RECORD BOY

Hardcore Punk Holocaust!!


longknife-discography.jpg

・LONG KNIFE - Discography 2012-2014 CD 税込2,160円 (Under The Surface)

FORWARDの2014年USツアーをサポートしたポートランドのハードコア・パンク・バンド LONG KNIFEのディスコグラフィーCDが、FORWARDギタリスト Souichi氏のレーベル Under The Surfaceの久々のリリースで日本発売。来日ツアーも間近に控えています。


Tracks 1-9 : Wilderness LP (2012年)
Tracks 10-13 : Possession EP (2012年)
Tracks 14-15 : Split 7" w/ FORWARD (2014年)
Tracks 16-27 : Meditations On Self Destruction LP (2014年)
Tracks 28-30 : 未発表


当店にはこれまでBlack Waterからの7"しか入荷してなかったので、自分は今回のCDで初めて聴く音源がほとんどでしたが、ポートランド・ハードコアの伝統を継承する、POISON IDEA直系以外の何者でもないスタイルで、どの作品も最高にカッコいい!!初期のホコリっぽい乾いた疾走感と、中期のドライブ感をうまくミックスしたようなPOISON IDEA型レイジング・パンク・スラッシュが脱帽級のド渋さで、Vo.もJerry A.そっくりです。入荷した7"を聴いた時も確かに好印象だったけど、こうやってまとめて聴いた方が断然のめり込めます。未発表はPOISON IDEA "Welcome to Krell", CRO-MAGS "Hard Times", THE BLOOD "Megalomania"のカバー3連発で、選曲も完璧すぎます。昔から大好きな曲をカバーされて良い印象を抱いたことは今まで1度もなかったですが、LONG NIFEによるこのカバー3曲はどれも凄く良いですし、過去にPOISON IDEAタイプと言われて聴かされたバンドはことごとくガッカリしたけど、ようやく出現した文句なしのPOISON IDEAウォーシップ・バンドです。オススメ!!



discharge-toronto-lp.jpg

・DISCHARGE - Toronto '83 : In The Cold Night LP 税込2,916円 (Ugly Pop)

1983年83年11月24日、カナダ・トロント Larry's Hideawayでのライブを収録したLPが、カナダのレーベルから限定1000枚でリリース。ファンが録音していたカセットをオフィシャルLP化したもので、DISCHARGEのライブ盤らしい生々しくダーティーなサウンドで再現されています。昔の感覚で言うと、音質はオーディエンス録音としては「最高」と言いたくなるくらい上等だと思いますが、まぁDISCHARGEコレクター以外は買わないでしょうけど、マニア向けのレコードに違いはありません。とは言え、「アー!ユー!レェデーー!!」のCalの雄叫びから始まると、やっぱりゾクゾクしてしまいます!!ライナーノートとポスター付きです。


A1 Warning
A2 Hear Nothing See Nothing Say Nothing
A3 The Nightmare Continues
A4 Where There Is A Will There Is A Way
A5 Never Again
A6 Anger Burning
A7 The Blood Runs Red
B1 Born To Die In The Gutter
B2 Protest And Survive
B3 In Defence Of Our Future
B4 State Violence State Control
B5 The Price Of Silence
B6 The More I See
B7 Decontrol



stonethecrowz-protest-lp.jpg

・STONE THE CROWZ - Protest Songs 85-86 LP + CD 税込3,240円 (Overground)

UKメタル・クラストを代表するバンドの一つ、AXEGRINDERのVo.とベースがやっていたポリティカル・パンク・バンドの85~86年マテリアルを収録した16曲入りコレクション・アルバムです。CDも出ていますが、LPにも同内容のCDが付属しているので、今回はアナログ盤のみ入荷させてみました。LPは限定500枚プレスでゲートフォルド・スリーブ、クリア・ビニールです。CD共用のブックレットには、当時の貴重な写真も掲載しています。

このリリースまで全く気づきませんでしたが、MortarhateのWe Wont Be Your Fucking Poor 2枚組LPにも参加していたバンドで、ドラマーはTHE FIENDの7"やANTISECTのOut From The Void 7"などの名作を発表したレーベル Endangered Musikもやってた人のようです。RUDIMENTARY PENIに強く影響された、いかにも当時のCRASSやCONFLICT周辺のUKアナーコ・パンクらしい雰囲気のサウンドに、後のAXEGRINDERでのlowなスタイルになる以前のTrevor氏のUKHCらしいVo.が乗っかっています。メタル・エッジを際立たせる前のANTISECTのミドル・テンポ調の曲にも似た感じですが、言われて聴いてると、やはりAXEGRINDER時代のTrevor氏らしいシャウトが随所に聴かれます。AMEBIXとANTISECTの2大巨頭と初期NAPALM DEATHを考慮しても筋が通るように、メタル・クラストの源流はDISCHARGEよりもCRASS, CONFLICT, RUDIMENTARY MENYなどのUKアナーコ・パンクの方が近いとする説がまた有力になる、とても興味深いオブスキュア・パンク発掘リリースです。



crass-semidetached-dvd.jpg

・CRASS - Semi-Detached : Video Collages 1978-84 DVD 税込4,320円 (Curiouscope)

CRASSファン待望のレア映像作品初DVD化、しかも日本のレーベルからのリリースです。映像作品を取り扱う時に一番のネックとなるフォーマット(リージョン・コード)の不安を解消するには、やはり日本版としてリリースされるのが一番ですが、実際この作品は、本国イギリスではPAL方式のDVDRでリリースされているそうです。CRASSの映像作品と言うと、これまたプレスDVDではいまだ再発されていないChrist The Movieが有名だけど、このSemi-DetachedはVHSで自主リリースされた当時もほとんど輸入されていなかった、CRASSファンにとっては幻とも言えるオフィシャル映像作品です。


-収録曲-
Reality Whitewash
Shaved Women
Mother Earth
Smother Love
Bomb-working title
Yes Sir, I WILL
Yes Sir, I WILL(2009年リマスター版)


今もなお日本ではパンクスはもちろん、アパレル業界にも影響力が波及しているCRASSのアートワーク担当メンバー Gee Vaucher氏が、78年~84年のCRASSのライブで実際に使用していたコラージュ映像と楽曲を編集したDVDです。収録曲全6曲の歌詞を収めたブックレット付きで、スリップケースの裏面全体を覆う大型帯も含めて、豪華なパッケージも嬉しいです。全6曲ほか、Yes Sir, I Willの2009年リマスター・バージョンも収録。
関連記事
11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR