RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!


morbius-alienchrist.jpg

・MORBIUS - Alienchrist CD 税込2,052円 (Lost Apparitions)

USヴァージニアで1990年に結成されたデス・メタル・バンドの1995年発表CDの再発盤です。90年発表のデビュー・デモ The Shades Belowも後にCD化されていますが、フル・アルバムとしては本作が正式な1stアルバムと見なされているようです。オリジナル盤はオランダの初期デス・メタル名門レーベル Cyber Musicからのリリースで、近年の初期デス・メタル発掘ブームとともに人気が高まっていたという、ファン待望のオフィシャル・リイシューです。ジャケ・ブックレットには、メンバーによるセルフ・ライナー・ノートも掲載。

DECEASEDを筆頭に、DOOMSTONE, ARGHOSLENT, GRAND BELIAL'S KEY, etc、一癖あるアクの強いカルト・デス・メタル・バンドを生み出してきたヴァージニア産ならではの個性的なデス・メタル・サウンドで、初期オブスキュア・デス・メタル・マニアには聴き応え満点の名作と高く評価されています。ドラマーがARGHSLENTの人で、ARGHOSLENTギタリストも一時このバンドに参加していたようですが、テクニカルでドラマチックなARGHSLENTのサウンドと通じる点も発見できる、エピックなメロディーが特徴のデス・メタルです。変拍子や転調を多用しながらも、欧州産とはちょっと感触の異なるアメリカン・デス・メタルらしいエピックなムードが全体を覆っていて、激情とは正反対の冷たい叙情性は、MORGIONやSTARGAZERのたそがれにも通じるカッコよさです。TIME GHOUL, NOCTURNUS, MORGION, STARGAZER, etcをミックスするとこんな感じでしょうか?とにかく聴きこんでいくほどに惹きこまれる、エピックでディープなテクニカル・デス・メタルで、ヘッドフォン/イヤホンで聴いてると本当にハマります。やはりアメリカン・デス・メタルは恐るべし!!デス!!



dusk-dusk-majesty.jpg

・DUSK - Dusk / ...Majestic Thou In Ruin CD 税込2,052円 (Dark Symphonies)

USウィスコンシンのドゥーム・デス・メタル・バンドの、94年発表1stと95年発表2ndをカップリングした2in1 CDが、The CryptのCD部門レーベル Dark Symphoniesから限定1000枚でオフィシャル再発。1st CDのオリジナル盤はオランダの初期デス・メタル名門レーベル Cyber Musicからのリリースで、2ndが地元の超ド・マイナーなレーベルから出ていましたが、近年高まってきた再評価と比例して、超オブスキュアなリリースだった2ndの方のオリジナル盤CDが最近では1万円以上で取引される人気のメガ・レア高額アイテムと化しています。


TRACKS 1-6 : Dusk (1994年)
TRACKS 7-10 : ...Majestic Thou In Ruin (1995年)


オーストラリアの伝説的ドゥーム・デス・メタルdiSEMBOWELMENTからの影響を公言していて、サウンドもまさしくdiSEMBOWELMENT直系のエピック・グルーミィー・デス・メタルです。1st CDはスロウ・パートと言うよりもミドル・テンポ中心に変拍子や転調を繰り返しながらも、曲を構成するデス・メタル・リフは沈み込むような北欧バンドのような叙情的感触で、さらにそこにキーボードでゴシックな展開も大胆に盛り込んで、ストレンジですがアングラ・デス・メタルとしてのカルトな魅力と完成度は文句なし!!MORTHRA, DEAD END, PHLEBOTOMISED, MOURNINGなんかのダッチ・デス・メタルのlowエピックなバンドが好きな人には絶対オススメです。2ndはIT IS IやMORGIONのようなカリフォルニアのエピック・ドゥーム・デスにも似た雰囲気も出てきてますが、アヴァンギャルドな感覚はやはりdiSEMBOWELMENT直系でしょう。ラストは耽美な雰囲気漂う女性Vo.でフィニッシュします。

恥ずかしながら今まで全く知りませんでしたが、The Cryptのオーナー氏はAUTUMN TEARSというゴス/ダークウェイブ・メタルをやってた人で、Dark Symphonisというレーベルは自身のバンドをリリースすべく90年代後期には始動していた老舗でした。MORIGIONの2000年代CDやNOVEMBERS DOOMなどもリリースしてたようです。つまり、先にDark Symphonies有りきで、その後に再発アナログ専門レーベル The Cryptを起ち上げたということです。知らなかった・・・。これだから、1990~2000年代のアングラ・オブスキュア・メタル発掘盤の解説は、軽々しく分かったようなことが書けないし、また凄く面白いです。確かにThe Crypt / Dark Symphonisによる再発盤のドゥーム系の発掘リリースは、後追いではフォローしきれないオブスキュアな極上品が多いのも、これで完全に納得です。そういう意味でもこのDUSKは、実にThe Crypt / Dark Symphonisらしいグレートなリイシューと断言し、自信を持ってオススメで切る内容デス!!



cruciform-atavism.jpg

・CRUCIFORM - Atavism / Paradox CD 税込2,052円 (Dark Symphonies)

1990年代初め~中期にかけて短期間活動したオーストラリア・シドニーのデス・メタル・バンドの93年に発表した唯一の公式リリースCDが、95年デモとのカップリングでDark Symphoniesから限定1000枚オフィシャル再発。バンドは2012年からまた再始動していて、ボーナスで2014年ライブも収録した、現時点でのコンプリート・ディスコグラフィーな内容となっています。


TRACKS 1-6 : Atavism (1993年)
Tracks 7-8 : Paradox DEMO (1995年)


1stアルバムはスロウ~ミドル・テンポ中心のドゥーミーなデス・メタルだけど、ドゥーム・デスとは言わずに、速くないデス・メタルの極上品と言いたい雰囲気のある渋さです。テクニカルなリフのブラスト・パートもありますし、リフワークと感触もちょっと似たところがあるので、BOLT THROWERがエピックになったような感じでもあります。ただ、そのエピックなギター・ソロが絶品すぎるので、やはりドゥーム系初期デス・メタル・ファンにはたまらないものがあるかと思います。特に95年デモはドゥーム・ダークネスが増幅してながら哀愁も増していて、これは初期フューネラル・ドゥーム・メタル・ファンも悶絶の号泣絶品デモ!!ヴィンテージな70年代風音色にも聴こえるキーボードを強調して、それに呼応するかのようにギター・ソロもソウルフル&エモーショナルに泣いていて、かと思えば妖艶なソロが終わった途端に冷徹重厚な暗黒刻みスロウ・デス・メタル・リフへと展開したりします。このデモは、THERGOTHON, KATATONIA, PURTENANCE, SAMAELとそのメンバーによるスイスMISERYなんかのドゥーム・デス・メタル・ファンは絶対に聴くべきエピック・ドゥーム・デス・メタルの最強カルト・クラシックです!!



morpheus-sonof.jpg

・MORPHEUS (Sweden) - Son of Hypnos CD 税込2,052円 (Dark Symphonies)

Necroharmonicからw/ MASTICATION & EGYPTの3 Way Split CDの形でデモ音源が再発されていたEXHUMED (Sweden)を母体とし、1991年発表のIn the Arms of... 1st 12"が2013年にスペインのTemple Of Darknessから初CD化再発されて話題となったスウェディッシュMORPHEUSの93年発表唯一のフル・アルバムが、Dark Symphoniesから限定1000枚で遂にCD再発。The Cryptが再発をアナウンスしてから少なからずお問い合わせを頂いていましたが、流通の悪かったIn the Arms of...がCD化された頃からこの日を待っていたファンも多かったことと思います。オリジナルCDは初期スウェディッシュ・デス・メタル屈指のメガレア盤としてマニアが憧れるカルト・クラシックです。

しかしこの作品は、EXHUMEDのデモの頃からSunlightスタジオで録音してきてアンダーグラウンドで支持を集めたそれまでの彼らの音楽性から、よりプログレッシブな音楽性へと挑戦した意欲作で、王道のスウェデス・サウンドを求めるファンからはブーイングを浴びた問題作でもあります。しかし、今ではオリジナル盤が200ドル近くで取引されているという現状が全てを物語っているでしょう。オーストリアのDISHARMONIC ORCHESTRAなどに触発されたという、目まぐるしく展開するテクニカル・デス・メタルは、CARBONIZEDのようなアヴァンギャルド・グラインディング・デス・メタルよりも随所に初期デス・メタルらしさがにじみ出ていると思いますが、いかがでしょうか。フィンランドやUSペンシルバニアのデス・メタルなどが好きならば問題ないどころか、思う存分楽しめるかと思います。ギタリストとして参加していたおなじみ極悪激渋ギタリスト Sebastian Ramstedt氏 (ex.NECROPHOBIC, ex.NIFELHEIM, 現BLACK TRIP)によるセルフ・ライナーノートや、カッコいい写真の数々も必読必見。この機会に必ずや入手して体験しておきましょう!!


root-zjeveni-lp.jpg

・ROOT - Zjeveni LP 税込2,700円 (I Hate)

MASTER'S HAMMERと並ぶキングス・オブ・チェコ・カルト・ブラック・へヴィメタル ROOTの1stアルバムが、I Hate Recordsからオリジナル・バージョンLPも遂に再発。この1stアルバムは、The Revelationのタイトルで1999年に英語バージョンがリリースされ、その英語バージョンはNWN!からLP化再発されていましたが、母国語のオリジナル・バージョンのアナログ盤再発は、確かオリジナル以来これが初だったと思います。ご覧の通り、ジャケもカルト名盤の名に恥じない素晴らしいLPです。ジャケはツヤツヤのグロッシーな質感で、インナーもオリジナル通り再現した見事なレプリカです。今回はltd.333枚レッド/ブラック・マーブル・ビニールでの入荷です。

これ以降の作品では、クラシカルでオペラチックな唯一無比の東欧ブラック・メタルを確立してクォリティーの高い音楽性を見せ付けていきますが、この1stアルバムはSEや語りがウザいくらい多くて、恐らくKING DIAMONDのようなドラマ性のあるオカルト・ブラック・へヴィメタル作品にチャレンジしたかったんだろうけど、恐ろしいまでのカルト臭が充満しています。その要因は、Vo.と言うよりもホントに呪文のようなBig Boss氏のキョーレツなVo.に因るところが大きいのでしょう。しかし久しぶりに聴いてみると、ギタリストがCRUXの人だからか、重厚で切れ味もあるデスラッシュ・リフとタイトなリズム隊のコンビネーションは案外素晴らしくて、本当にKING DIAMONDのスラッシュ盤のような雰囲気もあります。ただ、曲作りのセンスは幼稚ですから、Big Boss氏が作ってたか、もしくは彼のスキルにバックが合わせたかのような、凄まじいカルト・クラシックに仕上がっています!!


mystifier-goetia-digipack.jpg

・MYSTIFIER - Goetia DIGIPACK CD 税込2,484円 (Greyhaze)

SARCOFAGOに次ぐキングス・オブ・ブラジリアン・カルト・ブラック・メタル、MYSTIFIERの93年発表2ndアルバムが、CogumeloのUSライセンス・リリースでおなじみのGreyhazeからデジパックでCD再発。片側3面のトリプル・フォールドで、ブックレット付き。


Goetia (1993年)

1. Aleister Crowley & Ordo Templi Orientis
2. An Elizabethan Devil Worshiper's Prayer Book
3. The Sign of the Unholy Cross
4. Caerimonia Sanguilentu
5. Beelzebub
6. The Realm of Antichristus
7. The True Story About Dr. Faust's Pact With Mephistopheles
8. Cursed Excruciation
9. The Sinuous Serpent of Genesis
10. the Baphometic Goats of Knights Templar in the 12th Century

Live at Pacha Club

11. Osculum Obscenum (Live)
12. Cursed Excruciation (Live)
13. The Sign of the Unholy Cross (Live)


IMPURITYと並ぶSARCOFAGOウォーシップではありますが、MYSTIFIERの場合はそこにBEHERITやBLASPHEMYのようなウォーブラックのテイストも導入してしまったのが最大の特長です。真っ黒けの極悪ブラック(黒人)メタル・ルックスも、まるでSARCOFAGOとBLASPHEMYの中間でした。この後の3rdアルバム The World Is So Good That Who Made It Doesn't Live Hereはアヴァンギャルドに暴走して、ROOTにも負けずとも劣らない世界感を確立した傑作ですが、この2ndアルバムは南米らしい呪術的な原始性に、VARATHRONみたいな叙情もちょっと顔を覗かせたりするのも素晴らしいです。1stと3rdはMYSTIFIERの異端性が爆発したような作品ですが、この2ndが一番南米ブラック・メタルとして完成度が高い、と評価する声が多いのも納得です。全南米暗黒鋼鉄信者必須の重要名盤です!!


sarcofago-diehard.jpg

sarcofago-diehard-book.jpg

・SARCOFAGO - Die...Hard! DIGIPACK CD 税込3,240円 (Cogumelo)

キングス・オブ・カルト・ブラック・メタル SARCOFAGOの、これまで20年以上に渡って世界中で出まくってきたブートレグに終止符を打つべく、Vo.のWagner Antichrist氏の全面協力のもとに遂にリリースされたデモ音源集オフィシャル・コレクション・デジパックCD!!!666!!!Cogumeloモノはホント最近値段もキツイのでまいってしまいますが、SARCOFAGOのオフィシャル・リリースにして限定1000枚ということですので、これはスルーするわけにいきません。デモのオリジナル・アートワークや当時の写真はもちろん、Wagner Antichrist氏自身によるセルフ・ライナーノートも掲載したブックレットも完璧な仕上がりです!!!


Tracks 1-4 taken from 1st demo tape (first version)
Tracks 5-8 taken from 1st demo tape (second version)
Tracks 9-12 taken from "Satanic Lust" demo tape
Track 13 taken from "Black Vomit" demo tape
Track 14 is an "I.N.R.I." demo rehearsal version
Track 15 to 17 taken from "Christ's Death" demo tape
Track 18 is an "Alcoholic Coma" rehearsal demo version from "Rehearsals 89"
Track 19 is a "Secrets of a Window" demo version
Track 20 is a "Satanic Lust" instrumental demo version


ファッションからサウンドまで、冒涜精神を全面に打ち出し、ブラック・メタルのスタイルと概念をイチ早く実践&確立して、世界中のアンダーグラウンド・ハードコア・メタル・マニアックスやミュージシャンを震撼させた、ブラジリアン・バンドです。デモを発表した頃のカナダのBLASPHEMYと親交を深め、MORBID / MAYHEMのVo.の故Deadが強くインスパイアされたのは有名な話です。初期SODOMを南米らしい原始的な邪悪さで再現し、さらにハードコアからの影響による激速ビートを崩壊寸前で叩き出して、サウンド面に於いてもブラック・メタルの原型を作り上げたバンドですが、ここで聴けるアルバム発表前のデモ音源は、さらに後のブラック・メタルに近いと言うか、ノイズ・ブラックをも凌駕する壮絶なデストロイ・メタル・ノイズでいつ聴いても凄まじい!!!666!!!



sextrash-xxx.jpg

・SEXTRASH - XXX 7" WHITE VINYL 税込1,944円 / BLACK VINYL 税込1,296円 (Greyhaze)

INSULTER, EXTERMINATOR, SARCOFAGOメンバーらによって80年代後期に結成された伝説のブラジリアン・サタニック・デスラッシュ・メタル SEXTRASHの89年発表1st 7"が、USのGreyhaze Recordsから待望の再発。近年、Cogmelo Recordsリリースの名作はOsmoseが積極的にヴィニール化再発して、ヨーロッパ流通のライセンス盤で入手しやすくなりましたが、本家Cogmeloはと言うと、相変わらずブラジル国外の流通はライセンス契約したレーベルに丸投げ状態で、現在日本ではCogumeloとGreyhazeリリースの方がOsmoseのライセンス盤より格段に流通が薄い状況が続いています。このSEXTRASHの7"はOsmoseは再発していませんので、オリジナルは入手困難なこの名作EPのレプリカを、ぜひこの機会に入手してください。限定ホワイト・ビニールも入荷してます!!

初期SAROFAGO時代にはDISCHARGEのTシャツを着た五寸釘モヒカン・ファッションでひときわ強烈な印象を放っていたドラマーのD.D.Crazy氏が在籍した初期作品は、SARCOFAGOファンならば問答無用の必須作品ですが、SARCOFAGO同様SODOMウォーシップを貫きながらも、よりもスラッシュな切れ味を強調したサウンドで、カルト・デスラッシュ・マニア全員必聴の名盤です。RottingアルバムのSARCOFAGOに非常に近い感触の、耳障りの悪い金属質でジャキジャキにソリッドなスラッシュ・リフを刻みまくり、そしてD.D.Crazy氏のドラミングが相変わらずの崩壊寸前雪崩式暴走2ビートでのたうちまわります。SADUS, MERCILESS, SLAUGHTERLORD, etcの南米崩壊版とも捉えて楽しめるカルト・クラシックです。



holocausto-campo-lp.jpg

・HOLOCAUSTO - Campo de Extermino LP GREEN VINYL 税込3,996円 / BLACK VINYL 税込3,240円 (Greyhaze)

SARCOFAGOやMUTILATORにも参加してたドラマーのArmando氏が在籍した伝説の初期ブラジル最凶崩壊デストロイ・メタル・ノイズ・デスラッシャーの名作87年1stアルバムもアナログ盤再発!!このHOLOCAUSTOのLPはGreyhaze Recs盤が歌詞インナーとミニ・ポスターの2枚インサートが付いてて、グリーン・ビニールも入手するチャンスに恵まれましたので、US盤で入荷させました。レギュラー・ブラック・ビニールも入荷しています。

初期SODOM系のイーヴィル・スラッシュに南米の原始的感覚を加えたようなサウンドはSARCOFAGOとも共通する方法論ですが、崩壊デストロイぶりはこのHOLOCAUSTOのほうが凄い!!この頃のメンバーのファッションは、ナチヘルにハーケンクロイツ腕章で上半身裸にガンベルたすきがけ、五寸釘リストももちろん装備しながらライフルを構えるというクレイジーぶり。オリジナル盤はインナーもナチズム・アート全開でしたが、とにかくクレイジーな初期ブラジリアン・デスラッシュを聴きたいのならこれです!!
関連記事
07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR