RECORD BOY

Thrashing Rage To The Death!!

exumer-firebefore-lp.jpg

・EXUMER - Fire Before Possession : The Lost Tapes LP SPLATTER VINYL 税込2,484円 / BLACK VINYL 税込2,484円 / CD 税込2,160円 (High Roller)



ジャーマン・スラッシュ・メタルを代表する名作の一つとなった86年1stアルバム Possessed by FireをEXUMERが当時制作するにあたって、Disaster Recordsがアルバムの概要を知るためにバンドに提出を要請したアドバンス・デモ・テープ音源がHigh Rollerからリリース。要するに「こんな曲をレコーディングしてアルバムに入れる予定ですんで、宜しくお願いします!」という感じで作られた非常にラフなレコーディングなのですが、これがあの名作1stアルバムとはかなり違ったロウ・パワー爆発の内容で、EXUMERファンには非常に興味深い発掘音源です。バンド・メンバーも当時のレーベル関係者なども、このテープを今も所有してる人は全然いませんでしたが、バンドの親しい友人に配っていた分がこの度発見されて再発されました。LPは限定500枚プレスで、そのうちのltd.200枚ブラック・ビニールとltd.300枚スプラッター・ビニールの2種入荷しました。



DESTRUCTION, KREATOR, SODOMの3大バンドがそれぞれの個性を最初から確立していたのに対して、ASSASSIN, VIOLENT FORCE, NECRONOMICON, DARKNESS, そしてこのEXUMERあたりは、個性の確立よりも、3大バンドに必死に食らいつく(もしくはフル・リスペクト)ような姿勢がサウンドにもよく表れていて、どのバンドもガムシャラなパワーとアグレッションが素晴らしい個性を生み出していました。ですから、"ジャーマン・スラッシュ・メタル" という言葉を聞くと、むしろこのへんのバンドを真っ先に思い出すヘッドバンガーもいるかも知れません。EXUMERはその中でも、割と展開に気を配った曲構成だったけど、とにかくもうパワーが抑えられない、といった感じの破壊的な演奏のせいで曲調がデコボコなのがまた魅力でした。さらに、DESTRUCTION, KREATOR, SODOMの3大バンドがVENOMを崇拝していた生粋のメタルヘッズだったのに対して、ASSASSIN, VIOLENT FORCE, NECRONOMICON, DARKNESSなどの次世代スラッシャーはハードコア・パンクにも強く影響されていましたが、EXUMERのこのデモ録音もやはりかなりハードコアっぽいラフな演奏で、ちょっとカナダSLAUGHETRがヘッドバンギング・メタル・スラッシュをやってるようなガムシャラ&デストロイなサウンドです。それにしても、「アムポゼッスバファヤーーー!!!」の雄叫びはいつ聴いてもホント燃えます!!





darkness-thrashtilldeath-cd.jpg

・DARKNESS - Thrash till Death! CD 税込2,160円 (High Roller)



ジャーマン・スラッシュ・メタルのデモ音源集CDがHigh Rollerからリリース。収録順が変えてありますが、内容は2008年に同じくHigh Rollerから3枚組LPボックスセットで発売されたモノのライブ音源をカットした、純粋にデモ音源のみの全20曲入りで、限定500枚プレスのようです。





1-4 : "Promotape" DEMO 1987

5-10 : "Spawn of the Dark One" DEMO 1986

11-16 : "Titanic War" DEMO 1986

17-20 : "The Evil Curse" DEMO 1985





NECRONOMICONが、元々はDISCHARGEやDEAD KENNEDYS, CRUCIFIX等に影響されたハードコア・パンク・バンドだったという話は有名ですが、このDARKNESSのハードコア好きもかなりのもので、なんてたってVo.は皮ジャンの腕にKAFKA PROSESSのロゴをペイントしてる姿が確認されてます。 1stアルバムは、KREATOR影響下のドタバタな純正西独スタイルに、ちょっとトロール・パンク的な田舎臭いキャッチーなコーラスも交えたサウンドが魅力でしたが、この初期デモはイーヴィルなダークネスがかなり強く、POISONにそっくりな曲なんかもあります。ジャーマン・スラッシュ・ファンはもちうろん、サタニックなノイジー・スピード・メタル好きにオススメです!!





warfare-purets-hrr.jpg

・WARFARE - Pure Filth T-SHIRT 税込2,376円 (High Roller)



High Roller製のオフィシャルTシャツ!!バカデカ・プリントじゃないし、プリント位置も今時のヤツより少し下方で(ビンテージなTシャツって、プリントが下の方にあるのが案外多い)、意識してオールドスクールな作りにしてるのかも知れません。



こちらは84年1stアルバム・ジャケ・デザインです。ボディはGildanのSoftstyleで、サイズはS / M / Lの3種入荷。





warfare-mayhemts-hrr.jpg

・WARFARE - Mayhem Fucking Mayhem T-SHIRT 税込2,376円 (High Roller)



こちらは86年名作アルバム・ジャケ・デザインのモノクロ・プリントです。ボディはGildanのSoftstyleで、サイズはS / M / Lの3種入荷。





nospeedelimit-box.jpg

nospeedelimit-flyer.jpg





・V.A. - No Speed Limit 8 x TAPE BOXSET 税込6,912円 (Nuclear War Now!)



NWN!が久しぶりにやってくれたアナログ・マニア大興奮の変態フォーマット!!!VOIVODを筆頭に、初期スラッシュ/スピード・メタル・ファンに人気のレジェンド&カルト・バンドを多く生み出したカナダ・ケベックで活動した8バンドのデモをまとめたコンピレーション・カセット・ボックスです。Hellbent For Cooking BOOKやIRON FIST MAGAZINEの連載などでもおなじみのカナディアン・ドゥーム・メタル CAUCHEMARの女性ボーカリスト Annick Giroux発案のコンピレーションで、James Plotkin氏によるリマスタリングで現代によみがえった80年代のデモ・テープ8種のレプリカを、今まで見たこともない変型ボックスに収納しています。VHSよりもちょっと小さい、昔のベータ・サイズくらいのビデオ・テープのケースを2本重ねて合体させたような作りで、各デモのスリーブもそれぞれ単独で再現されています。ブックレットも収納していて、当時のケベックのテープ・トレーダーのコメントや、各バンドのバイオグラフィーと写真も掲載。ジャケ・デザインは、もちろんAwayです!!





VOIVOD "No Speed Limit Weekend : Iron Gang Fanclub Live Demo" (1986年)

VOOR "Evil Metal" (1985年)

AGGRESSION "Demo #1" (1987年)

OUTRAGE "Buried Pieces 1984-1986 Demos"

SOOTHSAYER "To Be a Real Terrorist" (1986年)

TREBLINKA "Trials of War" (1987年)

VENSOR "Thrash Till Death" (1987年)

OBLIVEON "Whimsical Uproar" (1987年)





当店限定カラー盤までやった激渋オブスキュア・イーヴィル・スピード・メタル VOOR / 最凶暴走猛スピード・ハードコア・スラッシュ・メタル AGGRESSION / New Renaissanceの名物シリーズ・オムニバス Speed Metal Hellに参加してたので覚えてる人もいるであろうスピード・メタル・バンド OUTRAGE (最初期名古屋OUTRAGEもSpeed Metal Hellシリーズcomp.に参加してたのでちょっとややこしいですが、名古屋OUTRAGEはVol.5に、このケベックOUTRAGEはVol.2に収録されていました)/ New Renaissanceからアルバムが出ていたクロスオーバー・スラッシュ・メタル SOOTHSAYER / スウェーデンではなくケベックのTREBLINKA / 今回のカセット・ボックスでNWN!オーナー氏も初めて知って大いにホレこんでしまったというVENSOR / そして1stアルバムCDがオブスキュア・スラッシュ・メタル・ファンに高い人気を誇るレア盤のOBLIVEONの8バンド。今回の目玉はこのデモを残したのみで消えたVENSORで、ドラマーは当時13歳だったそうです。まるでスピードコア並みの猛速ビートになったVENOMウォーシップ・メタルで、しかも初期CASBAHを彷彿させるこの激渋クレイジー・メタル・ファッション!!全カルト・スラッシュ・メタル・ファン、必聴&diiieeeggghhhデス!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR