RECORD BOY

Metal Hard!!Punk Free!!


**毎週水曜は定休日ですが、いつまでもPOISON IDEA日本ツアーの余韻に浸っていては生活していけないので、夢のような2日間に上書きするような凶力なメタルパンク新商品を先ほどオンラインショップにアップしました。


shitfucker-rickysdead1.jpg

shitfucker-rickysdead2.jpg



・SHITFUCKER - Ricky's Dead TAPE 税込1,650円 (Dystopian Dogs)

しばらくおとなしくしていたデトロイトの問題児メタルパンクス連中 SHITFUCKERがDystopian Dogsから2015年録音の4曲入りデモを限定200本でゲリラ・リリース!!日本のメタルパンク・ファンにも人気の高いバンドですが、このリリースは今年の夏に発売され早々に完売したせいか、日本では話題にならないどころか存在すら気付かれないまま2019年も押し迫ってまいりました。けっこう前に日本国内独占流通用に確保してもらってたので十分な本数がありますが、再プレスはしないとアナウンスしていますので、メタルパンク・ファンはお買い逃しなく!!

今回はデトロイト・メタルパンクG.A.T.E.S親衛隊長 ANGUISHのMark Kuro氏によるレコーディングで、ダーティーなサウンドも魅力の一つであった初期SHITFUCKER作品をも上回るロウ・サウンドが、ルックス以上に小汚くてグレートです。Suck Cocks In Hellアルバムは、フルレングスで聴かせるべくキャッチーに仕上げたのが功を奏して大ヒットを記録しましたが、それ以前の7"EPの頃のブラック・メタル色の強かった極悪さとも異質の本作での汚さは、「SHITFUCKER全作の中でも最も粗暴なサウンドだ」とメンバーが言ってる通りです。絶対に近寄りたくないようなルックスも相変わらず最高デス!!



aninvitation-youcant.jpg



・AN INVITATION - You Can't Love Me TAPE 税込1,320円 (What's For Breakfast?)

SATAN'S SATYRSのドラマーだったStephen Fairfield氏によるUSヴァージニア州のワンマン・パンク・バンド AN INVITATIONの2曲入り2019年新作3rdデモ・テープ。DLコード付き。Stephen氏が既にSATAN'S SATYRSを脱退したところまでは把握していましたが、どうやらSATAN'S SATYRS自体も解散したようです。その辺がこのAN INVITATIONの方向性にどう作用していくのか?と、個人的には若干不安も抱かせるスリーブ・デザインだったけど、結論から言いましてそんな心配は全く必要なかったです。最高!!グレートーーー!!!

もともとSATAN'S SATYRSは、ELECTRIC WIZARDにも参加したClaythanas氏のほぼワンマンなバンドだったけど、正式メンバーを入れてから、よりヴィンテージ・ドゥームな方向に接近しました。このAN INVITATIONは、Die ScreamingアルバムからSATAN'S SATYRSに参加したStephen氏のプロジェクトなのに、まるで彼が加入する前の初期SSのような爆裂ガレージ・ドゥーム・パンクで、1stデモ "Fuck The Police"は後期SSから気持ちが離れかけてる当店のお客さんの心を鷲掴みにしました。しかし、2ndデモ " Life as the Victim"は、THE CRAMPSみたいなガレージ・サイケな妖艶さも強調してきたので、その次にこのジャケでリリースされると、やはり後期SSと同じ路線を歩んでいくのかな?と思わせられたわけです。ところがどっこい、今回は1stデモ以上にGreg Ginnウォーシップなギター・プレイが大爆発で、Slip it Inを絶頂と考えるBLACK FLAGファンも大興奮であろうサイコパス・ハードコア/オルタナ・パンクが激渋かっこいい!!我々の世代の日本人には、URBAN TERRORやFAMILY MANなどのファンにもオススメ!!と言って大絶賛したいようなヤツです!!



aninvitation-youcant-ts.jpg

・AN INVITATION - ユー・キャント・ラヴ・ミー T-SHIRT 税込1,650円

オフィシャルTシャツも入れてしまいました。売れるとは思ってないけど、プッシュしてるところをアピールしたいので!!

ボディーはGildanのヘヴィコットンで、サイズはS / M / Lの3種。

11月11日(月)は18時までの営業となります


boytag-gold.jpg

11月11日(月)は店舗の営業を18時までとさせていただきます。
ご不便、ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。

D-Beat / Crust / Street Punk / Raw Punk, etc New releases


disclose-nightmare.jpg

・DISCLOSE - Nightmare or Reality MLP 税込2,640円 (La Vida Es Un Mus)

FRAMTIDやLIFEも再発していたUKのLa Vida Es Un Musが、DISCLOSEの最高傑作の呼び声高い1999年2nd MLPを再発!!


今や世界的に支持されフォロワーが後を絶たないDーBEAT RAW PUNKグループ伝説DISCLOSE!! オリジナルはMCR COMPANYよりリリースされ、廃盤になった後はまだ一度も再発もCD化もされてなかった1999年2ndミニ・アルバムがUKのLA VIDA ES UN MUSより遂にオフィシャル再発! D-BEAT MASTER KAWAKAMIがその創造過程において常に念頭においていたDISCHARGE "WHY" とDISCARDに代表されるスウェーデン "Bowling Studio" サウンドの究極の融合が実現した、まさにグループ最高傑作と断言できる全10曲入り!(インフォメーションより)

A1 Fear Of The Nuclear Age
A2 War Scars
A3 Battlefield Of Hell
A4 Future Extinction
A5 Just Another Drunkard

B1 War Is Insanity
B2 Ashes Of Death
B3 Nightmare Or Reality
B4 Tragic End
B5 Armed For Killing




malicepanic-what.jpg

・MALiCE PANiC - What Went Wrong CD 税込2,200円 (Alive By Caffeine)

ZEXの日本ツアーのサポートもしていた名古屋のストリート・パンク・バンド MALiCE PANiCが、好評だった1st EPに続いて自主制作で1stアルバムCDをリリース!!


名古屋を拠点に活動を続けているMALiCE PANiCが1st EPに次ぐ待望の1stアルバムをまたしても自らのレーベル "ALIVE BY CAFFEINE RECORDS" からリリースする!MALiCE PANiCはパンクス&スキンズによるパンク・ロック・バンドである。MALiCE PANiCは日米(Hate Trumpな)混合のパンク・ロック・バンドである。MALiCE PANiCを聴くと、俺はあの80年代のNo FutureやSecretとはまた少し違った、あの時代のパンク・ロックを思い浮かべてしまう。誰に似てるとかでは無いけど、あの時代のHardcore PunkとOi!が混沌としていた時代を思い浮かべてしまう。そして、MALiCE PANiCを聴くといつも思うし、今回のアルバムでも思うのだけれど、MALiCE PANiCは上手い!パンク・ロックに於いて『上手い』なんて言葉は褒め言葉にはならないのかも知れないけど、MALiCE PANiCは上手い!Do It Yourselfな活動を続けている彼達がそれを望んでいるかは俺にはわからないが、俺は彼達にはもっともっとメジャーなフィールドに行って欲しいと思っている。パンク・ロックは楽しむ為のモノではある。そして彼達はパンク・ロックを楽しむこと、そして楽しませることを知っている。でも、俺は度々パンク・ロックとはメッセージであるとも言っている。もちろんパンク・ロックは楽しむ為のモノであるというのは前提にあるけど、俺はそれだけでは不十分だと常々思っている。そして彼達も楽しむだけではなく確固としたメッセージを放ち続けている。MALiCE PANiCは全曲がピアスの本場の英語で歌われているけど、このアルバムにも日本語訳が載せられいてるので、必ず彼達の歌詞に目を通して欲しい。そして真剣に考えて欲しい。ここでは敢えて彼達の歌詞について書くことはしないけど、皆のそのパンクな目でしっかりと読んで欲しい。そう、俺がMALiCE PANiCにもっともっとメジャーなフィールドに行って欲しいと言ったのは、パンク・ロックは楽しむ為のモノではあるけど、それだけは不十分だということをもっと広めて欲しいからだ。彼達にはそれが出来ると俺は信じている。MALiCE PANiCは最高の最上級に素敵なパンク・ロック・バンドだから。みんなもこんな素敵な彼達のパンク・ロックに触れて酒呑んで楽しんで踊って、そして考えてみてはいかがですか??? Only Good Nazi Is A Dead Nazi! ナチなんか生きてたって意味ねえぜ!俺はマリパニを支持するぜ!
Takeshi Evolstak(¡Nō! / Professional Punk Listener)





korrosive-thecorroding.jpg



・KORROSIVE - The Corroding World 腐蝕してゆく世界 CD 税込1,870円 (Damaging Instinct)

発売後即完売となったDISTORT NOISE ZINEも発行していたRADIOACTIVE, KAFKA, ex.DROPENDのHal氏による新たなレーベル Damaging Instinct Recordsからリリースされたアメリカのハードコア・パンク・バンドの来日記念限定300枚コンピレーション・アルバムCD。メンバーはManic RelapseというUSロウ・パンクの祭典のようなビッグ・イベントも主催する、現行パンク・シーンの中心的存在。クラスト・ファッションもバッチリきまったアメリカンながら、フィンランド・スタイルのロウ・パンク・ハードコア・サウンドを聴かせるバンドです!!


アメリカ産 カリフォルニア・ベイエリア発!フィニッシュ・ダークネス!!コローシブ!!
日本ツアーに合わせてリリースされる待望の編集版!

収録内容は
*最新フルアルバム2019年OBSERVATIONS FROM THE WEST (12’LP on Agipunk)
*2015年 THE KAAOS B-SIDES(FLEXI on Shithammer&Nightrider rec)
2016年 Syövyttävä Laji (7’EP on Distort Reality)
全14曲!

パンクスによるパンクスの為の日本語対訳、帯/ライナーノーツ付!
トータルアートワーク、ライナーノーツ BY MINAMI (LARVA / HAAVA / S.H.I)

(インフォメーションより)

WORMRIDDEN "Festering Grave" 12"商品カート設定ミスのお詫び


boytag-gold.jpg

昨晩オンラインショップにて販売開始しましたWORMRIDDEN "Festering Grave" 12"の設定を誤って、同商品を二重に掲載していました。完売後もなぜか注文が途絶えないので、おかししいとなぁと思ってました。。。混乱させてしまい申し訳ございませんが、商品ご用意できない方にはご連絡差し上げます。何卒ご了承ください。

Scandinavian Metal Jawbreakers!!


bornforburning-theritual.jpg



・BORN FOR BURNING - The Ritual LP RED VINYL 税込4,400円 / BLACK VINYL 税込2,970円 / DIGIPACK CD 税込2,090円 (Critical Mass Recordings)

メロディックなフレーズを凶暴な激烈サウンドに乗せた90年代スウェーデンのデス・メタルとブラック・メタルの橋渡し的重要バンドの中の一つ、UNANIMATEDのシンガー Micke Jansson氏によるBATHORY完全崇拝型ブラック・メタル BORN FOR BURNINGの1stアルバム。デビューEP同様にCritical Massからのリリースで、アナログ盤はレーベル直販限定100枚のレッド・ビニールも特別に少し提供してもらいました。

BATHORYの2ndアルバム The Return...に収録されていた曲名をバンド名にしている通り、EPではThe Returnアルバムのあの殺伐とした原始的ロウなサウンドを表現しきっていて極渋でしたが、その反面、生半可なBATHORYポーザーを寄せ付けない極悪さが、どうしてもセッション・プロジェクト的な匂いを強めていました。フルレングスで如何にしてあのBATHORY原理主義を表現してくるんだろう、と楽しみにしていたけど、ザックリまとめますと、土台はThe Returnの極悪ブラック・メタル、勇壮なパートも導入してUnder The Sign of Black Mark風味も見事に決まってるな、と、ここまでは想定内ながら、オーラスはもはやHammerheartも越えてTwilight of the Godsまで到達したようなペイガン・フォークをチラ見させて締めるという、やはりBATHORYを間近で実体験したであろうミュージシャンによる生粋のBATHORYウォーシップ最高峰ロウ・ブラック・メタル・アルバムで素晴らしい!!EPは極悪すぎた、、という人もこの完成度は認めざるを得ないでしょう。そしてEPのその極悪さにブチのめされた人は、また今回もブチのめされましょう!!!666!!!



wormridden-festering-lp.jpg



・WORMRIDDEN - Festering Grave 12" GLOW IN THE DARK VINYL w/ PIN & MAGGOTS 税込3,300円 / BLACK VINYL 税込2,640円 (Me Saco Un Ojo)

Asakusa DeathFest 2019でも格の違いを見せつけたUNDERGANGのDavid氏がベース&ギター、そしてANATOMIAの中心メンバーであり、TRANSGRESSORやNECROPHILEなど、日本デス・メタル・シーン黎明期から重要バンドで活動し続け、多くの海外デス・メタル・ミュージシャンにもリスペクトされるTanaka氏がドラム&Vo.を担当するデンマーク+日本デス・メタル・混合プロジェクト・バンド WORMRIDDENの、入手不可能となっている過去2作品をまとめたコンピレーション12"アナログ盤。暗闇で光る限定グロウ・イン・ザ・ダーク・ビニールはウジ虫(もちろんフェイクです)&ピンバッジ付き。


A1-A2 : "Infesting the Grave" DEMO (2012年)
B1-B2 : "Festering Glorification" EP (2015年)


2012年発表の1stデモEPは、INCANTATIONウォーシップ・デス・メタルの現行バンド最前線 ENCOFFINATION, FATHER BEFOULED, VASAELETHなどにも共通する暗黒の荘厳さ漂うlowデス・メタル・サウンドでしたが、2015年発表EPはAUTOPSY型のlow & rawデス・メタルな腐臭が強まり、さらにTanaka氏のウルトラlowestボーカルがDEMILICH級に最低(いつも言ってますが、最も低いという意味です)のガテラルで凄まじすぎて、深化と言うかまるで腐敗が進行したような凶劣さ!!デス・メタル本来の原始性に基づいたこのlow-end tortureデス・メタルは、もうさすがとしか言いようがありません。近年のUNDERGANGに魅了されている人でまだ聴いたことのない方は、ぜひこの機会にどうぞ!!

オールドスクール・デスメタル・メタル・ガイドブック 中巻 ヨーロッパ編


oldschooldeathmetalbook2.jpg

・オールドスクール・デスメタル・メタル・ガイドブック 中巻 ヨーロッパ編 BOOK 税込2,640円 (パブリブ)

アメリカ/オセアニア/アジア地域に絞った上巻が大好評の、ハマザキガク氏監修「世界過激音楽」によるオールドスクール・デスメタル・メタル・ガイドブックが中巻も発売!!当店も日頃お世話になっている村田恭基氏の著書で、Obliteration Records / BUTCHER ABC 関根氏のインタビューなども掲載。

今回はワタクシは何も執筆協力などしていなくせに正直な感想を言いますと、アメリカのオールドスクール・デス・メタルってブルデスとかニュースクール系が下地になったのも納得の音楽性があるけど、この中巻で検証してるUK&ヨーロッパのデス・メタルは、やはりスラッシュ・メタルやハードコアの根っこが強いバンドが多いので、ある意味上巻よりも当店のお客様にフィットする内容だったりすると思います。例えばUKデス編ではPROPHECY OF DOOMやNIGHTMARE VISIONS辺りまで突っ込んでて、オランダ/ドイツ/東欧などはDark SymphoniesやVic Recordsが再発しなきゃ知ることもなかったようなウルトラ・レアなオブスキュアな作品がほとんどを占めています。上巻と併せてチェックよろしくお願いいたします!!


シリーズ第2弾はヨーロッパ
HM-2なスウェディッシュデス
グルーミーなフィニッシュデス
ドゥーム&アヴァンギャルドなダッチデス

ボルトスロウィング&ゴスなUKデス、ブラックメタル大流行のノルウェー
オカルト蔓延る南欧、共産主義の面影を残す東欧等々……

■ボードゲーム由来の名前でミドルテンポ重厚サウンドで突き進む Bolt Thrower
■ジャズ・フュージョンまで取り入れたテクニカル・ダッチ・デス Pestilence
■音楽の都ウィーンが生み出した悪趣味、SMスカムの変態伝説 Pungent Stench
■デスメタルに叙情美を確立したスウェディッシュ・レジェンド Dismember
■HM-2でスウェディッシュ・デスメタルのプロダクションを決定 Entombed
■元Nihilistのメンバーが非主流派ヴァイキングメタルの勃発点に Unleashed
■フィニッシュ・デスの異端、後世によって再評価され活動再開 Demilich
■爆速疾走感で世界を騒然とさせたポーリッシュ・エクストリーム Vader
■代表的イラストレーターやレーベル、オムニバスの紹介も
■Morgoth、Pestilence、Avulsed、Demilich、Mourning 等海外大御所インタビュー
■Coffinsの内野氏+はるまげ堂/Butcher ABCの関根氏(4万5千字)の大御所インタビュー

424アーティスト、593作品を紹介!【商品解説】


Beyond The Black Metal!!


*久しぶりに最高のブラック・メタル商品が揃いました。汚いブラック・メタルはやっぱり最高!!本当はBORN FOR BURNINGのLP&CDも届いたので一緒にアップしたかったけど、時間なかったので今日はここまで(BFBも買う!って人はもちろん一緒に承ります)。水曜は定休日ですので、受注対応は木曜日以降になります。



moenenofxezbeth-forever-ep.jpg



・MOENEN OF XEZBETH - Forever Rotting Winter 7" RED VINYL JAPANESE EDITION w/ OBI 税込1,320円 (Medieval Prophecy)

NWNからのリリースで世界中のプリミティブ・ブラック・メタル・マニアに絶賛され一躍注目を浴びたベルギー・ブラック・メタル PERVERTED CEREMONYのドラム&Vo.を担当しているMorbid Messiah氏によるワンマン・ブラック・メタル・プロジェクト MOENEN OF XEZBETHの2曲入り7"を、このたび当店が日本限定帯付として独占流通。

このEPはMedieval Prophecy Recordsなる新興レーベルから2018年にリリースされ、何枚プレスだったのか知りませんがリリースの情報が行き渡る前に完売。そしてこのたび、ジャケット色を赤からモノクロに、レコード盤を黒から赤に変えた2ndエディション・レッド・ビニールとして再プレスされました。当店でここまで純正な地下ブラック・メタルを独占流通するのは今までなかなかなかったと思いますので、ちょっと唐突に思われるかも知れませんが、しかしこの日本語帯の風貌、どこか見覚えがあるというアンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・ヴィニール・コレクターも居るかと思います。数年前に大モメにモメて決別したヤツが帰ってきました。ワタシも意地っ張りですが、良いオファーの前にはあっさり水に流すタイプですので、マーケットは数年前とは全く違い干乾びあがった状況なのでどう転ぶかわからないけど、センス悪くない奴なんで、またサポートしていこうかと思います。この2ndプレス・レッド・ビニールもプレス枚数公表してませんが、日本流通バージョンは50枚限定です。

PERVERTED CEREMONYがハイプな人気を得たのは納得しようと思えば出来なくもない(それでもかなり極悪プリミティブですが、、、)、例えばBEHERITやVONがブラック・メタルというサブ・ジャンル外の前衛的エクストリーム・ミュージック・マニアにも人気があるような本場海外ブラック・メタル・シーンならではのクロス・ボーダーな現状を良く表してるかと思いますが、このMOENEN OF XEZBETHはPERVERTED CEREMONYの奥底にもあるであろう閉鎖性を強烈に打ち出して地下に潜伏したような、2000年代前半辺りの欧州ブラック・メタルにも似た危険性を臭わせています。NWNからのアルバムを聴いた時も感じさせた通り、やはり初期SAMAELからの影響は絶大だけど、Morbid Messiah氏はこのバンドはよりマニアックな趣向を打ち出すべく始めたようで、NWNから再発されてたポーランドのXANTOTOLや、Hammer Of Damnationからのコンピレーション・アルバムが反響の大きかったブラジルのINVOKERなどもインスパイアされたバンドとして名を挙げています。さらにキーボードも重要な役割を果たしていますから、ROTTING CHRISTやNECROMANTIAといったギリシャ・ブラックのクリプティックなオカルト風味や、初期MASTER'S HAMMERの影もちらつかせます。イタリアやギリシャのサイケデリック・ホラー感、且つ南米や東欧のガビガビ・ロウファイ・ノイジーも追及する、このスタイルは日本でも大好きな人が絶対居るはずです。今のところ発売前の問い合わせは日本国内から1件もなく全て海外からですが、ぜひこの機会に現代のブラック・メタル・トゥルー・カルトをチェックしといてください!!!



necromantia-fromthe-ep.jpg



・NECROMANTIA - From the Past We Summon Thee 7" 税込1,320円 (The Sinister Flame)

ROTTING CHRISTやVARATHRONなどと並んでギリシャ・ブラック・メタルを代表するアテネのNECROMANTIAの1994年リリース1st 7"が、フィンランドのThe Sinister Flameから限定500枚で再発。オリジナルはSpellboud RecordsとDarkside Recordsの共同リリースで、真ん中のドラゴン・マークが白のものと赤のものがありました。白い方が案外見つけにくくて(と言うか、見たことない)赤いのはエンボスでしたね。今回はジャケを白地にして全体を白黒反転させることによって、真ん中のドラゴン・マークが本来の感じになってクッキリしたナイス・アイディア・リイシューです。オリジナル盤2種を持ってる人も、欲しくなってしまうのではないでしょうか。ちなみにCDバージョンはWild Ragsから出てました。

内容については、エピックな面が強調されることが多い初期ギリシャ・ブラック・メタルのアナザー・サイドである、凶裂に原始的なブラック・メタル・サウンドが爆発しています。まるでファズった初期IMPURITYのような極悪リチュアル&プリミティブなノイジー・ブラック・メタルは、INVOKERやブラジリアンBEHEMOTHといった、SAMAELなどの影響を感じさせるグダグダ南米ブラック・メタル・ファンにも超オススメ!!



thewineofsatan.jpg



・V.A. - Vinnum Dei Satanas-The Wine Of Satan LP 税込3,300円 (The Sinister Flame)

オリジナルは1993年にTHOU ART LORDやMORTIFYなどのシンガーであるGothmog氏のレーベル ギリシャSpellbound Recordsからリリースされた初期ブラック・メタル傑作レア・オムニバスLPが、フィンランドのThe Sinister Flameから再発!!と言っても、2016年末にリリースされていた再発盤で、とっくのとうにレーベルでは完売。このたび、THE LORD DIABOLUSの日本でのディストリビューションに際して、見落としてたこのLPもなんとか一緒に日本で販売したく、無理矢理10枚だけかき集めました。

この素晴らしいChris Moyen氏画伯のジャケ・アートと、各バンドかっこいい写真提供のインナーの再現がちょっと雑で、まるで2000年代のアンオフィシャル・リリースのような雰囲気のレコードでもありますが、もちろんオフィシャル・リイシューですし、オリジナル盤は状態良好だと(90年代南欧のレコードって状態良くないのが凄く多い)近年は200ドル越えコースになってる超レア盤でワタシも手にしたことがないので、元々こういう不鮮明な写真だったのかどうかわからないけど、まぁとにかくあるうちにこの再発盤で押さえておきましょう!!


DIABOLICAL SIDE:
1. BEHERIT “Paradise of thy demonic host”
2. CORPSE MOLESTATION “Swarming black emotions”
3. PANDEMONIUM “Sunless domain”
4. MASTER’S HAMMER “Lithographic calender”

DAEMONICAL SIDE:
5. THE BLACK “Book of Leviathan”
6. CRUCIFIER “Chime of the goat’s head bell”
7. PERDITION HEARSE “Intro/My ancient gods behind them all”
8. MORTUARY DRAPE “Into the catacomba”


内容はこのアンビリーバボーなラインナップから期待する以上に素晴らしいし、オフィシャルのbandcampでサンプル聴けますので、イチイチ各バンドについて改めての説明は省略しますが、個人的なベスト・チューンは、CORPSE MOLESTATION, MASTER'S HAMMER, CRUCIFIER, MORTUARY DRAPEってところかな。NWNが再発したポーランドPANDEMONIUMもこうして聴くとかなり渋い。まぁ、ホント全部最高です!!



thelorddiabolus-downthere-lp.jpg



・the LORD DIABOLUS - Down There... ONE-SIDED 12" 税込3,300円 (The Sinister Flame / Dark Descent)

2019年下半期リイシューの話題性ナンバーワンは間違いなくコレでしょう。フィンランド・ブラック・メタル BEHERITが、Turbo Musicとの契約トラブルでBEHERITとして身動きが出来なかった1991年にTHE LORD DIABOLUS名義で残した唯一の音源である4曲入りデモが、遂にオフィシャル再発。これまではBeast of Beheritコンピレーション・アルバムに3曲、他はARCHGOATとのSplitという形で全4曲がブート再発されていましたが、このたびフィンランドのThe Sinister Flameが片面エッヂングの重量盤で全4曲を初単独再発してくれました。CDは今のところ予定無し。Dark Descentとの共同リリースで、The Sinister FlameもDark Descentもともに既に完売。日本は幸運にも当店がオフィシャル・ディストリビューションを託されましたが、当初の枚数よりショートしての入荷ですので、売り切れ御免入荷です。まだヨーロッパのショップには在庫持ってるところもありそうなので、アボイドBOYな人はそちらでどーぞ。とにかく、万難を排してでも入手すべきとはこのことです!!!

そしてこのデモ4曲、ただレアな音源だという以前に内容が震えるほどにかっこいい。1stアルバムにして最高傑作 Drawing Down the Moonで再録される曲もありますが、あの1stアルバムで確立したコズミックなエレクトロ・ノイズな感覚も既にほんのり感じさせるゴアリーな汚濁ノイズ・グラインド・ブラックという、絶対にBEHERIT以外には成し得ない奇跡のゴア・ノイジー・ブラック・メタルが完全無欠にかっこいい。ホントかっこいい。ブラック/デス/グラインド/ノイズ/エクスペリメンタルなど、フィンランド・エクストリーム・ミュージック・ファン全員必聴。病んでる奴ら全員必聴&kiiilll!!!

Novembre Records New Releases!!


confront-trace.jpg



・CONFRONT - Trace ~ Early Years Selection CD 税込1,980円 (Novembre)

Novembre Recordsから6曲追加した全19曲入りで限定300枚CD!

ベテランと言ってもおかしくない活動歴でありながら、一切ブレずに地道でマイペースを崩さない三重ハードコア・パンク CONFRONTのディスコグラフィー・アルバム。シーンのトレンドなど関係なく、大好きな伝統的ジャパニーズ・ハードコア・スタイルの作品を出したい!というレーベル・オーナーの気持ちが痛いほど伝わってくる、素晴らしいリリースです。

敬意を持って、”ジャパコア”サウンドと呼びたい、ガッツみなぎる哀愁疾走メロディック・ハードコアに大興奮です!!ギターはこれでもかとばかりに必殺旋律の応酬で、メタルコア風味もありながら昨今のメタルパンク・トレンドとは無縁の、これぞリアル・ジャパニーズ・ハードコア!!こういうハードコアが聴きたかったんだ!!と思っていた古い日本のパンク・ファンは少なくないことでしょう。



babypleaasekillme-baby.jpg



・BABY, PLEASE KILL ME - Baby, Please Kill Me / Here's A Love Song CD 税込550円 (Novembre)

以外にも、と言ったら失礼ではあるけれど、当店でも過去作品が地道にしっかり売れていて、隠れたファンが多いような気がするBPKMの新作となる5thアルバム。人気の一因にそのお手軽プライスもあるのかも知れませんが、今回もペーパースリーブで税込550円という爆安な限定200枚。ちょっとジャパコア・チックなナンバーからスタートするも、その後は軽くてカオティックなロウ・パンク・パワー・バイオレンス・スラッシュコアを連射する安心のBPKM節炸裂アルバム!!


中京メロディックNAVEL、SUN CHILDREN SUN等のメンバーが在籍するBPKMの5thアルバム!

ごく少数のライブ以外対外的な活動をせず思いつくままに半即興でのレコーディングを続けてきた穴熊バンドだが、3rdアルバム"Hello Again, And Fuck You"以降はある程度スタイルを固定させ、高低デュアルVo&ギターレスの編成で90's西海岸ファストコア~パワーヴァイオレンス~NYHCを曲解して混ぜ合わせた、ノイジーでビートダウンしないモッシュミュージックを標榜している。

本作でもBPKMの全作品を手がけてきた下町のDon Fury a.k.a. ナッカメン氏に依頼してアナログマスタリングによるザラついた音作りに仕上げた22曲23分、紙ジャケCDで200枚プレス。

For Fans Of CROSSED OUT、GODSTOMPER、25 TA LIFE……
(インフォメーションより)


the VERTIGOS - This is Decontrol 7"


thevertigos-thisis.jpg

・the VERTIGOS - This is Decontrol 7" 税込1,100円 (Mangrove)

注目の東京3ピース・フィメール・パンク・バンド the VERTIGOSの4曲入り1st 7"がMangrove Recordsから限定300枚レッド・ビニールでリリース。デモが大好評で即完売し、「R&Rなんだけど、その奥底にDISCHARGEも垣間見ることができる!」と、ワタシの周辺DISCHARGEマニア界隈でもウワサで持ち切りのバンドでした。その意味をぜひともご自身の耳で確かめてみてください!!


韓国HARDCOREバンドSCUMRAIDのドラマー、東京のATFのギタリストでもあるJUYONG(Vo/G)、
HARDCOREシーンを撮影する写真家でもあり、現在はHARDCOREバンドZODIAKでも活躍のSENNA(B)、
そして東京GARAGEシーンでMAGNATONES、TOKOBLACKでも活動中のYAKUMO(Dr)というメンバー
で結成されたTHE VERTIGOS!4曲入り1st7インチが登場!

GLOOM等に影響を受けSCUMRAIDのドラマーでの活躍でしられるJUYONG。実はNIKKI CORVETTEやBABY SHAKES等のガールズロックンロールの大ファンであり、その嗜好を形にすべくTHE VERTIGOSを結成! 
創り出したサウンドと方向性はDISCHARGEとガールルズロックンロールの融合という誰も着目しなかったサウンド!
中々交配しない2つの音楽性がJUYONGの音楽ルーツの中で結合し曲として完成!楽器初心者であったSENNAと
ロックンロールビートをバッチリ決めるYAKUMOと制作した1stDEMOテープは大好評で200枚程を即完売させ、ライブも数多くこなし現在注目を集める中でのシングルリリース!
MAGNATONES他多数のバンドでSAXを吹くKOKOROも1曲参加!

レッドビニール盤!

(インフォメーションより)

10 | 2019/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR