RECORD BOY

Metal Deadness!!



・BORN FOR BURNING - S/T 7" 税込1,296円 (Critical Mass Recordings)



再入荷お待たせしました!!



BATHORY Hordes最終兵器的な異様な存在感を既に放っている、凶裂なBATHORYウォーシップ・バンドが本場スウェーデンから登場。DISSECTIONに代表される、メロディックなフレーズを凶暴な激烈サウンドに乗せた、90年代スウェーデンのデス・メタルとブラック・メタルの橋渡し的重要バンドの中の一つ、UNANIMATEDのVo.のMicke Jansson氏が始めたバンドの1st EPです。



UNANIMATEDにも在籍したPeter Stjarnvind氏(現BLACK TRIP, ex. MERCILESS, ex. NIFELHEIM, ex. LOUDPIPES, etc)らとMicke Jansson氏がやってたDAMNATIONも、もともとはBATHORYトリビュート・バンドだったらしいですが、このBORN FOR BURNINGはカバー・バンドではなく、BATHORYウォーシップなクローン・スタイルです。で、これがBATHORYを間近で実体験したであろうミュージシャンによるバンドというのが非常に説得力のある、生半可じゃない完全崇拝型で、チョット凄いです。2ndアルバム The Return...収録の曲名をバンド名にしている通り、2ndアルバムのあの殺伐とした原始的ロウなサウンドを表現しきっています。BATHORYの2ndアルバムのミニマルさは、VONの方法論の先駆けとも捉えることができるので、トータルBATHORYウォーシップではありますが、VONのファンにもぜひ聴いてもらいたいです。個人的にはBATHORYは2ndが一番好きなだけど、このBFBはあまりにもロウなので(録音が超ノイジーとか、そういう次元ではありません)、サンプル聴かせてもらった時は、「正直これは厳しいんじゃないか?」と弱気になりましたが、実際に針を落として考えが完全に変わりました。やっぱり最凶ですのでオススメさせてください。これぞ本場スウェーデン、しかも器用な新世代スウェディッシュ・ヤング・ミュージシャンには絶対できない、究極のBATHORY崇拝ブラック・メタルでしょう!!!666!!!







・ROTTING CHRIST - Promo 1995 ONE-SIDED DIE HARD LP 税込3,024円 (Floga)



奇跡の来日も果たしたギリシャ・ブラック・メタルの、95年プロモ・デモ3曲を収録した片面LPです。限定1000枚プレスで、今回入荷したのは、パッチ/バッジ/ピック付きでホワイト・ビニールの、ltd.300枚ダイハード・バージョンです。



80年代後期にグラインドコア・バンドとしてスタートし、その後徐々にブラック・メタル色を強めていきますが、NWN!オーナー氏を筆頭に、ダイハードなギリシャ・ブラック信者にとってのROTTING CHRISTのあるべき姿というのが、まさしくこの時代だと思います。BATHORYをルーツとする北欧/西欧のペイガン・メタルの流れにあるサウンドとも捉えることができますが、独特の浮遊感あるアトモスフィカルなタッチと牧歌旋律のコンビネーションは、ペイガン・メタルの勇壮さとはやはり異質で、他地域にはない独特なたそがれた叙情が、このデモ音源では完璧なのです。いずれも96年のアルバム Triarchy of the Lost Loversで再録される3曲だけど、この灰色の郷愁は完全に2ndアルバム Non Serviamの、あのたそがれです。とにかく素晴らしいとしか言いようがありません。この3曲のみでアナログ化して、ダイハード・バージョンまでリリースされるのもファンには納得の必聴音源です。







・TEITANBLOOD - Death LP 税込4,212円 / CD 税込2,376円 (Norma Evangelium Diaboli)



ご紹介が遅れてしまったので、以前から既にけっこうなお問い合わせをいただいてましたが、待っていたCDがようやく到着しましたので、晴れてカートアップ致します。PROCLAMATIONメンバー参加スパニッシュ・ブラック・デスメタル・バンドの、フルアルバムとしては2作目となる7曲入りアルバムです。LPはずいぶん前から店頭には並んでいたので、来店して気付いてた方もいらっしゃったかと思いますが、このLPは発売直後に即完売して、既に再プレス・バージョンが出回っています(初回プレスと特に違いはないと思いますが)。一応、今回販売分LPは正真正銘の1stプレスだけど、極少量の入荷です。



簡単に言えば、PROCLAMATIONメンバーが、より混沌と深化したブラック・デス・メタルを目指して始めたバンド、という感じだと思います。Seven Chalicesではプログレッシブな作風も垣間見せて、グラインディング・パートと混沌としたミドル~スロウ・パートで圧倒的な緊張感を生む手法は、DEATHSPELL OMEGA一派が切り開いたエクストリーム・メタルのドラマ性と、INCANTATIONを起源とする冒涜的なドス黒いデス・メタルを見事に融合していました。しかし、発売直後から異常な盛り上がりを見せていたこの2ndアルバムはちょっと予想外の展開で、現代のエクストリーム・メタルらしい感触の轟音壁で、SLAYER的に構成した暴走デス・メタル・ナンバーで幕を開けるオールドスクール・テイストに、いきなりノックアウトされます。続く曲はちょっとGODFLESHっぽいノイズ・メタル風な非人間的冷徹リフも聴かせて、過去作品のコンテンポラリーな作風には希薄だった、デス・メタルの古典的手法をより強調しています。大作主義傾向が強まるアンダーグラウンド・デス・メタル・シーンに於いて、このTEITANBLOODの方向性は痛快です。これはカッコいい!!完全にオススメです。







・EMANATION - Under Magnetic Sleep MLP 税込1,944円 (Black Mass)



スペインの独りブラック・メタル EMANATIONの3曲入りMLPが、FUNERAL BITCHやスパニッシュAGGRESSORなどを再発していたBlack Mass Recordsからリリース。アナログ盤のみのリリースで、限定300枚プレスです。



ドラムは専任メンバー入れた方がいいようなポンコツさで、演奏はかなりマズイけど、作風はまるでオカルト映画のサントラのような不気味さがあり、少しサイケデリックな妖しさもあるので、それなりに引き込まれる世界を築いています。これでしっかり表現できる技術があれば、Ajna Offensive周辺の昨今のトレンドにまぎれるのかとも思ったけど、ドローンでアトモスフィカルなムード作りは全くしていないので、案外このロウな演奏でサイケなダークネスを表現しようとした確信犯なのかも知れません。







・EIBON - S/T MLP 税込1,944円 (Iconoclast)



イタリアのクラスト・パンク・レーベル Agipunk Recordsによるエクストリーム・メタル・レーベル Iconoclast Recordsからリリースされた、フレンチ・ドゥーム・スラッジ・メタルの2曲入りMLPです。もともとは2008年にCDで発表した1st単独EPで、限定500枚でアナログ化再発されました。



フューネラル・ドゥームとはちょっと違いますが、ASUNDERや北米バンドなどにも通じるハードコアなドゥーム要素もあるエクストリームで叙情的ディープなスタイルで、CRUEVO, BRAINOIL, SKAVEN, DYSTOPIAなどのオークランド・ドゥーム・クラストみたいな雰囲気が好きな方にオススメです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR