RECORD BOY

Metal from the Graves!!



* これだけ極上&カルトな再発盤が揃いましたが、いまだにアレが届きません・・・。紛失して1カ月以上経つ荷物が4つもあるので、今はBOYが呪われてるとしか思えませんが、昨晩カートアップしたスラッシュ/デス/ブラック・メタル系再発盤各種も待ち望んでいた素晴らしいモノが多いので、ぜひチェックしてみてください。本日水曜は定休日ですので、受注メールの返信は明日木曜以降になります。







・BLOOD FEAST - Last Offering Before The Chopping Block LP 税込3,132円 / CD 税込2,160円 (Hellion)



カルト・メタルの代名詞的レーベル New Renaisance Recordsリリースのスラッシュ・メタル・バンドの中では、クサレ要素抜きにして広く80'sスラッシュ・ファンに愛されるニュージャージーのBLOOD FEASTの、90年発表2ndアルバムのオリジナル・レコーディング音源が発掘リリース。昨年2013年にドイツのHellion Recordsからオフィシャルでリリースされて、流通の薄いレーベルながらも日本国内のスラッシャーの間でも話題となり、当店でもけっこうお問い合わせいただいてましたが、なかなかうまくいかずに、今回まで入荷できずにいました。ほぼあきらめかけていた時に、VIOLENT FORCEのデモLPを今度はリリースすると聞いて、やはりこれは直談判するしかない!とレーベルに再度アタックしたところ、すんなり交渉成立。めでたくBOYにも入荷する運びとなりました。LPはブラック/レッド/ゴールドの3種ビニールでのリリースで、各ltd.100枚!!アナログ盤も入荷した極少数の日本のメタル・ショップさんはどこも同じみたいですから、たぶんレーベルでストックしてる時点でそうなってるんだと思うけど、ジャケに角打ち/折れシワがあるのもあったので、なるべく綺麗なものからお売りしていきます。



2ndアルバム Chopping Block Bluesは90年に発表されましたが、実は88年に脱退したギタリストがまだ在籍してた時点で1度録音していたそうで、脱退に伴い再録して90年に発表したとのこと。ということは、このオリジナル音源は88年以前の音源ということになるのでしょうか?ラフ・ミックス的な音源ではありますが、とにかく、あの東海岸特有の熱血スタイルのスラッシュ・メタルが爆裂してて、やはり最高にカッコいいです。SLAYER影響下アメリカン・スラッシュ・メタルの素晴らしい成功例の一つと言っても過言ではないでしょう。西海岸のSLAYER直系最高峰バンド DARK ANGELよりも、同じニュージャージーのWHIPLASHファンは絶対に必聴のグレートUSスラッシュ・メタル!!







・VIOLENT FORCE - Dead City ONE-SIDED LP 税込3,132円 (Hellion)



VIOLENT FORCEのデモ音源、2種同時正規再発!!!!!これだけ熱狂的ファンを抱えるバンドでありながら、どうやら数年前に出回ったブートLPで初めてデモ音源が流出したみたいだったので、あのブートは瞬殺ソールドアウトでしたが(私も泣く泣くあきらめました・・・)、このたび遂にオフィシャルでリリースされました。



激渋バンドぞろいの80'sジャーマン・スラッシュ・メタルの中でも最高に渋い部類に入るVIOLENT FORCEは、LIVING DEATHの完璧最高潮期 Back to the Weapon EP以降を支えて、HOLY MOSES, SODOM, ASSASSIN,etcの名だたるジャーマン・スラッシュ・メタルを渡り歩いたドラマー Atomic Steif氏が恐らく初めて本格的にドラマーとして青春時代に活動したバンドでもありますが、Atomic Steif氏の存在を抜きに考えても完全にカッコいいバンドです。87年発表唯一のアルバムのトップを飾る代表的名曲 Dead Cityは、歴史に残るMOTORHEADishスラッシュ・クラシック・ナンバーだけど、VIOLENT FORCEはMOTORHEAD直系と言うよりも、MOTORHEADに憧れたSODOMに強く影響されたスラッシュ・メタルというところがまた最高に渋かったです。ドカドカの2ビートとキャッチーなリフで爆走し、Angelripperスタイルのクールな低音ボイスが乗ってきて、いつ聴いても激渋すぎますが、そしてさらにSODOMにはあまりなかったガッツに満ちたシケシケ・メロディック・ギターが絡まってくるのも素晴らしい。そういう意味では、VENOM直系でありながらメロディックなギター・プレイで本家にはない完全な個性を確立したBULLDOZERとVENOMの関係性に似たものが、このVIOLENT FORCEとSODOMにも感じられます。





A1. Intro

A2. Vengeance And Venom

A3. Dead City

A4. Greek Intensities

A5. Sign Of Evil

A6. Outro





このLPは85年1stデモを片面に収録した5曲入りで、限定300枚プレス。2012年に出回ったブートLPとは全く別内容で、Greek Intensitiesは、恐らく未発表でしょう。インスト・ナンバーですが、VIOLENT FORCEらしいユーロ・パワー・メタル風味のカッコいい曲です。今回は限定レッド・ビニールもレギュラー・ブラック・ビニールと同じ値段でいきます!!!







・VIOLENT FORCE - Demo Collection LP 税込3,132円 (Hellion)



このLPは、スタジオ・デモとして2ndと3rdとなる2種をまとめた10曲入りです。2012年に出回ったブートLPとはA面とB面の収録順が違いますが、同内容になります。





"Velbert Dead City" DEMO May 1985

A1. Dead City

A2. Destructed Life

A3. Sign Of Evil

A4. Violent Force



"Dead City : The Night" DEMO 1986

B1. The Night (Intro)

B2. The Night

B3. M.A.O.T.

B4. Soulbursting

B5. What About The Time After?

B6. Outro





ブートLPで聴いた時も、売り文句ではなく私は純粋に思いましたが、この時代のデモ起こしとしては音質は超良好な部類ではないでしょうか。昨年、BLOOD FEASTの2ndアルバムお蔵入りオリジナル・テイクをオフィシャル・リリースしたドイツのHellion Recordsからのリリースで、不況の風にも煽られて、日本ではアンチ・ヴィニール化の波がいよいよ切迫してきて危機的な状況に陥ってますから、レーベルにはCD化の予定はないのか?と最初に尋ねましたが、「アナログ盤のみのワン・タイム・プレスというのがバンドとの契約条件だからCD化の予定はない。恐らく、BLOOD FEASTよりも早くソールドアウトになるだろう」とのこと。言いくるめられただけなのかも知れないけど、このレーベルの回答には、いくら売れなくて弱気になってるとは言え、レコード好きを自負してるつもりだった自分の質問を情けなく思いましたし、そしてVIOLENT FORCEの心意気は痛快アッパレでした。まぁ、Metal Mindの1stアルバムCD化でもボーナスが全く追加されてなかったから、たぶん当人達はデモ音源なんか今さらおおっぴらにしたくないだけなのかも知れませんが、それでもやっぱりこれは最高のリイシューです!!昔レコード屋がよく言ってた、「レコード・プレーヤー持ってない人もとりあえず買っといて、持ってる友達の家行ってカセット(not MP3)に落としましょう」なんて言いたい気分にもなってしまったので、1stデモ・アルバム Dead City片面LPより本当はこっちの方が値段が全然高いんですが、「まずは1stデモLPだけ・・・」なんて情けない買われ方を極力避けてもらうため、今回は1stデモ片面LPと同じ値段にしましたし、限定レッド・ビニールもレギュラー・ブラック・ビニールと同じ値段でいきます!!!







VIOLENT FORCEのカッコよさを未体験な人は、当時TVドラマに登場して一般人にも突如名が知れたというVIOLENT FORCEのライブ・シーンを見てシビレてください。これはいつも見てもホントかっこいい!!!口パクじゃないのも当時にしては珍しいし、ステージに上がったりしない客も最高!!







・HYPNOSIA - Horror Infernal LP YELLOW VINYL 税込2,808円 (I Hate)



LPもリリース!!VULCANOのAnthropophagyがなぜかLPだと全然売れなくて泣きそうになりましたが、これは初アナログ化ですから売れるでしょう。I Hate Recordsにしては珍しいゲートフォルドも素晴らしい仕上がりで、ジャケ内側にはフルカラー写真満載で、セルフ・ライナーノート掲載のインナー・シートも付いています。荷物が小分けで発送されていて、ltd.166枚イエロー・ビニールが一足先に到着しましたので、レギュラー・ブラック・ビニールは到着次第追ってカート・アップ致します。



90年代~2000年初頭にかけてのエクストリーム・メタル・シーンは、デス/ブラック勢がメインストリームを形勢した一方で、オールドスクール・プライドを強烈にアピールしたバンドも地下シーンでは次々と登場し、ノルウェーのINFERNOやスウェーデンのGEHENNAHなど、Headbangers Against Discoシリーズ関連バンドなどは世界中のダイハード・ヘッドバンガーズに熱狂的に支持されカルトな人気を確立しましたが、中でも北欧シーンの基盤の強固さと層の厚さはダントツでした。ex.FUNERALやBULLETメンバーらが在籍したスウェーデンのHYPNOSIAは、日本でも当時からバンド/業界関係者に高く評価されてましたが、これは96年1st/97年2ndのデモ2種と99年1stミニアルバムなどを収録したコレクション・アルバムです。





"Crushed Existence" DEMO (1996年)

A1. Crushed Existence

A2. Threshold Of Deacy

A3. Undead

A4. Paralysed By Persecution



"The Storms 1997" DEMO (1997年)

A5. The Last Remains

A6. Operation Clean-Sweep

A7. The Storms Of Dead Worlds



"Violent Intensity" Mini-Album (1999年)

B1. Funeral Cross

B2. Haunting Death

B3. Undead

B4. Perpetual Drmancy

B5. Mental Terror

B6. The Storms

-

B7. Outbreak Of Evil (SODOMカバー)

B8. My Belief (POSSESSEDカバー)

B9. Haunting Death (Live)





Kill Again Recordsも再発してた1stアルバムももちろん強力な名作ですが、いやはや、ここに収録されてる音源は本当にどれも凄すぎる!!MERCILESSを最も正統的に継承したスウェディッシュ・スラッシュメタルと解釈できるそのサウンドは、KREATORやDARK ANGELの馬鹿力、SADUSの猛速感、SLAYER ~ SODOM ~ POSSESSED ~ SEPULTURAのライン上にあるプレ・デスメタルなダーク・スラッシュなどが凝縮された凶暴なスタイルなのに、USバンドにも引けを取らない整合感で統一されています。もちろんリマスタリングされてますが、1stデモの時点で既に完璧なアグレッションと完成度で、まさしく驚異的としか言いようがありません。ファンにはおなじみのSODOMとPOSSESSEDのカバーもボーナスでしっかり収録されてますし、ラストのライブのテンションも凄まじい!!ハッキリ言って、スラッシュと名のつくモノが好きなら、これに燃えなきゃクソ・ポーザーだ!!!全スラッシャー必須必聴&dieegghh!!!ーー!!!







・MUTILATED - Resurrected 7" 税込1,944円 (Triumph Ov Death)



活動時にはデモ2本しか作品を発表しなかったものの、フランスでイチ早くデス・メタルをプレイしたバンドの一つとして、世界中のオブスキュア/カルト・デス・メタル・マニアに人気の高いMUTILATEDの91年デモが、7"で念願の初オフィシャル・ヴィニール化再発。リハ&ライブは2枚組の豪華盤で、そして1stデモは12"サイズでと、ちょっと小出しにしてきた感もありましたが、Chris Moyenの素晴らしいアートが7"サイズとなって目の前に現れると、メンバーの意図を100%支持したくなります。まるで本作91年デモの発表当時からこのフォーマットとこの激渋アートでのリリースを目指していたかのような、これぞ初期オブスキュア・デス・メタル!な魅力が凝縮されたパーフェクト・ルッキング・レコード!!こんなの、もし中古盤屋で掘ってて出てきたら、絶対に狂喜しそうな7"です。



メンバーが本作デモをMUTILATEDリイシュー・シリーズの大トリに持ってきたのもニクい戦略だと、ファンならば納得しているのではないでしょうか。88年1stデモは、SADUSやMERCILESSなどと並んで語られるべき、ジギジギに刻み倒すスラッシュ・リフで暴走するデスラッシュ・サウンドがカッコ良かったけど、この2ndデモこそデス・メタルとしてのMUTILATEDの存在感を強烈にアピールした名作で、スラッシュの名残りはありながらも、NAPALM DEATH, TERRORIZER, DEATHなどにモロに触発されたような、lowサウンド/ブラスト・パート/重量感が完璧なバランスで爆裂した大傑作!!鈍い重さとキレのある演奏のバランスが奇跡的なまでにカッコいいので、チリPENTAGRAMのようなPOSSESSED型デス・メタル・ファンも絶対に聴くべき初期デス・メタルのカルト・クラシック・デモ音源です。限定300枚ナンバリング入り。さすがにこれは世界屈指のアンチ・ヴィニール大国日本でも売れるだろ!!売れなきゃおかしいデス!!







・NECRODEAD - Frustrated Message CD 税込1,728円 (Veins Full of Wrath)



ずいぶん前にEPとデモをまとめたコレクションCDが入荷してたチリのスラッシュ・メタル・バンドの、94年発表1stアルバムが、カッコいいジャケで再発。クサレ・ジャケが素晴らしいオリジナル盤は非常に入手困難なレア盤で、96年にも1度再発されていますが、もちろん廃盤となって久しいので、ぜひこの機会に入手してほしい隠れた名盤です。



発表時期とチリ出身というイメージもあって、デス寄りなロウ・スラッシュを思い浮かべがちですが、正統派メタルもしっかりあるUSスラッシュ影響下のサウンドで、若干デス・メタル的雰囲気のある曲でも、シカゴのSINDROMEと同系統の重厚感触なので、やはりこれは80年代後期~90年代型スラッシュ・メタルとして捉えたいです。吐き捨て型のシャウトはKREATORルーツでしょうし、ミドル・テンポもけっこう多いけど、ベイエリア・スラッシュのつまんなくなった2ndアルバム以降のスリルのないヤツじゃなくて、ガリガリにエッジの立ったパワー・メタル的なミドル・テンポなのも渋い。5曲目なんか、まるで東欧牧歌スピード・メタルみたいで最高です!!大胆に言ってしまえば、The Cryptなんかが再発してもおかしくない、90年代初頭の埋もれたエクストリーム・メタル名作みたいな雰囲気すらあります。







・ATHANATOR - Antologia De La Muerte CD 税込1,836円 (Ultra Metal Prod.)



80年代後期から活動する南米コロンビアのデスラッシュ・メタル・バンドで、南米マニアには非常に人気の高いという92年1st 7"と初期デモを収録したコレクションCDです。





"Engendros De Muerte" 7" EP (1992年)

1. Entes De Guerra

2. Pesadilla Macabra



"Involuci?n" DEMO (1993年)

3. Inquisici?n

4. ?Quien Es El Anticristo?

5. Pasaje Al Infierno

6. Pesadilla Macabra

7. Agon?a

8. La Pesada Cruz De La Muerte

9. Entes De Guerra

10. Jardines Nucleares



"Gritos Del Ennom" DEMO (1990年)

11. ?Quien Es El Anticristo?

12. Pasaje Al Infierno

13. Pesadilla Macabra

14. Inquisici?n

15. Naturaleza Muerta





コロンビアの80年代後期デスラッシュと聞いたら、最初はどんなアナーキーなデストロイ・サウンドが飛び出すかと心臓叩いときたくなりましたが、これがちょっとテクニカル・スラッシュ的なクセのあるデスラッシュで予想外のカッコよさ!!って言っても十分ポンコツですが、ブラジルVULCANOのRatrace的な、DESTRUCTIONやCORONERなどのユーロ型テクニカル・スラッシュに影響された南米の鈍いデスラッシュで、Split w/ PROFANATICAの頃のMASACREみたいなコロンビア・デスがスラッシュ寄りになったようでもあって、かなり楽しめる内容です。限定300枚!!







・BEHEMOTH - Malignant Temple of Goat 1992-1993 CD 税込1,620円 (Hammer of Damnation)



ブラジリアンEVILやSIGHの1stを近年再発したりもしてたHammer of Damnationからリリースされた、90年代初~中期に活動したブラジルのBEHEMOTHなるバンドのデモ・コレクションCDです。





Tracks 1-7 "Malignant Ascencion of Sathanas" DEMO (1992)

Tracks 8-11 "Satanic Black Temple of Goat" DEMO (1993)





内容については、この時代のブラジル&コロンビアあたりまでの南米プリミティブ・ブラックが好きな人にはたまらないカルトっぷりで、SARCOFAGOの影響も強く感じさせる呪術的フレーズも多く聴かれるけど、デス/スラッシュをルーツにしてない衝動的&原始的タイプなので、HELLHAMMERを起源にして、MYSTIFIER, IMPURITY, NEBIROSなどと同じ感性と表現力?を持ったバンド、といった感じです。ペルーのバンドともちょっと違う、やっぱりこれはブラジリアンなボロクソ・スタイルの獄情カルトと呼びたいです。ブラジルも発掘すると、まだまだ恐ろしいのが出てきます!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR