RECORD BOY

Cult of Death!!





・NECROBUTCHER - Corrosive And Shizophrenic Noise Torment CD ¥1400 (Bootleg)



 これは凄い!!!こんな極悪なブラジリアン・ブラック・デスメタル・バンドで、まだ知られていないバンドがいたとは驚きです。89年にデモを2本残しただけで消滅したLate 80'sブラジルのデス・ブラックメタル・バンドで、その2種デモと88年/89年リハーサルを収録した全51曲入りCD。ブートレグですが、当時のファンジン記事やデモ・アート、写真を掲載した、大満足の仕上がりです。帯も付いてます。



五寸釘/逆十字架/チェーンによる武装ファッションとフェイスペイントを見れば誰もがわかる、完全なSARCOFAGO崇拝バンド。カバーもやってます。まるでSARCOFAGOのデモ音源を聴いてるような、冒涜サタニック・ノイズ・メタルの雨あられ状態で物凄い!!!ハードコアからの影響がある点もSARCOFAGOと共通してて、NAPALM DEATH, EXTREME NOISE TERROR, FEAR OF GOD, AGATHOCLES(カバーもやってます)などからも影響された自らのサウンドを、デス・グラインド・ノイズコアと呼んでいたそうです。こないだNWN!が遂に正規再発したNECROFAGOもデスコアという言い方をされたりするバンドでしたが、実際このNECROBUTCHERもNECROFAGOに良く似たノイジーなサウンドであります。しかしショートカットなグラインド・スラッシュな曲調も多く、FEAR OF GODが即興性を薄めてSARCOFAGOなどのサタニックメタルの様式を導入したような雰囲気があって、とにかく南米ノイズ・ブラック・デス・マニアなら気に入らないわけがないといった感じのカルト・オブスキュア・バンドです!!







・SARCOFAGO - Laws of the Slaughter CD ¥1400 (Bootleg)



 久しぶりに出たSARCOFAGOブート!!SARCOFAGOのブートは数年前をピークに相当出回って、SARCOFAGOモノをコレクションしてる人にはしんどい時期がありましたが、今回のブートは今まで出回ってたよくある初期デモ/リハなどとはちょっと違ってて興味がそそられます。3rdアルバム The Laws of Scourgeの頃の91年ライブ6曲をメインにした構成で、ジギジギ刻みスラッシュ・リフを突き進めて、さらにデスメタル的展開を強調した作風がカッコいいThe Laws of Scourgeアルバム収録曲のライブが楽しめます。音質は並みで、このテのバンドのライブ音源にしては悪くない方でしょうが、とにかく気合い全開!!って感じの緊迫したライブ音源でかなり燃えてきます!!!MAYHEMの初期ライブ音源もそうですが、ライブ音源からも異様でカルトな空気がヒシヒシと伝わってきて、やっぱカッコいいの一言に尽きます。87年のライブ音源も4曲収録してて、こちらはおなじみの初期名曲。ジャケ写真もカッコいいし、SARCOFAGOコレクターはぜひ押さえといてください。







・ATOMIC AGGRESSOR - Rise of the Ancient Ones CD ¥1500 (Hells Headbangers)



 再入荷!活動時に残したのはデモのみながら、南米デスラッシュ・ファンには初期チリ・デスラッシュを代表するバンドとして崇められるATOMIC AGGRESSORのディスコグラフィー。85年に結成され89~91年にかけてデモを3本発表しただけで解散してますが、南米初期デスラッシュ・マニアには凄く人気の高いバンドで、ブートCDも出回ったりして日本のマニアの間でも話題となりました。楽曲はある意味、ジャーマン辺りのハードコアなスラッシュメタルの正統的なスタイルなのに、斧を振り下ろしたような鈍くドス黒い衝撃が強烈で、やはりこの独特の原始的な感触はチリPENTAGRAMを真っ先に連想してしまいます。しかしチリペンがテクニカルな要素も備えたSLAYER影響下スラッシュメタルだったのに対して、このATOMIC AGGRESSORはジャーマン・スラッシュ的ガムシャラさが強いと思います。それでいてこの原始的鈍黒スラッシーな感触ですから、南米デスラッシュ・ファンにはたまりません!!







・BEHERIT - At the Devil's Studio 1990 CD ¥1500 (Kvlt)



 再入荷! 世界中のアーリー・ブラックメタル・ファンを驚かせた大事件リリース。BEHERITのお蔵入り1stアルバム音源がリアルに発掘され再発されました!!ややこしいので便宜上とりあえず1stアルバムと言われてきた91年発表 The Oath of Black Blood アルバムは、当時Turbo Musicから1stアルバム制作費用として渡されたお金をバンドがドラッグに使いまくってアルバム・リリースが困難になったため、怒ったTurbo MusicがデモやEPの音源をまとめてLPをリリースし、資金を回収したという有名な逸話がありますが、ちゃんと録音してたとは・・・。



この度リリースされた90年録音の9曲は、ドラムのSadomatic Slaughterが最近になって発見したという幻の貴重音源。未発表曲が2曲あって、他の既発曲も後に発表されるバージョンとはかなり異なるモノが多いということで、彼らの極悪非道ぶりを十分に分かっているからこそ、「ただのリハ音源的なヤツじゃねーだろーな」と、BEHERITを愛してやまない世界中のマニア達がヒヤヒヤしてたワケですが、これは再生した瞬間に「オッシャー!!」と声を上げるであろう素晴らしい極悪ノイズ・ブラックメタル作品です!!!もう、しょっぱなのギターの音聴いただけでヤラレます。初期ブラックメタル・シーンに於ける地下グラインドコアとの関係は興味深いものがありますが、やはりこの頃のBEHERITもフィンランドのすさんだ若者によるアンダーグラウンド・エクストリーム・ミュージックらしいハードコアなカオスが充満しています。一瞬音飛びもあったりするけど、この凶悪汚濁ノイズ具合いは完璧と言ってよいでしょう!!!ブラックメタル・ファンのみならず、全アングラ・エクストリーム・ノイズ好き必聴!!!666!!!







・CORPSE MOLESTATION - Holocaust Wolves of the Apocalypse CD ¥1500 (Necroharmonic)



 再入荷!90年代初頭に結成され、後にBESTIAL WARLUSTへと発展した幻のオーストラリアン・デスメタル・バンドの、92年名作デモ/オムニバス曲/リハ/ライブ/未発表を収録した14曲入りディスコグラフィー。数年前にリリースされたピクチャー盤LPよりも曲数も多く、カラー写真、アートワーク、フライヤーなども多数掲載した、初期デス・ブラック・マニア狂喜のCD化です。BESTIAL WARLUSTのゴリゴリ突撃ウォーブラックよりもデスメタル/初期ブラックメタルの要素が強いサウンドは、グラインディング・ブラック・デスメタルと言った感じで壮絶に強烈です。簡潔に一言で言うと、豪州版BLASPHEMY!!ルックスも凄まじくカッコイイです。当店には数年越しの再入荷ですが、レーベルではとっくにソールドアウトとなってますので、まだ買ってなかった人はこの機会にぜひどうぞ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR