RECORD BOY

EL ZINE - Vol.38


elzine38.jpg

・EL ZINE - Vol.38 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの最新号となる#38です。EPをちょうどリリースした岡山のSKIZOPHRENIAが表紙と巻頭、10月に来日するアメリカのAMBUSH、東京のFIREBIRDGASS、TOM AND BOOT BOYSのマイアミ・ツアー・レポートなど掲載されていますが、今回はSLIGHT SLAPPERS久保田氏とワタクシRECORD BOY大倉のスラッシュ・メタル対談も掲載されています。スラッシュ・メタル・シーンの関係者ではない者同士の雑談、になるかと思いきや、いやはや久保田君の探究心と情報収集が凄まじく、当店の現状では太刀打ち出来ないほどに現行スラッシュ・メタル最前線をフォローしまくっていて、大変勉強になり、そして感化されました。私はもともと北欧ネタをそんなに持ち合わせてないので、1年前のフィンランド・デス・メタル対談の時と同じようなこと結局また言ってて、自分の老化現象にちょっと凹んでもいますが、久保田君の熱さはとにかく凄いです。スラスラ・ファンも、スラッシュ・メタル・ファンも必読でお願いします!!


●Yu from SKIZOPHRENIA
(久々となるニュー・シングル『Undead Melodies』を8月末にリリースする、岡山県津山市のRaw Punkバンド、SKIZOPHRENIAのヴォーカリストであるYu氏へのインタヴュー)

●Yoshio from SKIZOPHRENIA
(SKIZOPHRENIAのベーシストにして、BAR猫目のマスターでもあるYoshio氏へのインタヴューby KARAKURI)

●Dra at helvete!
(正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのヴォーカリストであるSkitkatt氏によるコラム)

●the GEROS
(大阪の70’s/KBDパンク・ロック・バンド、the GEROS へのインタヴューby T.K.)

●AMBUSH
(CONTRAST ATTITUDE/Why Recordsの招聘により10月に来日する、ASPECT OF WARのメンバーらによるアメリカ/ニューハンプシャー州のクラスト・バンド、AMBUSHへのインタヴューby GORI)

●北欧スラッシュ・メタル対談
(最近メタルにハマっているSLIGHT SLAPPERSのヴォーカリスト久保田氏と、高円寺のレコード・ショップRECORD BOYの大倉氏による、北欧スラッシュ・メタルにまつわる対談)

●PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、CHAIN CULTとPARANOIDのライヴ・フォト・レポート)

●FIREBIRDGASS
(高円寺パンク・ロック・バンドFIREBIRDGASSのヴォーカリストにして、東高円寺二万電圧の店長でもあるISHI氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

●Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●LAPINPOLTHAJAT
(10月に来日を予定しているフィンランドのハードコア・パンク・バンド、LAPINPOLTHAJATへのインタヴューby Yu/SKIZOPHRENIA & VOX POPULI)

●TOM AND BOOT BOYSマイアミ・ツアー・レポートPART.1
(5月末~6月初旬にアメリカ/フロリダ州マイアミで開催されたパンク・フェス、WE ARE THE PUNX VOL.2に出演したTOM AND BOOT BOYSのツアー・レポートby今村紀康)

●DRILLER KILLER
(vol.36の表紙を飾ったスウェディッシュ・メタル・パンク・ロッカーCliff Lundberg[ex.BLACK UNIFORMS/ANTI CIMEX etc]への、DRILLER KILLERに関するインタヴュー)

●ABORTTI 13
(80年代に短期間のみ活動し2009年に再結成を果たした、フィンランドのオブスキュア・ハードコア・バンドABORTTI 13のヴォーカリスト、Tapsaへのインタヴュー/最終回by Grzester)

●Otto Itkonen
(SELFISHやFORCA MACABRA、そしてKOVAA RASVAAなどで活動中の、フィンランドのヴェテラン・パンクスOtto Itkonenへのインタヴュー/第3回by Grzester)

●Anti-Art Book Review
(アートブックの書評by Yoshi Yubai)

●Inner Space Photography
(vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

●LASHING SPEED DEMONS:マリア観音
(バンド編成としては20年ぶりとなるオリジナル・アルバムを、今年リリースしたマリア観音。結成以来のバンド・リーダーである木幡東介氏へのインタヴューby大越よしはる)

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク・レヴュー)

Japanese Punk!!


skizophrenia-undead.jpg

・SKIZOPHRENIA! - Undead Melodies 7" 税込900円 (S.K.Z.)

岡山県津山市を拠点に活動してワールドワイドな人気を誇るSKIZOPHRENIA!の2019年新作EP!!アメリカはDistorted Reality ヨーロッパはKick Rock, オーストラリア盤はHardcore Victimからライセンス・リリースされますが、オリジナル・リリースは自身のS.K.Z.から東洋化成日本プレス。ジャケ・アートはENZYMEのYeap氏が担当しています。

バッタバッタと突き進むドラムとドライブしまくるベースの強力リズム・セクションに、疾走感を煽るギターワークと、そして独特の声質でキャッチーにまとめあげるVo.が乗って、全パートが完璧に一丸となって迫りくるスピード・ロウ・パンク傑作シングル!!



endofpollution-hope.jpg

・END OF POLLUTION - Hope From The Dark MLP 税込2,350円 (Strong Mind Japan)

精力的なライブ活動で福岡県外でも名の知られている、女性ギター兼Vo&男性ドラム兼Voによる博多のノイジー・クラストコア・パンク2人組、END OF POLLUTIONの6曲入り限定250枚12"!!


2008年結成以降、地元を始め、全国規模でのLIVE回数も多く、待ち望んでいた人も多いだろう 博多ハードコア END OF POLLUTIONの単独作が、12インチレコードとして遂に完成!

CRUST/NOISEを飲み込んだどす黒い暴風雨の中に、女性ヴォーカルJETの声が光として激しく明滅し突き刺さる!

アートワークはDISTURDの072が担当!
レコ発ツアー、最初のホームグランドでのライブと同日発売!

●Hope From The Dark Tour 2019-2020
8/31(土)福岡 四次元
9/28(土)東京 2万電圧
11/2(土)名古屋 red dragon
11/4(月/祝)四日市 VORTEX
1/25(土)沖縄 NEO POGOTOWN

(インフォメーションより)




godandelectricsheeps-space.jpg

・GOD AND ELECTRIC SHEEPS - Space Cowboy CD 税込1,620円 (Noymann)

2016年結成ハードロッキン・パンク・バンドの全8曲入り1stアルバム。BLACK SABBATHやMC5などの影響を若々しいノリで表現したストーナーR&R!!

God and Electric SheepsはTaishi(ヴォーカル)、Shinpei(ギター)、Yutaka(ベース)、Kiyotaka(ドラム)の4人で2016年に結成。彼らの1stアルバム『SPACE COWBOY』には、彼らが愛する日本のハードコアや70年代のハード・ロックやドゥーム・メタルなどからの様々な影響が絶妙に混ぜ合わされたユニークなサウンドが詰まっている。音楽性の根本はおおむねハード・ロックだと思われるが、整合感よりも勢い重視で隙間を活かした演奏はパンキッシュで、Taishiの放り投げるようなヴォーカルも明らかにパンク/ハードコア的。パンクなヴォーカルとラフに疾走するハード・ロックの融合は結果としてNWOBHMっぽくもあり、一方でドゥーミーなリフから一転してハードコアに突っ走る「fuck doom」のような曲があるかと思えば、アルバム・タイトル曲はBLACK SABBATHっぽい長尺曲だったり。更にMC5「Kick Out The Jams」日本語カヴァー(!)も。どうも本人たちは自分たちの音楽に対して“ハード・ロック影響下のハードコア”という認識らしいのだが、それだけだったらそもそも『SPACE COWBOY』なんてタイトルは出てこないだろう。ともあれ昨今のメタルパンクともまた一味違う個性的なサウンドの1枚となっている。基本的にレコーディング・プロジェクトで、これまでに2回しかライヴをやっていないということだが、このアルバムを聴けばライヴも是非観たい…と思う人は多いのではなかろうか。
(大越よしはる)


08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR