RECORD BOY

CIVILISED SOCIETY? - Violence Still Sucks! / Scrap Metal Anthology 2CD



civilisedsociety-violence.jpg



・CIVILISED SOCIETY? - Violence Still Sucks! / Scrap Metal Anthology 2CD 税込2,160円 (Boss Tuneage)

INSTIGATORSのドラマーだったPeacevilleオーナーのHammyことPaul Halmshaw氏がヴォーカルを担当していたUKHCパンク・バンドのアルバム2作品をカップリングした2枚組CDが、スリップケース状ペーパー・スリーブでリリース。ブックレットには歌詞や当時の写真を掲載し、UKHCファンにはおなじみのライター Ian Glasper氏のライナーノートもなかなか面白いので、日本語訳の付いた日本流通盤でぜひチェックしてみてください。帯も付いています。


CD.1 SCRAP METAL:
1. Is There Life After Work? 2. Tonight 3. Carefree 4. Pansies 5. Blotter Paper For Breakfast 6. Don't Leave Me Now 7. The Fairer Sex 8. Just A Dream 9. Last Cough Last Laugh 10. Will We Fall? 11. Star Wars 12. It's Getting Worse

CD.2 VIOLENCE SUCKS plus Bonus.:
13. Violence Sucks 14. Fireball Finale 15. Free The World 16. I Can Be Free 17. Treedom 18. Life Is Pain (I Wanna Be Insane) 19. White Whips:Black Flesh 20. Tooth & Claw 21. Epitaph 22. Monotony (Bonus Track) 23. Treedom (Dub) (Bonus Track) 24. Edge Of Darkness (Bonus Track) 25. Why? (Bonus Track)


とにかくライナーノートの分析が的確すぎるので読んでもらいたいのですが、ハッキリ言って当時からあまり全世界的に人気はありませんでした。クロスオーバー・スラッシュとはまるで異質のパンクとメタルの融合を目指したバンドで、CONFLICTやMortarhate Records系バンドのようなアナーコ・パンク・ハードコアを、ヘヴィメタリックなギターで表現しています。Hammyとその嫁 BevのツインVo.も、UKHC以外の何者でもない独特の感触で、こんなバンド、確かに当時は他にそうはいませんでした。


LATE UKのMANIC EARS周辺バンドの中でも、クラストでもUS THRASHでもなくFUALやLIFE BUT HOW TO LIVE IT...同様のUK王道アナーコ・サウンド(2ndアルバムはMETALLICA)を全面に出していたバンドCIVILISED SOCIETY?が今年も精力的です!

MANIC EARSから86年、87年にリリースされた2枚のアルバムに86年のUNDERGROUNDからリリースされた『DESTROY THE WORLD』7"、87年、90年にPEACEVILLEからリリースされた『A VILE PEACE』LP、『VILE VIBES』CD、そして87年のWEAR+TEARからリリースされた『BURNING BRIDGES』7"の4作品のコンピレーションに提供した4曲をボーナストラックとして追加!

90年にはMANIC EARSからなかなかパンチのあるジャケットで1stと2ndの抱き合わせでアナログ再発もされましたが、オリジナルジャケ(若干手は加えられてます)でCD化は初となります!

1stはイギリスの伝統的な叙情的メロディーにアナーコ・パンクらしいヴォーカルの入れ方や、掛け合いで練られた曲をメインに展開。ハードコア狂の速いのが好きな人間には、スピードナンバー“Don't Leave Me Now ”と“STAR WARS”が存在します。

そして2ndは打って変わってイントロからMETALLICAな刻みで爆走するハードコア・ナンバーに震えろ!!!とまではぶち上がらないもののアルバムの幕開けには相応しい曲でスタートし、その後も疾走感あるザクザクなメタリックなギターリフが渋いハードコア・ナンバーが連なったアルバム!

女性ヴォーカルBevの感情を抑えた声のトーンが、メタリックなギターと融合する事で、これまたこのバンドらしさであるアナーコ・メロディックに戻り渋い。

改めてじっくり聴くと、リフが練られた曲ばかりでした!

今年は復活メンバーでのアルバムも控えてるCIVILISE SOCIETY?に再注目です!
(インフォメーションより)

Epicus Metallicus!!


ritual-widow-cd.jpg



・RITUAL - Widow CD 税込2,160円 (High Roller)

スリップケース付きでCDも再発!

オリジナル盤LPはNWOBHM屈指のレア盤とされる1983年発表アルバムが、High Rollerから再発。2008年にジャケットを替えてHRRとUSのShadow Kingdomによる共同で初オフィシャル再発されて話題を呼び、当店でもかなり反響のあったカルト・オブスキュアNWOBHMリイシューでしたが、その新ジャケはすこぶる不評でした。このたびの再発は、その反省からか、オリジナル・アートで復刻されています。CDはスリップケース付き。

これはもう、"初めて聴くのに懐かしさが込み上げる"、どころの話じゃありません。心の琴線に容赦なく触れまくる、キング・オブ・しっとりメタル!!とにかくひたすら切ないメロディーを強調した、スロウ~ミドル・テンポ中心のハードロックで、ハードなNWOBHMファン向けではないけど、叙情派は絶対に聴いて泣いてください。Borrowed Timeアルバムの頃のDIAMOND HEADにも似たアトモスフェリックな80年代英国鋼鉄が極上に甘く切なく絶品ですが、QUARTZに近いとの声が多いようです。ジャケを替えた再発自体は自分は大好きなのですが、このアルバムだけはやはりこっちのオリジナル・ジャケ・アートの方が絶対にいいですね。



mandrake-breakingout.jpg



・MANDRAKE - Breaking out CD 税込1,620円 (High Roller)

WITCH CROSSギタリストのCole Hamilton氏が在籍したデンマークのウルトラ・オブスキュア・へヴィ・メタル・バンドのコンピレーションCDです。前身となったZYNDACTYLE名義の音源も含む全13曲収録1000枚プレス。ナンバリングが入ったステッカーがシールドの上に貼ってあります。

WITCH CROSSの"Fight Fire With Fire"とMETALLICAの"Fight Fire With Fire"、同じ1984年に作品として発表されたタイプの全く異なる両者の代表的名曲ですけど、ダニッシュ・メタル・シーンとは交流の深かったMETALLICAは、やはりWITCH CROSSにも影響されていたのかも?と妄想を膨らませるような、70年代ハードロックを基礎としたシンプルなスタイルながらも、1980年前後の当時としてはかなりヘヴィなリフ攻撃のNWOBHM調ナンバーを聴かせます。後にWITCH CROSSでも演奏される曲も既にこの時点でやっていて、それらの曲は北欧メタル・ファンにはたまらない叙情も漂わせています。とりあえず、WITCH CROSSファンは必聴級の発掘音源です!!

MANDRAKE :
1. Dogside Bulley (1980)
2. We Will Be Strong (1980)
3. Girls In Black Leather (1980)
4. Alien Savage (1980)
5. Prince Of Darkness (1982)
6. We Wanna Rock (1982)
7. Freedom Fight (1982)
8. Queensblade (1982)
9. Ostracized (1982)

ZYNDACTYLE (pre-MANDRAKE) :
10. Prince Of Darkness (1979)
11. Heaven Of Mercy (1979)
12. Nightshade Bride (1979)
13. She (1979)



witchcross-fit-cd.jpg



・WITCH CROSS - Fit For Fight CD 税込2,160円 (High Roller)

デンマーク出身へヴィメタル・バンドの1984年発表1stアルバムが、High Rollerからミニポスター封入のスリップケース付きニュー・リマスターでCD再発。当店でも過去にHells Headbangersからのボックスセットが大ヒットした人気の名作です。

80年代デンマークのへヴィメタル・シーンに於いて、MERCYFUL FATEと並んで真性ヘッドバンガーズに熱烈に支持され、日本盤LPも当時リリースされていたので、日本の鋼鉄信者にも高い人気を誇るへヴィメタル・バンドです。デンマーク他80's北欧メタルの中では、恐らく最もNWOBHMに近かったサウンドを聴かせてたバンドで、とにかく切なく懐かしくてカッコいい。80'sへヴィメタルを愛する者ならば、初めて聴いた瞬間に何とも言えぬ懐かしさと郷愁を感じるであろう名盤です。意味不明の日本人女性Vo.ナレーションから始まり、北欧の透明感と言うよりも、英国の曇り空の哀愁に限りなく近いタッチで、熱く疾走する鋼鉄チューンから、キャッチーなハード・ポップ・ナンバーまで、若々しく表現しています。しかしなんと言っても、WITCH CROSSの最大の特徴は、この少年のような歌声の最高にセンチメンタルで切ないヴォーカルです。男性Vo.ですが、男臭さとは対極にある、汚れを知らないような若々しいこの歌声は、女性Vo.の哀愁鋼鉄好きもメロメロでしょう。スウィートでポップなロッキンメタル・ナンバーは、パワーポップ系ファンも取りこんで人気の高いURCHINのようなNWOBHM好きにもオススメですし、NYのRIOTなどと並んで、本家NWOBHMに肉迫した英国外の情熱的な哀愁へヴィメタルの最高峰と言っても過言ではないかと思います。若々しい激しさと哀愁が同居した、80年代へヴィメタルの醍醐味が堪能できるグレート・バンドのグレート・リイシューです!!!

02 | 2019/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR