RECORD BOY

Thrash from the Graves!!

panic-rottenchurch-lpl.jpg



・ PANIC - Rotten Church LP 税込2,916円 / CD 税込2,160円 (WYLN)

先ごろ2ndアルバム Best Before End(1992年作)もCD化再発されていたブラジリアン・スラッシュ・メタル PANICの最初期作品が、BLACK VIRGINなどのカルト・メタル・リイシューで最近注目を集めているWYLNからオフィシャル再発。こちらはオリジナルはWoodstock Discosからリリースされていた1st LPの再発盤LPです。

本作は録音が1987年でしたが、発売がちょっと遅れてスラッシュが衰退しかけていた1990年にリリースされたせいか、2000年代までデッドストックも出回るほどに当時はあまり話題にならなかった不遇の名作。SODOM型のプリミティブなリフで突進するスタイルは、明らかにSEPULTURAの強い影響を感じさせますが、このバンドはイーヴィルなムードよりハードコアなテイストが強く、R.D.P.の2nd~3rdあたりのクロスオーバー期にも近い感覚もあって、SODOM "Agent Orange", SEPULTURA "Schizophremia", RATOS DE PORAO "Descanse Em Paz", SACRED REICH "Ignorance", etcのようなズグズグ・リフ&ドカドカ・スピードなスラッシュ好き必聴death!!



panic-deeds-ep.jpg

・PANIC - Seeds of Hate Demo 7" 税込1,296円 (WYLN)

こちらは1987年デモを7"EP化した初単独再発。Rotten ChurchのCDにもボーナス収録されている音源です。1stアルバムよりさらにブラジリアン・スラッシュらしい魅力にあふれた名作デモで、1stアルバムがSEPULTURAミーツR.D.P.ならば、こっちはまるでMUTILATORミーツR.D.P.のごとく、ジャーマン・スラッシュ・メタルが南米ハードコア化したようなスピードコア・ロウ・プリミティブ・スラッシュでグレート!!ちょっとSLAUGHTERのSurrender or Dieデモにも通じるスピードと破壊力です。



deathsquad-eashington-thedemos.jpg



・ DEATH SQUAD (Washington, US) - The Demos TAPE 税込972円 (WYLN)

よくあるバンド名ですが、これは80年代中期~90年代のUSワシントンに存在したというDEATH SQUADのデモ2種をまとめたコンピレーション・カセット。LP&CDも再発してるカルト・メタル・リイシュー専門レーベル WYLNからのリリースで、1stアルバム再発CDのボーナス音源となってる全9曲です。


SIDE A : 1987 DEMO
A1. Cheese Death
A2. No Hell
A3. Instrumental Death
A4. Eat It

SIDE B : 1988 Body Damage DEMO
B1. The Pit
B2. Burn M/F
B3. Body Damage
B4. Instrumental Death II
B5. Things I Like To Kill


MACEやCOVENをはじめ、シアトルのカルト・スラッシュ好きにはたまらないバンドを輩出していた、スラッシュ・マニアに良く知られているEver Rat Recordsから1stアルバムがリリースされていたバンド。個人的には知らないバンドだったけど、Ever Ratリリースならば遂にMACEのオフィシャルCDや、ジャケが最強素晴らしかったCOVEN(MENTORS故El Duceのバックもやってました)の1stも再発されないかな?なんてちょっとワクワクしてしまいますが、調べるとこのDEATH SQUADにもCOVENのメンバーが参加していたようです。

サウンドはTESTAMENTやFORBIDDENに影響されながらも、地元のCOVENやACCUSEDなどとよく共演していたということで、ベイエリア・スラッシュの影響は大きくても、ミドルテンポの退屈なパートに終始するようなタイプではなく、このデモ音源はちょっとテキサスあたりのテクニカル・パワー・スラッシュがゴリゴリ・アグレッシブに激しく展開していくようなスタイルが渋いです。これぞアメリカン・プライベート・メタル・スラッシュ!な荒々しさと魅力が凝縮されていて、カルト・スラッシュ・メタル・ファンは間違いなくガッツポーズ&ヘッドバンギングでしょう!!



destructor-maximum-lp.jpg



・DESTRUCTOR - Maximum Destruction LP 税込2,916円 / 2CD 税込2,592円 (Reaper Metal)

再入荷!!

アメリカン・マイナー・メタル・パワー・スラッシュ・カルト・クラシック、DESTRUCTORの1985年1stアルバムが、遂に決定版とも言える完璧な仕様で、Hells HeadbangersファミリーのReaper Metalが再発!!!Auburnオリジナルのリイシューは何かと難儀しますが、BLACK DEATHが結局Hells Headbangersで落ち着いたところで、このDESTRUCTORもようやく満足のいく再発盤が出てくれました。CDは2枚組で大量&極上のボーナス音源追加して、Auburn Recsオリジナル盤LPインナースリーブのカラー写真(Roadrunner盤だとインナー写真がモノクロでガッカリだった)はインレイに完全再現してます。オリジナル・リリース以来初のアナログ盤復刻となるLPのインナーは、Dave Overkill氏提供のカラー写真&資料多数(CDではブックレットに掲載)のものに一新。限定500枚プレスでカラー盤は存在しませんので、オリジナルAuburn盤持ってる人も安心してしっかり確保してください。オリジナル・ジャケで復刻したCDはこれが初だし、ラベルもAuburn盤LPそっくりで、もうホント最高だーーー!!!

USクリーブランドを拠点に活動していたDESTRUCTORは、ベーシストのDave Holocaust氏が1988年に刺殺されるというショッキングな事件で、日本でもBurrn!のスラッシュ情報だけ収集してたようなマニアックスには当時そこそこ有名になった悲劇のカルト・バンドです。MIDNIGHTのAthenar氏が90年代にやっていたBOULDERは、1994年のデモのサブタイトルを、"Dave Holocaust Is a Lucky Man"と付けていましたが、それが縁で結びついたのか(実はそんな簡単に収まった話じゃないという噂を聞いたことがあります。そりゃそうだよな。。。)、2000年代にはAthenar氏が一時DESTRUCTORにもベーシストとして在籍していました。

などと、説明する必要も今更なかったかと思いますが、DESTRUCTORが常に世界中のヘッドバンガーズに人気が高いのは、それらカルトなトリビアだけに所以してるからではありません。とにかくこの80'sマイナー・メタル・レーベルならでは低予算音質と、生粋のガレージ・メタル・バンドだからこそ成せるロウ・パワーが奇跡の融合を生み出したゴリッゴリの演奏とサウンドは、アメリカン・スラッシュの、いや、あらゆる人力音楽がこうであってほしいと乱暴なことを言いたくなるくらいに、ヘヴィメタルの一つの理想のような最高級逸品です。インナーにブルース・ディッキンソンが写ってるけど(BLACK DEATHも居る)、代表曲 Iron CurtainのKillersパクリ・ベースラインなどにも表れてる通りIRON MAIDEN影響下アメリカン・メタル・パワー・スラッシュながら、HALLOWS EVEのようにツイン・ギター・ハーモニーを継承したタイプとちょっと異なる、バカバカしいまでのパワーにいつ聴いてもノックアウトされます。もうね、いろいろ凹みますけど、これ聴いてホント元気出た!!!Auburn盤LP持っててもインナー最高なのでLP買いなおし必須。andボーナス必聴なんでCDも必聴。つまり両方BUY&Dieeeggghhh!!!!!必聴&死ね!!!!!で、皆様死なずにお願いしますよ、ホント!!!!!


CD 1:
01-10: "Maximum Destruction" Lp 1985

CD 2:
01: from "Speed Kills II" Compilation Lp 1986
02-05: "Decibel Casualties" Demo 1987
06-11: from "Unmixed & Heavy" Tape 1985.
12-16: "Smash Your Skulls With Power" Demo 1984


AphroZex!!


aphrodite-lust-lp.jpg



・APHRODITE - Lust and War LP LTD.100 SPLATTER VINYL 税込3,240円 / LTD.150 BLACK VINYL 税込2,916円 / CD 税込1,728円 (Fighter)

おいおい、タンザとジョーのセッションなんて、まるで誰かが結び付けたようなプロジェクトじゃんかよーーー!!DEMONAシンガーのTanza氏と、IRON DOGS, ICE WAR, ZEX, etcのJo氏が始めたスピード・メタル・バンド、アフロディーテの11曲入り1stアルバムが、スペインXtreem Musicの正統派メタル部門レーベル Fighter Recordsからリリース。アナログ盤はブラック・ビニールが150枚、スプラッター・ビニールが100枚のトータル250枚プレス。

ま、これが聴くまでもなく想像通り超ど真ん中、真芯でミートしすぎて手応えも軽い、ってヤツですが、やる方も聴き方も何も考えずに楽しめる、これくらいのヤツが今の時代にはちょうど良いということでしょう。Tanzaのお色気コブシはここでも効かせまくってるけど、楽曲は完全にJo節全開ですね。ポンコツな演奏も両者のちょうど中間。1+1が10になったりマイナスになったりするミラクルなど一切なく、This is ジョー&タンザ!!もう何も言うことがないです。待ってた方はZEXと併せてぜひどーぞ。



zex-execute.jpg



・ZEX - Execute CD 税込1,620円 (Grave Street)

IRON DOGSやBASTARDATORなどのメタル・パンク・バンドで日本のファンを魅了してきたJo氏と、女性シンガーのGretchen Steel氏を中心に結成され、2016年には来日も果たしたカナディアン・パンク・バンド ZEXの2019年新作3rdアルバムCD!!

結成当初からJo氏は、メタル方面には、「BRATSみたいなバンドを新しく始めた」と説明していましたが、確かにこのZEXは、IRON DOGSで表現していたメタル・パンクとは違っていて、MERCYFUL FATEギターのハンク・シャーマンが在籍したデンマークのプロト・ヘヴィメタル・パンク BRATSのように、キラー・パンク系のR&Rベースの楽曲をハードロック・エッヂのあるギターで演奏して、そこにベキ・ボンテージがVICE SQUAD脱退後にやってたLIGOTAGEのような、80's女性Vo.グラム・ハードロッキン・ポップスのキャッチーな歌メロを乗せた、NWOTHMパンクとでも呼びたい独自のスタイルで人気を集めました。最近Jo氏は自身のメタル指向を、DEMONAのTanzaと始めたAPHRODITEや、IRON DOGSから発展したICE WARに傾けていて、このZEXはどんどんパンク・サイドに寄ってきていますが、Gretchen氏のシンガーとしての魅力を考えるとその方向性は完全に正解だと思います。もはや安易にメタルパンク云々とは言えないし、最近流行ってるプリミティブな女性シンガーものパンクとも違うけど、ポップでメロディックなフィメール・パンクが好きな人には超オススメdeath!!


07 | 2019/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR