RECORD BOY

Death Cult from the Graves!!


thanatos-thanatology.jpg



・THANATOS - Thanatology : Terror From The Vault 2CD 税込1,944円 (Memento Mori)

現在も活動を続けるオランダ・デスラッシュ・メタルを代表するバンドの初期デモ集コンピレーション2枚組CDが、スペインのMemento Moriからリリース。過去にCentury MediaやArea Deathからの再発盤各種にデモ音源もプラスしたようなものがありましたが、オリジナル・アルバム作品以外の音源をこういった形でまとめたリリースは初ではないかと思います。メンバー自身によるライナーノートも面白く、当時の写真やデモのスリーブなど掲載のジャケ・ブックレットも申し分なし。まだ14~15歳だったCARCASSのBill SteerとKen Owenがテープ・トレード希望でTHANATOSに手紙を送ってきた、などの思い出話ライナーも必読です。欲を言えば、Liveカセットのカバーに使われてたWim Baelus氏(Midian Creationsオーナー)の激渋アートをそのままジャケにしてほしかった!!


Disk 1
Tracks 1-2 : 2019年再録初期曲
Tracks 3-9 : Speed Kills DEMO (1984年)
Tracks 10 -17 : Live at the Lede (1985年)

Disk 2
Tracks 1-4 : Promo DEMO (1985年)
Tracks 5-8 : Rebirth DEMO (1986年)
Tracks 9-11 : The Day Before Tomorrow... DEMO (1987年)
Tracks 12-15 : Omnicoitor DEMO (1989年)
Tracks 16-20 : Pre-production Tape (1991年)


日本のスラッシュ・メタル・ファンやバンド関係者にも当時から人気の高かったバンドですが、ディスク1の最初期音源はかなりのロウ・ノイズ・メタル・スラッシュ全開で、アルバムしか聴いたことのなかった人は衝撃を受けることでしょう。もはやジャーマンPOISONのデモ時代が好きな人にこそ聴いてほしいような内容デス。しかも、その前に初期曲の2019年再録バージョンからスタートするので、その爆走レイジング・デスラッシュ2019年バージョンとの落差が激しすぎ!!ディスク2のデモ時代も基本的にジャーマンPOISONのスタイルに近い殺伐としたスピードコア・デスラッシュからスタートして、デス・メタリックなスラッシュへと成長していく様がわかります。NECROVOREなどのプレ・ブラック・メタル・デスラッシュ・マニアックスは狂喜するであろうコンピレーションdeath!!



castle-st.jpg



・CASTLE - Castle + Demos 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

オリジナル・リリースはカルト・グラインド/デス・メタル・レーベル M.M.I. Recordsから1994年に発表されていたオランダのドゥーム・デス・メタル・バンドの唯一のアルバムが、デモ2種をまとめたボーナス・ディスク付き2枚組CDでDark Symphoniesから再発。


Disk 1 : "Castle" ALBUM (1994年)
Disk 2 : Tracks 1-3 "Chasing Unicorns" DEMO (1991年)
Disk 2 : Tracks 4-8 "In Purple Visions" DEMO (1992年)


GORE BEYOND NECROPSYやCSSO / VIVISECTION Splitなど初期日本グラインド勢のEPや、GUT, DEAD, NAKED WHIPPER, NYCTOPHOBIC, etcのジャーマン・グラインド重要バンドのリリースで日本のグラインド・ファンにも良く知られるカルト・レーベルから、こんな個性的なドゥーム・デス作品も出ていたなんて最高です。のっけからゴシック/ダーク・ウェイブ臭漂うアヴァンギャルド・フューネラリーな退廃ナンバーでスタートして、ギターソロやピアノの導入も非メタルな旋律なので、ダッチ・ドゥームならSPINA BIFIDAやPERPETUAL DEMISE、フランスSUPURATION, イギリスHYBERNOIDなどのアヴァンギャルド・デス・メタル好きに絶対オススメです。メランコリックなスロー・パートとグロウルするデス・メタル・パートがミックスした構成は、PARADISE LOSTやANATHEMAなどのUKゴシック・デス/ドゥーム・メタル・ファンにもアピールしそうですが、この前衛性と地下メタル臭のバランス感覚は、やはりダッチ・デスならではでしょう。カルト・アヴァンギャルド・デス・メタル最高!!



damnatory-thecomplete.jpg



・DAMNATORY - The Complete Disgoregraphy 1991-2003 CD 税込1,728円 (Memento Mori)

1980年代後期~2000年代初めに活動したスイスのデス・メタル・バンドのディスコグラフィーCD。ライナーノートや当時の写真&フライヤーを多数掲載したジャケ・ブックレットは定番のパターンながら完成度高く、こういったオブスキュア・バンドをひも解くには大変参考になります。


Tracks 1-4 : Docta Ignorantia MCD (1993年)
Tracks 5-10 : The Persistance of Archaic Dogma in Contradiction to the Traceable Basis of Subsistence by Churchwardens into Theosophy Veils the Virtual Ulterior Motive of Clergymen DEMO (1991年)
Tracks 11-13 : Hybridized Deformity 7"EP (1991年)
Tracks 14-15 : In My Darkest Vision.. PROMO TAPE (1993年)
Tracks 16-19 : The Second Side of the Coin Verified the Appearance of an Inhuman Configuration Crowded (to Suffocation) with Reduplicated Anger and Extinction Beyond Expression PROMO CD (2003年)


スイスのデス・メタル・バンドの特徴とも言える、沈み込むようなスロウ~ミドル・テンポのパートを中心に構成されたグルーミー・デス・メタルです。ブックレットに掲載のフライヤーを見ると、SAMAELやスイスMISERYなどと共演していて、そういったバンドからの影響もあったのかも知れませんが、一番近いのは、エピックさが希薄になったフランスCATACOMBやスペインNECROPHILIACあたりでしょうか。しかし、このバンドはブラストするパートが非常にグラインド・デスっぽさもあるところもポイントで、ドイツのグレート・カルト・グラインドコア ULCEROUS PHLEGMなんかとも共演しています。と思ったら、どうやらこのバンドのシンガーは後のEMBALMING THEATREの人だとのことで、妙に納得。最後期は迷走してますが、Docta Ignorantia CDのオリジナル盤は万単位で取引される激レア盤のようですので、なんにせよ、オブスキュア・デス・メタル発掘マニアは必聴でお願いします!!



darkheresy-abstract.jpg



・DARK HERESY - Abstract Principles Taken to Their Logical Extremes CD 税込2,160円 (Svart)

イギリス・ロンドンで1980年代後期~1990年代にかけて活動したデス・メタル・バンドが唯一残したアルバムを、フィンランドのSvart Recordsが再発。オリジナルは悪名高きギリシャの名門 Unisoundから1995年にリリースされていて、今回が初めてとなるリイシューですが、これはCONVULSEやDEMILICHなどと同時にロック全般を広く扱うSvart Recordsのようなレーベルだからこそ発掘出来たのかも知れません。まさにアンダーレイテッド・クラシックと呼ぶにふさわしい、面白い作品をSvartは見つけてきたものです。

ライナーノートには「MORBID ANGELがジャズをやったらこうなるか?」なんていうコメントもありますが、プログレッシブ・デス・メタル・ファンならば絶対に聴いてほしい壮絶作です。ジャズ、フュージョン、ブルーズ、フォーク等幅広い音楽性を取り入れ、デス・メタルの屈折した精神性と攻撃性に昇華させたアヴァンギャルド・デス・メタルの究極のような内容で、エピックな旋律もエモーショナル&繊細で絶品です。当時の写真やフライヤーも多く掲載してるけど、DECOMPOSEDなんかとは共演もしてたようです。OPETH, CARCASS, SIGH, MASTER'S HAMMER, etcのファンも必聴のアメージング・プログレdeath!!



skepticism-stormcrowfleet.jpg



・SKEPTICISM - Stormcrowfleet CD 税込2,160円 (Svart)

THERGOTHONと並びフィンランドから発祥したフューネラル・ドゥーム・メタルというサブ・ジャンルのパイオニア・バンドとされるSKEPTICISMの1995年発表1stアルバムが、Svart Recordsから再発。オリジナル・レーベルのUS Red Stream inc.盤CDは2000年代まで入手することが出来たので当店もその昔入荷していましたが、今回のSvart盤はオリジナル・マスター・リールを元にメンバー立ち合いでニューリミックスされています。

絶望重量ドゥームに教会のオルガンの音を重ねたような、荘厳さ漂うエピック・ヘヴィ・ドゥームが素晴らしいフューネラル・ドゥームのマスター・ピースです。まさに教会での葬儀のBGMで流れてるような作品ですが、それが今回のニューリミックスでより厳粛で神聖、且つ哀しさを倍増させています。死に逝く者を天へと導く教会系ドゥーム!!



demilich-20th.jpg



・DEMILICH - 20th Adversary of Emptiness DIGIPACK 2CD 税込2,592円 (Svart)

DEMILICHの復活以前音源全収録ディスコグラフィー2枚組デジパックCDが待望の再プレス!!

2014年の復活以降もカルト性を失わずにアンダーグラウンド・デス・メタル・マニアックスに絶大な人気を誇るキングス・オブ・カルト・フィニッシュ・デス・メタル・バンドです。1993年作 Nespitheアルバムをディスク1に、そして昨年2018年にアナログ盤で単独再発されたEm9t2ness of Van2s1ing / V34ish6ng 0f Emptinessコンピレーション・アルバムをディスク2にした全29曲入り精神破綻デス・メタル地獄!!


Disk 1 "Nespithe" ALBUM 1993

Disk2 "Em9t2ness of Van2s1ing / V34ish6ng 0f Emptiness" COMPILATION
Tracks 1-3 : Vanishing sessions 2006
Tracks 4-8 : The Echo DEMO 1992
Tracks 9-13 : ...Somewhere Inside the Bowels of Endlessness... DEMO 1992
Tracks 14-17 : The Four Instructive Tales ...of Decomposition DEMO 1992
Track 18 : Regurgitation of Blood DEMO 1992


オーストラリアのPORTALに代表されるようなアバンギャルド・デス・メタルのルーツとも言えるバンドであり、またオールドスクール・デス・メタラーにとっては、CONVULSE, DEMIGOD, ABHORRENCE, SENTENCEDなどと並んで初期フィンランド・デス・メタル最重要バンドの一つとして崇めらますが、他のフィンランド・デス・メタル・バンドよりもカルト性が一層強く、またフィンランド・デス・メタルならではの病的な特徴も色濃く反映しているバンドだと思います。這いずり回るような偏屈な展開を助長するかのようにうめくウルトラlowゴア・ガテラル・ボーカルが凶裂で、Nespiteアルバムではその変態性を維持したまま、北欧デスらしエピックなギター・ソロ、CARCASSフレーバー漂うフィンランドらしいほのかなロック・フィーリングのアバンギャルド感、そしてプログレッシブな展開も完成度が高いです。さらには、這いずり回るような偏屈な展開を助長するかのように、まるでご臨終直前の爺さんのつぶやきのような世界最低記録のウルトラlowゴア・ガテラル・ボーカルが炸裂した初期デモ音源は、初めて聴く誰もが驚愕することでしょう。Nespitheアルバムの完成度は申し分なしに激渋ですが、DEMILICHの凶裂な変態性を実感したいのならばデモも絶対に聴かねばなりません。実感したくなくても聴け!!病的で変態で知的なデス・メタル美学を集約した、これぞまさにフィンランド・デス・メタルなカルト・クラシックdeath!!!



excruciate-passage.jpg



・EXCRUCIATE - Passage of Life CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

CARBONIZEDをはじめ多くのデス・メタル・バンドで活躍したメンバーが集った1989年結成スウェーデン・ストックホルムのデス・メタル・バンド EXCRUCIATEの1993年発表唯一のアルバムがDark SymphoniesからCD再発。フランスのThrash Recordsからリリースされたオリジナル盤CDはスウェディッシュ・デス・メタル屈指のレア盤で、2013年に再発されたKonqueror Records盤CDですらレア盤として取引される人気アイテムと化していて、常に偽造品が横行していました。Dark Symphoniesはアナログ部門レーベル The Cryptの記念すべき第一弾リリースとして本作を2009年に初ヴィニールLPしていましたが、この度遂にCDバージョンもDark Symphoniesから再発となりました。

スウェディッシュ・デス・メタルの最高峰の一つと呼びたいバンドですが、音楽性は北欧スタイルど真ん中と言うよりも、UKデス・メタル風激速パートや、USデス・メタル的起承転結の構成を、スウェディッシュ・デス・メタル殿堂 Sunlightスタジオ録音による極上の鈍くタイトなジョリジョリ・サウンドで叩き出したような名作です。北欧バンドらしいエピックさも希薄で、サイコなアメリカン・デス・メタル好きにもぜひ聴いてもらいたいカルト・メガレア・クラシックdeath!!

04 | 2019/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR