RECORD BOY

10月15日(火)は19時までの営業となります

boytag-gold.jpg

10月15日(火)は店舗の営業を19時までとさせていただきます。
ご不便、ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。

Japanese Hardcore Punx!!


nightmare-japan-thirsty-lp-pink.jpg

・NIGHTMARE (Japan) - Thirsty and Wander LP PINK VINYL 税込3,960円 / BLACK VINYL 税込2,750円 (540)

US盤LP入荷!今回は限定100枚のピンクビニールも入荷してます。

大阪ハードコア・パンク NIGHTMARE待望の2019年新作3rdアルバム。ex.FRAMTIDのタカヤマ氏復帰後初の音源となる本作品は、過去にサックスも導入したりと、長い歴史の中でソウルフルなハードコア・パンクを一心に追求してきたNIGHTMAREのスラッシュな激しさをより強調した猛烈なアルバムに仕上がっています!!


2018年でSELFISHレコードデビューから30年を迎えた彼ら。2006年リリースの前作「Scatterraw」から数えて12年ぶりとなる待望のニューアルバムの発売が決定しました。これは正に、ハードコアとしてショートでファストな作品を輩出し続けた彼らがたどり着いた"新たな形"であり"集大成"。結成から揺らぐことなく貫き続けたハードコアサウンドが最強の形となって世に放たれます。彼らの長き活動の中で目まぐるしく変わっていった世の中と音楽シーン。そこで一切変わらぬ姿勢を貫く彼らのスタイルは、狂おしいまでにハードコアを愛し、変化という安易な選択をせず、信じた道をひたすら突き詰めていく事だったのかもしれません。

誰もが翻弄される世の中の不条理に怒り、魂を叩きつけるボーカル・マー。掻きむしるかの如くハイトーンノイズをギターで奏でるマコト。抜群のスキルで欠かすことのできない存在になったリズム番長のベース・マサシ。爆裂疾走ドラマー、タカヤマの4人が織りなすTHRASHサウンドは、ハードコアを含む全てのバンドシーンに衝撃を与える傑作として語り継がれることになるでしょう。

(インフォメーションより)




proletariart-rizetsu.jpg

・PROLETARIART - 隔絶と孤独に通ず俺の道 CD 税込2,200円 (D.N.A)

愛知県岡崎市のポリティカル・ハードコア・パンク PROLETARIARTの2ndアルバムCDが、バンド自身による自主製作でリリース。Blurred Recordsからの1stアルバムCD以来となる6年ぶりの作品で、「敵を作れ、どんどん作れ!」を地で行く姿勢により、全国的に熱狂的なファンも存在するバンドです。Discrete RecordsファンにはおなじみのBLOOD FEASTのカバーや、VESPERAのMayumi氏がゲストで参加した曲も含む全8曲+あとがき4曲収録。

とにかく今回もメッセージが凄まじく、シーンの中での馴れ合いに真っ向から反発するアティチュードが炸裂しまくってます。クラスティーなポリティカル・スラッシュに、歯に衣着せぬメッセージでアジる日本語詞Vo.が乗り、曲調も王道のジャパニーズ・ハードコア風味のドラマチックな展開なども絡めつつ、UKHCアナーコ・スラッシュも彷彿させる、緊張感満点で畳み掛けるように疾走して、まさしくポリティカル・クラストとジャパニーズ・ハードコアを融合したPROLETARIAT節全開!!ジャパコア・ファンにもかなりオススメです。

Scandinavian Jawbreakers Thrash!!


foreseen-helsinkisavagery.jpg



・FORESEEN - Helsinki Savagery CD 税込1,980円 (Crew For Life)

2019年12月に来日ツアーが決まったフィンランド・クロスオーバー・スラッシャー FORESEENの2014年傑作1stアルバムが、来日を日本ツアーをサポートするCRUCIAL SECTIONのCrew For Lifeからボーナス曲入り日本盤CDがリリース!!オリジナルの10曲に、今回が初CD化となる7"シングル2種の曲も追加した全14曲入り!!


Tracks 1-10 : Helsinki Savagery ALBUM (2014年)
Tracks 11-12 : Power Intoxication b​/​w Dying Spirit EP (2016)
Tracks 13-14 : Structural Oppression EP (2013年)


大プッシュしたスピード・メタル・バンド RANGERのベースVo.のDimi氏がクロスオーバー・バンドもやってると言うので、試しに入れてみた Structural Oppression 7"EPが、クロスオーバー系では近年まれに見るカッコよさで大反響だったバンドです。その後Dimi氏はRANGERに専念のため、このFORESEENからは脱退しましたが、本作1stアルバムはEPの時以上にスラッシュ・メタルとして完璧なサウンドで、しかもハードコア上がりのスピードは全く失速してないどころか、さらに加速した感もあります。ぶっちぎりの直線刻みリフは相変わらず速いし、そしてドラムが素晴らしくパワフルで音もバカデカく、重厚且つソリッドなリフとラウドなボトムのコンビネーションが非常に暴力的です。ハードコア・スラッシュな刻みまくりリフとスピード・メタルの熱血さを同時に兼ね備えたWHIPLASHタイプのバンドが好きならば絶対に聴いてほしいですし、Heavy Artilleryからのアルバムが素晴らしかったのにダサいルックスのせいか地味な存在だったAVENGER OF BLOODなんかも思い出してしまいました。久々に激烈オススメの現行クロスオーバー・スラッシャーです!!



inculter-fatalvisions.jpg



・INCULTER - Fatal Visions CD 税込2,420円 (Edged Circle prod.)

2015年発表1stアルバム Persisting Devolutionで大化けして、世界中のスラッシュ・メタル・ヘッドバンガーズの度肝を抜いた、ノルウェーFusaシティー・メタル・シーンの中心的存在 INCULTERの2019年発表2ndアルバムCD。今回もDEAD TO THIS WORLDやWURDULAKもやってたStian Smørholm氏の運営するEdged Circle prod.からのリリースです。

INCULTERもやはり北欧スラッシュ・メタルの特徴であるPOSSESSED型イーヴィル・トレモロ・リフとWHIPLASH型熱血スピード・メタル・リフを組み合わせたようなスタイルがかっこいいバンドだけど、今回はちょっとそのスピード・メタル的感覚の方が増強したような雰囲気があります。前作は中心メンバーのRemi Andre Nygard氏がVo/Gu/Baを担当し、その土台をEven Bakke氏の馬力型ドラミングが強力に突き上げたようなコンビネーションが最凶でしたが、今回は4人で録音され、ドラムが現SEPULCHER & REPTILIANのDaniel Tveit氏、そしてSHAKMAのギタリストも参加したツインギター編成。スロウ&ドラマチックなパートも効果的で、スウェーデンANTICHRISTやジャーマンVULTUREなどのファンにもオススメです!!



sepulcher-panoptic.jpg



・SEPULCHER - Panoptic Horror CD 税込2,420円 (Edged Circle prod.)

ノルウェー・スラッシュ・メタルにドハマりだというSLIGHT SLAPPERS久保田氏にいろいろ教えてもらいながらも、INCULTERを柱にしたFusaシティー拠点のバンドをサポートするこのEdged Circle prod.リリースは、当店の流通網になかなかひっかからなくて苦労するのですが、なんとか久しぶりに少しだけ入荷しました。こちらはINCULTERやREPTILIANメンバーらによるSEPULCHERの2018年発表2ndアルバムです。

INCULETRとREPTILIANは過去に当店も入荷したことがありますが、このSEPULCHERは初めて入荷しました。メンバーは被りまくりだけど、それら3バンドがFusaという都市のスラッシュ/デス・メタル・シーンの中心になっていることは間違いないと思います。そして、もはやKolbotn Thrashers Unionにも全く引けを取らないクォリティーを築き上げていると言っても過言ではないでしょう。このSEPULCHERの2ndアルバムはその中でも比較的デス・メタル・テイストの強い作風で、Kolbotn Thrashers Unionチームで例えたら、プログレッシブ・テイスト希薄なOBLITERATION、って感じでしょうか。ジャケもちょっと普通じゃないセンスです。ナチュラルなシャウトのヴォーカルが独特であり特徴的で、OBLITERATIONよりもスラッシュ・メタル・ファンにフィットするかとも思います。ドラマーは現INCULTER。初期INCULTERドラマーのあの独特の重みとはちょっと違うけど、このドラマーもやはりバツグンのタイム感が心地よくてカッコいい!!スラッシュの曲に完全なデス・メタルのドラム、というマッチングがナイスです。

09 | 2019/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR