RECORD BOY

Break The Records New Releases


zero-st.jpg



・ZERO - S/T CD 税込1,620円 (Break The Records)

ex.DETESTATIONの女性Vo.が昔とは様変わりした風貌でシーンに戻ってきて話題を呼んだUSミネアポリス・パンク QUESTIONのメンバーも在籍するハードコア・バンドの1stアルバムCDが、東京のBreak The Recordsからリリース。先に海外でアナログ盤でリリースされてハードコア・ファンに注目を集めていましたが、このCDは1st & 2nd 7"も追加収録したディスコグラフィー・アルバムとなっています。

ロック・フィーリングあふれるギターのエモーショナルなフレーズが冴えわたりまくる、ジャパニーズ・スタイルのハードコアです。Vo.ももちろん闘志あふれるシャウトですが、曲調がとてもエモーショナルで、楽曲アレンジなどにもかなり気を配っているのがわかります。安易なクローンとは違う、ジャパニーズ・ハードコアの高い完成度まで追及した熱血ハードコア・サウンドは、Sugi氏のジャケ・アートワークに負けない気迫がみなぎっています!!



selfdeconstruction-wounds.jpg

・SELF DECONTRUCTION - Wounds CD 税込1,620円 (Break The Records)

2010年にex.SETE STAR SEPTのギタリスト Kuzuha氏を中心に結成されて以降、関東を中心に精力的な活動で頭角を現してきた東京パワー・バイオレンス・バンドの1stアルバムが、Break The Recordsからリリース。ベースレスの3人編成ながら、切れ味と重量感を備えたギターによるテクニカルなフレーズと壮絶なドラミングが隙間を埋め尽くして、そこに男性顔負けのブチ切れシャウトを聴かせる女性Vo.が乗った、マセマティックなグラインド好きからプリミティブなノイズコア・ファンまで、グラインド・フリークスはノックアウト必至の、まさにフリースタイル・グラインドの名にふさわしい強力作!!


女性とは思えない絶叫とデスヴォイスを巧みに使い分けるKubine氏のボーカル、テクニカルな面と荒削りな面、両面が見事に光るKuzuha氏のギター、複雑怪奇なビートを怒涛の勢いで叩きまくるJiro氏のドラム。全てが三位一体となって押し寄せる様は新世紀GRIND/HARDCOREの夜明けを感じさせるものである。ライブステージにおいても、ならず者、かぶき者がひしめくアンダーグラウンドシーンの中で一際の異彩を放ち、激しいパフォーマンスも相俟って独自の世界観を見事構築している。数々の来日バンドのサポートをこなし、圧倒的なパフォーマンスを披露しているが、2014年には世界的なエクストリーム・ミュージックの祭典、Obscene Extreme Festival Asia に出演。2015年の同フェスではMERZBOWとのコラボレーションライブを展開し、そのボーダーレスな活動は音楽フリーク達に衝撃を与え続けている。(インフォメーションより)

関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR