RECORD BOY

Metal Hard!Speed Free!


baphometsblood-insatan-lp.jpg



・BAPHOMET'S BLOOD - In Satan We Trust LP CLEAR VINYL 税込2,916円 / BLACK VINYL 税込2,700円 (Iron Bonehead prod.)

2006年にブラジルのレーベルから1st LPを発表して突如出現したイタリアン・スピード・メタル BAPHOMET'S BLOODの、前作12"EPから5年を経てIron Boneheadからリリースした4thアルバムです。今の時代、5年も音沙汰無いと忘れられちゃうし、本人達もテンションが続かなくて大体は消滅したりするものですが、BAPHOMET'S BLOODは違いました。ギター/ボーカル/全曲作詞作曲を担当する中心人物のNecrovomiterror氏は、NWN!からのリリースで日本でもベスチャル・デス・メタル・ファンに人気のあったBLASPHEMOPHAGHERではドラムを担当していましたが、そのBLASPHEMOPHAGHERも2012年に活動を停止して、BLASPHEMOPHAGHERとBAPHOMET'S BLOODの両バンドで良き相棒だったR.R. Unholy Bastard氏もBAPHOMET'S BLOODから脱退。Necrovomiterror氏の近況で伝わってきたのと言えば、アニキと慕うFINGERNAILSのギター&Vo.のAngus氏とのプロジェクト WHISKY & PAINで2012年にミニLPを発表したくらいでしたが、そのWHISKY & PIANも期間限定プロジェクトだったのか、その1枚っきりで終了。しかし、5年前から20代には見えなかったNecrovomiterror氏はさらに威圧感を増して帰ってきて(このルックスでなんとまだ32歳!!!!!1983年生まれって、ホントか・・・?)、BAPHOMET'S BLOOD自体も路線はなんら変わらずに、完璧すぎる大成長を遂げて帰ってきました。

イタリアからBULLDOZERチルドレン・スピード・メタル・バンド登場!!といった感じで、1stアルバムが入荷した時から、日本ではかなり話題となったバンドです。チョリチョリした軽くて粗い直線刻みのロッキン・スピード・メタルを立て続けに連発する様は、偉大なるイタリアン・スラッシュ/スピード・メタル先人バンド BULLDOZERやFINGERNAILSをフル・リスペクトして影響されまくってるのが明らかでしたが、今回はその軽さが爆走ドライブ感に変わっていて、そしてそれが完璧に成功しています。初期BULLDOZERを通してアルジー・ワードに出会ってしまったような、TANN型の男の哀愁メロディーとドライブ感が見事にマッチしていて、スピード・メタル・バンドとして世界的にトップ・クラスのセンスと実力を備えていることを実証していますし、もうこの際、物議を醸しだすようなことを言わせてもられえば、復活後のFINGERNAILSアニキよりも数倍MOTORHEAD, TANK直系ロッキン・スピード・メタルとして完成されてしまっている!!!毎度ツウな選曲でマニアをうならせるカバー・ソングは、今回はハンガリーのFARAOの"Eleg"なる曲を披露してますが、これがまたメガ渋カッコいい!!

初回は1000枚プレスで、ltd.300枚クリア・ビニールとltd.700枚ブラック・ビニールの2種あります。本作含めてフル・アルバムは4枚ですが、今まで1度もCDはリリースしていなく、もちろん今回もCDは出ていません。そこを持ち上げて褒めてあげる必要はないと思いますが、三十そこそこにして圧倒的すぎるNecrovomiterror氏のこのルックスを見ても、この人のオールドスクール・プライドを貫くへヴィメタル・スピリットに一切ブレがないのが良くわかるかと思います。もうC.M. / N.B. / M.B. あたりに引き抜かれてもおかしくないようなスピード・メタル一級品となってきたけど、Necrovomiterror氏がこのルックスで勝負する限り心配無用でしょう。この見た目でメジャー行ったら、逆に痛快だ!!全R&Rファン必聴と言い切ってしまいたい、極上のMOTORHEADウォーシップ・アルバム大傑作デス!!!



scumripper-tape.jpg

・SCUMRIPPER - S/T TAPE 税込1,080円 (Caligari)

このところ小康状態だったデス・メタル・パンクでは久しぶりに注目を集めているフィンランドのバンドの1stデモです。2015年にデジタル・リリースされてマニアックなファンの間で話題となっていたもので、このたびUSのレーベルから限定200本のプロコピー・カセットでアナログ・フォーマット化されました。カセット・シェル本体とスリーブをオレンジで統一してファクトリー・シールドされた、仕上がりもなかなか良いリリースです。

スウェーデンのMODORRAやノルウェーのLOBOTOMIZEDなど、北欧のデス・メタル・パンクはアクの強い個性派が魅力的ですが、それらのバンドに共通するのは、母国や近隣スカンジナビアのデス・メタル・レジェンドよりも、サイコなスカム・カルチャーの中で育まれたUSデス・メタルに傾倒している点です。このSCUMRIPPERも、フィンランド・デス・メタルやフィンコア・パンク・スラッシュ、スウェディッシュ・デスなどの要素はほとんど感じさせない、REPULSIONの汚濁リフとフロリダDEATHのちょうど中間のような整合感をAUTOPSY型のドカドカ・ドラミングで支えた感じで、デビュー・デモながらとてもよくまとまっています。曲はどれもデス・メタルの長さではなくて非常にコンパクトで、DARKTHRONEを通してたどり着いたようなCELTIC FROSTパートや、あとちょっとANTI-CIMEXっぽいリフのラストの曲あたりがメタルパンク要素を感じさせます。このへんは、UKブリストルのSALUTEやスウェーデンBASTARD PRIESTの2ndなどが好きな人にもアピールするかと思います。

地元ではBONEHUNTERやSTENCH OF DECAYなどとも共演してるようで、今後に期待大のバンドです!!



lucera-blackzuco.jpg

・LUCERA - Blackzuco LP 税込2,160円 (Cenizas)

90年代初期にコロンビアで結成されて、98年に1度解散した後、再結成後はUSに移住して活動を続けるブラック・メタル LUCERAの2011年発表2ndアルバムがヴィニール・バージョンもリリース。インナーの類は無く、350枚プレスのようです。

当店には過去に3rd CDとSABBATとのSplit CDが入荷してたバンドで、パンキッシュなドライビング・ブラックをメチャクチャな演奏で聴かせるバンドですが、この2ndは前に入荷してた2作品の比ではない脱力感が全開です。CELTIC FROSTからパンク期のDARKTHRONEが継承したパンク・ブラックを基礎に、BATHORY系のイーヴィル・テイストをミックスしたような感じで、キャッチーさとやる気のなさとイーヴィルな要素がそれぞれ全く溶け合ってなく、聴いてて非常に不快です。しかし、それこそこのバンドの思うツボなのかも知れません。AMMITやSHITFUCKERなどとコロンビアン・メタル特有のムチャククチャさの融合、といったところでしょうか。Colombian Cocaine Metal since 1992 などというおっかねーキャッチコピーも掲げてます。



saccage-vorace.jpg

・SACCAGE - Vorace CD 税込1,620円 (PRC Music)

2012年の1stアルバムCDがヒットしたカナダ・ケベック出身クラスト・スラッシュ・メタルの、2014年に7"で発表したEPにボーナスも加えた9曲入りCDバージョンです。

パンク・シーンにも近いところに居るデスラッシュ・メタル・バンドで、サウンドにもかなりハードコア・パンク・テイストがあります。へヴィでザクザク・バイオレントなTOXIC HOLOCAUSTみたいなデスラッシュは、BASTARDATORなどよりもかなりスラッシュ・メタリックで、尚且つSLAYER影響下クラスト・デス・メタルのような感じです。北欧のデス・メタル・パンクとはまるで違う感触だし、Unspeakable Axeのバンドのようなのともちょっと違った、Razorback近辺のクラスト・デス・メタル・ファンにオススメです!!



icewar-battlezone.jpg



・ICE WAR - Battle Zone 7" 税込1,296円 (Iron Bonehead prod.)

日本のパンク・ファンにも人気上昇中のZEXがすこぶる好調だってのに、Joがまた新たなバンドを始動!!GERM ATTAK, BASTARDATOR, IRON DOGS, etc、話題にはなってもなかなか長続きしないのが彼の難点ですが、このICE WARはJo氏の独りバンドで、パンクのZEXとは違う方向性の、もっとマニアックな、所謂クサレ・メタル路線を突き詰めたプロジェクトのようです。CRYSTAL PRIDEのカバー含む全3曲入り、限定300枚プレスです。

残念ながらIRON DOGSは解散してしまっていて、このICE WARはIRON DOGSを継承する形で始めたようです。しかしIRON DOGSのようなパンク・テイストはほぼ皆無で、パンキッシュなスピード感やノリの良さではなく、シケたメロディーの哀愁80'sメタル路線を突き詰めています。ただ、彼のマニアックな感覚と80年代の音楽に対するストイックな姿勢は並みではないので、IRON DOGS聴いて「メタルも80年代風のヤツはなんか懐かしさがあっていいな」と感じたパンク・ファンにもぜひ聴いてもらいたいサウンドです。サンプル貼った曲なんか、ZEXの疾走ナンバーとまるで一緒の方法論ですね。生きのいいカナダの若さあふれるNWOTHMとかのファンじゃなくて、HELVETES PORTやBORROWED TIMEなどのファンにオススメしたい感じです。今後も大注目です!!
関連記事
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR