RECORD BOY

visitor - High Speed Savage CD



・visitor - High Speed Savage CD 税込1,000円 (High Speed Savage)



ex.EXPOSE、ex.METAL SKULLメンバーが在籍する東京ハードコア・パンク・バンドの1stアルバム。CDはアナログ盤とは異なるシークレット・トラックを追加して自身のレーベルからのリリース!



ノイジーな音作りのスラッシュ・ハードコアを軸にしながら、さらにエクストリームな表現を目指したようなギターノイズの使い方等、現代的な感覚の楽曲構成が特徴的です。ですが複雑さや難解さはなく、曲自体はハードコア・パンクの潔さに満ちていて、ストレートな楽曲の中を混沌とした音塊が飛び交いながら、ブルータルなボーカルを乗せて疾走する全8曲!





“ブルタルコア“と言う言葉があるのならまさにこのサウンドバランスをさす。10年近く日本のハードコアパンクは、“ RAW HARD CORE と CRUST“ と言う言葉のくくりから抜け出せなく低迷していた。しかしこのサウンドはあきらかに違う次元の“ neo hard core“サウンドだ!!



【Final Countdown】コンパクトかつ緻密に組み立てられた楽曲の中に様々なエッセンスとサウンドコラージュで曲全体が埋め尽くされ激しく反応し合っている。平たくraw crustやbrutal noise metalなんてくくりにも決して当てはまらない。



【God Save The Slaves】壊れた暴走戦車が乱射しながら迫ってくるようなパッケージ。ドラムロールは血流が逆流する様。ブレイクからソロパートへのインサートは音を切り貼りしたような荒々しいコラージュで見事だ。metal crustの血を引く音圧にwrecthedばりの初期衝動サウンドはテンションがあがる。



【Cybernation】効果音的なギターサウンドは轟音と共に曲となる。曲自体はトラディショナルな構成だが重ねられたノイズトラックが楽曲の振り幅を大きくしている。



【その手を汚せ】宇宙から飛んでくるチェーンソー。ギアがかみ合った時に生まれる、ultraspeed。だれない長さにソリッドさが際立つ。



【Slave in The City】短いわりに楽曲が優れている。アラビアンテイストのハーモナイザーソロも綺麗にキマッてる。



【Scary】リズムの噛みが良くストレートにノれる一曲



【Violence Fever】タフでノイジーな感触。ノイズギターのかぶりは意図するモノなのか???



【High Speed Savage】タイトルナンバー!反復する工業的ベースラインにのる咆哮とノイズひたすら叩き付けるスネアが強烈!!



非常にブルタルでノイジー(テクニカルで意図的な)なエクストリームサウンドに仕上がっている。

だれない曲の長さはいっきに聞けるからかっこいい!!

様々なノイズコラージュが曲の広がりにつながってるね。

サウンドを例えるならばelectro psychic raw noise hard core punkな印象。

visitorには希望と破壊力が見えるんだ!

この作品がより広い世界に放たれる事を強く希望する!!



美濃加茂から愛を込めて/TAKACHO LONDON

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR