RECORD BOY

Rotten Death Metal!!


*昨晩アップしたBLACK UNIFORMSの受注対応は明日になりますので、デス・ヘッズはこちらも併せてぜひどうぞ!!



shindasaibonokatamari-saibogu.jpg



・死んだ細胞の塊 (SHINDA SAIBO NO KATAMARI) - Saibogu CD 税込1,620円 (Obliteration)

海外のフェスにも参加するなど、今最も精力的に活動する国産ブルータル・デス・メタル・バンドの一つ、その名も「死んだ細胞の塊」の1stフルレングス・アルバムCDが、Obliteration Recordsからリリース。当店で普段入荷させている現行アングラ・デス・メタルをチェックされてる方や、「日本語のバンド名では世界基準から外れる」、などという時代遅れでナンセンスな方にこそぜひ聴いてぶちのめされてほしい、素晴らしい内容だと思います!!

2015年に東京で結成され、ブルータル・デスメタル、デスコア、グラインドをミックスして変拍子などのテクニカルな要素も導入した独自のスタイルを確立。そのクォリティーの高さと裏腹の、バンド名に表れているようなアングラなセンスも話題を呼んでいます。個人的にはさほどブルデスのテイストは感じなくて、DEMILICHを起点にして、オーストラリアのPORTALなんかに継承されているタイプと同質では?と思います。オススメdeath!!


2015年 コンポーザーのKaniを中心に東京で結成。
平均年齢24歳とは思えない演奏力の高さと楽曲のクオリティ、そして行動力で来日アーティストのオープニングやローカルライブも数多く行う。
2018年にObliterationからシングルCD 「禍具魂」をリリースし韓国ツアー、インドネシアツアーも敢行。
本作は満を持してのファーストフルアルバム。SAIGAN TERROR、BUTCHER ABC、SELF DECONSTRUCTIONなども使用したStudio ChaosKにてレコーディング。
ブルータルデスメタルという音楽ジャンル枠を超え様々なエクストリームミュージックを吸収し、変拍子など複雑なリズムを取り入れながらもブルタリティを損なわず「死んだ細胞の塊」らしい独特かつ無軌道・無秩序な楽曲8曲を収録。
2019年7月には中国、フィリピン、タイのアジアツアーも予定。タイ・バンコクではカナダのテクニカル・デスメタル、CRYPTOPSYのオープニングアクトにも起用され今後の活躍がますます期待されるバンド。
(インフォメーションより)




corporalartszine1.jpg

corporalartszine2.jpg

・Back From The Graves... CORPORAL ARTS ZINE BOOK 税込1,944円 (Repulsive Regurgitation Zine)

初回ショート分到着しました!!しかしやはり今回の入荷が最後になりそうですので、全て英語テキストですが、初期デス/グラインドの発掘再発をくまなくチェックしてるような人は絶対にこの機会に押さえてほしい凄い本です。

ジャパニーズ・カルト・デス・グラインドコア・バンド CATASEXUAL URGE MOTIVATIONのメンバーが1994年と1995年に2号のみ発刊した知る人ぞ知る初期グラインド/デス・メタル・ファンジンを、マレーシアのRepulsive Regurgitation Zineが合併して再発。アラフィフにしてドンドンドンドンえげつないデス・グラインドに興味が出てきたゴア初心者の自分も楽しみにしてた本なのですが、これは凄い内容です。。。なんせ、当時の玄人中の玄人ミュージシャンがシーン最深部で暗躍していたバンドを紹介しているのですから、現代の素人にはハッキリ言ってけっこうハードルの高い本だとは思いますが、それだけに内容は完璧です。情報に飢えた当時のマニアの気持ちに応えるべく、タイプライターでビッシリと埋め尽くされた情報量の膨大さは他の追随を許しません。ここ20年弱、当店もいろいろ手探りで掘って入荷させてきたようなオブスキュア・デス・メタルのデモ/EP/CDレビュー&インタビューがズラーーーっと掲載されていて、ちょっと読みだすとホント止まりません。私達が仕事としてやってる後追いの情報によるレビューでは絶対にフォローできない解説やインタビューが盛りだくさん。素晴らしすぎる!!!


掲載バンド :
CATASEXUAL URGE MOTIVATION
IMPETIGO
GORE BEYOND NECROPSY
MEAT SHITS
DERANGED
GUT
REGURGITATE
C.S.S.O.
NECRONY
NASUM
INTESTINE BAALISM
BLOOD
DESPERATE CORRUPTION
EXHUMED
FINAL EXIT
etc...



tornapart-dissolving.jpg



・TORN APART - Dissolving In Eternity CD 税込1,944円 (Dark Blasphemies)

知られざる発掘再発がリリースの9割以上は占めるスペインのレーベル Dark Blasphemiesがリリースした、ロシア・モスクワのオールドスクール・デス・メタル・バンドの2018年発表1stアルバムです。いやらしく再発モノだけかいつまんでおこうかと思っていましたが、試聴したらこれが思いのほか良くて、思わずオーダーしてしまいました。PYREを聴くまではロシアン・メタルにオールドスクール・デスは期待してなかったけど、このバンドもPYREとは異質ながら良いので要チェックです。

メンバー写真で何となく匂わせてるけど、AUTOPSY影響下のデンマークやフィンランドのデス・メタルなんかと似た感じです。特別スロウな曲調が中心ってわけでなく、むしろ疾走パートがメインなんですが、感触は切れ味鈍く倦怠感に満ちたダルダル系で、AUTOPSY影響下but疾走型デス・メタル・ファンはぜひチェックしてください。これでドラムがロウ・パワー炸裂だったり、奇怪サイコパス・フレーズがあると西欧デス・メタルのレベルにまでいってしまいますが、A級の域に達しないところが金の卵的北欧バンドと違うアングラ感で良いかと思います。



embalmed-texas-pieces.jpg



・EMBALMED (Texas, US) - Pieces Remain / Boiling Humans CD 税込1,944円 (Dark Blasphemies)

現在も活動を続けていて、2013年の1stアルバムもDark Blasphemiesから発表していたUSテキサスのデス・メタル・バンドの初期デモ・コレクションCDです。


Tracks 1-5 : Pieces Remain DEMO (1991)
Tracks 6-13 : Boiling Humans DEMO (1993)


ブルータルなデス・メタルだけどテキサスのスラミングなノリとは違い、90年代NYデス・メタルな空気を感じさせて、これはNecroharmonic系ファンにもかなりオススメのデモ音源です。初期SUFFOCATIONがグラインディングなノリを強めて若干サグい感触も生まれて、NYじゃなくLAだけどNAUSEAやTERRORIZERなんかのファンも楽しめそうなグラインド・テイストがあります。ジャケはなんだか中南米デスみたいな雰囲気だけど、ブックレットに掲載の当時のメンバー写真や両デモのカバー・アートはいかにも90'sカルト・デスな感じでいい具合death。アメリカン・グラインディング・デス・メタル・ファン必聴のグレートComp!!



harassed-blessed.jpg



・HARASSED - Blessed by Suffering 2CD 税込2,160円 (Dark Blasphemies)

1990年代にデモを5本残していたスウェーデンのオブスキュア・デス・メタル・バンドのディスコグラフィーCDが2枚組でDark Blasphemiesからリリース。現在もひっそりと活動しているらしいけど、1994年音源以降に新録作品は存在しないようで、このCDはもちろん1990年代のデモ音源のみをまとめたものとなっています。


Disc 1:
Tracks 1-6: Days of Depression DEMO '91
Tracks 7-11: Desire of Exploring the Afterlife DEMO '92
Tracks 12-15: Mindly Disorder DEMO '91

Disc 2:
Tracks 1-9: Blessed By Suffering DEMO '93
Tracks 10-13: Neglected Emotions DEMO '94
Tracks 14-15: Unreleased Bonus Tracks Taken From 'Days of Depression' DEMO


オランダ・デス名門 Cyber Musicのコンピレーション・オムニバスにも当時参加していたバンドで、スラッシュの延長線上に生まれた初期デス・メタルの王道スタイルながら、デスラッシュと呼ぶほどでもなく、重厚なサウンドでズグズグと重心低く展開の激しい曲調で迫ります。メロディックなギターを聴かせたり、カオティックなまでのテクニカル・フレーズの応酬などはないので突出した個性はありませんが、これもまたDEATHを代表とするUSデス・メタルに触発された初期スウェディッシュ・デス・メタルならではのスタイルではないでしょうか。音の悪いデモを無理やり再発しようとした悪音質でなく、録音と演奏レベルも全く問題ありません。EXCRUCIATEなどの初期スウェディッシュ・デス・メタル・ファンにオススメdeath!!

05 | 2019/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR