RECORD BOY

Beyond The Black Metal!!


*久しぶりに最高のブラック・メタル商品が揃いました。汚いブラック・メタルはやっぱり最高!!本当はBORN FOR BURNINGのLP&CDも届いたので一緒にアップしたかったけど、時間なかったので今日はここまで(BFBも買う!って人はもちろん一緒に承ります)。水曜は定休日ですので、受注対応は木曜日以降になります。



moenenofxezbeth-forever-ep.jpg



・MOENEN OF XEZBETH - Forever Rotting Winter 7" RED VINYL JAPANESE EDITION w/ OBI 税込1,320円 (Medieval Prophecy)

NWNからのリリースで世界中のプリミティブ・ブラック・メタル・マニアに絶賛され一躍注目を浴びたベルギー・ブラック・メタル PERVERTED CEREMONYのドラム&Vo.を担当しているMorbid Messiah氏によるワンマン・ブラック・メタル・プロジェクト MOENEN OF XEZBETHの2曲入り7"を、このたび当店が日本限定帯付として独占流通。

このEPはMedieval Prophecy Recordsなる新興レーベルから2018年にリリースされ、何枚プレスだったのか知りませんがリリースの情報が行き渡る前に完売。そしてこのたび、ジャケット色を赤からモノクロに、レコード盤を黒から赤に変えた2ndエディション・レッド・ビニールとして再プレスされました。当店でここまで純正な地下ブラック・メタルを独占流通するのは今までなかなかなかったと思いますので、ちょっと唐突に思われるかも知れませんが、しかしこの日本語帯の風貌、どこか見覚えがあるというアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・ヴィニール・コレクターも居るかと思います。数年前に大モメにモメて決別したヤツが帰ってきました。ワタシも意地っ張りですが、良いオファーの前にはあっさり水に流すタイプですので、マーケットは数年前とは全く違い干乾びあがった状況なのでどう転ぶかわからないけど、センス悪くない奴なんで、またサポートしていこうかと思います。この2ndプレス・レッド・ビニールもプレス枚数公表してませんが、日本流通バージョンは50枚限定です。

PERVERTED CEREMONYがハイプな人気を得たのは納得しようと思えば出来なくもない(それでもかなり極悪プリミティブですが、、、)、例えばBEHERITやVONがブラック・メタルというサブ・ジャンル外の前衛的エクストリーム・ミュージック・マニアにも人気があるような本場海外ブラック・メタル・シーンならではのクロス・ボーダーな現状を良く表してるかと思いますが、このMOENEN OF XEZBETHはPERVERTED CEREMONYの奥底にもあるであろう閉鎖性を強烈に打ち出して地下に潜伏したような、2000年代前半辺りの欧州ブラック・メタルにも似た危険性を臭わせています。NWNからのアルバムを聴いた時も感じさせた通り、やはり初期SAMAELからの影響は絶大だけど、Morbid Messiah氏はこのバンドはよりマニアックな趣向を打ち出すべく始めたようで、NWNから再発されてたポーランドのXANTOTOLや、Hammer Of Damnationからのコンピレーション・アルバムが反響の大きかったブラジルのINVOKERなどもインスパイアされたバンドとして名を挙げています。さらにキーボードも重要な役割を果たしていますから、ROTTING CHRISTやNECROMANTIAといったギリシャ・ブラックのクリプティックなオカルト風味や、初期MASTER'S HAMMERの影もちらつかせます。イタリアやギリシャのサイケデリック・ホラー感、且つ南米や東欧のガビガビ・ロウファイ・ノイジーも追及する、このスタイルは日本でも大好きな人が絶対居るはずです。今のところ発売前の問い合わせは日本国内から1件もなく全て海外からですが、ぜひこの機会に現代のブラック・メタル・トゥルー・カルトをチェックしといてください!!!



necromantia-fromthe-ep.jpg



・NECROMANTIA - From the Past We Summon Thee 7" 税込1,320円 (The Sinister Flame)

ROTTING CHRISTやVARATHRONなどと並んでギリシャ・ブラック・メタルを代表するアテネのNECROMANTIAの1994年リリース1st 7"が、フィンランドのThe Sinister Flameから限定500枚で再発。オリジナルはSpellboud RecordsとDarkside Recordsの共同リリースで、真ん中のドラゴン・マークが白のものと赤のものがありました。白い方が案外見つけにくくて(と言うか、見たことない)赤いのはエンボスでしたね。今回はジャケを白地にして全体を白黒反転させることによって、真ん中のドラゴン・マークが本来の感じになってクッキリしたナイス・アイディア・リイシューです。オリジナル盤2種を持ってる人も、欲しくなってしまうのではないでしょうか。ちなみにCDバージョンはWild Ragsから出てました。

内容については、エピックな面が強調されることが多い初期ギリシャ・ブラック・メタルのアナザー・サイドである、凶裂に原始的なブラック・メタル・サウンドが爆発しています。まるでファズった初期IMPURITYのような極悪リチュアル&プリミティブなノイジー・ブラック・メタルは、INVOKERやブラジリアンBEHEMOTHといった、SAMAELなどの影響を感じさせるグダグダ南米ブラック・メタル・ファンにも超オススメ!!



thewineofsatan.jpg



・V.A. - Vinnum Dei Satanas-The Wine Of Satan LP 税込3,300円 (The Sinister Flame)

オリジナルは1993年にTHOU ART LORDやMORTIFYなどのシンガーであるGothmog氏のレーベル ギリシャSpellbound Recordsからリリースされた初期ブラック・メタル傑作レア・オムニバスLPが、フィンランドのThe Sinister Flameから再発!!と言っても、2016年末にリリースされていた再発盤で、とっくのとうにレーベルでは完売。このたび、THE LORD DIABOLUSの日本でのディストリビューションに際して、見落としてたこのLPもなんとか一緒に日本で販売したく、無理矢理10枚だけかき集めました。

この素晴らしいChris Moyen氏画伯のジャケ・アートと、各バンドかっこいい写真提供のインナーの再現がちょっと雑で、まるで2000年代のアンオフィシャル・リリースのような雰囲気のレコードでもありますが、もちろんオフィシャル・リイシューですし、オリジナル盤は状態良好だと(90年代南欧のレコードって状態良くないのが凄く多い)近年は200ドル越えコースになってる超レア盤でワタシも手にしたことがないので、元々こういう不鮮明な写真だったのかどうかわからないけど、まぁとにかくあるうちにこの再発盤で押さえておきましょう!!


DIABOLICAL SIDE:
1. BEHERIT “Paradise of thy demonic host”
2. CORPSE MOLESTATION “Swarming black emotions”
3. PANDEMONIUM “Sunless domain”
4. MASTER’S HAMMER “Lithographic calender”

DAEMONICAL SIDE:
5. THE BLACK “Book of Leviathan”
6. CRUCIFIER “Chime of the goat’s head bell”
7. PERDITION HEARSE “Intro/My ancient gods behind them all”
8. MORTUARY DRAPE “Into the catacomba”


内容はこのアンビリーバボーなラインナップから期待する以上に素晴らしいし、オフィシャルのbandcampでサンプル聴けますので、イチイチ各バンドについて改めての説明は省略しますが、個人的なベスト・チューンは、CORPSE MOLESTATION, MASTER'S HAMMER, CRUCIFIER, MORTUARY DRAPEってところかな。NWNが再発したポーランドPANDEMONIUMもこうして聴くとかなり渋い。まぁ、ホント全部最高です!!



thelorddiabolus-downthere-lp.jpg



・the LORD DIABOLUS - Down There... ONE-SIDED 12" 税込3,300円 (The Sinister Flame / Dark Descent)

2019年下半期リイシューの話題性ナンバーワンは間違いなくコレでしょう。フィンランド・ブラック・メタル BEHERITが、Turbo Musicとの契約トラブルでBEHERITとして身動きが出来なかった1991年にTHE LORD DIABOLUS名義で残した唯一の音源である4曲入りデモが、遂にオフィシャル再発。これまではBeast of Beheritコンピレーション・アルバムに3曲、他はARCHGOATとのSplitという形で全4曲がブート再発されていましたが、このたびフィンランドのThe Sinister Flameが片面エッヂングの重量盤で全4曲を初単独再発してくれました。CDは今のところ予定無し。Dark Descentとの共同リリースで、The Sinister FlameもDark Descentもともに既に完売。日本は幸運にも当店がオフィシャル・ディストリビューションを託されましたが、当初の枚数よりショートしての入荷ですので、売り切れ御免入荷です。まだヨーロッパのショップには在庫持ってるところもありそうなので、アボイドBOYな人はそちらでどーぞ。とにかく、万難を排してでも入手すべきとはこのことです!!!

そしてこのデモ4曲、ただレアな音源だという以前に内容が震えるほどにかっこいい。1stアルバムにして最高傑作 Drawing Down the Moonで再録される曲もありますが、あの1stアルバムで確立したコズミックなエレクトロ・ノイズな感覚も既にほんのり感じさせるゴアリーな汚濁ノイズ・グラインド・ブラックという、絶対にBEHERIT以外には成し得ない奇跡のゴア・ノイジー・ブラック・メタルが完全無欠にかっこいい。ホントかっこいい。ブラック/デス/グラインド/ノイズ/エクスペリメンタルなど、フィンランド・エクストリーム・ミュージック・ファン全員必聴。病んでる奴ら全員必聴&kiiilll!!!

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR