RECORD BOY

Thrash after Death!!


mutilator-immortal.jpg



・MUTILATOR - Immortal Force LP 税込2,916円 (Osomose prod.)

活動時はブラジル国外でのブレイクに至らなかった悲運の初期ブラジリアン・スラッシュ・メタル・グレート・バンド MUTILATORの1987年発表1stアルバムの、フランスOsmose盤再発LPです。オリジナルのCogumelo盤以降は、2011年にブラジル Mutilation Recordsがジャケ無しピクチャー盤でLP再発していましたが、オリジナルに沿った復刻再発はこれが初ということになります。

重厚ソリッドなリフによるジャーマン・スラッシュ的な猪突猛進の荒々しさと、ブラジリアン・スラッシュらしいロウ・パワーが完璧な形で融合した、南米カルト云々抜きに素晴らしい名盤です。KREATOR系の落下型突進チューンやSODOM型の邪悪低音域刻み直線型チューンなど、初期スラッシュ・メタルのダーティーなタイプが好きならば絶対に燃えるナンバーの連発で、SEPULTURAもそうでしたが、もともとサタニック・イーヴィルなロウ・デスラッシュ・メタルだった土台を肥しにして生まれた理想形のような名作です。この作品もSEPULTURAやSARCOFAGOのようにヨーロッパ・ライセンス盤などが当時リリースされていれば、世界中のスラッシュ・メタル・バンガーズに熱烈支持されたことでしょう。全80'sスラッシュメタル・ファン必聴の大傑作!!



mutilator-evilconspiracy-lp.jpg

・MUTILATOR - Evil Conspiracy-Demos and Rehearsals 1986 DIE HARD LP 税込2,916円 (F.O.A.D.)

こちらは初期デモとライブをコンパイルしたLPです。イタリアのF.O.A.D.からリリースで、ゲートフォルド・スリーブの内側には当時のカラー写真や、ベーシスト Ricardo氏のセルフ・ライナー・ノートと、それを補足するようにF.O.A.D.のライナー・ノートも掲載して、これがなかなか面白い内容です。付属ブックレットも激渋写真多数掲載で完璧。ライブ・ボーナスCDとセットの限定500枚プレスで、今回はそのうちのltd.100枚ダイハード・スプラッター・ビニールで入荷しました。


12" VINYL LP
Track 1-4 : Grave Desecration + Blood Storm DEMOs 1986
Track 5-13 : Rehearsal 1986

BONUS CD
Track 1-7 : Live, Festival Da Morte, Belo Horizonte 16-08-1986
Track 8-13 : Live, Carioca Club, Rio de Janeiro 29-09-1986
Track 14-19 : Live, Slaughter Festival, Americana 20-09-1986


MUTILATORのデモ+ライブというコンピレーションは、以前に"Grave Desecration"というタイトルのブートCDが出回って、ここ日本でもかなり話題となりましたが、MUTILATORは厳密にはデモを2種録音していました。非常に短いスパンに2回レコーディングしていたので、それらをまとめて1本のカセットにダビングし、当時はファンジンなどに送っていたそうですが、マスター・テープは既にメンバーも所有していなく、今まで完全な形で世に出たことは1度もなくて、Blood Stormという幻の名曲は途中で音が切れるものしか出回っていません。今回は当時Slayer MAGAZINEのJon Metalion氏に送ったテープを元に、RDPのゴルドー, ROTのマルセロ, Snakepit MAGAZINEのLaurentなど、F.O.A.D.リリースならではの有名業界人/ミュージシャンの協力を得て遂に復刻に実現したレコードです。

Blood Stormデモのありがたみについて良く知っている初期南米デスラッシュ・マニアックスならずとも、そんな一大プロジェクトなリリースだと知ると俄然興味が沸いてくるかと思いますが、サウンドも絶対に期待を裏切らないカッコよさです。SARCOFAGOはどの時代を取り上げてみても異端だったから別として、MUTILATORはこれぞ南米スタイル!なサタニック・イーヴィルなロウ・デスラッシュ・メタルから、より海外志向を強めたスラッシュ・メタルへと進化していったバンドで、細部は違うけど進化の過程はSEPULTURAとも良く似ています。南米バンドらしさと、ジャーマン・スラッシュ的な荒々しさが見事に調和してたのが、1987年の名作1stアルバム Immortal Forceの頃だったわけですが、今回復刻されたデモやライブは完全に南米原産>海外志向な比率の邪悪ハードコア・デスラッシュ・メタル爆発で最凶カッコいい!!!666!!!しかもSEPULTURA同様、初期から実力がちゃんと備わっていたバンドなのでポンコツな崩壊テイストではなく、USテキサスのNECROVOREやドイツのPOISONなんかにもよく似た邪悪猛スピード感でもあります。南米デスラッシュ・ファンのみならず、全カルト・ハードコア・メタル、プレ・ブラック・メタル好きにも絶対オススメdeath!!



chakal-abominable-lp.jpg



・CHAKAL - Abominable Anno Domini LP 税込2,916円 (Osomose prod.)

THE MISTのVo.が在籍するブラジリアン・スラッシュ・メタルの1987年発表1stアルバム、フランスOsmose盤再発LPです。オリジナルのCogumelo盤以降はこれが初のヴィニール再発で、価格高騰が止まらない初期CogumeloリリースLPの中でも、人気度&内容ともに上位に位置するブラジリアン・デスラッシュ・メタルのマスター・ピースの一つです。

これほど「とっ散らかっている」という表現がピッタリくるスラッシュは、SODOMのObsessed By Crueltyくらいしかないかも知れません。疾走パートからミドルテンポのパートまで、バスドラ連打なのかタム回しなのかわからないほどアグレッシブにガッツンガッツン土台から突き上げるドラムはWitchhunter並みのフルパワーで、他パートとの連携や意思疎通などお構いなしに各自が想いのままにガムシャラにプレイして、全体の雰囲気はKREATORの1stにも似た破壊力で突進しています。ダーティーにしゃがれたVo.の声質も激渋で、さらに起伏の激しすぎる曲調とマッチしてるんだか関係ないメロディーかよくわからないけど、異常に印象に残るメロディック・ソロの絡み具合がまた絶品です。昔、Noise Recordsのカタログ・スリーブに、確かKREATORの2ndだったかが、同じ年に出た「METALLICAのMaster of Puppetsより良い!」だかなんだかって、中学生の自分にもわかりやすい幼稚な英語で書いてあったたけど、だったらこのCHAKALの1stは同じ年に出たKREATORの3rdよりも断然凄い!!



bulldozer-dayof-lp.jpg

・BULLDOZER - The Day of Wrath LP LTD.100 DIE HARD SPLATTER VINYL 税込3,240円 / LTD.150 RED VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

これまでBULLDOZERの3rdアルバム IX, 4thアルバム Neurodeliri, そしてプロモ用デモ音源発掘再発 The ExorcismをリリースしてきたF.O.A.D.が、遂にRoadrunner時代の1985年発表1stアルバム The Day of Wrathと、1986年発表2ndアルバム The Final Separationもアナログ盤再発。2001年のピクチャー盤LP再発の時は結局1stと2ndは出なかったので、やはりRoadrunnerが絡んでると無理なのかな?と思ってましたが、実際この1stと2ndは権利関係で非常に難儀したそうです。ゲートフォルド・スリーブでの再発で、Wジャケ内側には歌詞と初公開写真を掲載。BULLDOZERの1stと2ndのLPは歌詞インナーが無かったので、この心遣いもナイスです。今回は帯付きでスプラッター・ビニールのltd.100枚ダイハード・バージョンと、ltd.150枚レッド・ビニールの2種入荷。ダイハード・バージョンはレーベルでは予約で完売しています。

イタリアン・スラッシュ/スピード・メタルを代表するバンドであり、ブラック・メタルのルーツの一つともされるVENOMフォロワーですが、3rdアルバム以降にプレ・ブラックなスタイルを確立していく以前は、VENOMのサタニックなキャラクターをキャッチーなR&Rテイストでドライブ感満点に表現したようなスピード・メタルで、ABIGAILのフルリスペクトも宣伝効果となり、現在ではメタルパンクのルーツとしても人気が高いです。VENOMにメロディックなギターで哀愁をトッピングして疾走したような本作は、プロデュースを要請したKing Diamondには「俺にはパンクすぎる」と断られ、その結果TANKのAlgy Wardがプロデューサーに決定したそうです。初期TANKファンにもオススメの、MOTORHEAD影響下ドラビン・スピード・メタル・クラシックdeath!! Welcome death!!



bulldozer-thefinal-lp.jpg

・BULLDOZER - The Final Separation LP LTD.100 DIE HARD SPLATTER VINYL 税込3,240円 / LTD.150 RED VINYL 税込2,484円 (F.O.A.D.)

1986年発表2ndアルバムです。帯付きでスプラッター・ビニールのltd.100枚ダイハード・バージョンと、ltd.150枚レッド・ビニールの2種入荷で、こちらもダイハード・バージョンはレーベルでは予約で完売していますので、お買い逃がしなく!!

この2ndアルバムはまさしく1stアルバムと3rdアルバムの橋渡し的な作風で、それがまだ消化されきってないので、世のスピード・メタル&ブラック・メタル・ファンには最も人気の低いBULLDOZERのアルバムとされています。しかしこの作品を飛ばして1stと3rdだけ聴くとか、そういう聴き方は本当にダメだと思いますし、真性BULLDOZER信者ならば、今回の再発では本作こそが一番楽しみにしてる方もいたのでは?と思うのです。とにかくこのアルバムは音の軽さとバランスの悪さが仇となっていたので、メロディックで多彩なギター・フレーズや曲のカッコ良さなどが全て殺されてしまっている不運なアルバムでしたが、今回はバンドが所有してた音源をリマスタリングして、オリジナルより断然優れたサウンドで蘇っています。Ride Hard-Die FastやSex Symbol's Bullshitなどの隠れた名曲の素晴らしさに震えてください!!



schizo-main.jpg

・SCHIZO - Main Frame Collapse CD 税込2,160円 (Punishment 18)

BULLDOZER, NECRODEATHと並んで日本でも当時からマニアックなハードコア・メタル・デスラッシャーに人気の高かった初期イタリアン・デスラッシュ・メタル SCHIZOの1989年発表1stアルバムCDが、イタリアのレーベルから新装再発。2006年のAvantgarde Music盤は既にちょっとしたレア盤となってますから、ぜひこの機会に入手してください。

このバンドの最大の特徴は何と言っても猛烈な突撃スピードで、本作は当時一部のグラインドコア連中にも神格的に扱われたスピード・デスラッシュ・メタルのカルト名盤です。スラッシュに近いリフワークながらショートカットで連射するREPULSIONっぽいハードコア要素もあるデスラッシュはクロスオーバー・テイストも強くて、F.O.A.D.がリリースしたデモ・アルバムでは、初期はかなりハードコア・パンクっぽかったことも判明しました。このLPは当時からあまり見かけなかったので、SCHIZOを知らなかった人でもあの当時を知る者ならば容易に想像できると思いますが、ハードコアでもメタルでもとにかく猛烈なスピード・スラッシュにあこがれていた80年代後期スピードコア・スラッシュ・メタルの典型のようなバンドです。8o'sスピード・スラッシュ・マニアならば、オブスキュア・メタル好きもハードコア・スラッシャーも必聴のカルト・クラシック・デス!!

関連記事
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR