RECORD BOY

Metal Deadness!!


*GW前半はがっつり大量デス・メタルからいきます!!


obliteration-cenotaph-lp.jpg



・OBLITERATION - Cenotaph Obscure LP SWAMP GREEN VINYL 税込2,592円 / CD 税込1,836円 (Dark Descent)

DARKTHRONEのホームタウンであるオスローのKolbotnという町から2000年代前半続々と登場した個性的な若手スラッシュ/デス・メタル一派、コルボン・スラッシャーズ・ユニオンをNEKROMANTHEONと共に代表する存在だったOBLITERATIONの4thアルバムです。母国ノルウェーのIndie Recordingsから2018年に発表された作品ですが、このたびDark DescentからUS盤もリリースされました。アナログ盤は限定グリーン・ビニールでの入荷です。

今やノルウェーのみならず北欧スラッシュ・メタルを代表するまでの存在となったNEKROMANTHEONメンバーが在籍するバンドで、以前はサウンドにもNEKROMANTHEONとの共通性が随所にうかがえました。大傑作3rdアルバム Black Death Horizonはザックリ言いますとNEKROMANTHEONがデス・メタル寄りになったような感じで、POSSESSEDとAUTOPSYの理想的&奇跡的融合のような凄い作品でした。本作も基本的にはその延長線上ですが、前作でも時折感じられた邪悪テクニカル・リフのVOIVOD的プログレ感とのリンクがより深化したような作風で、黒いグルーミー・テイストもAUTOPSYからINCANTATIONのような質感に近くなっています。しかし、2000年代のINCANTATIONウォーシップ・リチュアル・デス・メタルのような音圧で包み込む手法ではなく、オールドスクール・デス・メタル・プライドを強く感じさせるところが相変わらず激渋です。POSSESSEDミーツAUTOPSYから、DEGIAL, TRIBULATION, NECROVATIONといった2000年代スウェディッシュ・デス・メタル実力派のBlood Harvest eraの初期作品を思い起こさせます。ノルウェーですけどね。とにかく北欧デス・メタル・ファンは間違いなく今回も必聴&death!!!



undergang-levende.jpg



・UNDERGANG - Levende forradnelse ... Live i USA DIGIPACK CD 税込1,836円 (Dark Descent)

現行low-endデス・メタル・バンド最高峰の一つ、デンマークのUNDERGANGが2017年に行ったUSツアーの際の7月27日ポートランドでのライブ11曲を収録した、彼らの初のライブ・アルバム・デジパックCD。スタジオ・レコーディング並みの最高級音質と、ライブならではのアグレッション、さらにはこのバンド最大の魅力であるウルトラlowデス・メタル・サウンドが完璧に一体となった、初めてこのバンドを聴く人に真っ先にオススメできるような素晴らしすぎるライブ・アルバムdeathhhggghhh!!!


1. Når bømene dør
2. Sygelige nydelser II
3. Døden læger alle sår
4. Englemagersken
5. Efter obduktionen
6. Sygelige nydelser I
7. Klynget op i en galge af egne indvolde
8. Kogt i blod
9. Kronisk betændelse i tarmene
10. The Chasm
11. Forkullede rester


とにかく音質が素晴らしいので、悪い先輩のANATOMIAの影響を強めて作品ごとにWORMRIDDEN寄りのゴアリーな下劣さを増してきた彼らのスタイルが、しっかりした基礎の上に成り立っているのがこのライブ盤で誰もが理解できるはずです。個人的には「遅いグラインド」と言うか、「速くないグラインド・ステンチ・デス」な雰囲気を強く感じまして、PROPHECY OF DOOMがもし完璧に完成されたらこんな感じでなっていたのでは?なんて思いながら今日1日中、10回以上はリピートして聴きまくっております。東京のATFあたりが好きなクラスティーズにも聴いてほしいな~。オススメdeath!!



sulphurous-dolorous.jpg



・SULPHUROUS - Dolorous Death Knell CD 税込1,836円 (Dark Descent)

CDも入荷しました!!

HYPERDONTIAのデンマーク構成員のうち、David Mikkelsen氏(UNDERGANG, WORMRIDDEN, Extreme Rotten Records, etc)を除いた2人がやっているコペンハーゲンのバンドによる1stアルバム。中心メンバーでギター/ベース/Voを兼任するMathias Friborg氏はBlood HarvestからリリースのあるTAPHOSやパンク・バンドのNIGHT FEVERでも活動し、ドラムは2008年の始動以降流動的だったようですが、現在はPHRENELITHでも活動中のPaweł Tunkiewicz氏が担当。初期はPHRENELITHのベースで古くはDISCLOSE / G.A.T.E.S Splitの10"バージョンも出してた元Plague Bearer RecordsのJakob氏も参加していたようです。これまでデモ数種とEPを7"で1枚発表していて、本作が1stフルレングス・アルバムになります。

北欧だとフィンランドに多いグルーミーでスロウ・パートの比重が大きいタイプのデス・メタルですが、UNDERGANGの出現以降、このテはデンマークも優良バンドが出てくるようになりました。MORBID ANGEL型のテクニカル・リフで構成して、CONVULSE, FUNEBRE, DEPRAVITYなんかのフィンランド・デス・メタル系倦怠感で表現したようなスタイルは、INCANTATIONフォロワーなどが好きな人以外のオールドスクール・デス・メタル好きにもオススメできるタイプです。HYPERDONTIAよりもPHRENELITHが好み、っていうような人は間違いなく必聴death!!



malthusian-across-lp.jpg



・MALTHUSIAN - Across Deaths LP WHITE SPLATTER VINYL 税込2,592円 / DIGIPACK CD 税込1,836円 (Dark Descent)

MOURNING BELOVETH, ABADDON INCARNATE, ALTAR OF PLAGUESなどのメンバーから成るアイルランド・ダブリン出身ブラック・デス・メタル・バンドの1stフル・アルバム。ノーマークでしたが、過去にリリースしているデモとEPはリチュアル・デス・メタル・マニアには高く評価され既に注目を集めていたようで、実際先に入荷したCDバージョンを聴いた時は、自分も久しぶりに壮絶アグレッシブなリチュアル・デス・メタル・アルバムを聴いたような気がしましたのでアナログ盤を楽しみにしていました。ゲートフォルド・スリーブで、12"サイズのブックレットも付いた、なかなか豪華な仕様です。今回は限定ホワイト・スプラッター・ビニールで入荷しました。

フューネラル・ドゥーム・メタル・マニアに人気の実力派 MOURNING BELOVETHメンバーも居ますので、エピックなリチュアル・サウンドを想像してましたが、これが無慈悲なまでに激烈で度肝を抜かされます。オカルティックなプリミティブさは希薄で、北米バンドの冷たい邪悪さにも通じるけど、終始圧倒されるのはサイコパスなまでのアバンギャルド感。まるで、IMPETUOUS RITUALとSTALAGGHの融合のようにも聴こえてきます。これは早くから目をつけていたマニア達も大満足なアルバムに仕上がったのではないでしょうか。GRAVE UPHEAVALやMITOCHONDRIONなどのファン大注目株death!!



vircolac-masque-lp.jpg



・VIRCOLAC - Masque LP SMOKE VINYL 税込2,592円 / CD 税込1,836円 (Dark Descent)

2013年結成、アイルランド・ダブリン出身のブラック・デス・メタル・バンドの1stフルレングス・アルバム。ドイツSepulchral Voiceからの4曲入りCDが以前入荷していたバンドです。アナログ盤は限定スモーク・カラーで入荷しました。

退廃的アヴァンギャルド感が特徴のサウンドで、前作EPではリチュアル・デス・ムーブメントから引きずられたようなアンビエンタルなぼやけた音像がブラック・メタル的にも聴こえ(実際、ブラック・メタリックな掻きむしりリフなどもあった)オカルティックなプリミティブさも感じさせました。本作1stフル・アルバムではまず音質が素晴らしく向上しているので、ブラック・メタルの悲哀と融合した耽美なNEGATIVE PANEフォロワー系サイケ感に近づくと思いきや、実態はけっこうオールドスクール・デス・メタルのアヴァンギャルド感に近く、ノルウェーCADAVERやドイツATROCITYのような異端プログレッシブ・デス・メタルとの共通性も感じさせます。そこに、Metal Of Deathバンドのスウェディッシュ・バンドにも通じる凶暴性もプラスして、安易にサイケデリック・デス/ブラック・メタル・ムーブメントの妖艶さをフォローするのを見切ってこの方向性にフォーカスしたのは、英断と言って称えるべきでしょう。Sepulchral Voice関連ブラック/デス・メタル・ファンは今回も絶対必聴。間違いなく前作を上回る傑作death!!



horrisonous-aculinary.jpg



・HORRISONOUS - A Culinary Cacophony CD 税込1,728円 (Memento Mori)

BACKYARD MORTUARY, THE SLOW DEATH, NAZXUL, TEMPLE NIGHTSIDE, etcといった、当店でもよく目に/耳にしてきたバンドのメンバーがそろったOZデス・メタル・バンドの1stフル・レングス・アルバム。この、未来のカルト・レア盤化有望な素晴らしいジャケ・アートに惹かれて入れてみたのですが、内容の方は参加メンバーの経歴から期待した通りのグレートなクォリティーのサウンドです。

フューネラリー・ドゥーミーなテイストも強いデス・メタルで、ファストなパートはオールドスクール・デス・メタルらしいリフからブラック・メタリックなコールド・フレーズまで飛び出します。TEMPLE NIGHTSIDEのリチュアル・デス・ブラックな要素も、THE SLOW DEATHのようなフューネラル・ドゥームなエピックも取り入れつつ、ASPHYXのドゥーム・テイストのようなオールドスクール・デス・メタル作品に見事に仕上げています。このクサレ・カルトな雰囲気満点のジャケ・アートと、エピック・グロウルなサウンドのギャップが最高death!!



vileapparition-depravity.jpg



・VILE APPARITION - Depravity Ordained CD 税込1,728円 (Memento Mori)

Unspeakable Axeからのリリースが入荷していたスラッシュ・デス・メタル SEWERCIDEのメンバー2人が2017年に結成したオーストラリア・メルボルン出身デス・メタル・バンドの1stアルバム 。CDはスペイン Memento Mori、アナログ盤がスウェーデン Blood Harvestからのリリースなので、チャンスがあればアナログ盤もいずれ入荷させてみたいと思います。

ファットなブルータル・サウンドのズグズクlowリフ徘徊型テクニカル・リフが特徴のデス・メタルで、US東海岸やフロリダ・デス・メタルのファンにオススメのタイプです。突進すると言うよりも、神経質にうごめく偏屈ツイステッドなデス・メタルは、BROKEN HOPE, CANNIBAL CORPSE, SUFFOCATION, RIPPING CORPSE, etcのミックスのような感じだけど、このバンドの特徴としては、小手先テクニカルじゃないrawパワフルなドラミングと、エピックなギター・ソロも時折フィーチャーしてくるところで、これが非常に良い効果を生んでいます。ここ10年ほどのオールドスクール・デス・メタルのトレンドは、AUTOPSY → INCANTATION → NOCTURNUSというような流れに個人的には見えていたけど、なんか最近はまたlowな、しかもこういうNYデス・メタル的なダイナミズムのスタイルが増えてきてるような気がします。気のせいかな?オールドスクール・デス・メタル・ファンはぜひチェックしておいてください!!



mortalwound-forms-lp.jpg



・MORTAL WOUND - Forms of Unreasoning Fear LP BONE WHITE VINYL 税込2,592円 (Me Saco Un Ojo)

2018年結成LAデス・メタル・バンドの5曲入り1stデモをMe Saco Un Ojoが限定500枚でヴィニール化。カセットが好評につきレコードも出たわけだけど、このアナログ盤もカラービニールはもとよりレギュラー・ブラック・ビニールも既に完売していて、また新たな注目バンドの登場として話題となっています。レギュラー・ブラック・ビニールと限定ボーン・ホワイト・ビニールの両バージョン入荷しています。

LAデス・メタルながら、サウンドはNYデス・メタルに近いブルタリティーが特徴で、IMMOLATIONとCANNIBAL CORPSEのミックスのようなスタイルです。テクニカルなリフ・ワークでも、このバンドは不思議と神経質さが漂ってないのも特徴かと思います。メンバーの経歴は不明だけど、そこそこいい歳のオッさん揃いのようにも見えて、90年代っぽく撮った写真も悪い雰囲気でかっこいい。アナログ盤好きなデス・メタラーはこの機会にぜひどうぞ!!



imprecation-damnatio.jpg



・IMPRECATION - Damnatio Ad Bestias CD 税込1,836円 (Dark Descent)

1993年にスペイン名門 Drowned prod.から7"を発表し、1995年にはDrowned Productions改めRepulse Records(現Xtreem Music)からコンピレーション・アルバムもリリースされ、90'sデス・メタル・マニアにもよく知られているUSテキサスのサタニック・デス・メタル重鎮 IMPRECATIONの2ndフルレングス・アルバムCD。復活後の彼らをサポートし続けてきたDark Descentからのリリースで、LPとCDはジャケ・アートが異なります。

これぞアメリカン・サタニック・デス!なスタイルでカルトな人気を誇るバンドですが、復活して2013年に発表した1stアルバムは、多彩なアプローチで構成された作品でした。今回もその路線に変更はなく、MORBID ANGELやDEICIDEタイプのテクニカル・リフによる突進力を軸に、IMMOLATIONやSUFFOCATIONなどのNYデス・メタルに匹敵するダイナミズム、GOREAPHOBIAやINCANTATIONなどのペンシルバニア・デス・メタル的冒涜性、SADISTIC INTENTが継承するPOSSESSEDルーツのオールドスクール邪悪リフなどもミックスし、引きずりまわすリフはCIANIDEなどのHELLHAMMER~CELTIC FROSTなスロウ・デス・バンドも彷彿させます。アメリカン邪悪デス・メタル信者はWorship or Dieなデス・メタル・アルバムdeath!!



encoffination-necros.jpg

・ENCOFFINATION - Necros Obscuritas CD 税込1,728円 (Selfmadegod)

2010年に発表した1stアルバム Ritual Ascension Beyond Fleshで表現した究極の遅さが話題を呼び、ドゥーム・ファンの間でもカルトな存在となったUSデス・メタル ENCOFFINATIONの、アナログ盤でリリースされていた作品から抜粋して収録した12曲入りCD。1stアルバム以降は遅さの記録更新のようなことはせずに、abySickでリチュアルなブラック・デス・ドゥームの深化を追求していますので、GRAVE UPHEAVALに代表される現代のリチュアルslowestドゥーム・ファンから、dISEMBOWELMENTなどのファンにまでオススメのコンピレーションCDデス!!


Track 1 : "Ritual Ascension Beyond Flesh" LP
Tracks 2~3 : "Seventh Temple of Laodicean Scripture" 7"
Track 4 : "Split with Grave Upheaval" LP
Track 5 : "O' Hell, Shine in Thy Whited Sepulchres" LP
Tracks 6~10 : "Elegant Funerals for the Unknown Dead" MLP
Track 11 : "Amen" MLP (live in Houston, Texas, October 9th, 2010)
Track 12 : live in Brooklyn, New York, April 4th, 2015



zealotry-atthenexus.jpg



・ZEALOTRY - At The Nexus Of All Stillborn Worlds CD 税込1,836円 (Dark Descent)

USボストン出身デス・メタル・バンドの2018年末に発表された3rdアルバムCD。今回はDark Descentのサブ・レーベルであるUnspeakable Axeからなので発表後すぐに気づくことが出来ましたが、アンダーグラウンド・デス・メタル・シーンに一躍その名をとどろかせた名作1stアルバム The Charnel Expanseの後に、チェコのレーベルから2ndアルバムを発表していたことを今初めて知りました。。。現行デス・メタル・テクニカル/プログレッシブ部門では間違いなく上位に入賞する重要バンドですので、未聴だった方はぜひともチェックお願いします。

1stアルバムのジャケ・アートを、DEMILICH, DEMIGOD, DEPRAVITY, etc初期フィンランド・デス・メタル名作の多くを手掛けてきたTurkka G. Rantanen氏が担当していたこともあり、テクニカル・デス・メタルの中でもフィンランド・バンドのようなサイコ系lowなタイプの印象を受けますが、本作ではこのバンドの初期からの特徴だったジャジーなインプロ感覚を攻撃的に昇華し、そしてメロディック・ギター・ソロも以前にも増して強烈にアピールしていて、もはやMEKONG DELTAのデス・メタル版のような壮絶さとなっています。ドラミングはインプロビゼーション・バトルのように畳みかけつつ2ビートのパートも多く、このテのプログレッシブ・デス・メタルとしてはズバ抜けたスピード感で終始圧倒的に迫ります。GORGUTS, TIMEGHOUL, THE CHASM, ATHEIST, 4th以降DEATH, etcのミックス、といったところでしょうか?とにかく凄い!!今回も完全にオススメdeath!!



horrendous-thechills.jpg



・HORRENDOUS - The Chills CD 税込1,836円 (Dark Descent)

CD再プレスされました!!

2009年の結成以降、アンダーグラウンド・シーンで絶賛された1stデモを皮切りに各種アルバムが大ヒットして、世界中のオールドスクール・デス・メタラーを熱狂させてきたHORRENDOUSの2012年発表1stアルバムです。デモ入荷時はグダグダ説明せずに、とにかく黙って聴いてほしい、とゴリ押しして売り切りましたが、この作品もまたそうしてやりたいくらいに完璧なデス・メタルで、コレはもー本当に凄い!!!ルックスが冴えないローカル・バンドのような素朴さですが、サウンドはとても1stアルバムとは思えない完成度で、コレでルックスがせめて並みのレベルだったら、デスメタル・スターダム一直線間違いナシのバンドでしょう!!なんて言って当時解説してましたら、遂にSeason Of Mistが獲得しましたね。

徐々にプログレッシブな要素を強めていきましたが、この当時はオールドスクール以外の何物でもないピュア・デス・メタルで、スウェディッシュ・デス風味のタッチと叙情を基礎にしながら、スラッシュ土台初期アメリカン・デス・メタルのようなキラー・リフも交えて突き進みます。手数で自己アピールするタイプではなく、シンプルながらパワフルなドラミングがボトムを強力に支えて、その土台の上にドラマチックな展開の曲調が見事に決まっています。クラシカルな旋律と泣きのソロも聴かせるギターは実に表情豊かで、起伏に富んだ楽曲を非常にドラマチックに彩っています。ENTOMBEDのあまりスポットが当てられないメロディック・ギター・ソロや、UTUMNO, FURBOWLなどの叙情的且つアグレッシブなスウェディッシュ・デス・メタルが好きなら迷いは無用です。絶対に聴いてください。今聴いても、2012年のベスト・デス・メタル作品だったと当時言い切ったのは間違ってなかったと思っています!!!

4月28日(日)は19時で終業致します

boytag-gold.jpg

4月28日(日)は通常よりも1時間早く、19時で終業致します。
ご来店のお客様はご注意ください。
宜しくお願い致します。

MAGGOT HEART - Dusk to Dusk CD


maggotheart-dusk-japancd.jpg



・MAGGOT HEART - Dusk to Dusk CD 税込1,500円 (Too Circle)

MAGGOT HEARTの初CDフォーマットが東京のToo Circle Recordsからリリース!!この日本盤CDには、”Show Them Your Teeth"の今までPVのみでしか公開されていないバージョンをボーナス収録していますので、レコードお買い上げくださった方もぜひこちらのCD必須で宜しくお願いします!!

SONIC RITUAL, THE OATHなど多くのバンドで活躍してきたスウェーデン出身女性ギタリスト Linnea Olssonがドイツを拠点にして活動するMAGGOT HEARTの、2018年発表1stフルレングス・アルバムです。前作City Girlsデビュー12"EPもプレスのたびに早々に完売していたので、知名度も高まってきていた Linnea氏自身が初めて舵を取るバンドのわりには、作品が日本ではまだほとんど流通されていなかったのが残念でしたが、OBNOXIOUS YOUTHに続いて、今回もToo Circleさんに一肌脱いでもらいました。前作EPを買い逃した人も、入手出来て愛聴していた人も、全てのファンが絶対に満足できるであろう、素晴らしいフルアルバムに仕上がっています。

今回もベースとドラムのリズム隊は解散したヘヴィメタル・バンド IN SOLITUDEのメンバーで、ベースはREPUGNANTやINVIDIOUS, REVEALもやってる人物。サウンドは昨今のポスト・パンク/デス・ロック・ファンにもアプローチするようなスタイルだけど、前作よりもさらにVOIVODとの共通性を強く感じさせるのは、VOIVODのサポートに抜擢されてツアーに同行し成功をおさめたという素晴らしいニュースを聞いて、よりMAGGOT HEARTに肩入れしてしまっているからでしょうか。それにしてもホントかっこいい。もうTHE OATHやSONIC RITUALなどのファンや、フィメール・パンク好きに無理に聴いてもらうような解説なんて必要ないと思います。その代わりに、Angel Ratアルバム以降のVOIVODやDIE KREUZENのOctober Fileアルバムなどのファンにはぜひチャレンジしてもらいたい、才能あふれる女性ギタリスト/シンガー/ミュージシャンです、Linneaさんは。ニッケさんの奥様にもBOYはこないだ良くしてもらいましたが、自分はやっぱりLinneaさんの音楽性とストイックなキャラクターが最高に大好きであります!!!グレーートーーー!!!

EL ZINE issue #36


elzine36.jpg

・EL ZINE - Vol.36 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの最新号となる#36です。御覧の通り、今回はBLACK UNIFORMSが表紙で、Cliff Lundberg氏のインタビューが実現しています!!!しばらくなりをひそめていたCliff氏の最新フォトはかなりのスクープ写真ではないかと思います。インタビューはもう予想通りの調子で、ワタクシ大倉もBLACK UNIFORMSバイオグラフィーで協力しておりますので、ファンは絶対買ってください。あと、私の知る限り、たぶん日本にウルトラ・メタルなど南米デスコア・ノイズ・メタルを布教した張本人だったと思うFORCA MACABRAのOttoさんもいつの間にかバック・フロム・ザ・グレイブで復活してバンドやってるそうで彼のインタビューも載ってます。でも一番衝撃的なのはRikk Agnew氏の現在の写真ではないでしょうか。完全にかっこいい!!


●Interview of Cliff Lundberg
(ex.BLACK UNIFORMS、MODERAT LIKVIDATION、ANTI CIMEX、PERUKERSにして、現DRILLER KILLERであるスウェーデンのメタル・パンク・ロッカーCliff Lundbergへのインタヴュー)

●Biography of Cliff Lundberg
(Cliff Lundbergのバイオグラフィーと、彼の関わったバンドの作品紹介by大倉 了/Record Boy)

●PUNK ON PAPER
(パンク・ファンジンや紙媒体の魅力に関するコラムと書評)

●Age from DISTURD
(DISTURDのギター・ヴォーカルで、立ち呑み屋「刻屋」を神戸にオープンさせたAge氏へのインタヴューby T.K. & ミナミタケシ)

●PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、IRREALとGAMEのライヴ・フォト・レポート)

●ABORTTI 13
(80年代に短期間のみ活動し2009年に再結成を果たした、フィンランドのオブスキュア・ハードコア・バンドABORTTI 13のヴォーカリスト、Tapsaへのインタヴューby Grzester)

●Michael Thorn
(前号vol.35の表紙を飾った、MUROの写真を撮影したパンク・フォトグラファーにしてフォト・ジン「Razorblades & Aspirin」を発行しているMichael Thornへのインタヴュー)
●XIDENTITY
(PERSEVERE、そしてESPERANZAで活動してきたコマツ氏が在籍している、広島の男女ツイン・ヴォーカル・パンク・バンドへのインタヴュー)

●Otto Itkonen
(SELFISHやFORCA MACABRA、そしてKOVAA RASVAAなどで活動中の、フィンランドのヴェテラン・パンクスOtto Itkonenへのインタヴューby Grzester)

●PISTOL JOKE
(アメリカのMental Crashと日本のPogo77からソノシートをリリースする、新潟のドランク・ノイズ・パンクスPISTOL JOKEへのインタヴュー)

●Umea Punk City
(ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●Dra at helvete!
(正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのヴォーカリストであるSkitkatt氏によるコラム)

●Mai-kou
(都内を中心に活動するロック・バンド、シロクマなどのフロントマンであるMai-kou氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

●Anti-Art Book Review
(アートブックの書評by Yoshi Yubai)

●Inner Space Photography
(vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

●LASHING SPEED DEMONS:HAWKWIND「Silver Machine」
(HAWKWINDのバイオグラフィーと、彼らの代表曲である「Silver Machine」が与えたハードコア・バンドなどへの影響についてby大越よしはる)

●ES GIBT KEIN WERT
(発行人によるディスク・レヴュー)

代引手数料値上げのお知らせ


boytag-gold.jpg

日本郵便による2019年4月1日からの各種送金サービス料金改定により、これまで一律350円で設定していました当店の代引手数料を、佐川急便代引も含めて2019年5月1日より一律400円に値上げ致します。佐川急便と日本郵便との比率を考慮して1か月間様子を見てきましたが、対象商品5400円以上お買い上げでの送料割引サービスや、高額ご注文による代引手数料の当方負担額も圧迫しており、誠に心苦しいですが、現行の350円から50円の値上げに踏み切りました。

(2019年4月いっぱい)  (2019年5月1日以降)
代引手数料一律350円 → 代引手数料一律400円

現状、当店で通販ご利用のお客様は、9割近くがお振込みをご利用ですが、代金引換以外でのお支払いに関しましては、もちろん現行通り何も変更点はございません。代引ご注文のお客様につきましては50円のご負担増となりますが、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

Japanese Hardcore Punks!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、日本のパンク/ハードコア系新作が入荷していましたので、先ほどカートアップしました。受注対応は明日木曜日以降となります。


radioactive-days-cd.jpg

radioactive-days-tape.jpg



・RADIOACTIVE - Days CD 税込2,160円 / TAPE 税込1,620円 (Distort Noise)

Crust Warから2001年にMLPを発表していた三重のDECEIVING SOCIETYメンバーとex.KAFKAメンバーらによる東京拠点ハードコア・パンク・バンドの1stアルバムが、メンバー自身のレーベルからリリース。8 Track Demoとは曲の被りなく、ファンには嬉しい新録作品となっています。カセット・テープ・バージョンは、スリーブがリバーシブルになった200本限定生産。

ジャケから想像させるジャパニーズ・バイオレントなノイズコア・スタイルではなく、DISCHARGEやVARUKERSなどのUKHCベースの90年代バンドなんかも彷彿させるノイジー・ハードコアです。ジャパニーズ・ハードコアにも触発されたようなキャッチーさもあるし、AUS-ROTTENなどのProfane Existenceファンから、Havoc RecordsやSix Weeksのスラッシュ系ハードコアまで思い起こさせたりと、とにかくこのビシッと決まった鋲ジャン・クラスト・ルッキングとミスマッチなまでのキャッチーさが痛快!!クラスト・ファンから、三重県繋がりで多少強引に思われそうですがASSFORTのようなイケイケ・キャッチー・ドライビン・ノイジー・ハードコア・ファンにまでオススメ!!


radioactive-8trackdemo-reissue.jpg



・RADIOACTIVE - 8 Track Demo Re-Issue TAPE 税込1,620円 (Distort Noise)

USツアー用にこちらのデモもアートワークを新装して100本限定で再生産!!しかし半分はツアーに持っていくそうで、流通は50本のみのようですので、今回のみの入荷です!!メンバー自身のレーベル Distort Noiseからのリリースです。

Kinochi(ex-ABILITY/ex-DECEIVING SOCIETY)
Hal(ex-DROPEND/ex-KAFKA)
Aoi(アルカシルカ)
Dai5(ex-DECEIVING SOCIETY/ex-ABILITY)



solpaatos-vapaus.jpg

・SOLPAATOS - Vapaus CD 税込1,800円 (Discos Peligrosos)

過去リリースが当店でも軒並み好評だった新潟出身北欧型キラー・ハードコア・パンクス SOLPAATOSの全音源収録ディスコグラフィーCDが、POVLACION、HAAVAメンバーによるDiscos Peligrososからリリース。フィンランド語Vo.が本物の80'sフィンコアのように錯覚させつつも、スウェーデンPUKEやドイツUPRIGHT CITIZENSなども彷彿させる哀愁メロディック・ギターも炸裂しまくった、トータル80'sスカンジ/ユーロ・ハードコア・ロウ・パンクな熱く切ない全22曲。ほとんど流通されなかったというデモ音源も収録しています!!


誰が呼んだか日本のフィンランド!? 新潟を拠点に活動するRaw Punk band SOLPAATOS!!本作は2007年の結成から現在に至るまでの全音源を全て網羅したディスコグラフィーCD。LAMA、Appendix、Nukketeatteri、Destrucktions等の80's Finnish Hard core punkを基軸に独自のセンスで解釈、再構築しつ続けている彼等。もちろん全ての音源が必聴だが、当時ほとんど流通されなかった貴重な2007年のデモ音源は激必聴!曲数は多いのに最後まで飽きずに聴けてしまうのは曲が良い証拠。じっくり最後まで何度も聴いて欲しい!きっと新しい何かを発見をする事になるでしょう。(海外流通専用で同内容のテープは少量生産予定ですが、アナログの予定はありません)

中日本は北部の信越地域、新潟を拠点に雪をも溶かすクソ熱い北欧スタイルPUNK! Yy,kaa,koo,nee! SOLPAATOS!!なんと編集盤ディスコグラフィーとして発売されるのか…!!! レコード音源だと瞬く間に終わってしまい高ぶった感情で盤面を変えることさえもどかしいSOLPAATOS。しかしながらそのムダを削ぎ落としたダイレクトな内容たるや興奮しかない。ベリベリとねじ込まれる旋律、沸点を振り切った感覚と鋭利でヒリついた細かいスリルが煽ってくる。ズバ抜けたセンスの連続が瞬時に遮二無二なフラストレーション化して襲撃してくる。気だるさとヒステリックな唾液混じりの巻き舌、キャッチーながら哀愁漂うコーラスワークが一斉に、目に見えない矛盾に噛みつき粉砕しながらブレーキなしのまっしぐらで突き抜ける。編集盤ってことはぶっ通しで一気に聴けるぞ!!身震いするほどの興奮で我を忘れて被害を出さぬよう注意が必要かもな。
櫻井(CENTIPEDE)

最近全く音沙汰ないなーと思ってたら、急に編集盤出るからコメント書いてと頼まれた。もう編集盤出すの?びっくりした。しかもコメント、オレですか…。前にドラムの手伝いをちょっとしてた。オレ自身、音源自体はそんなに録ってないけど、ほぼ全曲叩けるから正直思い入れは強い。3人で練習もかなりやったなあ。中でも特にオレが好きな曲は、TELEVISIO
PASKAだ。簡単な構成でめちゃくちゃ哀愁、しかもミドルテンポ。これぞパンクロックアンセム!初めて聴いた時から大好きだ!SINÄ JA MINÄ、ROBOTTI、その他の曲もカッチョいい曲ばかりだから、この編集盤は間違いないよ。マストバイ!!!!ソルパートスといえば、やはり極上の哀愁ミドル!それと地元新潟では全然人気がないことをこの度改めて思い出しました(笑)
ケンサク (DERIDE)




fastener-thecoldthrash.jpg

・FASTener - The Cold Thrash CD 税込1,080円 / CD+7" 税込1,620円 (Crew For Life)

関東ハードコア・パンク・バンドの1st EPがCrew For Lifeからリリース。通常ジュエル・ケースのCD単体が250枚生産、同内容の7"とのセット(CDはソフトケース収納)は200枚生産。バンド名からファストコアかと思いきや、インフォメーション通りの90's Mangel Punk Thrashスタイルで、これはなかなかありそで無かったタイプではないでしょうか?DISCHARGE起源のスウェディッシュ・ハードコアではなく、アメリカン・ハードコアから強く影響を受けていたMOB 47原点の90年代スウェディッシュ・ハードコア、といった感じで、オールドスクール・ハードコア・ファンにはぜひチェックしてもらいたいです!!

東京/横浜産 FAST RAGING HARDCOREバンド "FASTener"!! 待望の1st EPをCREW FOR LIFEよりリリース!結成以来、精力的なライブ活動を行い、正式音源を待ち望まれていた東京/横浜産RAGING FAST HARDCOREバンド"FASTener"の1st EPが遂に発売! ギターのH.C.DIE氏 (現SPY MASTER、PUNK NINJA BRIGADE、ex-D.R.Y)を中心に結成し都内を中心にライブ活動を開始。これまでにDEMO CD-Rのみリリースしており、正式な音源となる待望の1st EP。SWEDENのKRIGSHOTやTOTALITARなどを想わせる90’s FAST MANGEL THRASH ATTACKサウンドをベースにVIOLENTな雰囲気も漂うHARDCOREテイストを多くのリスナーに味わって欲しいです。DISFEARやWOLFPACK達が昇華させたANTICIMEX流れの重厚なSWEDISH D-BEATではなく、MOB 47 からの流れのFAST THRASH HARDCOREに仕上げるセンスに脱帽です。7インチ+CDは限定200枚!! CD単体バージョンは限定250! (インフォメーションより)


nola-santa.jpg

・NOLA - Santa Muerte CD 税込2,484円 (Break The Records)

東京を拠点に精力的に活動するエクストリーム・ハードコア・バンドの11曲入りフル・アルバムがBreak The Recordsからペーパーフォールド・スリーブCDでリリース。こういったエクストリーム系は当店では今では国外のシーンをフォローしてないので状況はよくわかりませんが、このCDが非常に質の高い作品であるのは間違いないかと思います。昔一生懸命入れていたRelapseのこの辺のバンドのような感覚もあれば、その頃には無かった新しい手法も随所に聴かれます。エンジニアがBRAINOILのメンバーのようですが、泥臭いスラッジ・ドゥーム・パートも効果的だし、疾走感がオールドスクールなファスト・スラッシュ・パートも痛快です。MASTODON, TODAY IS THE DAY, NEUROSIS, CONVERGE, EYEHATEGOD, HIS HERO IS GONE, etcのファンは必聴のオススメ盤death!!


日本エクストリーム・ミュージック界の流れが変わる。新星"NoLA"が満を持して放つ、最強の1stアルバム。BREAK THE RECORDSよりリリース。全11曲収録、W紙ジャケット仕様。

現在東京のハードコア、パンク、メタルなどを内包するエクストリームシーンにおいて、最も活発な動きをしてきたバンドの一つである事は紛れもない事実である。REDSHEERとのスプリット7インチ、The DonorとのスプリットCDを矢継ぎ早にリリースし、名だたるツアーバンドを迎えた自主企画も頻繁に開催。海外へ赴いてのタイトなツアーも経験し、見事百戦錬磨のライブバンドとして、その名を世界へ馳せる事となった。活動を続ける中で、長くアルバム制作の話は出ていたものの、ここまで踏み切らなかったのには彼らなりの理由があったに違いない。そして2019年、遂に機は熟した。

レコーディングはカリフォルニアのEarhammer Studiosで敢行され、エンジニアのGreg(DeathgraVe/Brainoil)との共同作業は神懸かり的なケミストリーを生み出した。この手の音楽で他と比較する事は全くもってナンセンスではあるが、敢えて"世界基準の音"が完成したと断言する。重厚で深く、精神まで届くような音塊だ。
(インフォメーションより)


Japanese Hardcore Punx!!


militaryshadow-tape.jpg



・MILITARY SHADOW - Metal Punk Ironfist TAPE 税込864円 (Black Konflik)

関東若手メタルパンク MILITARY SHADOWの大ヒット1stリリース作がマレーシアのBlack Konflik Recordsから限定150本でカセット・バージョン発売!!!

世界中でやりたい放題が暴走する2010年代メタルパンク・シーンに登場した救世主と言い切ってしまいたい、大注目の東京若手正統派メタルパンク・バンド MILITARY SHADOWの1stリリースです。ドラムは先頃1stアルバムを発表したばかりのSLAMMING AVOD NUTSにも参加してるGoblin氏ですし、ギタリストのBranded Rebel氏はRUNNING WILDウォーシップ・ソロ・プロジェクト BRANDED REBELの方でも当店はお世話になっておりますが、そのBRANDED REBELデモCDR納品時にチラッと聴かせてもらって以来、非常に気になって仕方なかったのがこのMILITARY SHADOWでした。

"This is the New Age Of Metal Punk Anarchy"を掲げ、このバンド名ですから、WARFAREを連想してしまいますが、サウンドは"正統派"と強調したくなるほどのピュア・ジャパニーズ80'sスタイル・メタルコア・パンク。GASTUNKを筆頭にいろんなバンド名を羅列してオススメするのは簡単ですが、東京のSCOURGEとか、ちょっとタイプは違うけどメタルパンク移行期のNO EVACUATIONSなどといった、ファッションやイメージ先行だけでなく音楽に真摯に向き合っていた若手メタルコア・パンクスに年甲斐もなくワクワクしたあの頃の興奮がよみがえります。全メタルパンク・ファン必聴大注目&大推薦!!!



crow-hametsu.jpg



・CROW - 破滅ノ羽音 CD 税込1,296円 (Crow)

1st LPが世界中のハードコア・パンク・コレクターにとって鬼門のメガトン・ウルトラ・スーパー・レア・アイテムとして有名な大阪出身/90年代から東京を拠点に活動したCROWの2007年発表EPのCDバージョンがデッドストック入荷!!アナログ盤は後にPrank Recordsからピクチャー盤で再発されたりして、比較的長く入手しやすい状況にありましたが、CDは割りとすぐ販売終了してたような記憶が頭の片隅にあります。違ったかな?まぁなんにせよ、再発ではなくデッドストックだそうなので、持ってなかった人は油断せずに確保しておきましょう。

CROWは日本のみならず世界的にもイチ早くDISCHARGEウォーシップなスタイルを実践したバンドとしてカルトな人気を誇りますが、1990年代後半に復活して以降は、EXECUTEなどのジャパニーズ・ハードコア・パンクのルーツも見据えたようなサウンドへと深化していました。このEPはアナログ盤ではタイトル曲のロング・ナンバーをA面に、そしてB面は、弔イノ鐘 ~ 祈リ呪イ ~ 囁ク鏡 ~ Last Chaosという流れで、ラストに初期代表曲のセルフカバーで締めるメドレーを披露しています。唯一のオリジナル・メンバーであるCrow氏が1990年代前半にやってたバンドのGRAVE NEW WORLDのような、AMEBIXやSAW THROAT的なサイキック・メタリック・ハードコア・テイストも取り入れた意欲作!!



cosa-strategic-cd.jpg

・C.O.S.A. - Strategic 1989-1995 CD 税込1,620円 (Black Konflik)

このところリリース作品が相次いで即完売しているマレーシアのBlack Konflik Recordsが、1990年代に四国香川で活動したハードコア・パンク・バンド C.O.S.A. (Cache of Strategic Arms)のコンプリート・ディスコグラフィーCDを限定500枚でリリース!!帯付です。

後にEFFIGY ~ AXEWIELD ~ ULCERを結成するMasuda氏が在籍したバンドで、それらのメタリック・クラスト・バンドの原点とも捉えることのできるような、ジャパニーズ・ハードコア・パンク・スラッシュをメタリックなギターで演奏したようなサウンドが特徴です。Masuda氏の一貫したメタリック志向のイメージが定着してるので、このC.O.S.A.もクラスティーなサウンドを想像してしまいますが、楽曲はピュアなジャパニーズ・ハードコア・パンク・スタイルで、Asia RecordsやAdventure Family Recordsなどの三多摩ハードコア・パンク・スラッシュ・シーンのメタルコア・バンド、みたいな雰囲気が好きな人にこそ絶対に聴いてもらいたいです。ちょっと臨終懺悔と似たところも感じさせます。実際にC.O.S.A.が参加してたUnknown Hardcore Drunkerや、Best Run Fast, Smashing Odds Ness, Enjoy Your Youth, Sword Of Thrash, etcといったキーワードにビンビン来てしまう80年代後期~90年代初期ジャパニーズ・ハードコア・パンク・ファン必聴!!

Metal Hard!Punk Free!!


ironlamb-bluehaze.jpg



・IRON LAMB - Blue Haze LP 税込2,916円 / CD 税込1,944円 (Sign)

REPUGNANT, GENERAL SURGERY, DISMEMBER, etcの初期デス・メタル重要バンドで活躍してきたメンバーによって結成され、現代メタルパンクを代表する存在にまでなったスウェーデンのIRON LAMBの3rdアルバムLP。本作からSign Recordsに移籍しています。

レーベルが変わったこと以上に、今回はジャケの雰囲気や、先行公開されていたPVの演出に若干不安も感じてましたが、聴いてすぐにその不安は吹っ飛びました。Backstabbers EPからVo.がthe BLACK, ex.TYRANT, VINTERLANDのDaniel Bragman氏に代わり、線の細さが実直な感じも漂わせていたピュアなシャウトの初代ヴォーカリスト Grga氏とは打って変わって、アダルトなしゃがれ声のDaniel Bragman氏のVo.は、円熟味を増した現在のIRON LAMBには個人的にはピッタリだと思ってたけど、今回はさらに彼の声にマッチしたヴィンテージなR&Rを突き詰めていて、MOTORHEAD土台の北欧R&Rらしい哀愁がド渋いです!!前作でも言ったけど、もはやメタルパンク云々じゃなくて、大人の不良達による純正R&Rとしてオススメです!!



bonestripper-whores-tape.jpg

bonestripper-whores-pic.jpg



・BONESTRIPPER - Whores Of The Ass Age TAPE 税込1,296円 (Sangreal)

再入荷お待たせしましたーーー!!!Alejandra姐さんのリリースは前身レーベル時代から当店が日本流通の窓口となってたけど、これはオファーされた方がご迷惑かな?と思い初回は躊躇しました。今回入荷分は日頃お付き合いのあるショップさんにも販売ご協力いただきましたので、来週には東京と大阪のパンク&メタル・インディペンデント・レコード店様にもお届けする予定です。なので、欲しいけどRECORD BOYはgo to hellだぜ!な方は、どうぞ馴染みのお店でご注文しなっせ!!

「今すぐRECORD BOYに有り金全部振込みな!!!」の素晴らしき名言を残した我らがAlejandra姐御が運営するSangreal Recordsが、過去最高級のデンジャラス・バンドをリリース。その名の通りまるで全員がストリッパーのような、まさに女ッ気ゼロのモテないRECORD BOYのために天から降り立ったような素晴らしい4人組Pussy Crust Whore Core!!!←これ、ワタクシが煽って勝手に言ってるキャッチコピーじゃないので、ご批判は受け付けませんよ!!!

そしてサウンドがまたルックス以上にデイーンジャラスっす。もはやパンクもメタルも超越したイーヴィル・ロウ・ノイズは、NME, THRASH QUEEN, NUCLEAR DEATH, HELLHAMMER, SODOM, EXTERMINATOR, etcのミックスのようなとんでもないシロモノ。これは本当に当店の心中アイテムになるかもだけど、ノイズ・パンク・デストロイ・メタル好きには激烈大プッシュ致します!!!



devilmaster-satanspits-lp.jpg



・DEVIL MASTER - Satan Spits on Children of Light LP 税込2,592円 (Relapse)

パンク・シーンで話題となりRelapseとの契約にまでこぎつけた、アンダーグランド・シーンで今一番勢いに乗ってるバンドの1つと言っても過言ではない、USフィラデルフィア出身メタルパンク・バンド DEVIL MASTER!!1stフル・アルバムが入荷したんですが、ちょうどCD切らしてるタイミングのオーダーだったようで、今回はアナログ盤のみの入荷です。すみません。LPはDLコードとポスターも付きます。

EPの時は演奏もサウンドも意識してかプアー&ロウでしたが、やはりエクストリーム・メタル老舗レーベル Relapseからのオリジナル・アルバム・フルレングスとなるといつまでもあのクォリティーでは許されないのか、エクストリーム・メタル界隈でも聴かれる70年代ヴィンテージ回帰オカルト・サイケ感と、デス・ロック・パンクの80'sニューウェイブ志向のバランス感覚は相変わらずながら、けっこうダイナミックでドラマチックなメタルパンクっぽくなっています。メタルパンク・ファン必聴作!!



devilmaster-manifestations.jpg



・DEVIL MASTER - Manifestations LP 税込2,592円 / CD 税込2,160円 (Relapse)

こちらはアンダーグラウンド・シーンで大ヒットした7"EP 2種をまとめたコンピレーション・アルバムです。アナログ盤はDLコード付き。CDはRelapse専売特許の横帯付き。

近年パンク・シーンでトレンドのゴシック/ニューウェイブなダークネスも備えたデス・ロック感覚と、ジャパニーズ・ハードコア、メタルパンク、ブラック・メタルなどを絶妙にブレンドした、不穏な暴力性が充満していて、非常に新鮮で耳を奪われます。エクストリーム・メタル界隈でも聴かれる70年代ヴィンテージ回帰オカルト・サイケ感と、デス・ロック・パンクの80'sニューウェイブ志向のバランス感覚は見事としか言いようがありません。果たして、メタルパンク版GHOSTのような一大ブレークをするのか?な~んて言ってEP入荷の際は解説してましたが、この解説書くために改めて調べて今ようやく気付いたことがあります。CAPE OF BATSのメンバーが2人居る!!以前に当店でもLPを1枚入荷させて、確かDREADEYEのKemmy氏がお知り合いのヤングではなかったと思いますが、これは確かにCAPE OF BATSとヒッジョーーーによく似た感触ですね。CAPE OF BATS?なんだっけソレ?って思い出せない人もいるかもですが、Rick Agnew氏(ADOLESCENTS, D.I., CHRISTIAN DEATH, etc)がギターソロでLPに1曲ゲスト参加してたバンド、と言われたら思い出されるかと思います。



violence-motordemon.jpg



・VIÖLENCE - MotörDemon CD 税込1,620円 (Iron Fist prod.)

Dylan Potterというオーストラリアン・ヤングによるロンリー・メタル・パンク・バンドの5曲入り1st CDEPがIron Fist prod.からリリース。日本にも遊びに来たこともあるらしく、ABIGAILのパッチも付けてる写真なんかもネットにあったので、もしかしたらABIGAILメンバーさんなども知ってる顔のヤング・メタルパンクスなのかも知れません、勝手な推測ですが。

と言うのも、このジャケやバンド名から全く期待してなかったんだけど、これが予想外に良い。MIDNIGHTやABIGAILフォロワー・メタルパンクの多くが陥るパンク・ドランカーなノリにならず、なかなかパワフルなロッキン・ヘヴィメタル・パンク・スラッシュで疾走しています。今後も注目してみましょう!!

Banned in Nagoya Vol.3 CD


bannedinnagoyavol3.jpg

・V.A. - Banned in Nagoya Vol.3 CD 税込1,000円 (Depression)

Depression Recordsによる名古屋ハードコア・パンク・オムニバスの第3弾!!独自のセンスでマイペースに続けるDepression Recordsらしい個性的なラインナップです!!


収録バンド

MILK
Killerpass
do not
the SUPERFLOOR
cheap skate
Vivala thrash
social porks

2001年にVol.1のテープを2009年にVol.2をCDにてリリースした名古屋周辺で活動するバンドのコンピレーション第3段!収録曲はバンドによって1曲~10曲とアンバランスな27曲入り。ざっくり紹介すれば

Dameged festにも出場な新進気鋭若手MILK
LP完売!ずっこけサーフスラッシャーsocial porks
哀愁感と破壊感のよいバランスなkillerpass
slappin bikiniのVoが愛知移住で始めたバンドdo not私もドラムで参加しています。
困ったおじさん達の急降下スラッシュ the superfloor
もはやベテランスラッシャーそしてセカンドアルバムのごとき曲数をぶっ込んできたCheap skate(from四日市)
謎過ぎる二人組vivala thrash
(インフォメーションより)

Metal Blackness!!


*当店定休日の昨日水曜日は、オンラインショップも示し合わせたかのように長らくサーバーダウンしてしまってました。回復してから昨晩ちょっとメタル系商品アップしましたが、目玉のEXCORIATEライブEPはやはりこのブログアップまでもちませんでした、すみません。。。


sadomagickalseducer-testicular.jpg



・SADOMAGICKAL SEDUCER - Testicular Torture MLP 税込2,160円 (Crypt of the Wizard)

カナダ・モントリオールから登場したアポカリプティックでソドミーなムードを漂わす背徳ブラック・メタル・バンド SADOMAGICKAL SEDUCERの2018年デビュー作4曲入りMLP。UKロンドンのヘヴィメタル・レコード・ショップ Crypt Of The Wizardからのリリースです。

ドゥーム・パンク・リスナーもターゲットにしてるような紹介のされ方も見受けられますが、既存のパンク・メタルとは全く異なるスタイルです。強いて言えば、退廃的なキャラクター性を重視してるようなところはDEVIL MASTERあたりからの触発もあるのかも?と推測できますが、サイケデリックでリチュアルな手法の取り入れ方は完全に近年のブラック・メタルの手法で、RIDE FOR REVENGEのアンビエンタルなプリミティブ・ダークネスをリチュアル・デス・メタルの壮大さで覆い、NEGATIVE PLANE以降のサイケデリックなブラック・メタルもミックスして表現したような感じでしょうか。一時NWNが多く輩出していたリチュアル・ブラック・メタルにのめりこんでいた人にもオススメできるけど、CHAOS ECHOESやIRKALLIAN ORACLEのようなバンドのプログレッシブな志向の替わりに、猥雑な背徳感を強調してるのが強い個性となっています。けっこう話題になってるみたいだったので試しに入れてみましたが、届いたらこんなジャケだったので、没収はイヤですから次回入荷は無いでしょう。Ajna Offensiveなどのクセの強いサイケデリック・ブラック・メタル/リチュアル・デス・ブラック/アヴァンギャルド・デス・パンク・メタルなどが好きな人はぜひチェックを!!



knightterror-conjuring-lp.jpg

・KNIGHT TERROR - Conjuring A Death Creature LP 税込2,592円 (Crypt of the Wizard)

2007年にUSオレゴン州ポートランドで結成された3人組ブラック・スピード・メタル・バンドの11曲入りLPが、UKロンドンのヘヴィメタル・レコード・ショップ Crypt Of The Wizardからリリース。ポスター付。

Blood Harvestからの1stアルバムが大好評だったMALLEUSにも通じるCELTIC FROST型のブラック・スピード・メタルで、特にスピード・パートの疾走感はなかなか爽快です。起伏の激しい曲調もなかなか練られていて、これはもう1stアルバムとして満点に近い出来ではないでしょうか?ちょっとパンキーなバイオレンス風味も漂うイーヴィルVo.もかっこよくて、スピード・メタル/ブラック・メタル、さらにメタル・パンク・ファンにまでアピール出来そう。要注目株です!!



knightterror-nolife.jpg



・KNIGHT TERROR - No Life 'Til Terror 7" 税込756円 (Crypt of the Wizard)

こちらは1st LPより先行してリリースされた4曲入り7"EPで、全曲がその後1st LPに収録されていますから、同時に入荷した1st LPがあれば事は足りるのですが、アルバムがバンドの今後の展望を期待させるような素晴らしい出来栄えですから、これはLPもEPも両方買っておこう、と思う人もいるかと思いますので、少し入荷させてみました。こちらもUKロンドンのヘヴィメタル・レコード・ショップ Crypt Of The Wizardからのリリース。



gutterinstinct-heirs.jpg



・GUTTER INSTINCT - Heirs Of Sisyphus CD 税込1,944円 (Pulverised)

2012年結成スウェーデンのデス・メタル・バンドの2018年発表2ndアルバムCD。これまではちょっと意外な感じもするUSのProsthetic RecordsからEPとフルレングス・アルバムを1枚ずつ発表していて、本作からアジア拠点インターナショナル・デス・メタル・レーベル最王手 Pulverised Recordsに移籍しています。このバンドを初めて入荷させておきながら偉そうなこと言いますと、ちょっとメジャー感もあるProsthetic RecordsよりPulverised Recordsの方が間違いなく似合ってるようなサウンドです。

ダウンチューニングによる重量級叙情パートで幕を開けて後、激速スラッシュ・メタル・リフで暴走突進するという、幼稚な例えをするならば、まるでENTOMBEDからHYPNOSIAへと展開するかのようなスウェディッシュ・デス・メタルの超王道伝統を継承したようなオープニング・ナンバーにスウェデス・ファンは狂喜乱舞でしょう。しかし作品トータルとしては2000年代以降のデス・メタル・ムーブメントを生きる現代のバンドらしいダイナミズムとオールドスクール感の絶妙なバランスで、ドラマチックなスロウ~ミドル・テンポの展開もなかなかです。UKロンドンのCRAVEN IDOLのようなタイプのブラッケンド・デス・メタル好きならば絶対オススメdeath!!



perversor-umbravorous.jpg



・PERVERSOR - Umbravorous LP 税込2,592円 / CD 税込1,944円 (Pulverised)

チリ産ブラック・デスラッシュ・メタル・バンドとしては、FORCE OF DARKNESSと並んで日本でも高く評価され人気が定着しているPERVERSORの、2018年末にPulverised Recordsから発表した最新3rdフルレングス・アルバム。 今回も文句のつけどころがない安定したカッコよさで、スリルがなくなったり新鮮さが失せたり、要するに簡単に言うと飽きられたりすることのないバツグンのセンスで素晴らしい作品に仕上げています。アナログ盤はゲートフォルド・スリーブでポスター付。

まるでBATHORY meets MASTER状態のブラック・デスラッシュ・メタルだったこれまでのスタイルから、今回はMASTER色はちょっと後退させ、BATHORY型ブラック・スラッシュ・テイストが強まっています。しかもスラッシュ・リフがかなり印象的で、AURA NOIR以降のノルウェー・ブラック・スラッシュのようなDESTRUCTIONリフまで飛び出して燃えさせてくれます。MOTORHEAD土台MASTER型デス・メタルみたいなパートが減ったので、ハードコアなドライブ感じゃなくなったけど、ジャーマン・スラッシュ土台のブラック・デスラッシュ・メタルは、もはやスウェーデンTERRORAMAやオーストリアDEATHSTORMみたいところまで達していますし、あとこのバンド最大の強みであるキャッチーな楽曲センスも冴えわたっていて、文句なしグレート!!邪悪スラッシャー絶対必聴首振作!!

03 | 2019/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR