RECORD BOY

Scandinavian Thrash Jawbreaker!!


* 毎週水曜は定休日ですが、パンクとメタルの渋い再発盤などが到着しましたので、先ほどカート・アップしました。受注メール返信対応は木曜日以降になります。


ganx-flashbacks-lp.jpg

・G-ANX - Flashbacks 2LP 税込3,996円 (Threat From The Past)

パワー・バイオレンスでもクラスト・コアでも、速くてロウ・ノイジーなパンク・スラッシュを求めていた40代前後のハードコア・パンク関係者にはファンの多かったスウェーデンのバンド G-ANXのディスコグラフィーが念願の初ヴィニール化。90年代にSound PollutionからディスコグラフィーCDが出ていたけど、長年入手不可能な状態が続いてました。CDバージョンより曲数も増えて2枚組でリリースされた今回の初LP化は、HELLBASTARDの1st LPを2010年に再発したドイツのレーベルからのリリースで、実はもう5年くらい前からアナウンスされていましたが、その後全く音沙汰がなくなったと思ったら、昨年突如「G-ANX、いよいよ出ますよ!!」と舞い戻ってきました。BOYの周りでも楽しみにしてた人が多かったリリースなので本当に嬉しいけど、5年前とはレコード屋の状況と為替レートが違いすぎるため、ちょっとこっちとレーベルのテンションに温度差が生まれてしまいました。事実、レーベル・オーナー氏は、「5年前にアナウンスした時と日本のショップの対応がまるで違って、日本でオーダーしてくれてるのは結局BOYだけだよ・・・」なんて、さみしいことを言っています・・・。しかし、このバンドを取り巻く状況は、近年はスウェディッシュ・デス・メタルの再発盤をマメにチェックしてくれてるメタル方面での反響も大きく、To The Death RecordsやCritical Mass Recordingsのスウェディッシュ・アラフォー連中は昨年のアナウンス以降大興奮していますので、これはウチがうやらねで誰がやる!!なクラシック・クロスオーバー再発として、張り切ってプッシュしていきたいと思います。


Split 7" w/ FILTHY CHRISTIANS (1988年)
"Far Out" 7" (1989年)
"Masterpeace" 7" (1990年)
"Out Of Reach" 7" (1993年)
84年/85年リハーサル
86年デモ


スウェディッシュ・デス・メタルのUNCANNYがカバーをやってましたし、RUPTUREの前身バンド CONTROLLED BY FEARもお手本にしたバンドとして名前を上げていますが、USで置き換えるなら、WEHRMACHTやCRYPTIC SLAUGHTERのようなスピードコア・クロスオーバー・スラッシュのような存在です。実際、超久しぶりにG-ANX聴いて思ったのは、RUPTURE / CONTROLLED BY FEARの故Andrew氏はそうとうこのバンドに影響されたであろうVo.スタイルだったという点です。しかしWEHRMACHTやCRYPTIC SLAUGHTERなどのUSクロスオーバーと決定的に違うのは、G-ANXのメタルの要素にSLAYERなどのスラッシュ・テイストはほとんどなくて、AMEBIXなどのUKハードコア・メタル・クラストくらいからしか直接的には影響されてなかったと思われます。実際、初期ヨシキ型の片側スパイク・ヘアーが最高に激渋カッコよかったギタリストのSteve(後にCOUNTERBLASTを結成)はよくAMEBIXのTシャツを着てました。しかし彼はD.R.I.のTシャツもよく着てて、この感覚が見事に音楽性に反映されています。DISCHARGEやAMEBIXなどのUKHCをルーツに、USHCのスピードを導入しても、初期Earacheリリースに象徴される80年代後期のUKハードコア・ルネッサンス・バンドとはまるで違い、北欧のバンドらしいエピックなメロディーやアルペジオなどをふんだんに盛り込んでくる感性も、後のスウェディッシュ・デス・メタル・バンドに大きな影響を与えていたと思われます。しかも、ファニーなテイストも時折トッピングして。この解説だと、聴いたことない人には本当にカッコいいのか?と不安になるでしょうが、これが最高にカッコいいんデス!!(自分の解説も、そんなに的外れではないと思います)しかも、結成が84年だったというから驚きです!!SIEGE, D.R.I., CRYPTIC SLAUGHTER, CITIZENS ARRESTなどと並んで、スピードに魅了されたエクストリーム・メタル・レジェンドも熱狂した伝説的スウェディッシュ・ハードコア!!



flegma-eine.jpg



・FLEGMA - Eine Kleine Schlacht-Musik 7" 税込1,296円 (Insane)

80年代~90年代中ごろにかけて活動していたらしい、ウルトラ知る人ぞ知るスウェディッシュ・ハードコア・パンクの、アナログ盤ヴィニールで唯一残した90年発表7曲入り7"EPデッドストック。ltd.1150枚プレスで、ナンバリング入りです。

いかんせん誰も知らなすぎるバンドなのでいろいろリサーチしましたが、たぶん日本で最もスウェーデンのハードコア・パンクに詳しい人の1人と思われるお客さんに尋ねても知らないとのこと。日本では恐らく誰にも注目されなかったどころか、流通悪すぎて当時は輸入もされてなかったかも知れません。GREENSCABのメンバーが居たみたいだけど、GREENSCABを覚えてる人ももはやスウェディッシュ・ハードコア好きのアラフォーの中でも極一部でしょうから、この解説もあまり意味がありません。しかし、Regain Recordsからアルバムを出していたホラー・ゴシック・メタルのTENEBREのメンバー数人が昔やってたパンク・バンドとして、スウェディッシュ・メタル界隈の一部では名前を知る人もいるバンドだそうで、いかにもスウェーデンらしいメタルとパンクの異端クロスオーバーな存在だった、というところまでなんとか情報をつかみました。

で、実際に聴いてみると、これがなかなか興味をそそられるカッコよさです。ドラムはかなりロウなドタバタD-Beatを導入しつつ、ギターはたぶんチューニングを落としたへヴィなチェインソー・ノイジーなサウンド。この音で、USHCと王道のスウェディッシュ・ハードコア調をミックスしたようなナンバーを連発していて、PUKE, ROVSVETT, SVART PARADなんかを1枚にまとめてしまったような感じもあります。再入荷の予定はありませんので、スカンジナビアン・ハードコア・ファンはこの機会にぜひどうぞ!!
関連記事
09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR