RECORD BOY

Extreme Japan!!


invictus-thecatacombs.jpg



・INVICTUS - The Catacombs of Fear CD 税込1,980円 (Obliteration)

2015年結成、長野の本格派オールドスクール・デス・メタル期待の若手バンド、Obliteration Recordsからの1stフルレングス・アルバムCD。2019年の当店は、日本のバンドのリリースは限定モノなどじゃないとなかなか売れない状況に陥ってしまい、けっこう凹んでたんですが、やはりこういう有望な若手は見過ごすわけにはいきません。ルックス/ロゴ/ジャケの雰囲気からして、現行オールドスクール・デス・メタル・バンドをしっかりフォローしてるファンならばビンビンくるでしょうし、そして期待を裏切らない内容です!!

2015年に長野県で結成。スラッシュメタルから影響を受けた刻み度の高いリフワークとシュレッドギターソロ、切れの良いブラストで90年代のオールドスクール・デスメタルを現代に継承する日本では数少ない”New Wave of Old School Death Metal”バンド。 2016年には韓国のFECUNATIONとスプリットCDをリリースし韓国、タイ、中国ツアーも経験。国内外でも精力的にライブ活動も行なってきたINVICTUSが結成から5年目、満を持してのファーストフルアルバムをついにリリース。
MALVOLENT CREATION、DEMOLITION HAMMER、SPAWN OF POSSESIONなどから影響を受けたリフワークとヴェリアスなデスヴォーカルスタイル。手数の多いリフと高い演奏力によるアンサンブルで3ピースながら厚み、深みのあるサウンドとスラッシュメタルとデスメタルを横断可能にするレンジの広い楽曲スタイルも魅力。
ミックス・マスタリングに死んだ細胞の塊、BUTCHER ABCなども使用したStudio Chaosk。ロゴデザインはEMPERORなども手がけ日本でも個展を開催したメタルロゴの巨匠、Lord of the LogosことChristophe Szpajdel。アートワークはスペインのDan Seagraveと言われCOFFINS、VARATHRONなど数々のデスメタルバンドのジャケットを手がけるJuanjo Castellano Rosado。
ヨーロッパ盤はドイツのFDA Recordsからの同時リリースとなり長野から世界に向けてデスメタルを発信する有望な若手バンド!!(インフォメーションより)




mortify-japan-stench.jpg



・MORTIFY (Japan) - Stench of Swedish Buzzsaw CD 税込1,320円 (Obliteration)

TRIKORONA, FINAL EXIT, SU19B, DISROTTEDで活動するミュージシャンが集って2017年に結成されたグラインド・デス・メタル・バンドの全21曲入りペーパースリーブCD。楽曲は完璧なる初期グラインドコア、サウンドはスウェディッシュ・デス・メタルのようなダウンチューニングの重量ブルータルで、オールドスクール・デス・メタル・リバイバルが衰えない現代でもありそであまりなかった痛快デス・グラインダーズ!!CARCASSファンにもオススメです。

スウェディッシュデスメタルのトレードマークともいうべきBoss HM-2のエフェクトペダルによるBuzzsawサウンドでオールドスクールグラインドコアをプレイするために結成されたMORTIFY。
ギターにex COFFINSでTRIKORONAでプレイするコレエダ、ドラムにFINAL EXIT / SU19Bのリョウヘイ、ボーカルにDISROTTEDのアダムというスーパーバンド。
ほとんどの曲が1分未満の超速ブラストソングをBuzzsawサウンドで演奏する秒殺グラインドコア。
21曲12分!!のファーストフルアルバム。(インフォメーションより)




molestedhate-shotgun.jpg



・MOLESTED HATE - Shotgun Massacre CDEP 税込660円 (Obliteration)

岡山のグラインドコア・バンドの3曲入りデビュー・シングル、ペーパースリーブCD。メンバーはベテラン・バンドにも所属とのことで、このMOLESTED HATEもデス・グラインド・テイストとサグ系のブルタリティーのミックスが古き良き感覚もあって、オールドスクーラーから、やんちゃなパワーバイオレンス・ファンにまでオススメです!!

2018年9月岡山にて某ベテランバンドで活動する4人によりサタニックデスメタルバンド PROFANATIONとして結成。その後、グラインドコアへ転身するとともにメンバーの素性も隠した覆面バンドとしてMOLESTED HATEと改名。
憎しみをテーマに”Hyper Grinding Brutality”を追求したサウンドを展開。2019年10月に本作デビューシングルCDとなる3曲を録音しObliteration Recordsから限定500枚でリリース。
ゲストミュージシャンにex THANATOLOGY / UNIDAD TRAUMAのWolf Monzqueda、DISUSE / LAST DAYS OF HUMANITYのRogier Kuzeeが参加。今後の活動が期待されるバンド!!(インフォメーションより)




abortmastication-dogmas.jpg



・ABORT MASTICATION - Dogmas CD 税込1,650円 (Obliteration)

東京グラインドコア・バンド ABORT MASTICATIONの復活後初作品となる9曲入り2ndアルバムCD。DEFILEDやCOHOLといったバンドにも在籍したドラマーのKyosuke Nakano氏を中心に、カオティックでテクニカル、且つブルータルでバツグンの切れ味を叩き出すハイパー・サウンドは、間違いなく世界水準のグラインドコアで文句なしカッコイイ!!オススメです!!

2006年から2009年に活動した東京出身のデスメタル・グラインドコア。
フルアルバム1枚を発表し活動休止。短い活動期間だったにも関わらずTokyo Deathfest、ドイツのLudwigshafen Deathfestに出演するなど国際的にもライブ活動を行い、オリジナリティある楽曲とメンバーの存在感でアンダーグラウンドシーンでカルトな支持を得ていたABORT MASTICATION。
休止後、ボーカリストはエレクトログラインド、OZIGIRIを結成。ベーシストはBUTCHER ABCに、ドラマーはCOHOLに加入。ギターリストは爬虫類屋を開業と個々に活動。
2012年に突如、再活動し「本物の苦痛、恐怖を体現する音」を追及するため「Serial Death, Psychopath Grind」というコンセプトを元にセカンドアルバム 「Dogmas」を6年半の歳月をかけて制作。
グラインドコアのエクストリームさ、デスメタルのもつブルタリティがABORT MASTICATIONによって新たに再構築され創り上げられた渾身のアルバム。(インフォメーションより)




punishmentforbarbarian-whilethecityburns.jpg



・PUNISHMENT FOR BARBARIAN / WHILE THE CITY BURNS - 増殖シテイルモンスター SPLIT CD 税込1,100円 (Bloodbath)

超老舗グラインドコア・レーベル Bloodbath Recordsからリリースされた、札幌グラインドコア PUNISHMENT FOR BARBARIANと、関東のベテラン・グラインドコア・ミュージシャンらによるWHILE THE CITY BURNSによるSplit CD。ともに初期型グラインドコアを基盤にしたハードコア・テイストの強いピュア・グラインダーズ!!

初期NAPALM DEATHのリー・ドリアン直系絶叫ヴォーカルが炸裂する札幌シティ・グラインドコア、PUNISHMENT FOR BARBARIANと元O.G.D皆川に加え国産グラインドコアシーンで90年代に活動したVIVISECTION / IxRxFx / 現CorbataのMatsuがドラムで在籍するグラインドコア、WHILE THE CITY BURNSとのスプリットCDがBloodbath Recordsより限定500枚でリリース。
初期Bloodbathのリリース群を彷彿とさせるコアな音像、北海道の旨味が詰まったPxFxBに全身グラインドコア、WxTxCxBによる猛撃。一気に聴ける一枚!
GAMY、GUEVNNAなども手がけMOMENTARY PSYCO ARTで作品展やオリジナルアパレルなども展開するANUSTESがアートワーク!!
各バンド4曲、合計8曲収録(インフォメーションより)


Metal Deadness!!


question-gnosis.jpg



・QUESTION (Mexico) - Gnosis Primordial LP 税込2,860円 (Chaos)

アナログ盤入荷!

たぶん現行メキシカン・デス・メタルでは一番カッコいいバンド、と、メキシコのデス・メタルをほとんど知りもしないくせに乱暴な事を言いたくなるくらい、ノーマークだった前作1stアルバムが大当たりだったQUESTIONの2ndリリースです。メンバーは現在、DENIALにも参加しています。

前作はNOCTURNUSやTIMEGHOULなどのSFデス・メタルに、DEATHやOBITUARYなどのシンプルなダイナミズムもミックスしたようなバランス感覚が最高でしたが、今回は若干Sci-fiデス・メタルの方に寄った作風になっています。グルーミーなムードも強まった気がするけど、そこがドゥーム・デスじゃなくてOBITUARY風なのが、このバンドのセンスの光るポイントだと思います。BLOOD INCANTATIONの大ヒットが、アングラ・デス・メタル・シーンのトレンドがINCANTATIONからTIMEGHOULに移り変わっていることをハッキリと証明しましたが、簡単に模倣出来るようなスタイルじゃないので、現状、BLOOD INCANTATIONに追随出来てるのは、このQUESTIONくらいしか自分には見当たりません。Dark Descentファンは絶対にチェックしておかないと後悔するグレート・メキシカン・デス・メタルです!!



todescend-people.jpg



・TO DESCEND - People Of The Abyss CD 税込1,760円 (Chaos)

自身のバンドのPAGANIZERや、MASTER / DEATH STRIKE, etcのPaul Speckmann氏とのプロジェクトを始め、膨大な数のバンド/プロジェクト/セッションで活動してきたRogga Johansson氏が、またしても新しいバンドで作品をリリース。それもまた似たようなバンドで、一体いくつやれば気が済むんだとあきれる人も居るかもしれませんが、今回のこのTO DESCEND、なんとシンガーのJens Johansoon氏はMEGA SLAUGHTERやMURDER CORPORATIONもやってた人ということで、やはりスルーできません!!

そしてサウンドもまぁいつものRogga Johansson節と言いますか、スウェディッシュ・デス・メタルの醍醐味であるENTOMBED型突進ブルタリティーが爽快なタイプです。目新しさはないけど安定のサウンドで、この人のファンは結局このスタイルを求めてる人がほとんどなわけですから、全く問題ないでしょう。カムバックを果たしたJens Johansoon氏のVoもかっこいいです!!

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR