RECORD BOY

Scandinavian Jawbreaker Metal!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、メタル系商品が到着していましたので、先ほどカートアップ致しました。受注対応は木曜日以降になります。



deathhammer-chainedtohell-lp.jpg



・DEATHHAMMER - Chained to Hell LP 税込2,484円 / CD 税込1,836円 (Hells Headbangers)

Witches Brew Recordsの出世頭、ノルウェー・スラッシュ・メタル DEATHHAMMERの2018年新作アルバム。今回もHells Headbangersからのリリースです。アナログ盤は今回は3色ストライプ・カラー・ビニールで入荷。

Onward to the PitsアルバムでHells Headbangersに移籍して以降、現行ノルウェギアン・スラッシャーらしいユーロ・スピード・メタルの伝統を継承するスタイルに、SABBATからの影響もミックスしたようなサウンドを追求してきましたが、今回はそのダイハード・メタルなスタイルを維持したまま凄い成長を見せていて、これはちょっともうフィンランドRANGERもウカウカしてられないような雰囲気もある猛速レイジングなスピード・メタルになっています!!もはやノルウェー・スタイルとも言えるWHIPLASHミーッDESTRUCTIONのようなテクニカル・リフの速さもさらに磨きがかかっていて、メジャー・スラッシュに全く興味のない当店のような者でもまだまだ熱くなれるクサレたテイストを残しつつ、しかしハイ・クォリティーなスピード・メタル・スラッシュを聴かせてくれます!!



tyrann-st.jpg



・TYRANN - S/T 7" 税込1,296円 (Electric Assault)

ENFORCER, TERMINAL, CC COMPANY, DEAD LORD, etcでお馴染みのTobias Lindqvist氏が、美形レディー・キラー・ギタリスト Adam Zaars氏と、SECOND SUNもやってたサバス風70'sヴィンテージ・ロック・ルックスなドラマー Jakob Ljungberg氏のTRIBULATIONメンバー2人を従えて、またしても新プロジェクトを始動。100本限定のカセットで発表した2曲入り1stデモを、Electric Assaultが7"ヴィニール化したltd.300枚EPです。

HEAVY LOADタイプの重厚エピックなヘヴィメタル・ナンバーを、GOTHAM CITYや初期LEVITICUSなどに代表される母国語詩Svensk Metalで表現した、200%完全スウェディッシュ・スタイル正統派ヘヴィメタル。Tobias Lindqvist氏の多才ぶりにはもはやちょっとやそっとでは驚かなくなってきましたが、それをバックアップしてるのが今回はあの両極端なヘヴィメタル容姿のTRIBULATIONメンバーだというのがまた最高です。



antichrist-forbidden.jpg



・ANTICHRIST (Sweden) - Forbidden World LP 税込2,592円 (I Hate)

I Hate Recordsからリマスターでアナログ盤再発!!

EVISCERATEDやGRAVELESSなど、Blood Harvest Recordsのデモ・テープ部門 Zombie Ritual Tapesをコマメにチェックしていたスラッシュ・メタル・マニア達には既に高い評価を得ていたバンドの面々が集まり2005年に始動したスウェディッシュ・スラッシュ・メタル ANTICHRISTの、2011年発表1stアルバム。メンバーはWITCHGRAVEやNIGHTMARE CITYなどもやってる連中です。

スウェーデンのバンドですが、CRUEL FORCE, WITCHING HOUR, HELLISH CROSSFIREなどの当時のジャーマン・スラッシュ・メタル勢と同じベクトルのイーヴィルでオールドスクールなスラッシュメタルで、これはほんとカッコいい!!!SLAYERやPOSSESSEDを思わせるミュートしない邪悪リフを多用してるのに、感触はかなり正統派スラッシュしてるのが驚異的です。ジャーマン・スラッシュ・メタルが洗練されたような感じもあるけど、荒々しさは十分に備わっています。のっけからテンションあげられっぱなしで、そして6曲目で完璧にノックアウトされました。まるでPOSSESSEDがスピード・メタル風味になったみたいでマジ最高かっこいい!!!ジャーマン・スラッシュのガサツさが苦手な人にも(そこがいいんですが)自信を持ってオススメできます!!



mansion-firstdeath.jpg



・MANSION - First Death of the Lutheran CD 税込1,944円 (I Hate)

これまでEPを数種発表してきた2011年結成フィンランド・トゥルク出身の女性Vo.ドゥーム・メタル・バンドのファースト・フルレングス作品となるCDがI Hate Recordsからリリース。もともと自主製作で超ミニマム・プレスのアナログ盤として発売されたようですが、I Hate Recordsのライセンス・リリースによりCDもめでたく発売されました。全5曲入り/40分超の作品です。

JOY DIVISIONのカバーもやってて、70年代ハードロックのサイケ感と80'sポジパン・ゴシックのミックスのようにも聴こえる、非常に退廃的哀愁の漂うサウンドですが、女性シンガーの妖しさ漂う表現力の高さがデス・ロック系ニューウェーブとは異質なので、やはりヴィンテージ・ドゥーム・メタル・ファンに断然オススメです。BLOOD CEREMONYなどのファンは大注目!!



satanicwarmaster-carelian.jpg



・SATANIC WARMASTER - Carelian Satanist Madness 2CD 税込2,160円 (Werewolf)

北欧ブラック・メタルを代表するフィンランドのSATANIC WARMASTERの2005年発表3rdアルバムが、自身のレーベル Werewolf Recordsから増量版2枚組CDで再発。ボーナス・ディスクには、ライブやBIZARRE UPROARとのコラボレーションなどが収録されています。冷たく哀しみに満ちたメロディーをロウ&ノイジーに叩き出すスタイルを極めたような作品で、この後ヘヴィメタル・プロジェクトのARMOURに本腰を入れたWerwolf氏の楽曲クォリティーとブラック・メタル狂気のバランスが絶妙な傑作です!!

DISK 1 : Carelian Satanist Madness ALBUM (2005年)
DISK 2 Tracks 1-7 : live in Helsinki (2015年)
DISK 2 Track 8 : BIZARRE UPROAR collaboration (2017年)
DISK 2 Tracks-10 : original demo version



satanicwarmaster-revelationofthenight.jpg



・SATANIC WARMASTER - Revelation ...of The Night CD 税込1,944円 (Werewolf)

こちらは2004年発表 "...of the Night"と2007年発表 "Revelation"の、ともにオリジナルはNo Colours Recordsから発売されたEP2種をまとめたコンピレーションCD。自身のレーベル Weresolf Recordsから2018年にリリースされたCDバージョンで、1曲ここでしか聴けないボーナスが追加されています!!


Tracks 1-2 : "...of the Night" EP (2004年)
Tracks 3-5 : "Revelation" EP (2007年)
Track 6 : exclusive to this release


ドカドカに爆走するロウ・ブラックと哀しみに満ちたメロディーがなんと言ってもこのバンドの最大の魅力で、北欧のバンドだからこそ生み出せる美しくも哀しいメロディーが、ノイジーなサウンドと邪悪な魂を通過して表現されています。残忍悲哀冷徹地下暗黒鋼鉄の最高峰!!

Doom Occulting Black!!


root-zjeveni.jpg



・ROOT - Zjeveni DIGIPACK CD 税込1,944円 (I Hate)

MASTER'S HAMMERと並ぶキングス・オブ・チェコ・カルト・ブラック・へヴィメタル ROOTの1stアルバム・オリジナル・バージョン、I Hate Recordsからの2016年再発盤デジパックCDです。この1stアルバムは、The Revelationのタイトルで1999年に英語バージョンもリリースされ、その英語バージョンはNWN!から再発されていましたが、こちらは母国語のオリジナル・バージョンの再発盤です。ライブなどのもボーナス収録した全16曲入り。

これ以降の作品では、クラシカルでオペラチックな唯一無比の東欧ブラック・メタルを確立してクォリティーの高い音楽性を見せ付けていきますが、この1stアルバムはSEや語りがウザいくらい多くて、恐らくKING DIAMONDのようなドラマ性のあるオカルト・ブラック・へヴィメタル作品にチャレンジしたかったんだろうけど、恐ろしいまでのカルト臭が充満しています。その要因は、Vo.と言うよりもホントに呪文のようなBig Boss氏のキョーレツなVo.に因るところが大きいのでしょう。しかし久しぶりに聴いてみると、ギタリストがCRUXの人だからか、重厚で切れ味もあるデスラッシュ・リフとタイトなリズム隊のコンビネーションは案外素晴らしくて、本当にKING DIAMONDのスラッシュ盤のような雰囲気もあります。ただ、曲作りのセンスは幼稚ですから、Big Boss氏が作ってたか、もしくは彼のスキルにバックが合わせたかのような、凄まじいカルト・クラシックに仕上がっています!!



mercy-swedishmetal.jpg



・MERCY (Sweden) - Swedish Metal / Session 1981 LP 税込2,916円 (Nuclear War Now!)

ダイハード・バージョンは抱き合わせセットでしたが、各種単独再発LPも入荷!!

日本のダイハード・メタル・ファンにもおなじみのスウェディッシュ・ヘヴィメタル MERCYの初期作品3種がNWNから同時リリース。いつものエクストリームなNWN作品とはちょっと趣の異なるカルト・クサレ・メタル・レジェンドですが、NWNは2007年にも1981年未発表音源をヴィニール化してましたし、NWNオーナー氏自身が昔からMERCYの大ファンだった話も良く聞いてました。

こちらは1982年発表の1st MLPに、過去にNWNが7"で発掘再発していた1981未発表音源も追加した全10曲入り。CANDLEMASSシンガー、Messiah Marcolin氏がCANDLEMASSに加入する以前に在籍したヘヴィメタル・バンドとしてマニアには良く知られていますが、TPL RecordsライセンスのNWNによるこの再発3種は、CANDLEMASSに近づいてドゥーム・テイストが増幅する以前の、DEEP PURPLE, BLACK SABBATH, JUDAS PRIESTといった70年代ブリティッシュのプレ・ヘヴィメタルに影響されたNWOBHMバンドと非常に近い志向のサウンドです。特に1981年未発表音源の哀愁は、まるでNWOBHMまんまで号泣必至!!



mercy-st.jpg



・MERCY (Sweden) - S/T LP 税込2,916円 (Nuclear War Now!)

こちらは1984年発表の名作1stアルバムの再発盤です。代表的名曲 "Heavy Metal Warrior"などは、まるでMETALUCIFERの誕生を促したかのような大人気のヘヴィメタル・アンセムだけど、リフはジューダス、重苦しく引きずるようなノリはサバス、といった極上の80's感触。あと、必然的にMERCYFUL FATEにも酷似している箇所が多いのも聴きどころです。



mercy-sessions1983.jpg



・MERCY (Sweden) - Sessions 1983-1986 LP 税込2,916円 (Nuclear War Now!)

こちらは1983年&1986年デモ音源を収録した全6曲入り。Messiah Marcolin氏は実はMERCYでも初代オリジナル・シンガーではなく、このバンドはギタリストの故Andrija Veljaca氏が中心的存在だったようで、1983年デモ当時はVo.も兼任しています。若かりし頃のMessiah Marcolin氏、King Diamondが好きすぎて思い付きで描いたようなショボいフェイス・ペインティングの故Andrija Veljaca氏、ライナーノートなども必見/必読ですが、もしかしてMERCYは世界で初めてのMERCYFUL WORSHIPメタル・バンドだったのかも知れません。

Tracks 1-4 : Session 1983 Demo Recordings
Tracks 5-6 : Session 1986 Demo Recordings



witchcross-us-st.jpg



・WITCHCROSS (US) - S/T LP 税込2,592円 (I Hate)

先ごろ名作アルバム Fit For FightのHigh RollerバージョンCDが入荷してたデンマークのWITCH CROSSではなくて、こちらはウィッチとクロスの間にスペース挟まずワンワードの表記となるUSシカゴ出身ドゥーム・メタルのWITCHCROSS。1993年に自主製作で発表した1stアルバムを、スウェーデンのI Hate Recordsが限定333枚パープル・ワックスで初ヴィニール化再発したものです。

過去にBattlecryがCDで再発もしてたようですが、これはオブスキュア・メタル・マニアならずとも真性鋼鉄ドゥーマーはガッツポーズ級の内容ではないでしょうか。まるでPENTAGRAMの90年代未発表音源でも聴かされているように錯覚してしまうほど,
ブリブリした重たいギター・サウンドとオカルティックな曲調が絶品で、バッキングはHellhoundバンドに代表される90年代当時のドゥーム・メタル群と比べてもかなりソリッドで攻撃な部類ではないかと思います。高音域中心に歌い上げるVo.のドラッグ・ハイな雰囲気も、PENTAGRAMやWITCHFINDER GENERALを彷彿させます。ドゥーム系アナログはなかなか売れないけど、これはもっとオーダーするべきだったかも。オススメ!!



evoken-acaress-omniscient.jpg



・EVOKEN - A Caress of the Void / Omniscient 2CD 税込2,160円 (I Hate)

1994年結成、キングス・オブUSドゥーム・デス・メタル EVOKENの2007年に発表した4thアルバムが、2010年のSplit w/ BENEATH THE FROZEN SOL音源を収録したボーナス・ディスク付きの2枚組6パネル・ゲートフォルドCDでI Hate Recordsから再発。


Disc 1 - A Caress of the Void (2007年)
1. A Caress of the Void
2. Mare Erythraeum
3. Of Purest Absolution
4. Astray in Eternal Night
5. Descend the Lifeless Womb
6. Suffer a Martyr's Trial (Procession at Dusk)
7. Orogeny
TOTAL TIME : 01:01:38

Disc 2 - Omniscient (2010年)
1. Omniscient
2. The Pleistocene Epoch
3. Vestigial Fears
4. Into the Primal Shrine
TOTAL TIME : 42:07


叙情派フューネラル・ドゥーム・ファンとダイハード・デス・メタラーの双方に熱烈に支持されるニュージャージーのバンドで、Craig Pillard氏をはじめ、これまで参加してきたミュージシャンはUS東海岸デス・メタル最重要バンド・メンバーの多くが名を連ねます。デス・メタルの方法論とフューネラル・ドゥームの叙情が絶妙に交錯したサウンドが最大の特徴で、作品によって攻撃性が強かったり叙情性が強かったりとアプローチも微妙に変えてきますが、ここに収録されている2作品はそのEVOKENの特性がまんべんなく楽しめるかと思います。



druidlord-grotesque.jpg



・DRUID LORD - Grotesque Offerings DIGIPACK CD 税込1,836円 (Hells Headbangers)

フロリダ・サタニック・デス ACHERONの初期ギター&ベースらによって2010年に結成されたデス・ドゥーム・メタル・バンド DRUID LORDの2018年新作アルバム。2010年の1stアルバムも、あとEPも何かしら過去に入荷させてたはずですが、本作はフルレングスとしては遅すぎる2ndアルバムとなります。そしてファンには待たされた甲斐は十二分にあるであろう素晴らしい仕上がりです。

DREAM DEATH, WINTER, DIVINE EVE, etcのCELTIC FROST影響下アメリカン・メタルを、より退廃的スロウネス&エピカスに表現したDRUID LORD節が今回も激烈に激渋。CANDLEMASS系ドゥームのような北欧型叙情にも似てるところはあるけど、澄んだ透明感は無く、一番幼稚でシンプルな例えをすると、CELTIC FROSTが黄昏てるような感じです。これは本作から参加してるElden Santos氏というドラマーの功績が大きいかと思います。タメを効かせたCELTIC FROSTリフにバッチリはまったバツグンのタイム感で非常に素晴らしい。今までもかっこよかったけど、このバンドほんとかっこいい!!デス・メタル・ファンも、ドゥーム・メタル・ファンも、そしてついでに現行スラッシュに付いていけないオールド・スラッシュ・ファンも必聴。グレートーー!!



acidwitch-witctanic.jpg



・ACID WITCH - Witchtanic Hellucinations DIGIPACK CD 税込1,836円 (Hells Headbangers)

デジパック・ジャケットのゴールド・ディスクでCD再プレス!

SHITFUCKERメンバーも在籍するUSデトロイト・ホラー・ドゥーム・メタルの、2008年にRazorbackから発表した1stアルバムを、Hells Headbangersがジャケ・レイアウトを変えて再発。当店は2ndアルバムでこのバンドを初めて取扱ったけど、DOOMSTONEウォーシップ・ドゥームをパンキーにしたようなグダグダ感がアレはアレで案外悪くなかったと思うのですが、この1stアルバムはドゥーム・デス・ファンの多くに真っ当に絶賛された名作とされてます。

あの極悪迷作2ndを頭に描いて再生するとビックリしますよ、ちょっと本当にカッコいいので!!まるでアシッド・サイケ・テイストを取り入れたDIVINE EVEみたいな感じでもあって、極上のデス・ドゥーム・サウンドと言い切って差し支えないと思います。サイケデリックな効果のエフェクトや、70年代風フレーズも取り入れたヴィンテージ・メタル的要素を、デス・メタルのクソ重いサウンドとアグリーネスで表現しています。極悪low且つちょっとアシッドなデスメタルVo.もカッコいい、と思ったら、この1stアルバムは、古くはPHLEGETHONから、最近はCLAWSやHOODED MENACEなどのデス・メタル・バンド、そしてAMEBIXウォーシップのRUINEBELLなどで、多方面で精力的に活動するフィンランド・デス・ドゥーマー Lasse Pyykko氏がVo.を担当してたそうです。これはLasse氏の功績が大きかったのでしょう。ドゥーム・ホラー・メタル・ファン必聴の傑作!!



acidwitch-stoned.jpg



・ACID WITCH - Stoned DIGIPACK CD 税込1,836円 (Hells Headbangers)

2010年作2ndアルバムもールド・ディスクでCD再プレス!バンド名通り、サイケとオカルトの要素が強いドゥーム・メタルなんだけど、ELECTRIC WIZARDみたいなのとは違い、へヴィメタルを土台にした楽曲をUSドゥーム/スラッジらしい脱力感で表現して、サイケな鍵盤音もトッピング。KING DIAMONDやDEATH SSなどのカルト・ホラー・ムービーのような怪しさで表現するヘヴィメタルをパンキーにしたような感じです。あと、全然違うんだけど、BLUDWULFがちゃんとしたら案外こうなるのでは?なんても思いましたが、やはり元ネタはDOOMSTONEでしょうか。これぞアメリカン・ホラー・メタル特有のダラダラ感!!DOOMSTONEファン必聴&death!!


03 | 2019/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR