RECORD BOY

Crossover Thrash Classics!!



・SUDDEN IMPACT - Split Personality CD 税込1,944円 (Marquee)



LEEWAYの再発が世界中の80'sスラッシュ(ハードコア&メタル)ファンの間で大きな反響を呼んでいるMarquee Recordsが、LEEWAYに続いて再発したのは、カナディアン・クロスオーバー SUDDEN IMPACTの2ndアルバム!!「LEEWAYからずいぶん格が落ちる再発だな」なんて言わないでください。1stは確かに日本でもしょっちゅう中古LPを見る不人気作ですが、こんなジャケの2ndが出てたなんて全く知りませんでした。1stとは別次元でダサすぎるジャケなので、中古で見ても知らぬ間に素通りしてたのかも知れないけど、オリジナル盤LPの裏ジャケには、80'sカナディアン・スラッシュ信頼の証しである、Diabolic Forceのあのカッコいいロゴもしっかりあるので、やっぱり自分はこの2ndには今まで出会ったことなかったのではないかと思います。



SLAUGHTERやSACRIFICEをリリースしていたFringe Productionのスラッシュ部門レーベル Diabolic Forceから88年に発表されたカナディアン・クロスオーバー・スラッシュ・バンドの2ndアルバムに、88年ライブもボーナス収録した18曲入りCDです。オリジナル盤はLPのみのリリースだったようで、今回が初めての再発CD化です。ステッカーも付いてます。



1stの頃からメタリックな感触は一貫していて、ツイン・ギターによる重厚なリフとメタルっ気皆無なパンクVo.のミスマッチは、80'sクロスオーバー以外の何物でもないスラッシュ・サウンドです。1stは小細工なしのドカドカ・ハードコア+メタル・ギターだったけど、この2ndアルバムは正統派へヴィメタルの3連パートやベイエリア・タイプのミドル・テンポ・パートなどで緩急をつけて、かなり整合感のあるクロスオーバー・スラッシュ・メタルに仕上がっています。リマスタリングによる音質向上のせいか、パワフルなドラムの2バス連打も胃に響いてくるへヴィさで、バツグンの演奏力のライブ音源もかなりカッコいいです。しかし、Vo.は相変わらずメタル化を頑なに拒んでるような(長髪だけど)パンク・スタイルで、整合感のあるスラッシュ・メタルとキャッチーな感触のミスマッチは、4 of a Kind ~ Thrash Zoneの頃のD.R.I.と共通します。日本ではハードコア・パンク方面でとにかく人気ないですが、80'sクロスオーバー・ファンには無条件でオススメできる内容です。









・LEEWAY - Born To Expire 25th Anniversary Edition CD 税込1,944円 (Marquee)



再入荷お待たせしました!!!



クロスオーバー・スラッシャー待望のリイシュー!!NYHCシーンから登場したバンドでは、スラッシュ・メタル・ファンに最も評価の高かったLEEWAYの初期名作2作品が、ブラジルのスラッシュ・メタル・レーベル Marquee Recordsからオフィシャル再発。オリジナル・リリースは、ハードコア・ファンにはCRO-MAGSやMURPHY'S LAWなど、そしてスラッシュ・メタル・ファンにとってはWARGASMの1stなどで馴染みのあったProfile Recordsから発表されていて、当時から日本でも割と入手しやすいレーベルでしたが、近年はアナログ盤よりもCDの方が非常に入手が困難で、作品によってはかなりの高額で取引されています。特にWARGASMとこのLEEWAYは、CDのオリジナル・バージョンがマニアに大人気のレア・アイテムと化しています。



当時のNYHCはAGNOSTIC FRONTとCRO-MAGSの2大バンドが頂点に君臨していて、そのどちらのバンドもメタルから強く影響されたクロスオーバーな時期が絶頂期だったと評価される一方、NYHCシーンでのアンチ・メタルな空気も根強く、Profileがジャーマン・スラッシュ・メタル DESTRUCTIONのRelease from AgonyアルバムをUSでライセンス・リリースして、USツアーのサポートにCRO-MAGSをブッキングした時は、ダイハードなNYHC信者にはかなりのブーイングだったそうです。そんな中でもLEEWAYは最もメタルに接近していたハードコア・スラッシュでしたが、AGNOSTIC FRONT, CRO-MAGS, CARNIVORE, SHEER TERRORに代表されるスキンズ・スラッシュと呼ばれる先輩極悪NYバンドのメタル・アプローチやキャラクターとは一線を画した存在感で、当時からハードコア・ファンにもスラッシュ・メタル・ファンにも、比較的好意的に受け入れられていた印象があります。





Tracks 1-12 : "Born to Expire" LP (1988年)

Tracks 13-21 : Live at The Ritz, New York (1986年)





こちらはメタル・スラッシャーも狂喜する驚異の1stアルバムに、86年のライブもボーナス収録した21曲入りです。C.O.C., D.R.I., SUICIDAL TENDENCIES, ATTITUDE ADJUSTMENT, etcの代表的なUSクロスオーバー・バンドの魅力でもあったガサツな荒っぽさがLEEWAYには全く無く、完全にハードコア・パンクの域を越えた素晴らしい構成力と演奏力が爆発していますが、そのLEEWAYサウンドの要だったのは、やはりギターのA.J. Novello氏とVo.のEddie Sutton氏の2人のブレインだったと思います。ソリッドな切れ味はスラッシュ・メタリックだったけど、ハード・ロックやソウルも下地にあるようなA.J. Novello氏のギター・プレイと、それにも負けないほど感情豊かでエモ―ショナルなEddie Sutton氏のVo.のコンビネーションが素晴らしく完璧で、緊張感に満ちたメタルコア・スラッシュで疾走しています。ボーナスの86年ライブでのEddie SuttonのVo.なんて、神掛かっています!!!疾走ナンバーはこっちの1stアルバムの方が多いのですが、ゴリゴリでバッキバキのスラッシュ・タッチのまま緊迫したグルーヴを突き詰めた2ndアルバムの方が、NYHCファンには評価が高いので、ぜひ聴き比べてみてほしいです。









・LEEWAY - Desperate Measures CD CD 税込1,944円 (Marquee)



こちらも再入荷!!



NYHCファンに絶大なる人気と高い評価を誇る91年2ndアルバムに、同年オランダでのライブをボーナスで加えた18曲入りCDです。





Tracks 1-10 : "Desperate Measures" LP (1991年)

Tracks 11-18 : Live at JC Staddijk, The NETHERLANDS (1991年)





基本路線は全く1stと変わってませんが、エモーショナルなフィーリングが少しこっちの2ndの方が強調されています。のっけからグル―ヴィンなパートでスタートしますが、メタル・ヘッズの方たちに誤解してほしくないのは、これはミクスチャー・ファンキーという薄っぺらいトレンドに流されたのではなくて、BAD BRAINSウォーシップを完璧に表していたという点です。CRO-MAGSの1stの遅いパートもまるでBAD BRAINSでした。そういえばBAD BRAINSのQuicknessでドラムを担当したCRO-MAGSのMackie氏も、このLEEWAYの初期に参加していたそうです。ここまでの解説だとクロスオーバー・テイストは後退したように思われるスラッシャーの方もいるかも知れませんが、2曲目 All About Dopeなどは1stアルバムからカットしたような直線的疾走スラッシュですし、4曲目のStand Forなんて2ビートじゃないのに驚異的な刻みまくりで、しかも曲調はDCエモみたいだから、このバンドの想像力とミュージシャンシップの高さには改めて恐れ入ってしまいます。ちなみに、このアルバムは1stとは比べ物にならないほどめったにお目にかからない幻リリースだったため、1stでノックアウトされた熱心なNYHCファンとクロスオーバー・ファンにのみ絶賛されて姿を消し、スラッシュ・メタル・ファンには存在もなかなか知られてない激レア盤です。



今回の再発は25周年アニバーサリー・エディションと銘打ったスペシャルなリリースで、ジャケ・ブックレットにはNYHCシーンを彩った名だたるミュージシャンらによるライナー・ノートを掲載。1stには、Craig Setari (NYC MAYHEM, STRAIGHT AHEAD, REST IN PIECES, SICK OF IT ALL, etc)や、BAD BRAINSのDarryl Jenniferなどが、この2ndには、Dan Lilker氏(NUCLEAR ASSAULT, BRUTAL TRUTH, S.O.D., etc)などが寄稿しています。もちろん写真やフライヤーなど貴重な資料もたくさん載ってますし、帯とステッカーまで付けて、Marquee Recordsもかなり気合いを入れて臨んだデラックスなバージョンです。NO MERCYを当店でイチ早くチェックしていただいた筋金入りハードコア・スラッシャーの方々からは以前からけっこうお問い合わせいただいてましたのでガッツリ入れましたが、ここ数年はMarquee Recordsも以前ほど流通は良くないですし、カナディアンSACRIFICEのリイシューがスリップケース付きが初回のみだったことを考えると、帯やステッカーも付いたこの仕様での確保は早めの方がいいかと思います。何より、80'sクロスオーバーを代表するバンドの名作ですので、ファンも未聴の方も必須のグレート・リイシューです!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR