANTASによる1984年デモ "Death by Metal"が決定的ではないでしょうか。USデス・メタルの初期型ではMORBID ANGEL, SADUS, XECUTIONER, MASTER / DEATH STRIKE, NECROVORE, NECROPHAGIAなども始動したのはかなり早かったですが、それらのバンドはMORBID ANGELを除けばむしろスラッシュを原始に帰化させようとした手法が主でした。「ファッションまで俺たちの真似した若造」などと言われたSLAYERからの影響は実際計り知れなかったけど、しかし1stアルバム Seven Churchesの時点で既にSLAYERクローンからの脱却を図りオリジナリティーを模索して、その結果、デス・メタルの青写真を描いたのは、やはりSLAYERではなくPOSSESSEDだったと言い切ってしまいたいのです。刻みリフ、トレモロ、もたつき、ダークネス、レザー、スタッズ、ブーツ、スニーカー、血のり、逆十字、サタニズム、ギャング、などなどなど、、、五寸釘とゴート以外のほぼ全てがPOSSESSEDにはある!!!666!!!



sodom-shrill-tapebox.jpg

・SODOM - Shrill Cries, Angel Dies 5xTAPE BOX 税込5,940円 (Floga)

POSSESSEDの初期3作をまとめたボックスをはじめ、GRAVE, ASPHYX, SAMELなどスラッシュ/デス/ブラック・メタルのクラシック・アルバムを積極的にカセット・リイシューしているギリシャのFloga Recordsが、SODOMの必須初期作5本セットのカセット・ボックスをリリース!!!666!!!Steamhammerから出てた5 Original Albums In 1 BoxのCDセットと似たセット内容ですが、Mortal Way of Liveは今回は収録されてなく、スタジオ作品のみに絞り、In The Sign Of EvilとObsessed By Crueltyをカップリングせず独立させてカセットで再現しています。限定1500セットで、同じ5本セットでもやはりGRAVEとはライセンス料が違うのかちょっと高かったけど、後悔しないようにしておきましょう。


TAPE 1 : "In The Sign Of Evil" (1985年)
TAPE 2 : "Obsessed By Cruelty" (1986年)
TAPE 3 : "Persecution Mania"+"Expurse Of Sodomy" DEMO (1987年/1987年)
TAPE 4 : "Agent Orange" (1989年)
TAPE 5 : "Better Off Dead" (1990年)


MOTORHEADやTANKをこよなく愛し、そしてVENOMに衝撃を受けた結果、これ以上の偶然の産物鋼鉄は今後この世に絶対出現しないであろう、全パートがバラバラで全く合っていないのにキメの箇所で噛み合わう奇跡的なブラック・ハードコア・スピード・メタルで全世界に衝撃を与えた In The Sign Of Evil MLPでデビューし、Obsessed By Crueltyアルバムでカオティック・パワーは頂点を極め、ギターにBlackfireが参加してAngelripperとWitchhunterのリズム隊もだいぶ引き締まり、演奏技術云々では説明のつかない凄まじいセンスと表現力が爆発的に開花していったExpurse Of Sodomy EP, Persecution Maniaアルバム, Agent Orangeアルバムを経て、ASSASSINのMichael Hoffmanにギターがチェンジし、よりドライヴィンな疾走感が強まってタイトになったBetter Off Deadアルバム。と、超ザックリはしょってまとめたくはない濃密な、故Witchhunter在籍時ゴールデン・イヤーズ・ボックス・セットです!!



flames-summon.jpg



・FLAMES - Summon the Dead LP BLUE VINYL 税込2,808円 / BLACK VINYL 税込2,592円 / CD 税込1,944円 (Floga)

ギリシャを代表するスラッシュ・メタル・バンドの1980年代後期~1990年代にかけて発表した名盤3作品がFloga Recordsから一挙再発。普通なら最初期作品からチェックしていきたくなるものですが、このバンドはこれより以前の1st&2ndはドラム・マシンを使用していて(2ndからはドラマーの名前もクレジットされていましたが、どう聴いてもマシンのリズム)、初期デスラッシャーに評価の高いのは今回再発された3作品になりますので(Molon Laveからのアルバムが外されてますが・・・)、いずれ他の初期作品も再発されるのを待ちながら、この辺の作品は確実に押さえてほしいところです。

こちらは1988年にFM Recordsから発表された3rdアルバムです。オリジナル・リリース以降は悪名高きUnisoundから2000年代にLast ProphecyアルバムとカップリングのCDで再発されていただけで、単独CD化は多分今回のFloga Records盤が初だと思いますし、アナログ盤もFM Records盤と当時のフランス盤Black Recordsライセンス・リリースが当時出てただけで、オリジナル以来初の再発です。LPはゲートフォルド・スリーブのブルー・ビニール&ブラック・ビニール各250枚プレスで限定500枚リリースです。

サウンドはVENOM, 初期BATHORY, SODOMなどのブラック・メタルのルーツとなった80年代スピード・メタルの影響を感じさせつつ、最初期は正統派寄りスピード・メタルっぽさとバイオレンスなムード、そしてマシン・ドラムの無機質さも影響を及ぼしてトテトテしたチープさが絶妙なアンバランス具合でミックスされてましたが、この作品は遂に目指す志向と生々しい演奏がピッタリ合致したカッコよさで、Persecution Mania以降のSODOMに正統派パワー・スラッシュのドラマ性もプラスしたような感じがあります。テクニカル・リフと猛速ビートの爆発力も素晴らしくて、MERCILESSなどのKREATOR影響下ユーロ・デスラッシュ・メタル・ファンも必聴のマスターピースです!!



flames-last.jpg



・FLAMES - Last Prophecy LP YELLOW VINYL 税込2,808円 / BLACK VINYL 税込2,592円 / CD 税込1,944円 (Floga)

こちらは1989年にFM Recordsから発表された4thアルバムです。オリジナル・リリース以降は悪名高きUnisoundから2000年代にSummon the DeadアルバムとカップリングのCDで再発されていただけで、単独CD化は多分今回のFloga Records盤が初だと思いますし、前作のようにギリシャ国外でのライセンス・リリースも確か当時は無かったはずなので、特に超メガレアという代物なわけではありませんが、なかなか入手しずらい作品でした。LPはゲートフォルド・スリーブのイエロー・ビニール&ブラック・ビニール各250枚プレスで限定500枚リリースです。

前作Summon the Deadアルバムから遂に目指す志向と生々しい演奏がピッタリ合致したカッコよさを身に付けましたが、このアルバムも前作と同じ路線だけど、アグレッションは維持したままアメリカン・スラッシュやハードコアにもちょっと触発されたようなキメやリフワークが増えて、それまでのイーヴィルなダークネスは若干後退した感があります。KREATORで例えると、Pleasure to KillからTerrible Certaintyへの移行期みたいな感じです。でもパワーは相変わらずだしキメのフレーズもちょっとスッコケたりするし、アングラ臭は全く失せてません。Agnostic Frontなんて曲もやってるからUSのハードコア・スラッシュには絶対影響されてただろうけど、曲調とメンバーのルックスはSODOMやVIOLENT FORCEみたいなのも最高です。



flames-inagony-lp.jpg

flames-inagony-cd.jpg



・FLAMES - In Agony Rise LP RED VINYL 税込2,592円 / BLACK VINYL 税込2,484円 / DIGIPACK CD 税込1,944円 (Floga)

こちらは1996年に発表された6thアルバムです。オリジナルはPoko Recordsなる自主レーベル(もちろん、フィンランド・パンクのPoko Recordsではない)からのリリースで、今まではオリジナル盤CD以外は全く他バージョンが存在しなかった、最もレアな作品の一つです。初のLPリリースとなる今回は、ltd.150枚レッド・ビニールとltd.350枚ブラック・ビニールの計500枚プレス。LP&CDともに、オリジナルとジャケ・デザインを変えています。

この96年アルバムになると疾走パート以外はかなりデス・メタルっぽさが強まり、BOLT THROWER系ミドル・テンポや、メロディック・ソロも絡めたビート・ダウンなどもあります。しかしスラッシュの土台は決して崩さずに、演奏力と音質もさすがに80年代作品からは格段に向上していて、PROTECTORファンなどにはかなりオススメのサウンドに進化しています!!



saditicnoise-11a666.jpg



・SADISTIC NOISE - 11A 666 2LP WHITE VINYL 税込3,456円 / BLACK VINYL 税込3,240円 / CD 税込2,160円 (Floga)

NAPALM DEATHが初めてギリシャをツアーした時にサポートしたというアテネで活動したブラック・デス・メタル・バンドのコンピレーション・アルバムです。アナログ盤はゲートフォルド・スリーブのLP2枚組で、ltd.150枚ホワイト・ビニールとltd.350枚ブラック・ビニールの計500枚プレス。このコンピレーション・アルバムがリリースされて、ギリシャ国外にもその存在がようやく認知されてきた、カルト・マニアックス狂喜の発掘再発です。

1990年に7"EP、1999年にアルバムをCDで1枚残していていて、どちらの作品もカセットやLPなどの他フォーマットは存在しませんが、1stアルバムのCDはレーベルが永遠にプレスし続けてるみたいで、ROTTING CHRISTもモメたりした、あまり評判の良くないレーベルからリリースされています。ちょっと前にそのCDも入荷してましたが、その時に初めて聴いて強い衝撃を受けました。ギリシャのデス/ブラック・メタルと聞いて想像するようなものとはまるでかけ離れていて、とにかくムチャクチャ原始的raw&lowでモノスゴイです。1stアルバムでは、MASTERとフロリダMASSACREがミックスされて中南米で生まれたような、メキシコやコロンビアのバンドみたいな治安の悪さも漂ってたけど、今回初めて聴いた7"EPは、ハンガリアンTORMENTORや初期NIFELHEIMなどのような冷たさと原始性を兼ね備えたデスラッシング・ブラックみたいで激渋だし、そしてバンド形態ではなく中心メンバーの故Flesh氏独りで制作されたという1stデモがまた恐ろしすぎる内容で、もう完全に80年代南米のデスコア・ノイズ状態!!NECROFAGO, NECROBUCHER, HADEZ, MORTUORIO, etcのファンにもオススメdie!!!



grave-necropsy-tapebox.jpg

・GRAVE - Necropsy-The Complete Demo Recordings 1986-1991 5xTAPE BOX 税込4,968円 (Floga)

ギリシャのFloga RecordsによるCentury Mediaライセンスのコンピレーション・カセット・ボックス・シリーズが、GRAVEの初期デモ集アルバムも5本組で登場!!前身バンド CORPSE時代の1986年デモ、GRAVEメンバーのサイド・プロジェクト・バンド PUTREFACTIONの1989年デモも含む5本セットで、限定500個リリースです。


TAPE 1 : CORPSE "Black Dawn" DEMO (1986年)
TAPE 2 : PUTREFACTION "Painful Death" DEMO (1989年)
TAPE 3 : GRAVE "Sick, Disgust, Eternal" DEMO (1989年)
TAPE 4 : GRAVE "Sexual Mutilation" DEMO (1989年)
TAPE 5 : "Anatomia Corporis Humani" DEMO (1989年)


最初期のGRAVEは、後のジャリジャリ重厚グルーミー且つ突進する王道のスウェデス・サウンドへと深化する前の、スラッシーなテイストが強い極上デスラッシュ・サウンドが聴きものかと思います。ダウンチューニングで刻む斧の切れ味のようなリフで、起伏に富みながらもドカドカに爆走するデスラッシュ・サウンドが激渋カッコいいです。初期DEATHやSEPULTURAなどの、スラッシュ・メタルから派生した初期デスラッシュなバンドも彷彿させるサウンドで、80'sスラッシュ・メタル・ファンも絶対に聴いて欲しい音源です。3rdデモ辺りからGRAVEスタイルを確立して、ズルズルにスロウなパートも聴かせるスウェデス・サウンドがまた渋すぎデス。初期デス・メタル・ファンはもちろん、オブスキュアなロウ・デスメタル・サウンドが好きにも完全にオススメです!!



altar-darkdomains.jpg

・ALTAR - Dark Domains 1989-1995 2LP BLUE VINYL 税込3,456円 / BLACK VINYL 税込3,240円 (Floga)

2004年に亡くなったNASUMの故Mieszko Talarczyk氏が参加していたスウェディッシュ・デス・メタル ALTARのディスコグラフィー・アルバムが、アナログ・ファン念願のLPバージョンも2枚組でリリース。Konqueror盤, Pulverised盤, そしてCARTILAGEとのSplit形式でのXtreem Music盤と、CDは各種バージョンが存在していずれも大好評でしたが、このFloga盤アナログはPulverisedバージョンを2枚組LPで再現しています。


Tracks 1-5 : 1992 Split CD w/ CARTILAGE
Tracks 6-8 : 1993 DEMO
Tracks 9-10 : 1994 DEMO
Tracks 11-14 : 1991 DEMO
Track 15 : 1995 DEMO
Tracks 16-17 : 1992 Split CD w/ CARTILAGE


デス・メタル・シーンから登場した後、NASUMでグラインドコアの可能性を広げた驚異的なエクストリーム・サウンドを生み出し、GENOCIDE S.S.やKRIGSHOTではスウェディッシュ・ハードコア・パンクの伝統を継承して、さらにスタジオ・エンジニアとしても素晴らしい仕事を残してきたMieszko氏が、数々のデス・メタル・バンドを渡り歩いたのはファンには有名でしたが、ALTARへの参加はこのディスコグラフィーがリリースまでほとんど語られていなかったようです。Mieszko氏は1994年デモでVo.を担当しています。

Split CD音源からスタートして、これがいきなりノックアウト必至のカッコよさでしびれます。感触は紛れもない極上のスウェデス・タッチながら、繰り出されるリフと曲調はかなりゴリゴリのスラッシュinfluensedな爆走デス・メタルで、PESTILENCE, SEPULTURA, MORGOTH, MERCILESSなどが好きなデスラッシャーにもぜひ聴いてほしいです。陰鬱ドゥーミーなビートダウンの展開はあまりなく、でもスウェデスらしい不穏音階は随所に絡めてますので、やはり王道のスウェディッシュ・デス・メタルらしいグルーム感が全体を覆っていますが、このガリガリにアグレッシブなロウ・サウンドは素晴らしく破壊的です。しかも鍵盤の導入や叙情メロディーもチラホラ顔を出してきて、ブラックメタルにも通じるメランコリックな旋律もあって、もう脱帽としか言えない絶品初期スウェディッシュ・デス・メタル音源!!

Splitでのタイトル曲 "Ex Oblivione"で途中不自然なスキップがあります。音飛びだな!?と思ったので、前バージョンのCDがリリースされた時にレーベルに連絡したんですが「イヤ、あれはブレイクだよ。音飛びじゃない」との回答。これはだまされてるかも?と不振に思いリサーチしましたところ、Split CDのオリジナル音源も同様であることが判明しました。かなり唐突な無音パートなので、ブレイクではなくマスタリング上のトラブルか何かのような気がしますが、まぁそういうことだそうです。

しかしとにかく、初期スウェディッシュ・デス・メタルとして完璧なサウンドに違いはありません。ゲートフォルド・スリーブで、ブルー・ビニール&ブラック・ビニール各250枚プレスの限定500枚リリース。Wジャケ内側にはMieszko氏在籍時フォト・セッションやバイオグラフィーを掲載して、こちらも必見必読。全オールドスクール・デス・メタラー必聴級グレート・リイシューです!!

関連記事
03 | 2019/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR