RECORD BOY

Metal Deathrashing Mad!!



* 当店でもファンの多いUSデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsと、その別名義オールドスクール・デス/スラッシュ・メタル・レーベル Unspeakable Axeの新作各種が到着しました。本当は今回の一番の目玉はZOLDIER NOIZの新作CDになる予定でしたが、そちらはちょっとBOYで気合い入れて激烈プッシュする責任もある大仕事リリースのため、当店限定のZOLDIER NOIZロゴ・パッチ付きで販売すべく、販売開始までもう少しお時間いただきたく思います(パッチ付きでの販売はレーベルでも致しません。BOYのみです)。期待通り、いや、期待以上の本当にカッコいい作品に仕上がっていますので、もうしばらくお待ち願います。



しかし、今回到着した他のUnspeakable Axe新作各種もどれも素晴らしい内容で、ぜひチェックしてみてください!!







・LIE IN RUINS - Towards Divine Death 2LP 税込2,916円 (Dark Descent)



90年代前半にDISSECTEDという名前で活動を開始したバンドで、2002年に現在のLIE IN RUINSに改名してからようやく活動が軌道に乗り、2008年にTemple of Darknessから1st EPを発表。その後、2009年には、1stアルバムをSpinefarmからリリースしています。今回の2ndアルバムは、USのDark Descentから発表していますが、これは満場一致でDark Descentが適任だと納得してもらえるであろう、アポカリプティック・デス・メタル・シーン最前線で張り合える、聴き応え超満点の力作です。アナログ盤は2枚組で、ゲートフォルド・スリーブはかなり厚手の紙質で重量感満点。今回は限定ブラウン・ビニールで入荷しました。



HOODED MENACEやKRYPTSに代表される、abyssicなスタイルの近年型フィン・デス・サウンドで、Unending Degradationアルバムの深化したKRYPTSは、もしかしたらこの先輩バンドを教科書にしてるのかも?とも思えるくらいです。KRYPTSファンは必聴のダークネス渦巻く内容ですが、ミドル・テンポの2バス連打重戦車パートにたそがれが漂うところはBOLT THROWERっぽいですし、ギター・サウンドやリフ・ワークはスウェディッシュ・デスにも通じるところもあって、基礎にはデス・メタルの古典がしっかり感じられます。速いパートにもエピックなダークネスが充満してるあたりは、Sepulchral Voiceを中心としたジャーマン・デス・メタルの漆黒さとも共通する要素があると思います。とにかく、フィンランド、ドイツ、US東海岸などで充実するダーク・デス・メタルの虜になってる人は必ずチェックしてください!!







・KEVER - Eon of Cycling Death CD 税込1,512円 (Dark Descent)



Me Saco Un Ojoから先にLPでリリースされて、大穴的に予期せぬカッコよさで大好評だった、イスラエル出身デス・メタル・バンドの4曲入り1stミニ・アルバムが、Dark DescentからCDもリリースされました。



もともとはデジタル・ダウンロードEPとして発表された音源をフォーマット化したモノです。MORBUS CHRON, MIASMAL, NECROWRETCH, etc、若手デス・メタルの美味しいところは大手にドンドン持っていかれて、MSUOなどは少々くさりたくもなる気分でしょうが、無名の若手でもカッコいいデス・メタルはまだまだたくさんいるということを実感させてくれる素晴らしい内容です。イスラエル出身と言われてももう別に驚かないし、世間的にはむしろマイナス・イメージが強いですが、これはMSUO / Dark Descentファンならば間違いナシの内容で、ちょっとビックリするくらいカッコいい!!昨今のlowを追及する傾向の重みとは異質の、これぞデス・メタルのlow & rawサウンドで、ASPHYXを彷彿させる重厚スラッジな感触でのソリッドなギター・リフと、布団叩き型の低重ズダズダ・ビートのドラミングがバツグンにカッコいいです。スウェディッシュ・デス・メタル・ファンも唸らせるであろうポイントもあって、ズバリ言いまして、ASPHYXミーツGRAVE!!この一言で十分じゃないでしょうか?オススメ・デス!!







・SHARDS OF HUMANITY - Fractured Frequencies CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe)



USデス・メタル・レーベル Dark Descent Recordsが別名義で運営するUnspeakable Axeからリリースされた、USメンフィス出身デス・メタル・バンドの1stアルバムCDです。このUnspeakable Axe recsは、コンテンポラリーな傾向の強まるDark Descentの主力作品よりも、もっとオールドスクールなスタイルの新人や無名バンドを中心にリリースしています。



オールドスクール・デス・メタル, スラッシュ・メタル, 技巧派エクストリーム・メタル, へヴィメタルの伝統芸が渦巻く、非常にスリリングで完成度の高い1stアルバムです。メロディックなフレーズとテクニカル・リフをビシバシ決めつつ、切れ味ある演奏で起伏の激しい展開を突き進み緊張感を生み出していて、4th以降のDEATH, 3rd以降のPESTILENCE, 3rd以降のCARCASSなど、初期デス・メタル・レジェンド達がプログレッシブに進化していった頃の作品を思わせる、なんて言うと大げさかもしれないけど、そんな感じの濃密なサウンドで、これはカッコいい!!モダンという言葉を使うと拒絶反応を起こす方もいるでしょうが、NASUMのように2000年代以降のダイナミズムも程よく導入して消化しています。1stアルバムでこういう作品をいきなり作り上げてしまうところが、ハードコアを根にしているスウェーデンのデス・メタルにはなかなかない、アメリカン・メタルの面白さと凄さだと思います。オススメです!!







・SABBATORY - Endless Asphyxiating Gloom CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe)



CDRで自主リリースした1stアルバムがアンダーグラウンド・スラッシュ・マニアの間で話題となり、Unspeakable AxeからプロCDで再発されて当店でも好評だった、カナダ・ウィニペグ出身スラッシュ・メタル BESIEGEDのメンバーが在籍するデス・メタル・バンドが、1stアルバムをUnspeakable Axeからリリース。



一緒に入荷したSHARDS OF HUMANITYが、2000年代以降のエクストリーム要素も取り入れた素晴らしい完成度であるのに対して、こちらのSABBATORYは、ジャケ・アートからクラシックなデス・メタル・サウンドを期待したような人には必ずや満足してもらえるであろうオールドスクール・プライド全開の内容です。変拍子も織り交ぜるデス・メタル・リフですが、MORBID ANGELなどのクトゥルー系カオティック・デスのテクニカルとは違う、DEATHやPOSSESSEDなどのスラッシュ・ルーツのテクニカル・リフに時々VOIVOD的変則技を組み込んでいます。これが、海外のオブスキュア・スラッシュ・メタル・マニアックスの一部にも高い評価を得ている西東京メタルコア GABISHみたいでカッコいい!!カナディアンSACRIFICEや、VULCANOのRatraceアルバムみたいな感覚が好きなスラッシュ・メタル・ファンにもオススメしたいですし、途中、CELTIC FROSTパートもあったりします。でも、メンバーの着てるTシャツや、facebookに掲載されてたロゴ見て気付きましたが、恐らくこのバンドはUKデス・メタル CANCERウォーシップなのでしょう。Tシャツと言えば、CRUDE SSのシャツ着て、革ジャンにMOB 47とペイントしてるクラスティーズがメンバーに居るのも面白いです。カナディアンらしい、個性的な良質デスラッシュ・メタル作品です。







・ALGEBRA - Feed the Ego CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe)



Unspeakable Axeからリリースされた、スイスのスラッシュ・メタル・バンドの9曲入り新作2nd CDです。



ジャケ・ブックレットのメンバー写真見たときはガッカリしましたが、2012年に自主制作で発表した1stアルバムは、Stormspell Recordsから昨年再発されていたみたいで、アメリカのメタル関係者には評判の良いバンドのようです。DARK ANGELから拝借したようなオープニングから、トム・アラヤっぽくも聴こえるVo.が乗ってダイナミックに疾走する、アメリカン・タイプのスラッシュ・メタルです。4曲目ではフィリップ・アンセルモが歌うバラードみたいなこともやってます。あまりアンダーグラウンドに固執してるような雰囲気はない器用さですが、しかしStormspellやUnspeakable Axeがリリースする理由は、やはり楽曲が完全にオールドスクールだからであって、SLAYERだと4th~5th, SEPULTURAはArise, EXODUSはゼトロ, そのほか、EXHORDER, VIO-LENCE, またはDivebomb Recordsが再発するスラッシュ・メタル衰退期90年代初期に活動して不当評価され消えたオブスキュア・スラッシュ・メタルなどが好きな方にはオススメの、USタイプ・スラッシュ・メタル・サウンドです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR