RECORD BOY

2019年10月1日からの消費税率変更に伴うお知らせ


boytag-gold.jpg

10月からの新税率移行に伴いまして、今月は9月24日~25日で新着商品のオンラインショップ更新終了を予定しています。通信販売をご利用のお客様は、大変恐れ入りますが、今回は9月28日(土)までにご精算願います。10月以降ご精算のご注文につきましては、新税率10%価格でのご請求をさせていただきます。ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解願います。

Deathrash Cult from the Graves!!


disgrace-greymisery-lp.jpg



・DISGRACE (Finland) - Grey Misery-The Complete Death Metal Years 2LP+7" 税込4,860円 / 2CD 税込2,592円 (Svart)

フィンランド・デス・メタルの最下層アンダーグラウンドからロック・バンドへと進化したDISGRACEのデス・メタル・イヤーズ音源集アルバムがSvat Recordsからリリース。1992年発表1stアルバム Grey Miseryと、2011年にリリースされた初期デモ&EP集 "1990" コンピレーション・アルバムをまとめた内容で、アナログ盤は今回はDebts Of God 7"を分離してくれてるのも嬉しいです。初回はグレイ・ビニール。2枚組CDにはボーナストラックが2曲追加されています。


LP1 : Grey Misery ALBUM (1992年)
LP2 SIDE A : Beyond The Immortalized Existence DEMO (1990年)
LP2 SIDE B : Inside The Labyrinth Of Depression DEMO (1991年)
EP : Debts Of God 7" (1990年)


初期北欧デス・メタルのバンドに多いハードコアからの転身組とは逆で、デス・メタル・バンドとしてスタートしながら後にパンク色の濃いロック・バンドへと変貌したバンドです。1stアルバム Grey Miseryはプログレッシブな展開にロック的なウネリとメロディックなギターを散りばめたデス・メタルの名盤として名高いですが、改めて1stアルバム以前のデモやEPを聴くと、既にあの極悪バフバフ低音lowデス・メタル時代から独特な前衛性が漂っていたのがよくわかります。特にドゥーミー・パートのアヴァンギャルド感は、ちょっとPROPHECY OF DOOMの感覚と共通するものを感じてしまいます。DEMILICH, XYSMAと並ぶ、これぞSuomi変態デス・メタル金字塔!!これもXYSMA 5枚組LPボックスと併せて予約募って、もっと盛り上げるべきでしたね。



mephisterror-gods.jpg



・MEPHISTERROR - Gods CD 税込1,944円 (American Line prod.)

おなじみAmerican Lineからリリースされた90'sメキシカン・デス・メタルの1994年未発表デモと、このバンド・メンバーのサイド・プロジェクトだったABSIDEというバンドの1996年デモを収録したCD。ジャケ・ブックレットには当時のカラー写真なども掲載しています。


Tracks 01-05 : "Gods" Unreleased Demo (1994年)
Tracks 06-10 : ABSIDE Rehearsal Demo (1996年)


本編のMEPHISTERRORのデモは中南米デス発掘再発モノとしてはかなりの高音質で、起伏の激しいアメリカン東海岸型デス・メタルのブルタリティーを、メヒコ・デスらしくプリミティブ&ロウに叩き出しています。CENOTAPH, SARGATANS, etcのクォリティーにはもちろん達していませんが、その辺のバンドに共通するメキシカン・デス特有の低い原始性が好きな人にぜひチェックしてほしいです。ボーナスのような形で収録されているABSIDEの方が2年後の音源らしいですが、、、これが完全に退化してしまってるポンコツ・ブラック・デス・メタルで、こちらは中南米ポンコツ・アディクト必聴&death!!!Vo.の声や、音程度外視のVENOMカバーなど、これはカルト・マニアックスに悶絶してもらいましょう!!!



enslaveditaly-demo1989.jpg



・ENSLAVED (Italy) - Demo 1989 ONE-SIDED LP 税込2,484円 (Ripping Storm)

知られざるイタリアン・スラッシュ・メタル・バンドの1989年録音4曲入りデモがRipping Stormから限定300枚の片面LPで発掘再発。インナーはデモ・スリーブを再現したレプリカで、音源や情報など残された記録が非常に少ないためバンドのため、デラックスなリイシューが氾濫するこのご時世ではちょっと質素な作りにも思われるでしょうが、内容は極上文句なし!!現代まで再発されてこなかったバンドで、まだこんな素晴らしいものもあるんですね。

1989年結成で残した音源はこのデモのみですが、ENSLAVEDと名乗る以前はMAYHEMというバンド名だったそうで、偶然にしては興味深いセンスをこの時点で感じさせます。しかもサウンドは、SLAUGHTERLORD, SADUS, MERCILESS, HYPNOSIA, etcのKREATOR影響型スピード・デスラッシュ・ファン発狂のクォリティーで、オープニングの刻みリフと突進力はカナダAGGRESSIONのThe Full Treatmentも彷彿させます。ま、これ以上ゴチャゴチャ言う必要ないでしょう。デスラッシュ・マニア必聴&Open The Grave!!!

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR