RECORD BOY

D-Beat Punk Holocaust!!


vaaska-todos.jpg

・VAASKA - Todos Contra Todos CD 税込1,500円 (Vox Populi)

岡山のSKIZOPHRENIAとSplit 7"をリリースしていたバンドで、過去に当店に入荷してたLPやEPも好評だったUSテキサスのD-Beatパンク VAASKAの2015年新作アルバムです。CDはSKIZOPHRENIAのVox Populiからのリリースで、Split w/ IMPALERの曲もボーナス収録して日本語訳も付いた15曲入りです。

最初から最後まで潔いD-Beatで突進していて、とにかく今回も爽快です。 生々しいD-Beatの疾走感はテキサス・ハードコアらしい乾いたボトムで、ザラついた荒涼感と焦燥感に満ちたノイジーなサウンドとミックスされると、POISON IDEAとBATTALION OF SAINTSの中間のようなタッチにも聴こえてくる、なんて言うとホメ過ぎでしょうか?Vo.がスパニッシュなので、ガビガビ・ショボショボじゃないけど、スペインD-Beatファンにも人気が高いのも納得です。D-Beatファン以外にも、オールドスクールUSHCファンやスパニッシュ・ハードコア・ファンにまで聴いてもらいたい傑作D-Beatロウ・パンク・アルバム!!



absolut-punksurvival-lp-green.jpg

・ABSOLUT - Punk Survival MLP EUROPEAN VERSION LTD.100 GREEN VINYL w/ BUTTON 税込3,348円 / LTD.400 BLACK VINYL 税込2,592円 (Trabuc)

デモが目の覚めるような素晴らしい内容で、BLUDWULFの1stデモEPを初めて聴いたとき以来に、「BOYはこのバンドに掛けるしかない!!」とまで意気込んでプッシュしたカナダ・モントリオール出身D-Beatメタルパンクス、ABSOLUTの1st MLPがスペインのレーベルから限定500枚でヨーロッパ・バージョンもライセンス・リリース。Electric AssaultからのUSバージョンは早々に完売してBOYも1度きりの入荷で終わってしまったので、これは嬉しいヨーロッパ盤です。しかもちょっとここでどうしても黙ってられないこと言いますと、実は当初はElectric AssaultとABSOLUTギタリストJoel F.氏とBOYの間で、ソノシート付きのジャパニーズ・バージョンをやろう!という案が出ていたのです。SHITLICKERSのWarsystemカバーを録音したのがあるから、それをソノシート用に使おう、と、かなり具体的な話まで進みながらもその案は結局実現しませんでした。そしてそのSHITLICKERSカバーが、このヨーロッパ・バージョンにはボーナスとして追加されて、オリジナル盤より1曲多い全10曲入りとなっています!!ご覧の通りジャケも変わって(Electric Assault盤のジャケ・アートはインナーに使われています)、さらに今回はltd.100枚のレーベル直販限定100枚グリーン・ビニールも入荷!!グリーン・ビニールにはバッジも付きます。

カナディアン・ハードコア・パンク LEFT FOR DEADをはじめ、ゴリゴリ・ソリッドなリフに殺られた日本のスラッシャーも多かったスラッシュ・メタル・バンド RAMMER, 短命だったけどデス・メタル・クラスト・ファンに高く評価されたハードコア・デス・メタル SLAUGHTER STRIKEなど多くのバンドと、そしてMIDNIGHTのサポート・メンバーとしてもギターを担当していたJoel F.氏が参加するモントリオールのD-Beatパンク・バンドです。バンド名から予想できる通りの、Country of SwedenあたりのANTI CIMEX型D-Beatスラッシュに、Joel F.氏のエキセントリックなまでにエモーショナルなセンス抜群のメロディック・ギターがガンガン絡まってきて、とにかくデモは衝撃的なまでにカッコよかった!!この1st MLPはそのJoel F.氏のギターが遠慮がちで、メタルパンク・テイストはかなり後退しているので、最初は正直ちょっと残念にも思いましたが、改めて聴くと、ANTI CIMEXウォーシップD-Beatパンクの中でJoel F.氏のギター・プレイはやはり突出していて、クソつまんない海外のモーター・チャージド・メタル・パンクとかにいい加減ウンザリだった耳には十分刺激的です。もっとも、Joel F.氏は以前から「今はD-Beatバンドやってる」って言ってましたので、へヴィメタルも通過したフィーリングを備えているJoel F.氏のギターを柱にした、冷徹無慈悲な落下型突貫クラスト・スラッシュとメタル・タッチの融合は、HUMPTY DUMPTYなどのスタイルとの共通性もうかがえて、今後も要注意の存在として注目していきたいと思います。
関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR