RECORD BOY

Only Death is Real!!


hellhammer-blood-ep.jpg

・HELLHAMMER - Blood Insanity 7" 税込1,944円 (Prowling Death)

VENOM, SLAYER, BATHORY, SODOMと並んで後のブラック・メタルの確立に多大な影響を及ぼしたスイスの伝説的サタニック・スピード・メタル・バンド HELLHAMMERが、1984年に自主リリースとして企画しながら幻に終わった2曲入り7"EPを、バンド自身のレーベル Prowling Death Records名義のもと、Century Mediaのバックアップでオフィシャル・リリース。MEMORIAMのデモEPとこのHELLHAMMERのお蔵入りEPの7"シングル2種は、高額な完全コレクター向けリリースながらも海外での熱狂っぷりがヒシヒシと伝わってきてたので、はたして入荷できるかヒヤヒヤしながら数か月間過ごしていましたが、無事入荷できて、もう現段階で既にけっこうな達成感があります。コレクター泣かせの各種バージョンも存在しますので、頑張れる方は頑張ってください。こちらはltd.1000枚のブラック・ビニールです。

Tom G. Warrior氏自身のコメントによると、3rdデモが完成した時、Triumph Of Deathデモから2曲選んで、NWOBHMの7"シングルのようなシンプルな作りのデモ・シングルを自主リリースしよう、とバンドで決まったそうです。しかし当時の彼らにはそんな財力もなく企画は立ち消えとなり、そしてバンド自体は西ドイツのNoise Recordsと契約出来たので、そのデモEPはもはやリリースの意味もなくなり、その後バンドはCELTIC FROSTへと発展していった、というような感じだったそうです。曲自体はもうHELLHAMMERに完全未発表は存在しないので、タイトル曲のBlood Insanityと、B面のManiac、ともにファンならばよく知ってる曲ですが、見開きジャケットでこのハイプ・ステッカーに興奮しないわけがないのです。7"という完全オールドスクールなフォーマットでの再現だからこそ、ここまで海外で盛り上がっているのでは?とも思います。単なるノスタルジーなのではなく、シングルやデモ一つの制作に全力を注いでいた若い時分のスピリッツを、Tom G.は取り戻したいのでないでしょうか。それにしてはちょっと値段が高いかな?美談にしてまとめようかと思いましたが、やはりクソ・コレクターはクソ・コレクターらしく興奮していきましょう。隅々まで激渋Death!!!666!!!



atrocity-mangled-lp.jpg



・ATROCITY (US) - Mangled DIE HARD LP 税込2,484円 (F.O.A.D.)

USコネチカットで80~90年代に活動したグラインド・デスラッシュ・メタル・バンドの1988年名作3rdデモが、イタリアのF.O.A.D.から初ヴィニール化再発。1stアルバムと2ndアルバムのカップリングCDが2000年代に出ていて、地味な存在ながらサウンドがバツグンなので地味に好評でしたが、デモ音源をコンパイルしたようなコンピレーションなどは確か今まで存在していなかったはずですので、これは地味にナイスなリイシューです。そう、とにかくこのバンド、なぜか永遠にひたすら地味なんです。限定100枚グリーン・ビニールのダイハード・バージョンでの入荷デス。

1990年と1992年に発表した2枚のアルバムはともにUKのMetal Core Recordsからのリリース。2001年のカップリング再発CDはイギリスのレーベルのPowerageからのリリースでしたが、このバンドは当時のアメリカン・グラインド・デスラッシュ・バンドよりも、UKHCバンドや初期Earacheバンドにも近いノイジー・スピードコア・スラッシュなサウンドが魅力でした。REPULSION, UNSEEN TERROR, AZAGTHOTH, ELECTRO HIPPIES, HERESY, etcをミックスしたような粗雑な猛スピードを、KREATOR, DARK ANGEL, POSSESSEDなどに代表されるSLAYER影響下スラッシュ・メタルのリフでちょっと整然として表現したみたいな感じがあって、イタリアのSCHIZOにも近いし、SACRIFICE, SOOTHSAYER, AGGRESSION, SLAUGHTERなどのカナディアン・ハードコア・スラッシュ・メタル・ファンにもかなりオススメです。このデモ音源は初めて聴いたけど、RECIPENTS OF DEATHみたいなリフでスピードコア・メタル化してて、ホントにカッコいい!!なんでこんなに人気ないのかでしょう?ベーシストを筆頭に、ルックスも地味だけど実に渋いです。

インナーには当時のフライヤーも掲載されていて、同郷のDEFORMED CONSCIENCEをはじめ、PSYCHO, DISRUPT, DROP DEAD, TASTE OF FEAR, etc、US東海岸グラインド/パワー・バイオレンス代表格とも共演していたようですが、スピードコア/パワー・バイオレンス/デス・グラインド・メタルがクロスオーバーした理想形と言っても良いでしょう。そう言えば、このバンドもSlap A HamのBllleeeeaaauuurrrrgghhh!に参加してましたね。これをF.O.A.D.がやらずに誰がやる!!オススメです!!

関連記事
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR