RECORD BOY

PROPHECY OF DOOM - Retrospective 1988-1991


prophecyofdoom-retrospective-lp.jpg



・PROPHECY OF DOOM - Retrospective 1988-1991 2LP+CD LTD.200 SILVER VINYL 税込3,500円 / CD 税込1,728円 (Break The Connection / Boss Tuneage)

一足先にリリースされた1stデモ音源再発のInsanity Reigns Supreme CDがデス・メタル・ファンとクラストコア・ファン双方で話題となっているイングランド・デス・メタル・ステンチ・グラインダーズ PROPHECY OF DOOMが、ディスコグラフィー・アルバムも遂にBoss Tuneageからリリース。アナログ盤は2枚組+同内容のCD付きで、Break The Connection Recordsによる日本流通盤にはインタビュー対訳シートと帯付。限定200枚のシルバー・ビニールは予約の段階でレーベル完売していますので初回のみの入荷になります。Insanity Reigns Supreme 1stデモがなぜここでは外されたのかが、これを聴けば一発で理解できるであろう、Prophecy RecordsやDeaf Recordsといった初期デス・メタルのカルト・レア・クラシックを多く輩出したレーベルから発表していたこのグラインド・デス期こそPROPHECY OF DOOMゴールデン・イヤーズと断言できる、最強のコンピレーション・アルバムdeath!!!


Track1-9 / Acknowledge the Confusion Master LP (1990年)
track10-11 / Calculated Mind Rape 7"EP (1989年)
track12-15 / The Peel Sessions 12"EP (1990年)
track16-19 / Second Peel Session DEMO (1991年)
track20-21 / Until the Again LIVE 7"EP (1991年)


PROPHECY OF DOOMはAXEGRINDERやDEVIATED INSTINCTが日本で大人気だった2000年代前後あたりは完全にミソッカス状態で、クラスト・パンクスにもほとんど相手にしてもらえなかったけど、クラスティーズがデス・メタルやグラインドに再接近し始めた2010年くらいになると形勢が逆転し、最も再発が待たれるバンドの仲間入りを果たしました。エクストリーム・スラッシュの突然変異のようなセンセーショナルな登場だったNAPALM DEATHやCARACASSなどのUKデス・メタル・パイオニアよりも、徐々にクラスト/グラインド/デス・メタルが整然とし始めてきたシーンのバンドならではのスタイルで、BOLT THROWERの1stアルバム期と似たタイプではないかと思います。そしてこのバンドの最大の特徴は、独特のアシッドなステンチ感触。バーミンガムのフューネラル・ドゥーム・デス・メタル・キングス ESOTERICの1stアルバムは、極悪アシッド・ドゥームのカルト・クラシックとしてダイハード・マニアックスに高い人気を誇りますが、あの作品のサイケデリック・グラインドコア・ナンバーを初めて聴いた時、ステンチな感触がもはやアシッドな域にまで達してるこのPROPHECY OF DOOMを個人的には思い出したモノです。さらに、Shrew氏のボーボー・ボイスは、ENTやNAPALM DEATHなどで免疫が出来てたつもりだった当時でもかなり凶烈なインパクトで、ゴア・グラインドやフィンランド・デス・メタルに通じるところもあります。

久しぶりに細かいリリースまでまとめて聴いたけど、音質も良く、作品ごとのバラつきなども全くなくて、1stデモ音源と分離したコンピレーションにしたのは大正解でしょう。告知が出た時に唯一ガッカリしてたこのジャケも、裏ジャケ&インナーは写真が多く掲載されてて良かった!!超オススメdeath!!!

Splattered Records New Releases


crucifixion-thefox.jpg



・CRUCIFIXION - The Fox 7" 税込1,620円 (Splattered)

ほぼ同内容のディスコグラフィー・アルバムが複数のレーベルから立て続けに発売されるなど、このところ再発ラッシュだったNWOBHMバンド CRUCIFIXIONの1980年1st 7"が、SPEEDWOLF, POISON RITES, OVERDOSEのReed Bruemmer氏のレーベル Splattered Recordsから限定500枚で再発。Neat Recordsからの2種7"は日本でも良く知られているNWOBHMバンドですが、この1stシングルは元々ジャケット無しでリリースされた、オリジナル盤はなかなかお目にかかれないレア盤としてコレクターに人気のレア・シングル盤。初オフィシャル再発となる今回はジャケ&ポスター付きで、ここ最近のCRUCIFIXION再発ラッシュの目玉とも言える必殺リイシューなのです、がしかし!!、まるで現代のエディ&ザ・ホットロッズ・ジャケのような事態が発生しまして、裏ジャケの写真はなんとCRUCIFIXIONではなくVIRGIN STEELE!!!!!それがリリースされるまで誰も気づかず、しかも気付いてもストップ掛からずそのまま売り続けるというたくましい商魂と言うか、もはや狙いは完全に珍盤コレクターズ・アイテム化で、既にレーベルも残りわずかだそうです。NWOBHMコレクター、珍盤ハンターはぜひ逃さないよう確保お願いします。

しかし当り前ですが、内容は申し分なくかっこいいですね。ソリッドでヘヴィなリフ、チタチタ・ドライビング・ビート、ワイルドなボーカルで叩き出すシンプルでキャッチーなハードロック・サウンドは、まさに1980年代ヘヴィメタルの到来を表現したような粗削りR&Rです。メタルもパンクも原理主義志向の粗野な作品ばかりを再発するSplattered RecordsらしいNWOBHMリイシューではないでしょうか。NWOBHMファン以外のR&Rファンもぜひどうぞ!!しかしVIRGIN STEELEって、こういうトリビアの多いカルト・バンドですね。



mower-st-lp.jpg



・MOWER - S/T LP JAPANESE EDITION 税込2,916円 (Splattered)

SPEEDWOLF, POISON RITESのシンガー Reed Bruemmer氏の運営するSplattered Recordsからのリリースされた、USピッツバーグで活動するメタルパンク・バンドの1st LP。元々は2018年に自主リリースされていた作品ですが、Reed氏から「RECORD BOYでこの作品をジャパニーズ・バージョンとして販売しよう!!」と提案され、まぁそれは丁重にお断りし、でも日本語帯などの制作は協力して、発売に至りました。ライブ2曲もボーナスで追加して全9曲入り、限定500枚です。

そもそも全く知らなかったバンドをいきなり500枚も在庫抱えさせられるのは、どんなバンドでも当店の規模じゃ無理な話ですが、調べてみると、ピッツバーグ名門 Mind Cure Records(古くはあのHALF LIFE激名作 Under The Knife EPを出してたレーベル!)から2014年にEPを出してたようです。SPEEDWOLF, G.A.T.E.S, INEPSY, MIDNIGHT, ZEKEやMOTORHEAD影響下メタルパンク・ファンにはゴキゲンな爆走ハードコアR&R!!

Metal Hard!!Punk Free!!


nunslaughter-boulder-ep.jpg

・NUNSLAUGHTER / BOULDER - Heavier Than Hell / Doom Stone SPLIT 7" 税込1,296円 (Shifty)

気付いたの遅かったので苦節2年くらいにして、ようやく入手&入荷しました。コレクタブルな商品扱う販売者としてNGなこと言いますが、俺はBOULDERに関しては日本で誰よりも持ってないと気が済まねんだ!!!金にモノは言わせずに。BOULDERコレクション難関カルト・レーベル Shifty Recordsから2015年にリリースされてた、NUNSLAUGHTERとのSplit 7"入荷ーーー!!!

このシングルはCELTIC FROSTウォーシップをテーマにした企画盤で、NUNSLAUGHTERは本来の彼らのスタイルからすると異色とも言える、CELTIC FROSTタイプのナンバーを披露。そしてこれがかっこいい。タイトなHELLHAMMERと言うか、プリミティブなCELTIC FROSTって感じで。そう言えば、故Jim Sadist氏によるNORDIC MISTと、Don Of The Dead氏のTONDRAという、NUNSLAUGHTERの中心メンバー2人が分かれてお互いHELLHAMMER ~ CELTIC FROSTスタイルのプロジェクトで勝負したSplitアルバム(2006年)が素晴らしかったのを思い出しました。NORDIC MISTがケッサクだったなぁ。

MIDNIGHTのAthenar aka Jamie氏, MACH IIでもJamie氏の良きパートナーを務めるギターのTerry Hanchin氏, SWEET ROXXも一緒にやってたMark GibbsとPat Munnの4人によるオハイオ・パンク・へヴィメタル BOULDERは、CELTIC FROSTカバー Doom Stoneを披露。90年代のUSオハイオに突如現れたBOULDERは、2000年に発表した大傑作2ndアルバム Ravage & Savageで、ツイン・ギターのハーモニーを大胆にミックスしたTHIN LIZZYウォーシップ・パンキー・メタルでBOULDER節を確立する以前は、けっこうヘヴィ・スラッヂィなブリブリ感もありましたが、このCELTIC FROSTカバーでは初期のその感覚が楽しめます。そしてこれもまた激渋かっこいい!!!ま、曲がCELTIC FROSTですからね、でも実にBOULDERらしいとも思います。1999年だったか2000年の録音だそうで、このカバーをレコーディングした経緯は、世にあふれるトリビュート・アルバムに対する想いを彼ららしく毒づいたライナーノートで説明していますので、ぜひ読んで下さい。NUNSLAUGHTERもBOULDERも、ともにここで披露した音源はコンピレーション・アルバムなどに収録されてませんので、そういうの出てくるの待ってる人は一生待っててください。



midnight-shox-shaped.jpg



・MIDNIGHT - Shox of Violence SHAPED PICTURE MLP 税込2,592円 (Hells Headbangers)

我々世代のメタル・ミュージシャンあこがれの変形ピクチャー・ディスクもリリース!!80年代のヤツもそうでしたが、こういう変形盤はお椀状に反ってしまう宿命で、これも例に漏れず反ってるけど、再生は問題無くできます。1000枚プレスなので早々にレーベル完売ってことにはならないと思うけど、1000枚終了したら再プレスはしないと明言しています。

全世界のメタルパンク・ファンを熱狂させ、2014年のSAMHAIN再結成の際にオープニング・アクトとして抜擢され、そしてこの2017年作発表のタイミングでは、KREATOR, OBITUARY, HORRENDOUSとの全米24都市ツアーにも参加した(HORRENDOUSが入ってるのも凄い!)USクリーブランド・ブラック・パンク・スピード・メタル MINIGHTの4曲入り12"!!

Satanic Royalty 1stフル・アルバムではMIDNIGHT流の80'sへヴィメタル・マニアックスっぷりを大爆発させ、アダルトな渋さすら感じさせましたが、その後はメタルパンク路線を爆走。今回も2ndアルバム No Mercy for Mayhem路線のブラック・スピード・メタル・パンクと考えてもらってもいいのですが、どうも感覚はNo Mercy for Mayhemよりも、2004年のWhite Hot Fire 7"で初めて聴いた時を思い起こさせる曲調に戻ってきてるような気がします。BATHORYやHELLHAMMERのようなリフとスピード感なのにバツグンにキャッチーな、あの感覚です。まぁ、No Mercy for Mayhemアルバムも同じって言えば同じなんですが。そう考えると、Satanic Royaltyアルバムは異質な作風の大傑作でしたが、とにかく今回も初期からのMIDNIGHTファン大満足のイーヴィル・パンク・スピード・メタルで突っ走ってます!!



scumripper-all-lp.jpg



・SCUMRIPPER - All Veins Blazing LP 税込2,592円 / CD 税込1,944円 (Hells Headbangers)

以前に入荷してた1stデモが好評だったフィンランドのデス・メタル・パンクス SCUMRIPPERが、Hells Headbangersから1stアルバムをリリース。地元ではBONEHUNTERやSTENCH OF DECAYなどとも共演してるようです、なんて解説したデモ入荷時は気付かなかったけど、Me Saco Un OjoからEPを出しているSONIC POISONのメンバーも在籍してるようです。CDは1stデモもボーナス収録した全17曲入り。アナログ盤はパープル・ビニールで入荷。

スウェーデンのMODORRAやノルウェーのLOBOTOMIZEDなど、北欧のデス・メタル・パンクは、母国や近隣スカンジナビアのデス・メタル・レジェンドよりも、サイコなスカム・カルチャーの中で育まれたUSデス・メタルに傾倒しているタイプに個性派が揃っていますが、このSCUMRIPPERも、REPULSIONの汚濁リフとフロリダDEATHのちょうど中間のような整合感をAUTOPSY型のドカドカ・ドラミングで支えた感じがかっこいいです。デモで聴かせた、DARKTHRONEを通してたどり着いたようなCELTIC FROSTパートや、あとANTI-CIMEXやBLACK UNIFORMSっぽいメタルパンク要素は後退していますが、スウェーデンBASTARD PRIESTなどのファンは必聴のデス・メタル・パンク傑作death!!

07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR