RECORD BOY

Metal Blackness!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、デス・メタル系商品が到着していましたので先ほどカートアップ致しました。



mortiferum-altar.jpg



・MORTIFERUM - Altar Of Decay CD 税込1,620円 (Blood Harvest)

ex. BONE SICKNESSメンバーなどによって結成されたUSオリンピア出身の新鋭デス・メタル・バンド。デビュー作となる本作は2017年に自主製作カセットでリリースされた1stデモ音源で、UNDERGANGのDavid氏が運営するExtremely Rotten prod.からもライセンス・リリースされていました。好調なセールスでアンダーグラウンド・シーンで話題となり、昨年2018年にExtremely Rottenが再生産。さらにアナログ盤がProfound Loreから、そしてこのCDバージョンがBlood Harvestからリリースされ、評価とともに注目度も俄然上がってきている注目株です。

コロラドのSPECTRAL VOICEが2017年の1stフル・アルバムで人気が爆発した際、オーストラリアのdisEMBOWELMENTスタイルのデス・メタル、と分析されていましたが、このMORTIFERUMもその一派として捉えるようなこともできる重くスロウなパートが特徴のデス・メタルです。しかし2000年代のリチュアル・デス・メタル・ムーブメントも通過したような感触でもあるSPECTRAL VOICEよりももっとオールドスクール感が強く、ドゥーム・パートは初期CATHEDRALや北欧デス・メタルの陰鬱旋律のような倦怠感に満ちていて、さらにロウなドラミングによる疾走パートの爆発力もあり、東京ANATOMIA、スペインATARAXY、初期KRYPTSなどのファンには非常に聴き応えのあるグルーミー・デス・メタルです。全4曲で20分超の圧巻デビュー・デモ!!



triumvirfoul-st.jpg



・TRIUMVIR FOUL - S/T CD 税込1,944円 (Blood Harvest)

当店には先に2ndアルバム Spiritual Bloodshedが入荷していたUSポートランドのデス・メタル・バンドの2015年1stフル・アルバムです。SWALLOWED / Emptiness Prod.のSamu氏(昨年、可愛い彼女とひっそりと観光で来日)によるデザインのロゴがかっこよくて入れた前述の2ndアルバムが良かったので好印象だったバンドですが、Blood Harvestからの本作1stアルバムも入荷できました。

黒く暗いデス・メタル・バンドで、基本的に1stも2ndも変わりないかっこよさですが、こちらの1stの方がより暴力性の強い激しさとなっています。2ndを聴いた時は、ANAELメンバーによるCHARONや、EXCORIATEメンバーによるVENENUMといった、Sepulchral Voiceのジャーマン・バンドを思い出したけど、こっちの1stは、DEGIALやVORUMといったSepulchral Voice所属の中でも北欧のバンドに近い感じがあります。ロウなドラミングと邪悪Vo.のマッチや、重厚だけど冷たいギター・サウンドなど、凶暴性はブラック・メタルにも近く、FLAME ACAUSAL, REPUGNANT, EXCORIATEなどのファンにもたまらないのではないでしょうか。あと、やっぱりSWALLOWEDも脳裏をよぎります。王道の北米スタイルとは似て非なるけど、とにかくかっこいい!!オススメ!!



sufferinghour-inpassing.jpg



・SUFFERING HOUR - In Passing Ascension LP GOLD VINYL 税込2,592円 / CD 税込1,944円 (Blood Harvest)

USミネアポリスで2011年に結成されたCOMPASSION DIESというバンドを母体とするデス・メタルの1stフルレングス・アルバム。豪快そうなメンバーのルックスから受ける印象とは違ったサウンドが飛び出してきて、なかなか面白いバンドだと思います。スウェーデン Blood Harvestからのリリースで、セールスも好調のようで、今回入荷したものは2ndプレスのゴールドビニールです。

まるでAjna Offenssiveや北米バンドのような冷たさのあるギター・サウンドが、時にはNEGATIVE PLANEのようなサイケデリックなムードまで醸し出すデス・メタルは、ラストまでかなり聴き応えがあります。しかし聴き終わった最後にはドッと疲れが出るようなリチュアル・デス・メタルのダークネスではなく、しかもブラック・メタルの手法は用いてなくて、デス・メタルのフレーズとリフでプログレッシブ(&ちょっとコズミック)に構成したサウンドは、THE CHASMのファンなどにもオススメです。嫌みな言い方すれば、これでスウェーデンMetal Of Deathバンドみたいなスリムでかっこいい連中だったら、すぐ人気出るんじゃないでしょうか。でも中身はMetal Of Death連中にも全く引けを取ってないくらい、かっこいいぜ!!



valdrin-twocarrion.jpg



・VALDRIN - Two Carrion Talismans LP 税込2,484円 / CD 税込1,944円 (Blood Harvest)

USオハイオ州シンシナティで2007年に結成されたDAWN OF WOLVESというバンドを前身とするブラック・デス・メタル・バンドの、2018年にBlood Harvestからリリースされた最新2ndアルバム。現在のBlood Harvestはリリース量が並みじゃなく、オーダーも商品解説も体力ある時じゃないとかなりしんどいタフな仕事なんですが、この作品はジャケットのあまりの素晴らしさに、「これはジャケのかっこよさに賭けて試聴せずにオーダーしてみよう」と、ズルい手を使い適当な枚数でオーダーしちゃいました。そしてそれは良い意味で大失敗でした。まずPC画面で見てたイメージ画像よりもジャケットの現物はとても素晴らしくて、こういう音楽が好きな人ならば間違いなく惹かれるであろう圧巻のアートワークなので、聴く前から期待に胸が膨らみますが、サウンドがまた最凶にユニークなプログレッシブ・ブラック・デス・メタルで、文句なしの大推薦盤death!!ちょっとしか入荷してないんですけど、、、。次はもっとオーダーしときます。

やはり業界でも評価は高く、最後期EMPERORなどを例に挙げて、シンフォニック/メロディック・ブラック・メタル新世代の傑作との呼び声が多いです。確かにEMPERORのラスト・アルバムのようなプログレッシブ且つメロディックな感じは随所にあるんだけど、でも北欧の美意識とは違うような狂気もどこか感じられて、NOCTURNUS, AFTER DEATH, ABSU, etcのようなアメリカン・バンド特有のサイケな美意識にも通じるところがあるかと思います。とにかく、ジャケットもサウンドも、これだけ気迫が充満して両立してる作品は久々のような気がします。グレートー!!



funerealpresence-achatius.jpg



・FUNEREAL PRESENCE - Achatius LP 税込2,592円 / CD 税込2,160円 (Ajna Offensive / Sepulchral Voice)

NEGATIVE PLANEドラマーBestial Devotion氏によるブラック・メタル・バンド FUNEREAL PRESENCEの、前作1stアルバムから5年ぶりとなる最新2ndアルバム。NEGATIVE PLANEの認知度と評価が世界的に高まってきたころ、その後に続くかのようにこのFUNEREAL PRESENCEも作品を発表して、NEGATIVE PLANE信者を虜にしましたが、両バンドともここ数年はライブ活動に専念して作品の制作はしばらくありませんでした。本作は発表直後からアンダーグラウンド・シーンで大絶賛されているけど、新作に飢えていた信者ならずとも、この完璧に確立されたブラック・メタル・サイケデリアにはノックアウトされることでしょう。前作の完成形とも言える素晴らしい内容です。

とりあえず、オープニングからまるでNEGATIVE PLANEそのまんまなサイケデリック・ブラック・タッチなんですが、しかしNEGATIVE PLANEよりもプリミティブなブラック・メタルの割合が強いです。と、ここまでは前作1stの解説をそのまま使ってもなんら問題のない作風だけど、ドラミングはよりロウにドッカドカで、そしてあの妖艶なギター・メロディーが作り出す耽美な暗黒美はより儚く切なくなっていて、つまり原始性と美意識という相反する二面性のどちらもが見事なまでに前作以上に研ぎ澄まされています。こんなにプリミティブで暗いのに、隙間を埋め尽くしてないので重くなく、そして下品に汚くなくて、1st入荷時に頑張って分析を試みて他バンドと共通する要素を挙げて解説してみたけど、もうそういうの必要ないでしょう、このバンドとNEGATIVE PLANEには。現代のロウ・ブラック・メタルの最高品質の1つと断言したい大傑作!!


02 | 2019/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR