RECORD BOY

Death Masters!!






・ALTAR (Netherlands) - Youth Against Christ DIGIPACK CD 税込1,944円 (Urubuz / Marquee)

THANATOS, ASPHYX, PESTILENCE, SINISTER, etcの初期オランダ・デス・メタル代表格と同期のベテラン・バンド ALTARの1994年発表1stアルバム、Urubuz / Marquee Records盤再発CDです。オリジナル盤はDispleasedからのリリースで、Displeased消滅後はしばらく入手できない状態でしたが、1992年の1stデモもボーナス収録した全13曲入りで再発されました。


Tracks 1-9 : Youth Against Christ ALBUM (1994年)
Tracks 10-13 : "And God Created Satan To Blame For His Mistakes" DEMO (1992年)


USデス・メタル・スタイルのファットでグルーヴィンなブルタリティーは、CANNIBAL CORPSEからの影響を強く感じさせるpreブルデスな90's初期デス・メタル・サウンドですが、タイトルにも表れている反キリスト主義のアティチュードは、DEICIDEに強くインスパイアされたものだったそうです。起伏の激しい曲構成をダイナミックに叩き出していて、ブラスト・パートの破壊力は現代のブルデスにも劣ろないどころか、初期デス・メタル・バンドならではの生身のパワーも備えてるので相当アグレッシブです。恥ずかしいくらいモノ凄~く幼稚な例えをしてしまうと、アルバムのオープニングを飾る名曲 Throne Of Fireは、MORBID ANGELとSODのミックスみたいなところもあるので、オールドスクール・ファンも多く抱えてるのかと思います。ボーナスのデモは、さらにヨーロッパのバンドらしい粗野なダイナミズムが爆発しているので、デスラッシュな疾走感もブラスト・パートも、よりオールドスクール感が強くてカッコいいです。ダッチ・デス・メタル・ファンも初期ブルデス・ファンも必聴の名作!!







・ALTAR (Netherlands) - Ego Art DIGIPACK CD 税込1,944円 (Urubuz / Marquee)

こちらは1996年発表2ndアルバム、Urubuz / Marquee Records盤再発CDです。1stアルバム同様オリジナル盤はDispleasedからのリリースで、こちらは2000年スタジオ録音とライブもボーナス収録した全14曲入りで初再発されました。

このアルバムからMYSTO DYSTO ~ MANDATORのギタリストが参加したせいか、感触は相変わらずブルータルなデス・メタルだけど、曲調は前作1stアルバムよりもかなりスラッシーです。フロリダSOLSTICE, Get What You Deserve辺りのSODOM, そしてAriseの頃のSEPULTURAをミックスしたような曲調は、日本だったらデス・メタラーよりスラッシュ・メタル・ファンに人気が高まるタイプでしょう。アルバム・タイトル曲 Ego Artのサビ部分なんて、デス・メタル・バンドは普通やらないキャッチーなSODOM風パンキー・ドライヴィン・パートです。90'sデスラッシュ・メタル・ファンにもオススメ!!







・SICKENING GORE - Destructive Reality DIGIPACK CD 税込2,160円 (Marquee)

Vic RecordsからデモがCD化再発されていたREACTORを前身とするスイスのデス・メタル・バンドが1993年に唯一残した音源の8曲入りアルバムが、ブラジルMarquee RecordsからデジパックCDで再発。オリジナルはMassacre RecordsからCDとカセットでリリースされて、90'sデス・メタルCDが軒並み高額レア盤化してる現代でもさほど高騰してるようなものではないようですが、バンド名、ジャケ・センス、そしてサウンドともに申し分ないカルトな内容でグレートです!!

フロリダ・デス・メタル影響下ユーロ・デスといった感じだった前身のREACTORもかっこよかったのですが、こちらのSICKENING GOREはもっとグラインド・デスに近づいたロウ・デス・メタルでかっこいいです。いきなりNAPALM DEATHっぽいリフでスタートした後は、SINISTERがブルデス感触を無くしてちょっとロウ・アグリーになったようなタッチで、REPULSION的なハードコア・テイストの疾走感も絡めながら突進するユーロ・デス・メタル。Dark SymphoniesやVic Recordsのデス・メタル再発盤を満喫している方はぜひチェックしてほしいリイシューdeath!!







・CADUCITY - The Weiliaon Wielder Quest CD 税込2,160円 (Marquee)

1989年結成ベルギー出身デス・メタル・バンドの、1995年発表1stアルバムがブラジルMarquee Recordsから再発。オリジナルはShiver RecordsからCDのみで発売されて、初期デス・メタル・マニアには人気のあるレア盤です。オムニバス提供曲をボーナスで追加した全14曲入り。

ジャケット・アートもサウンドもカルトと呼ぶにふさわしい素晴らしい作品で、メロディーも展開も屈折したプログレッシブなデス・メタル・サウンドは、ジャーマンATROCITYの初期デス・メタル時代を彷彿させます。しかしもっとフィンランド・デスのシックネスやダッチ・デスのアヴァンギャルド感に近い雰囲気も匂わせていて、ATROCITYのインテリジェンスにはない変態性が最高です。特に後半の前衛性は聴き応え満点!!変態だけど。オランダMOURNINGなどのファン必聴&Dieeeggghh!!!







・INVERTED - The Shadowland CD 税込2,160円 (Marquee)

ヨーテボリ地方でデス・メタルをプレイした最初のバンドの一つとされるスウェディッシュ・デス・メタル・バンド INVERTEDの1996年発表1stフル・レングス・アルバム再発CD。オリジナルはMYSTIC CHARMなどもリリースしていたベルギーのShiverからCDとカセットで発売され、このブラジルMarquee RecordsによるCDが初の再発となります。

Wild Ragsからの1st EPとデモなどをまとめたコンピレーション・アルバムが以前にToo The Deathからリリースされて当店でも好評だったバンドです。フォーキー・エピックなメロディーが耳を惹くスウェディッシュ・デス・メタルで、ヨーテボリのバンドらしい叙情性が素晴らしいのですが、AT THE GATESのような華やかなりし90'sスウェディッシュ・デス・メタルの表舞台にはたどり着けなかったバンドならではのマイナー臭が充満していて、そこが北欧カルト・デス・メタルとしては絶品級の輝きを放っている作品だと思います。牧歌旋律を基調としたメロディック・パートは、スウェーデンGBGデス・メタル信者ならば思わずコブシを握りしめることかと思いますが、直線的な疾走感よりももっと沈み込むように展開して突き進んでいく様は、案外フィンランド・デス・メタルの陰鬱叙情が好きな人にもオススメできるかと思います。スカンジナビアン・アンダーレイテッド・デス・メタル・クラシック!!



cardinalsin-spiteful.jpg



・CARDINAL SIN - Spiteful Intents TAPE 税込972円 (Blood Harvest)

お待たせしました、再入荷death!!!

遂に再発!!!カセットだけでだけど。。。オリジナルCDは人気のレア盤だし、ヴィニール化も今まで1度もなってないから、もっとちゃんと再発すべき名作ですが、まぁ仕方ありません。故Jon Nodtveidt氏のパートナーとしてDISSECTIONの1stアルバム The Somberlainに参加していたギタリスト John Zwetsloot氏が、The Somberlain制作後にDISSECTIONを脱退して結成したCARDINAL SINの唯一の作品となった1995年録音4曲入りEPです。ここ数年は極度に流通激悪レーベルになってしまったスウェーデンのBlood Harvest Recordsからの再発で、赤シェル&黒シェル各100本の限定200本生産。カラーはランダムで販売させてもらいます。

DISSECTIONで表現した叙情旋律がより繊細に際立ったような北欧フォークロア土台のメロディック・デス・メタルは、故Jon Nodtveidt氏の伝説的な狂気キャラクターのイメージがまとわりつくDISSECTIONよりも透明感が強く、スラッシーな疾走感とドラマチックな展開は北欧メタルの伝統的スタイルの継承も随所に感じさせ、 John Zwetsloot氏の才能とセンスを凝縮したようなスウェディッシュ・メロディック・エクストリーム・メタル最高峰の一つと言っても過言ではないでしょう。







・OSSUARY INSANE - Part III : Decimation of the Flesh LP RED VINYL 税込2,484円 (Blood Harvest)

USミネソタのデス・メタル・バンド OSSUARY INSANEのデモ音源2種をまとめたLPが、スウェーデンBlood Harvestから限定300枚でリリース。タイトルも似ていてややこしいですが、以前に入荷していたPart I-Possession of the Flesh LPとは別内容で(Part IとPart IIIの意味は不明。今のところ、Part IIは出てないはず)、こちらは2006年のプロモ・デモと1995年に前身のOSSUARY名義で発表した唯一の音源を収録しています。今回はレッド・ビニールで入荷。


Tracks 1-3 : "Bottom Feeder" Promo Demo (2006年)
Tracks 4-6 : OSSUARY "Fallen to the Pits" Demo (1995年)


Part I-Possession of the Flesh LPを聴いた時は、MALEVOLENT CREATIONのファンなんかにもオススメできそうなソリッドなダイナミズムも感じましたが、楽曲自体はペンシルバニアやNYのデス・メタルにも通じるブルタリティーに近かったような気がしました。こちらのコンピレーション・アルバムで聴けるデモは、そのUS東海岸のダークなブルタリティーが強く、尚且つより邪悪性も高いアグレッションがかなり渋いです。MORPEHUS DESCENDS, IMMOLATION, VITAL REMAINS, INCANTAION, さらにはロウなドラム・サウンドによるカオティックな黒さは、ちょっとORDER FROM CHAOSすら脳裏をよぎります。USバンドらしいデンジャラスなアングラ・デス・メタル好きには、Part I-Possession of the Fleshと併せて絶対にオススメのカルト・バンドdeath!!

UNFADED - S/T CD




・UNFADED - S/T CD 税込1,296円

奈良のハードコア・バンド UNFADEDの6曲入りCD。デモCDに続いて今回も自主制作リリース。

ネオクラストと呼ばれる、哀愁エモーショナルなメロディーをオールドスクールな疾走感とダークネスに乗せたハードコア・サウンドは、ENVY以降のジャパニーズ・エモ・スラッシュ・ファンにオススメ!!メンバーの実直な姿勢にも大変好感が持てます。

01 | 2019/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR