RECORD BOY

9月30日(月) 22:00 ~ 10月1日(火) 8:00 オンラインショップ・メンテナンスのお知らせ


boytag-gold.jpg

消費増税に伴い、2019年9月30日(月)22:00~10月1日(火)8:00の間、オンラインショップはメンテナンスを実施いたしますので、閲覧ができない状態となります。ご理解ください。

消費税率変更に伴うお知らせ

boytag-gold.jpg

2019年10月1日からの消費税率変更に伴い、下記の通り対応させていただきますのでお知らせいたします。

*9月27日(金)までにいただいておりますご注文は、29日(日)までにご精算のほど、よろしくお願いいたします。

*27日までにいただいたご注文で、10月以降に新税率10%の販売価格でのお支払いをご希望のケースにも対応しますので、月をまたいでのお取り置きご希望の方はお申し付けください。

*9月28日(土)にいただいたご注文分(代引きも含む)の発送も、お支払い方法/決済環境によっては10月1日以降の対応となる可能性がございます。また、9月29日(日)0:00以降のご注文商品は、9月30日までの発送が困難なケースが予想されますので、消費税10%での販売価格で受注となります。ご理解のほど宜しくお願いいたします。

送料は基本的には現行どおりで据え置きといたしますが、日本郵便レターパックのみ下記のように改訂させていただきます。

*レターパック・ライト 360円 → 370円
*レターパック・プラス 510円 → 520円

送料割引サービス対象となるお買い上げ金額は、下記の通り改訂させていただきます。

*税込5,400円 → 税込5,500円(税抜5,000円)
*税込16,200円 → 税込16,500円(税抜15,000円)

なお、代引き手数料に関しましては10月1日以降も変更はございません。

29日までのご精算分はすべて9月中に発送いたしますが、発送までに通常よりお時間をいただく可能性がございます。その点もご理解・ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

Metal Deadness!!


undergang-ufrivillig-yellow.jpg



・UNDERGANG - Ufrivillig donation af vitale organer 12" YELLOW VINYL 税込2,592円 / BLACK VINYL 税込2,376円 (Me Saco un Ojo)

Asakusa DeathFest来日前に間に合いました。2010年代コペンハーゲンを拠点としたデンマーク・デス・メタル・シーンの底上げと繁栄に最も貢献した、というか起爆剤になったと言って過言ではない、おなじみUNDERGANGの2019年新作4曲入り12"EP!!A面の2曲は2019年の新録ホヤホヤ最新音源、B面のFUNEBREカバーも同じく2019年最新録音で、ラストは初期代表曲の2018年ライブ。限定イエロー・ビニールとレギュラー・ブラック・ビニールの2種入荷しています。


1. Ufrivillig donation af vitale organer (2019)
2. Man binder ikke et dødt menneske (2019)
3. Grip of Insanity (Funebre cover 2019)
4. Indhentet af døden (live 2018)


新曲もAUTOPSY影響下のlow-endデス・メタルがもちろん全開で、FUNEBREカバーもやってるという予備知識があるせいか、奇怪フレーズとDavid氏の極lowボーカルがDEMILICHなどのフィンランド・デス・メタル・スタイルに接近した印象も持たせてくれます。現代的なアレンジに走るバンドがほとんどのINCANTATION型デス・メタルを、AUTOPSYの手法で原始的に表現した形ともとれます。FUNEBREのカバーもベッタベタのプリミティブ根暗デス爆発で最高。ライブでの実力は、先にリリースされたLevende forradnelse ... Live i USAでも証明済み。もちろん音源はそのライブ・アルバムとは全く別のモノで、Obscene Extreme 2018の際のライブなんですが、ヨーロッパ野外フェス録音ライブ音源七不思議の一つ、音質が今回もまた文句なし良好。David氏のいでたちも完成一歩手前の仕上がりっぷりで衝撃的。10月のAsakusa DeathFestは心して迎えましょう!!



undergang-den.jpg



・UNDERGANG - Den Dobbelte Grav 7" 税込1,296円 (Corto)

こちらは2018年にリリースされていた2曲入り7"シングル。これは、同名の本を執筆した作家 Benni Bodker氏が歌詞を提供して、中心メンバー David Mikkelsen氏の運営するカセット・レーベル Extremely Rottenから2015年にリリースされた、Split w/ CORPSESSED & SOLOTHUS TAPEに収録されていた曲を2016年にUSオークランドで再録したEPで、B面にはBOLT THROWERカバーを収録。初回は即完売して入荷できませんでしたが、このたびジャケ色が黒から白に変わって500枚追加プレスされて、なんとか少し入荷しました。オーバーサイズのゲートフォルド・スリーブとなっています。

オリジナルが2015年の曲で、その2016年再録音源ですので、ちょうどDoden laeger alle sarアルバムで彼らの方向性が極度に沈み込み始めた頃。やはり今聴いても(と言っても、前述Splitカセットと今回の再録EP以外では収録されてなかった曲なので初めて聴いたんですけど)、この当時のスロウネスはすさまじい。lowデス・メタル・ファン必聴のキラー・ナンバーです。そしてB面のBOLT THROWERカバーは、Mercenaryアルバムから、ちょっと哀愁のあるギターが耳を惹いたPowder Burnsを披露しています。



deiquisitor-towards.jpg



・DEIQUISITOR - Towards Our Impending Doom LP 税込2,592円 (Night Shroud)

LUCIATION, BLODFEST, PURIFICATION KOMMANDO, SADOMATORといったブラック・メタル・ミュージシャンらによるデンマーク・デス・メタル DEIQUISITORの3rdアルバム。今回もアナログ盤がNight Shroud、カセットがExtremely Rottenからリリースされています。

いかついイメージもあるブラック・メタル方面の諸先輩がやってるということで、UNDERGANGのDavid氏のカセット・レーベルからのリリースや、あとフィンランド GALVANIZERメンバーもTシャツ着てたし、北欧では後輩ミュージシャンに慕われてるような感じがありますが、日本では知名度激低で相変わらずサッパリ人気などありません。IMMOLATIONやMORBID ANGELタイプの曲を鉛のような鈍さで叩き出した、2010年代型INCANTATIONウォーシップ・デス・メタルとは真逆の方向に突き進んでいるバンドで、Necroharmonicなんかから出てた方がピッタリはまるやさぐれ感もあります。MAVETHとかCORPSESSEDとか、フィンランド・デス・メタルのちょっと前のスタイルにも近いかな?オススメしたいですが、まぁいつも買ってくれてる人の分くらいしか今回は入荷させてません、売れないから。でも、こういうところにこそアングラ・デス・メタルの本質があると思うので、リリースされるたびには今後も入れていこうと思います。



gravedust-pale.jpg



・GRAVE DUST - Pale Hand LP 税込2,592円 (Crypt of the Wizard)

女性シンガー擁するUSオレゴン州ポートランドのデス・メタル・バンドの6曲入り1st MLP。UKロンドンのヘヴィメタル・レコード・ショップ Crypt Of The Wizardからの限定250枚リリースです。

2000年代以降の北米エクストリーム・メタル重要拠点でもあるポートランドですが、このバンドは一昔前のこの地域のデス・メタル・バンドに近いオールドスクール感が特徴で、スロウ~ファストなパートまでパターンはけっこうあるけど、リフも曲構成もテクニカルにならず、ホラー風味のダークネスが漂っています。しかしドロドロしたサタニック・テイストではなく、クラスト・デス・メタルに近いノリもあります。本作発表後にドラムとギターが変わって、ギタリストがASCENDED DEAD, RITUAL NECROMANCY, GHOULGOTHA, etcの人になったようなので、今後期待大です!!

Japanese Punk Legends!!


sxexdahlia-75lb.jpg



・SxEx DAHLIA - '75LB CD 税込1,000円 (Amber Iris)

狂人病やG-10メンバーなどが在籍する千葉のベテラン・ハードコア・パンク、SxExダリアの8曲入り1stアルバムCD。千葉のハードコア・パンク・シーンは常にミステリアス且つ非常に個性の強いバンドの宝庫として、関東のハードコア・シーンでも昔から一目置かれていまして、このCDは2013年のリリースだと思うのですが、当店は2019年にして初の入荷となります。「千葉のハードコアは県外でほとんどライブをやらない」、という伝説を遂に打ち破るべく、近年は都内や横浜のHCシーンでもライブが増えてきていましたので、入荷リクエストも多かったですから、思い切ってコンタクトして遂に入荷しました!!

サウンドはドライブ感満点の疾走ハードコアに、ex.狂人病の女性ベーシスト Kim氏の姐御感満点のいかついヴォーカルが乗った、やはり非常に個性的なジャパニーズ・ハードコア・サウンドです。しかし楽曲や演奏はシンプルとも言えるほどR&Rの土台が強固な、ミュージシャン仲間受けや通好みのリスナーにファンが多いのも納得のドライビン・ハードコア!!



crow-anarchy.jpg

・CROW - Anarchy Chaos Destruction CD 税込2,160円 (Crow)

日本のみならず世界的にもイチ早くDISCHARGEウォーシップなスタイルを実践したバンドとしてカルトな人気を誇り、Last Chaos 1st LPが世界中のハードコア・パンク・コレクターにとって鬼門のメガトン・ウルトラ・スーパー・レア・アイテムとして有名な大阪出身/90年代から東京を拠点に活動したCROWの初期音源集コンピレーションCDが再発!!このCDも長らく入手不可能で高額プレミアが付いて中古市場で取引されてきましたが、今回の再発はジャケットをマイナーチェンジしてるので、CROWらしいコレクター泣かせの2ndエディションとなっています!!


2010年に解散したJAPANESE HARD COREバンド"CROW"

1997年にリリースされた大阪を拠点に活動していた80年代の音源を纏めたコンピレーション再発!

ジャケット密かなマイナーチェンジをし、リバーシブル仕様に!

早くからDISCHARGEを意識した日本のバンドではあるが、やはり日本の80年代HARD COREの色濃く、
2つの音楽性が合わさり独自のCROWサウンドを形成、現在聴いても強力なインパクトを感じる事が出来る。

今作は
85年 1st EP Who Killed Dove?(CROW RECORDS)
87年1st LP Last Chaos(CROW RECORDS)
88年VA/ Eyes Of Thrash Guerrilla (SELFISH RECORDS)
そして大阪CROW解散後95年に12インチでリリースされた、当時未発表であった音源5曲
を収録した全29曲!
96年に東京CROWとして再始動する以前の貴重な音源が此処に!

(インフォメーションより)




gasatsurudebeats-hyaku.jpg

・我殺RUDE BEATS - 百も承知!! CD 税込1,500円 (Neo Family)

「闘い続けなきゃならねえから、俺に力をくれよ!」ファイト・バック(反撃)はもう始まっている!走り続けるパンク・バンド

1982年にクラッシュ、キリング・ジョーク、GBH、ディスチャージ、アナーキーU2などにインスパイアされ我殺Crime Fighterとして結成。
ハード・パンクシーンを盛り上げる。
何度かのメンバーチェンジと活動中断を経て、現在の変則的なラインナップに。
2017年本格復活
骨太なビートとパンクスピリッツは健在!
信条は「やれる奴がやれる時にやる」
酒とパンクをこよなく愛する。

(インフォメーションより)

LAPINPOLTHAJAT - Lauluja Suomesta CD


lapinpolthajat-lauluja.jpg



・LAPINPOLTHAJAT - Lauluja Suomesta CD 税込1,500円 (Vox Populi)

THINK AGAINとのSplitリリースもあったSOTATILAのメンバーなどが在籍するフィンランド・ロウ・パンク・バンドの、2019年アルバム、Vox Populi盤CD。来日ツアーも間近に控えているバンドです。フィンランド・パンク独特の語感でぶっきらぼう且つ熱くメロディーを歌い上げるVo.が、疾走感満点のハードコア・パンク・チューンに乗った、これぞフィニッシュ・ハードコア・アタック・ロウ・パンクがバリバリ全開です。KOHU-63などのファンにはたまらないでしょうし、ASTA-KASKなどのファンにももちろんオススメ!!


SOTATILA、NEUROOTTISET PELIMANNIT、PAA KII、UHRIT等のメンバーからなるフィンランド産哀愁ハードコアパンクバンド、LAPINPOLTHAJATが遂に日本ツアーを敢行!!

それに合わせて彼らの最新アルバムが全世界先行してCDでリリース!

VOX POPULIからCDでもリリースされた前作同様、FINNISH 70's PUNKと80's PUNK/HARDCOREを無作為的に体現した哀愁ハードコアパンクアタックで、よりシンガロングできる曲もあったりで今作も最高!!

これ聞いて各会場で乾杯を待ちわびてるメンバーに会いに行くのをオススメします!!

LAPINPOLTHAJAT JAPAN TOUR
10.4(金) 札幌 Counter Action
10.5(土) 函館 Casa
10.6(日) 盛岡 ましまし04
10.7(月) 仙台 B/2 STUDIO
10.8(火) 新潟 WOODY
10.9(水) 水戸 Sonic
10.10(木)東京 鶯谷 What's Up
10.11(金) 東京 新宿 Antiknock
10.12-14 東京 Kappunk
10.15(火) 四日市 Vortex
10.16(水) 広島 Coma
10.17(木) 大阪 Kingkobra
10.18(金) 名古屋 Red dragon
10.19(土) 東京 Antiknock
10.20(日) 横浜 El Puente

(インフォメーションより)

通販発送業務遅延のお知らせ


boytag-gold.jpg

消費税率アップ直前の各種対応で、現在通販の発送業務に遅れが生じております。本日9月26日中に今月最後の商品アップも準備しておりますので、お振込み済みのお客様につきましては、大変申し訳ございませんが商品発送/到着まで今しばらくお待ち願います。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

Hardcore Punk Holocaust!!


inepsy-losttracks-lp.jpg



・INEPSY - Lost Tracks LP 税込2,592円 (Feral Ward)

2011年の解散後もいまだに人気の衰えないカナダ・モントリオールのメタル・パンク・バンド INEPSYの2009年録音未発表音源が、Feral Wardからアナログ盤でリリース。2000年録音の未発表デモ The Demo / Loudhouse 2000も発掘リリースしていたレーベルから2017年にカセットで初リリースされていたのですが、当店はマゴマゴしてるこっちの未発表デモ・カセットは入荷できなかったので、ヴィニール・バージョンで入荷できてちょっとホッとしています、けっこうお問い合わせもらってたので。See You in Hell 1st 7"ジャケ・アートの特大ポスターも付いています!!

2009年の録音ですから、本作がまさしくINEPSYの最期の作品として発表されるべき音源だったようです。そして、これが当時世に出なかったのが悔やまれます。。。一般的な最終作とされる2007年のアルバム No Speed Limit For Destructionは、かなりR&Rのルーツに寄ったような曲調で、MOTORHEADタイプからKISSやAC/DCなどのテイストも強めていたので、パンクから脱却を図り最期を迎えた、、、という勝手な印象を持っていたけど、この音源の1曲目なんかチョーーーーー初期BATTALION OF SAINTSみたいな(カナディアンだけど)アメリカン・チンピラmotor-chargedドライビング・パンクだし、他の疾走ナンバー以外でもBones脱退後DISCHARGEタイプや、LAメタル風シャッフル・ビートなど、バラエティー豊かでありながら散漫になってなく完成度も高い。そして2000年代パンクスを代表する本物の不良 Chany氏のヴォーカルも完全に仕上がっているかっこよさ。これはもう後期INEPSYに納得いってなかった人でも認めざるを得ないクォリティーでしょう!!



fetish-world-lp.jpg



・FETISH - World Eater LP BLACK VINYL 税込2,916円 / PURPLE VINYL 税込3,996円 (Skrammel)

アナログ盤入荷!!!

POISON IDEAを脱退したThee Slayer Hippy氏とThe VegetableことEric Olsen氏が、PI近年作でギターを担当していたBrandon Bentley氏と、さらにLONG KNIFEからシンガー/ギタリスト/ベーシストの3人と結成した話題のバンド FETISHの1st アルバム、ヨーロッパ・アナログ盤です。先に日本のBreak The RecordsからCDバージョンがリリースされて、その素晴らしい内容にノックアウトされてしまいましたので、けっこう高かったんですが限定パープル・ビニールも欲しくて入れちゃいました。パープル・ビニールは布パッチとポスター付き。このポスターもオールドスクールでかっこいい!!シュリンク・ラップは到着時から開封されて到着していおります。

彼らと親交の深いFORWARDソウイチ氏がこのバンドの発足時からいち早く紹介していましたので、2018年の1st 7"以前から日本でも楽しみにしていた方は多かったバンドだと思いますが、この1stフルレングスはEPで満足していたファンの期待をさらに上回るような素晴らしい内容です。トリプル・ギターの6人編成で、プロデュース力も高いThee Slayer Hippy氏がバンド全体をコントロールしているものと思われ、R&Rのルーツも踏まえたキャッチーさを必殺のドライビング・スピードで畳み掛けてきます。PIの御三方は言うまでもないにしても、抜擢されたのがLONG KNIFEの3人だからこそ、ここまでの完成度に仕上がったのでしょう。EPで披露した2曲も収録していて、60年代アメリカン・サイケ/フォーク・ロック・バンド LOVEをカバーするセンスもまた、まるでThee Slayer Hippy氏在籍時PIを彷彿させるド渋さ。7曲目"Ride On"が”Welcome to Krell"、8曲目"The Walk"が"Feel The Darkness"に似てるのはわざとかな?ま、なんにせよ全く枯れてない!!ホントかっこいい!!!



kuroishi-sound.jpg



・KUROISHI - Sound the Alarm CD 税込1,620円 (Break The Records)

TERVEET KADETの元メンバーが在籍するフィンランド・ハードコア・パンク KUROISHI(黒い死)の2019年2ndアルバムCDが、2018年の来日ツアーもサポートしたBreak The Recordsからリリース。Sugi氏によるアートワークのペーパーフォルド・スリーブです。WOLFPACKやTRAGEDYなどの1990~2000年代抒情クラストを土台に、熱いシンガロングなコーラスなどでジャパニーズ・ハードコアのスピリッツも導入したような、ネオ・クラスト・ファンにもオススメの爆走ハードコア!!多彩なゲスト陣の顔ぶれにも表れている通り、単調にならずに随所に工夫も感じさせます。

地元FINLANDでもメンバーがハードコアフェスを主催し、WARHEADやSYSTEMATIC DEATH、DROPDEADなどを招致するなど、現在のシーンを引っ張る活躍を見せる中、ここ日本でも2018年に来日し、NoLA、NO EXCUSEと共に全国を行脚。その存在感を広くアピールした。黒く、陰鬱とした雰囲気を内包しながら加速させていくD-BEAT。コーラスパートも厚く、そして熱い。絡み合う二本のギターの妙も彼らの音楽的な下地がしっかりと活きているのを感じる事が出来るものだ。ゲストワークにはD-TAKT & RÅPUNKのJOCKや、NoLAのTAKERU、NO EXCUSEのHAYATO、SYSTEMATIC DEATHのRYUの名前が並んでいる。メインのアートワークは言わずもがなのSUGI氏。そしてEnormous Doorによるマスタリングという事で、鉄壁の布陣で制作された事がお分かりいただけるであろう。(インフォメーションより)


Japanese Hardcore Punx!!


kriegshog-paint.jpg



・KRIEGSHOG - Paint it Black / White Out 7" 税込972円 (La Vida Es Un Mus)

2016年に復活を果たして以降、ジャパニーズ・パンク代表格のような堂々とした存在感すら漂うまでの確固たる地位を築き上げた東京ハードコア・パンク KRIEGSHOGの現編成での初音源2曲入りEP!!

海外クラストと日本の伝統的ハードコアをブレンドしたようなスタイルは、その後世界各地で出没したジャパニーズ・パンク・フォロワー達にとって教科書のような存在として確立され、海外でも熱狂的ファンを多く抱えます。この新作EPは、2010年代のニューウェーブ・リバイバルなどシーンとも分け隔てなく共演している世代のハードコア・パンク・バンドらしい現代的な無機質ビートを導入したA面ナンバーが非常に新鮮且つ印象的で、しかし彼ららしい暴力性とクラスト・テイストで表現しています。クリア・カバーにシルク・プリント、そしてクリア・ビニールの斬新な仕様もグッドルッキングで、ファンにはたまらないシングルとなっています。



janky-deadsociety-cd.jpg

・JANKY - Dead Society 1983-1987 CD 税込2,160円 (Black Konflik)

1980年代中~後期に活動した横浜ハードコア・パンク、JANKYのディスコグラフィー・アルバムが、マレーシアのBlack Konflik RecordsからCDバージョンもリリース!!ご予約いただいた方には後日連絡致します。


“Low life” 7"FLEXI (1984年)
Split FLEXI w/ MAD CONFLUX (1987年)
“Dirty Party” Compilation TAPE


ドラムが後にF.V.K.を結成するナオイ氏らが在籍したバンドで、Hold Up Recordsからの1stソノ・シートと、MAD CONFLUXとのSplitソノはファンにはよく知られていますが、ラストに収録されたDirty Partyというコンピ・カセットは相当レアな音源ではないでしょうか?全く知りませんでした。今回も買い逃し厳禁でお願いします!

QUETZALCOATL - U Take Orb. 2LP


quetzalcoatl-utakeorb.jpg

・QUETZALCOATL - U Take Orb. 2LP 税込2,700円 (半田商会)

T.J.MAXX, STINGER, NO ONE RULES, LOW VISION, etcで活躍してきたメンバーが結集した東京ハードコア、ケツァルコアトルの2ndリリースは、限定300枚リリースの2枚組LP。ポスタースリーブ/インナースリーブ/ブックレット付で日本プレスという、前作以上にレーベル泣かせな圧巻のボリュームです!!

イワタエツコ氏によるアートワークや歌詞からもヒシヒシと伝わってくるとおり、スピリチュアルなムードが前作の比ではありません。語り掛けるようなヴォーカルや、プログレッシブな曲展開など、個々のメンバーがこれまでのハードコア・バンドで鍛え上げてきたスキルを全開に駆使して、ハードコアの枠を突き破ろうとしているような独特の緊張感が爆破しています。もはや他の何者にも似ていなく比較も無意味な、前人未到のスピリチュアル・ハードコア!!

2019年10月1日からの消費税率変更に伴うお知らせ


boytag-gold.jpg

10月からの新税率移行に伴いまして、今月は9月24日~25日で新着商品のオンラインショップ更新終了を予定しています。通信販売をご利用のお客様は、大変恐れ入りますが、今回は9月28日(土)までにご精算願います。10月以降ご精算のご注文につきましては、新税率10%価格でのご請求をさせていただきます。ご不便をお掛けしますが、何卒ご理解願います。

08 | 2019/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR