RECORD BOY

Deathly Metal!!



・FATHER BEFOULED - Sacrificing Oblivion LP 税込3,564円 (Psychedelic Lotus Order)



もはや説明不要なほどに現代のアンダーグラウンド・デス・メタルを象徴するような存在にまでなったUSアトランタ出身デス・メタル FATHER BEFOULEDの2008年発表11曲入り1stデモLPが、中国のPsychedelic Lotus Orderから待望の再発。レーベルのカタログ番号は003ですが、P.L.O.のファースト・リリースだったスペインのOF DARKNESSの次に当時当店に入荷してきたのが、確かこのFATHER BEFOULEDの1stデモLPだったと思います(002番は不明ですが、恐らく今後リリース予定の某デス・メタルのデモ音源ではないかと思います)。オリジナルはCDRのリリースで、2009年にP.L.O.が限定118枚のLPで再発して即完売。レーベルでも公式に公表してないっぽいので正確な数字は言いませんが、今回は1stプレスよりさらに少ない2ケタのマイクロ・プレスですから、ジャケも一新してありますし、1stプレスを入手できてた人もついまた欲しくなってしまうのではないでしょうか。それくらい凶悪な内容ですので、1stプレス逃してた人は今度こそ確実に確保してください!!



その後の他作品で再録された曲もあるけど、それらともミックスは違いますし、Profano ad Regnumミニ・アルバムに収録する予定でお蔵入りとなった1曲目のInvoking Ssodomiaは、恐らく現時点でも他作品で再録などされていないexclusive曲のはずです(間違ってたらすみません)。そのへんの詳細は裏ジャケのクレジットを見ていただくとして、内容も他のFATHER BEFOULEDよりも凶悪度数が非常に高く、本来はINCANTATIONウォーシップなバンドですが、このデモ・アルバムはダイハード・ドゥーマーにオススメの殺伐ドゥーム・デスが凄い!!速い曲もプリミティブで、初期のGRAVE UPHEAVALのような暗黒lowestデス・メタル・ファン必聴です。



* ちょっと盤にスリキズが多いものもありましたので、なるべく綺麗なものからお売り致します。







・GHOULGOTHA - The Deathmass Cloak CD 税込1,728円 (Dark Descent)



FATHER BEFOULED, ENCOFFINATIONのドラマーで、DECREPITAPHもやってるElektrokutioner氏がギター&Vo.で参加しているUSサンディエゴのデス・メタル・バンドの、Dark Descentから発表した1stアルバムです。未入荷でしたがBlood Harvestから昨年2014年にEPもリリースしていて、FATHER BEFOULEDファンから注目を浴びています。



ラストにMYTHICのカバーもやってますので、やはりこのバンドもElektrokutioner氏が関わってる他のバンド同様、グルーミーなダークネスが特徴のデス・メタルではありますが、INCANTATIONウォーシップのFATHER BEFOULEDや最遅記録を樹立したENCOFFINATIONと違って、不気味な旋律に耳を奪われるミステリアスな叙情が漂うデス・メタルです。オープニングからいきなりエピックなギター・メロディーで幕を開けた後は、不協和音の不気味な音階と目まぐるしい展開で構成した独特のエピック・デス・メタル・ワールドを構築していて、上手く説明できませんが、これはとても面白いです。Dark Descentリリースのデス・メタルを堪能している方ならば間違いなく楽しめるでしょうが、オーストラリアのSTARGAZERやコスタリカのPSEUDOSTRATIFFIED EPITHELIUMのような、NWN!リリースの個性的なストレンジ・エピック・デス・メタル・ファンにもかなりオススメです!!ジャケもカッコいいです。







・DECREPITAPH - Forgotten Scriptures-The Collection CD 税込1,836円 (Selfmadegod)



ENCOFFINATIONやFATHER BEFOULEDなどでも活躍するElektrokutioner氏によるプロジェクトとして始動したUSデス・メタル・バンドの、Split音源各種/EP/未発表リハーサル/ライブを収録した13曲入りコレクションCDです。





Track 1 : unreleased rehearsal track

Track 2 : Split 7" w/ ANATOMIA

Track 3 : Split 7" w/ ETERNAL SOLSTICE

Track 4 : Split 12" w/ OFFAL

Tracks 5 and 6 : Split 7" w/ ERODED

Tracks 7-10 : "Resurrecting and Rotting" 7"

Track 11 : Split 7" w/ MEATHOLE INFECTION

Track 12 : Split 7" w/ FATHER BEFOULED

Track 13 : live in Houston, Texas





以前にI Hate RecordsがこのバンドのLPを出して入荷した時は、ちょっと意外な感じがしましたが、とにかくこのバンドもENCOFFINATIONファン必死のズルズル・デスです。ダルい身体で走ってるような倦怠感に満ちた疾走感と、ベードラ・ベタベタ&ダウンチューニングのグルーミーbutジョリっとソリッドな感触は、AUTOPSYとGRAVEに燃えたオールドスクーラーに絶賛されるのも超納得。リフ・ワークもバラエティーに富んでいて独創的だし、ブレイクも多用して鈍い切れ味もバツグン。最初はダイハードなズルズル・デスメタルという印象を受けてしまいそうですが、楽曲は敢えてキャッチーと言ってしまいたいセンスの良さを随所に感じさせます。







・DESOLATE SHRINE - The Heart of the Netherworld CD 税込1,728円 (Dark Descent)



ブラック・スラッシュ・メタル URNのドラマーがVo.を務めて、LIE IN RUINSメンバーなども参加しているフィンランドのブラック・デス・メタルの新作3rdアルバムがUSのDark Descent Recordsからリリース。前作同様、2000年代以降のエクストリーム・メタルから産み落とされた様々な要素が混沌と渦巻く圧巻の大作です。



DEATHSPELL OMEGAが切り開いた、退廃美と攻撃性をプログレやクラシックも根っこにあるような驚愕の音楽的スキルで表現するエクストリーム・メタルは、Ajna Offensiveのブラック・デス・メタル・バンド群で一通り落ち着いたように見えましたが、現在は当店も1度入荷させたことのあるスイスのBOLZERがそのスタイルを継承しながらさらに前人未到の域に到達しているようです。このDESOLATE SHRINEもそのテのエクスペリメンタルなエクストリーム・メタルで、もう演奏や完成度なんかにケチをつけるようなレベルではありません。完璧でしょう。あとはいかにアングラ・シーンのトレンドから独立してストイックに作品を完成させることができるか、ではないでしょうか。あまり良く知らないくせに言わせてもらいますと、個人的にはSepulchral Voice周辺ジャーマン・ブラック・デス・メタル勢がズバ抜けているように思いますので、Dark DescentやNWN!のファンはもちろん、ANAELやCHARONなどのファンにもぜひチェックしていただきたい壮絶さデス!!







・VASSAFOR - Death Transmission LP 税込2,916円 (Psychedelic Lotus Order)



現TEMPLE NIGHTSIDEでex. DIOCLETIAN、さらにBLASPHEMYにもライブでのサポート・メンバーとして参加しているVK氏によるニュージーランドのVASSAFORの、2013年USツアーの際にサンフランシスコのラジオ・ステーション KFJCスタジオで公開放送された、所謂ラジオ・ライブ音源盤が、中国のPsychedelic Lotus Orderから限定250枚でリリース。このレーベルはFATHER BEFOULED, ENCOFFINATION関連のリリースが多いように、ドゥーム系デス・メタルの極悪音源の濃黒さでは現存するレーベルではトップ・クラスで、その流通の悪さからも、あのベルギーのカルト・ドゥーム・レーベル Painiac Recordsを彷彿させますが、このリリースはRoss Bay Cult系ファンもぜひチャンスのある時に入手してください。



DIOLETIANを始める10年も前の90年代中期に結成されたバンドで、DIOCLETIANを脱退したVK氏は、現在このバンドを中心に活動しています。ベスチャル・デス/ウォー・ブラック系の激烈鋼鉄を、混沌と構成力とを同時に表現したようなスタイルは、DIOCLETIANよりも幅広い音楽性を反映させていて、以前入荷したSplit LPで聴かせてくれたVARATHRONの絶品カバーのような叙情もふんだんに盛り込まれてるのがまた渋いです。KFJCラジオ・ライブ音源の超良好音質は、SABBATのKill Fuck Jesus Christ LPでも実証済みだけど、raw war系にも近いブラック・デス・メタルのライブ録音でこのサウンドは、ちょっと凄いのではないでしょうか?恐らく、黙って聴かされたらライブ盤とは気付かない人も多いでしょう。単なるコレクターズ・アイテムとして姿を消してしまうべきではない、完璧な完成度のライブ音源です!!







・DROWNED - Idola Specus LP 税込2,592円 / CD 税込1,944円 (Sepulchral Voice)



Nuclear Winter Recordsからヴィニール化再発されたデモLPなど、過去の入荷作品もダイハードなデス・メタラーに好評だったジャーマン・カルト・デス・メタル DROWNEDが、結成20年以上を経て遂に発表した1stフル・アルバムLPです。新旧メンバーが被っていて人脈的には兄弟バンドとも言えるNECROS CHRISTOSを抱える、Sepulchral Voice Recordsからのリリースです。



呪術的なリフ・ワークはNECROS CHRISTOSの兄弟バンドと思わせる点もあるけど、INCANTATIONやFUNEBRARUMなどのUS東海岸デス・メタルのabysmalなDEApTH混沌ダークネスと、オールドスクールな疾走感で爆裂したパートで構成しています。Dark Descentのデス・メタル・バンドが好きな方は間違いなく必聴のクォリティーですが、ギリシャのDEAD CONGREGATIONと並ぶINCANTATIONウォーシップなヨーロピアン・デス・メタルのオリジネイターとしての重みというか風格も感じ取れる力作です。







・NECROS CHRISTOS - Nine Graves LP 税込2,700円 / CD 税込1,944円 (Sepulchral Voice)



近年、世界規模で正当に評価されるようになった個性的なジャーマン・デス・メタル・シーンの発展に最も貢献したバンドと言っても過言ではない現代デス・メタル最重要バンドの一つ、NECROS CHRISTOSの2014年に発表した最新スタジオ録音アルバムです。LPにはポスターが付いています。



コンセプト・アルバムだった前作 Doom of the Occultのような作風を今回もさらに突き詰めていて、中近東風でもあるエキゾチックな叙情のインストゥルメンタル・ナンバーも織り交ぜた構成となっています。初期はlowアグリーなスタイルだったヴォーカルが、もはやデス・メタルVo.としては極上級に渋いアダルトな低音域中心のスタイルへと深化しているので、初期のクリプティックなダークネスが好みだった人にはより一層ドゥーミィーな感触が希薄に感じられるかも知れないけど、改めて初期の作品を聴いてもわかるように曲調は一貫していて、歴史ある欧州の郷愁と宗教的荘厳さのミックスをデス・メタルで表現したような独特のダークネスは、オカルト・メタルにも通じているのがよりクッキリ見えてくる作品かと思います。KING DIAMONDが切り開いたホラー・メタル流コンセプト・アルバムをデス・メタルの手法とミックスして表現しているようでもあるから、リフやリード・ギターの妖しさもけっこうKING DIAMONDっぽかったりしますが、BOLT THROWER風のバスドラ連打重戦車パートでボトムを強固に支えてるのは相変わらずで、オールドスクール・デス・メタル・プライドも見失ってはいません。とにかく、前作 Doom of the OccultでNECROS CHRISTOSの世界観が完成された!と驚愕して堪能した方は絶対に必聴の傑作デス!!







・NECROS CHRISTOS - I in Darkness II in Damnation III in Death 2002-2007 2CD 税込2,592円 (Sepulchral Voice)



こちらは必殺の初期レア音源コレクション・アルバムです。アナログ盤はLP3枚組のボックス・セットで2013年にリリースされていましたが、高額にも関わらず予約で完売してパニックとなってしまい、入手困難なレア音源を集めたコンピレーション・アルバム自体が早々にレア盤化して、このバンドな異様な人気の高さを裏付ける結果となりました。CDは2枚組で、ケースも2枚分の厚みの分厚いヤツですので、レターパック・ライトとメール便のご注文には対応できません。





Disc 1:

Tracks 1-10 Necromantic Doom (Demo 1, October 2002)

Tracks 11-18 Black Mass Desecration (Demo 2, July 2003)

Tracks 19-26 Grave Damnation (Demo 3, September 2004)



Disc 2:

Tracks 1 & 2 Curse of the Necromantical Sabbath (7", September 2004)

Track 3 Teitanblood/Necros Christos (Split 7", July 2006)

Tracks 4-6 Previously Unreleased Studio Session (November/December 2007)

Tracks 7-13 Necros Christos/Blood Horns - Ritual Crucifixion (Split Tape, May 2005)





ここで聴ける初期音源では、Vo.が今より凶暴なlowスタイルですし、欧州の郷愁と宗教的荘厳さのミックスをデス・メタルで表現したような1stアルバム以降の作風より、ちょっとギリシャのデス・ブラックやSAMAELのような暗黒の黄昏が強いように感じます。最新作ではほぼなくなった引きずるようなスラッジ・テイストのドゥーム・パートも顔を出します。しかし改めて聴いて驚くのは、KING DIAMOND風オカルト・メタルとオールドスクール・デス・メタルを融合したような独特の曲調はデモ時代から一貫していたという点です。ギター/ヴォーカル/キーボードを担当して、バンドのブレインでもあるMors Dalos Ra氏は、90年代からダイハードなデス・メタラーには崇拝されてきたジャーマン・デス・メタル DROWNEDにも在籍していた人物ですので、やはりデビュー当初からポッと出のエクストリーム・メタルとは格が違ったということです。各オリジナル作品とともに必聴のコレクション・アルバムです。







・GRAVE MIASMA - Odori Sepulcrorum 2LP 税込3,240円 / CD 税込2,052円 (Sepulchral Voice)



前身となったGOAT MOLESTOR時代から世界中のデス・ブラック・メタル・マニアックスを熱狂させてきた、現行のUK産アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンで最もカルトなバンドの一つ GRAVE MIASMAの2013年発表1stフル・アルバムです。ジャーマン・レーベル Sepulchral Voiceとはしばらく直取引がなかったので、遅ればせながら今回ようやく初入荷致しました。LPはD面がシルクスクリーン・プリントを施した2枚組。ジャケットはトリプル・フォールド・スリーブです。



USのVASAELETHやFATHER BEFOULEDなどと並んで、INCANTATIONを頂点とする近年のグルーミーなダークネスの強いタイプのデス・メタルの盛り上がりをリードしてきたバンドで、中でもこの作品は彼らの最高傑作と高く評価されています。FATHER BEFOULEDが激烈な完成度の高さの中に退廃的な荘厳さも備えているのに対して、GRAVE MIASMAの場合はlowではあっても過度なrawではないのでその荘厳さが一聴してUSバンドとは異質で、人脈的にもつながっているBINAHやINDESINENCEなどと共通する、英国産独特のどこか気品の高さすら漂う圧巻の暗黒混沌デス・メタル・ワールドを完璧に構築しています。これはまさしくINCANTATIONとESOTERICの融合の理想形!!NEGATIVE PLANEのようなタイプが好きな方にもオススメの傑作です。







・INVIDIOUS - In Death DIGIPACK CD 税込1,836円 (Sepulchral Voice)



IN SOLITUDEヴォーカル Pelle AhmanとベーシストのGottfrid Ahman兄弟を筆頭に、DEGIAL, ENSNARED (ex. GRAVEHAMMER)などで活躍するツワモノが結集したスウェーデンUppsala出身デス・メタル・バンドの2011年発表4曲入りデビュー・ミニアルバムが、トリプル・フォールド・スリーブのデジパックCD化で再発。オリジナルのアナログ盤は流通のあまり良くないImperium prod.からのリリースで、当店も1回こっきりの入荷ですぐに売り切れましたが、CDはSepulchral Voiceからのリリースです。



WATAINをボスとするUppsalaのMetal Of Death一派のバンドで、WATAINの影響力が絶大な混沌邪悪系デス・メタル新興勢力です。サウンドはDEGIALやVETERNUSなどに近く、単音邪悪リフの疾走パートも多用したブラッケンド・デス・メタルを、テクニカルなめまぐるしさとは対極の、ある意味原始的ですらある混沌カオティックな様相で爆裂させています。直線的爆走ナンバー連発の後半は、POSSESSED影響下オールドスクール・デスラッシャーもガッツポーズのヘッドバンギングの嵐!!ベーシストのGottfrid AhmanはREPUGNANTもやってますし、各メンバーがそれぞれの本業バンドで忙しくて、あまり活発には動いてないバンドのようですが、このたびこの唯一の作品がCD化再発されたことですから、今後また何かやってくれることを願います!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR