RECORD BOY

DOCTOR AND THE CRIPPENS - Fired From the Circus



・DOCTOR AND THE CRIPPENS - Fired From the Circus 2LP+CD 税込3,240円 / CD 税込2,160円 (Boss Tuneage)



DISCHARGEの“Why”1st MLPでドラムを担当したDave Ellemere aka Bambiが在籍したことで当時話題を呼んだUKHCパンク・バンド DOCTOR AND THE CRIPPENSの88年発表1stアルバムが、Peel Sessionやデモなども山盛り追加収録した、全44曲入りの初期コレクション・アルバム的ボリューム満点2枚組LPで再発。Waterslide Recordsさんによる日本流通仕様で、日本語帯&ライナー対訳付き。初回入荷分はカラー・ビニールで、さらにおまけで同内容のCDと、91年プラハでのライブを収録したDVDRも付きます!!





Tracks 1-22 : Fired From The Circus LP (1988年)

Tracks 23-34 : John Peel Session (May 1988年)

Tracks 35-38 : 1st DEMO (Oct 1986年)

Tracks 39-41 : (2nd DEMO (May 1987年)

Tracks 42 : 初リハーサル (Nov 1985年)

tracks 43-44 : ライブ (May 1986年)





奇抜なファッションやジャケ・センスなどで、USHCに触発された当時のLate 80's UKHCルネッサンスを代表するHERESY, RIPCORD, INTENSE DEGREE, JAILCELL RECIPES, etcのようなバンドとはちょっと違ったキャラクターのバンドでした。簡単に言うとルックスが良くないので、敬遠してた人もいただろうけど、その荒々しくもメロディーのあるロウ・パンク・スラッシュに魅了された人も多く、個人的には東京ハードコア・パンク・シーンのバンド関係者の多くにファンが多かった印象があります。もともとはRAMONESウォーシッパ―だった連中が、BAD BRAINS, POISON IDEA, SUICIDAL TENDENCIES, etcのUSHCに大きく触発された、ということですが、Fired From The Circus 1st LP制作時には、LIP CREAMやOUTOなどの日本のハードコア・パンクを聴いて強く触発されて、出来る限りまで速く演奏してみようと決めて、メロディーを殺さずにグラインド手前のブラストまで飛び出す、あの独特のレイジング・ハードコア・スラッシュを確立したそうです。日本語訳のセルフライナー・ノートには、このへんの当時のトリビアなども多く掲載していて、とても面白いので必読です。今後、後期音源集のリリースも計画されてるそうですので、89年のAvant Gardening 12"のラベル写真で、CRIPPENSのTシャツを着たScott Ian & Charlie Benante (ANTHRAX)が登場した経緯なども知りたいところですが、まずはこの待望の初CD化1stアルバム&レア音源を聴きまくりましょう!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR