RECORD BOY

Thrash till Death!!



・FORESEEN - Helsinki Savagery LP 税込3,240円 / CD 税込2,592円 (20 Buck Spin)



7"EPが大好評だったフィンランド・クロスオーバー・スラッシャー FORESEENが、USエクストリーム・メタル・レーベル 20 Buck Spinから1stアルバムを発表。先に入荷したCDが早々に売り切れた後もお問い合わせも途切れなかったので、この機会にLPも入荷させようと思っていたのですが、とにかく値段が高い・・・。20 Buck Spinは昔はパンク寄りのレーベルだったけど、近年は立派なエクストリーム・メタル・レーベルになってしまってチョットやりにくいうえ、円安も加速してるので、これでもギリギリを通り越した値段設定です。ビジネスだけ考えてたら正直もう無理なんだけど、内容は素晴らしい爆走っぷりで文句なしの痛快スラッシュ・アルバムですし、あまりにも高いのでウジウジ悩んでたらヨーロッパとUSではバカ売れ中でウカウカしてられない状況になってきたので、あわてて入荷させました。LP待ってた方は、頼みますからこの機会に押さえてしまってください!!



大プッシュしたスピード・メタル・バンド RANGERのベースVo.のDimi氏がクロスオーバー・バンドもやってると言うので、試しに入れてみた7"EPが、クロスオーバー系では近年まれに見るカッコよさで大反響だったバンドです。現在はDimi氏はRANGERに専念していて、このFORESEENには参加していませんが、前作以上にスラッシュ・メタルとして完璧なサウンドで、しかもハードコア上がりのスピードは全く失速してないどころか、さらに加速した感もあります。ぶっちぎりの直線刻みリフは相変わらず速いし、そしてドラムが素晴らしくパワフルで音もバカデカく、重厚且つソリッドなリフとラウドなボトムのコンビネーションが非常に暴力的です。ハードコア・スラッシュな刻みまくりリフとスピード・メタルの熱血さを同時に兼ね備えたWHIPLASHタイプのバンドが好きならば絶対に聴いてほしいですし、Heavy Artilleryからのアルバムが素晴らしかったのにダサいルックスのせいか地味な存在だったAVENGER OF BLOODなんかも思い出してしまいました。あんまし面白くない現行スラッシュ・メタルのリリースは最近は積極的には入れてません(ポンコツ系はどうしてもガマンできません)が、こういうのならBOYもスルーはできません。ZOLDOER NOIZと並んで、久々に激烈オススメの現行スラッシャーです!!







・HELLBRINGER - Horror from the Grave 7" 税込1,296円 (High Roller)



TTF 2013で来日経験もあるオーストラリア出身スラッシュ・メタル HELLBRINGERの2014年発表新作7"EPです。各250枚プレスのブルー・ビニールとブラック・ビニールの2種でのリリースで、今回はブルー・ビニールでの入荷になります。



まず真っ先に言いたいのは、このバンドはVo.が本当にカッコいい!!今回もAngelripperに似た激渋な声でシャウトしてますので、やはり聴いてパッと思いうかぶのはSODOMだけど、SODOMの直線的刻みよりも、近年の北欧スラッシュの特徴でもある、WHIPLASHやDEATHROWっぽい熱血リフで直線的に疾走していて、NEKROMANTHEONやANTICHRIST Swedenのファンも必聴のカッコよさです。B面でのPOSSESSEDカバーにも、そのへんの現行北欧スラッシュ・メタルと共鳴する感覚が表れていると思います。ギターソロは超SLAYERしてるので、この部分はHell Awaits時のSLAYERを聴いてるかのようにも錯覚します。とにかくカッコイイのでオススメです!!







・ZOLDIER NOIZ - Regression Process LP BLUE VINYL with WOVEN PATCH 税込2,808円 (Ripping Storm) / LP BLACK VINYL with WOVEN PATCH 税込2,592円 (Ripping Storm) / CD with WOVEN PATCH 税込1,728円 (Unspeakable Axe / Dark Descent)



LP待ってましたーー!!!待ってるファンがそんなに居るようなバンドではないんですが、それでも、過去作品はBOYではかなり売れてくれたし、信頼できるプロのお客さん達にとっても、コレクション性など全くなくても楽しめる数少ないバンドだと聞いています。先にCDがDark Descent Recordsの若手部門レーベル Unspeakable Axeからリリースされて大好評の、フランス出身スラッシュ・メタル・バンド ZOLDIER NOIZの2014年発表2ndアルバムが、NAUSEA L.A.の1st LPやジャーマンOUTRAGEのデモなどもLP再発してきたイタリアのRipping Stormから限定500枚でアナログ盤もリリース。ltd.100枚ブルー・ビニールとltd.400枚ブラック・ビニールの2種で、当店販売分にはCD同様オフィシャル・パッチを付けて引き続き大プッシュ致します!!



VOIVODはフォロワー・バンドの生まれにくいスラッシュ・メタルだけど、VOIVODチルドレンな個性的バンドは昔から時々出没してきました。そして、このZOLDIER NOIZは、2010年代に生息する数少ないVOIVODチルドレンなスラッシュ・メタルだと思います。VOIVODがMOTORHEADに強く影響されながらも独自のスタイルでスラッシュ・メタルをやっていたように、ZOLDIER NOIZにもMOTORHEAD要素はありますが、決して焼き直しなどではなく、MASTER, ORDER FROM CHAOS, CARNIVORE, etcのようなゴリゴリの男臭さでそれは現れています。前作1stにあった、Rrroooaaarrrrみたいなキャッチーさは今回はなく、よりMASTER的な感触が強まりました。そういう意味では、シカゴのBONESにも共通する点があるのかも知れませんが、BONESにはVOIVODの要素は無いし、、、う~ん、、、上手く説明できないのですが、サウンドも雰囲気も、とにかくカッコいいとしか言えないバンドなのです。まるで日本のビジュアル・スラッシュみたいなクレイジー・テクニカル・リフなども飛び出して、現代では数少ない非英語圏メタルの醍醐味みたいなのもあるし、とりあえず聴いてみてください。財力があればBOYでリリースしたいとちょっと本気で考えたくらい、激烈にカッコいいスラッシュ・メタルです!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR