RECORD BOY

Extreme Japan!!


sexmessiah-eastern.jpg



・SEX MESSIAH - Eastern Cult of Sodomy REGULAR LP 税込2,916円 / CD 税込1,728円 (Nuclear War Now!)

CDもようやく到着しました!!

2008年の結成から10年の節目に発表されたジャパニーズ・ブラック・メタル、SEX MESSIAHの1stフル・アルバム。留まることのなかったMoenos氏のエクストリーム・ミュージックへの探究心が凝縮されたような、まさに集大成と呼ぶに相応しい内容です。

"Holy Death"の再録を聴けば瞭然で、まずはサウンドの素晴らしさに圧倒されます。ソロ・プロジェクトでノイズにもチャレンジするMoenos氏らしい電子音アプローチもトッピングされてますが、それ以前にバンド本来のアンサンブルが飛躍的に向上して、各パートの実力が遺憾無く発揮されています。Moenos氏が単身で非人間的なサウンドを研ぎ澄ます活動を始めたのが、よりバンドのサウンドも高めているように感じます。そしてその結果、Moenos氏にとっては嫌な言い回しに思われるかもですが敢えて褒め言葉として使わせてもらうと、絶妙なキャッチャーさも生まれ、メタルもパンクもアヴァンギャルドも確実に血肉としたモノ凄いピュア・ファッキン・トゥルー・ブラック・メタル・アルバムを完成させました。ex.SEX MESSIAH / 現DISTURDのNassan072氏による圧巻のアートワーク含めて壮絶すぎる作品です!!!



diarrhea-anal.jpg



・DIARRHEA - Anal Torture Grind CD 税込1,296円 (Obliteration)

90年代東京デス・メタル・シーンで活躍したミュージシャン2人による完全オールドスクール・グラインドコア DIARRHEAの8曲入りCDがObliterationからリリース。歌詞テーマはファニーでも、REGURGITATE, REPULSION, TERRORIZER, MORTICIAN, BLOOD DUSTER, PHOBIA, etc、メンバーが昔影響を受けたサウンドをミックスしたようなサウンドは、まさに本格派ピュア・フィルシー・グラインド!!DIARRHEA結成に至るまでの90年代の写真や当時の秘話なども語ったインタビュー形式ライナーは、ジャパニーズ初期デス/グラインド・ファンにはかなり面白いものだと思いますので必見必読。デス・メタル・ファンからノイズコア・グラインド・ファンにまでオススメdeath!!

RITUAL CARNAGEのオリジナルメンバーで日本が世界に誇るブルータルデスメタル、VOMIT REMNANTSの初期デモ2本でのメンバーだった澤田とINTESTINE BAALISMの初期メンバーで現在活動中のMYOCARDIAL INFARCTIONのドラマー、宮田氏と90年代にSAPROGENIC ENTRAILSを結成していた野本が21世紀以降に結成したグラインドコアバンド。元祖グラインドコア、REPULSIONのようなRawで野蛮なサウンドをベースにBLOOD DUSTERのデモ音源時代や初期のCARCASSなど後期80~初期90年代のデスメタル、グラインドコアがまとっていたアンダーグラウンドの腐臭をプンプンと臭わせるお下劣下痢便なグラインドサウンド。8曲入りデヴューミニアルバム。日本で初めてアメリカのMorrisoundで録音した経緯や90年初期のデスメタルシーンなどについてメンバーが語ったライナー付き!! (インフォメーションより)



vivisection-1993.jpg

・VIVISECTION - 1993-1994 CD 税込1,620円 (ZAS Autoproduzioni)

再入荷!

CORBATA, WORLD DOWNFALL, FINAL EXIT, ABRAHAM CROSS, etcでも後に活動したメンバーが90年代初期に短期間やっていた東京グラインドコア・バンドのディスコグラフィーCDがイタリアのレーベルからリリース。

Tracks 1 - 6 : Live at Kouenji 20000V 1994
Tracks 7 - 10 : Split 7” with CSSO
Tracks 11 - 16 : Split 7” with ENOLA GAY
Tracks 17 - 19 : Demo 1993
Tracks 20 - 25 : V.A. GrindWork
Tracks 26 - 33 : Live

サウンドはクラスト・ノイジーで、SIEGEカバーにも現れてる通り、ハードコアを基礎にしたスピードコア以上デス・メタル未満な、まさに世界水準のアーリー・グラインドコアが今聴いても素晴らしいクオリティです!!ちょっと名古屋NAUSEAにも通じるところも感じます。Blurred RecordsからGENOCIDE SSとのSplit EPも出てましたが、故Mieszko Talarczyk氏 (NASUM, GENOCIDE SS, etc)との交流などにも触れたライナーノートも必読。

DarkNess DeathCent!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、Dark Descent関連商品が大量に到着していましたので、先ほどようやく終了しました。地獄のようなデス・メタル・アップデート定休日でした。。。



corpsessed-impetus.jpg



・CORPSESSED - Impetus of Death CD 税込1,836円 (Dark Descent)

LIE IN RUINS, PROFETUS, WORMPHLEGM, etcのメンバーから成るフィンランド・デス・メタル CORPSESSEDの2018年発表2ndフル・アルバムCD。VANHELGDのギター&VoのMattias Frisk氏によるアートも素晴らしい仕上がりです。

INCANTATIONフォロワー最盛期の頃はよりアンビエンタルな音圧派が主流で、リズムも埋もれるくらいに真っ黒な音塊のバンドが多かったですが、近年はそういうスタイルも減ってきて、どちらかと言うとそういったタイプに近かったこのCORPSESSEDの新作もリズムがクッキリしてオールドスクール・デス・メタルの輪郭がより際立っています。そこにメロディックなフレーズやエピックなパートも絶妙に織り交ぜ、ペンシルバニアやUS東海岸デス・メタル・バンド群にはない叙情性も武器として、INCANTATION影響下スタイルの多いフィンランド・デス・メタルの中でも高いクォリティーの作品となっています。



devouringstar-thearteries.jpg



・DEVOURING STAR - The Arteries of Heresy LP SWIRL VINYL 税込2,916円 / CD 税込1,836円 (Dark Descent)

フィンランド・ブラック・リチュアル・メタル DEVOURING STARの2ndアルバムがDark Descentからリリース。前作 Antihedron EPが入荷した際は、素性不明と言いましたが、どうやらKRYPTSに新しく加入したギタリスト J. Lilja氏のワンマン・プロジェクト的バンドのようです。アナログ盤はDLコード付きで、今回はスモークがかったSWIRLワックスで入荷しました。

DEATHSPELL OMEGA関連バンドも彷彿させる不協和音リフなども使いつつ、VASSAFORやIRKALLIAN ORACLEなどのデス・アンビエント・タッチのリチュアルな手法で表現した、まるで昨今のリチュアル・デス・メタルの集大成のような圧巻サウンドです。これはそのテのファンにはたまらないでしょう!!ドゥーム・テイストが極悪なところが、いかにもフィンランドな味わいでしょうか。KRYPTSがブラック・メタルに寄ったらまさにこんなでしょう。NWN!のリチュアル・デス・メタル作品が好きな人にもおすすめdeath!!



vanhelgd-deimos.jpg



・VANHELGD - Deimos Sanktuarium LP CLEAR VINYL 税込2,916円 / CD 税込1,836円 (Dark Descent)

近年は他バンドのアートワークでも引っ張りだこで多才っぷりを発揮しているMattias Frisk氏がギター&Vo.で率いるスウェディッシュ・デス・メタル・バンド VANHELGDの2018年発表5thアルバム。アナログ盤はDLコード付きで、今回はltd.200枚クリア・ビニールで入荷しました。

リチュアル・テイストをINCANTATION型の冒涜性とミックスして地獄アンビエンタルに深化する手法はそろそろ出尽くした感ががありますが、VANHELGDはそれらとは異質の2000年代型ダークネスを、スウェディッシュ・デス・メタルの伝統的叙情と完璧に融合しています。前作 Temple of Phobosはスピードを落としたエピック・ドゥーミーなアプローチの印象も強かったけど、本作を聴くことによって、彼らの叙情性はスウェディッシュ・デス・メタルの王道に常に乗っ取ったスタイルで一貫していたことに気付きました。なんと言いますか、まるでDISSECTIONやEUCHARISTのメロディック・フレーズを現代のリチュアル・デス・メタルに乗せたような感すらあるのです。プログレ化に完全にシフトする前の、TRIBULATIONなどのファンにもオススメ。素晴らしい!!



malthusian-across.jpg



・MALTHUSIAN - Across Deaths DIGIPACK CD 税込1,836円 (Dark Descent)

MOURNING BELOVETH, ABADDON INCARNATE, ALTAR OF PLAGUESなどのメンバーから成るアイルランド・ダブリン出身ブラック・デス・メタル・バンドの1stフル・アルバムCD。ノーマークでしたが、過去にリリースしているデモとEPはリチュアル・デス・メタル・マニアには高く評価され既に注目を集めていたようです。これはそんなマニア達も大満足なアルバムに仕上がったのではないでしょうか。久しぶりに壮絶アグレッシブなリチュアル・デス・メタル・アルバムを聴いたような気がします。

フューネラル・ドゥーム・メタル・マニアに人気の実力派 MOURNING BELOVETHメンバーも居ますので、エピックなリチュアル・サウンドを想像してましたが、これが無慈悲なまでに激烈です。オカルティックなプリミティブさは希薄で、北米バンドの冷たい邪悪さにも通じるけど、終始圧倒されるのはサイコパスなまでのアバンギャルド感。まるで、IMPETUOUS RITUALとSTALAGGHの融合のようにも聴こえてきます。GRAVE UPHEAVALやMITOCHONDRIONなどのファン大注目株death!!



ritualnecromancy-disinterred-lp.jpg



・RITUAL NECROMANCY - Disinterred Horror LP GOLD VINYL 税込2,916円 / CD 税込1,836円 (Dark Descent)

アナログ盤ようやく入荷!!

KNELT ROTE, WEREGOAT, etc多くのバンドで活動するKevin Schreutelkamp氏他、SEMPITERNAL DUSK, RITES OF THY DEGRINGOLADE, etcのメンバーが結集するUSオレゴン・ポートランド出身デス・メタル・バンド RITUAL NECROMANCYの2018年発表2ndフル・アルバム。DLコード付きで、今回は初回プレスのゴールド・ビニールで入荷しました。CDも再入荷しています。

2009年の1stデモの時から入荷させてきて、今では北米アンダーグラウンド・エクストリーム・メタル・シーンの象徴のような存在となっていますが、意外なことにデモ/アルバム/EPの全て含めてもこれがまだ通算4作目です。INCANTATIONウォーシップ・デス・メタルが、ベスチャル・デス/ウォー・ブラック/ドゥーム・デス/アンビエントetcとリンクして世界中で猛威を振った2010年代前半から、このバンドはわき目も振らずひたすらINCANTATION崇拝の原理主義に乗っ取ったスタイルを貫いてきましたが、今回もその手法に全く変化なく深化を遂げています。地獄のような暗黒の重苦しさの果てに荒涼とした黄昏れも見え隠れして、以前よりもスロウなパートの比率が若干増したようにも思えてきます。テクニカルに爆裂するファスト・パートはMORBID ANGELなどのSci-Fiデス・メタル的なフレーズ/キラー・リフで構成してるけど、終始土石流に埋もれたような暗黒さが失せることは一切ありません。現代プリミティブ・デス・メタル最高峰!!のひとつではないでしょうか?



morgengrau-blood.jpg



・MORGENGRAU - Blood Oracle CD 税込1,836円 (Unspeakable Axe)

2010年結成USテキサスのデス・メタル・バンドの2ndアルバムCDが、Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからリリース。Voとギターを担当してバンドの中心的存在であるErika Morgengrau氏は、Dark Symphoniesオーナー Ted Tringo氏率いる驚愕のビューティフル・ネオクラシカル・ダークウェーブ・バンド AUTUMN TEARSの結成時メンバーとして10年弱の間ボーカル/キーボード/作曲を担当し、またテキサス正統派メタル IGNITORにもシンガーとして在籍していた、男社会のヘヴィメタル・シーンに於いて非常に珍しい女性マルチ・プレーヤー・メタルヘッズです。

MORGENGRAUのサウンドはASPHYXの影響を感じさせる、オールドスクールなデス・メタルのパーツで構成しつつも淡々とした黄昏れた冷たさが漂うのが特徴で、やはりASPHYX影響下から独自のエピック・デス・メタルへと深化しているスペインのATARAXYのファンにはかなりオススメです。INCANTATION影響下の暗さもあるけど、音圧で埋もれさせる2000年代以降のタイプではありません。サウンド・エフェクトに依存して重苦しさを競う現代のlowデス・メタル競争化に呑み込まれていない女性メタルヘッズの存在は貴重で頼もしく、また見習うべきなのではないでしょうか。AUTUMN TEARSも併せて買えよ!って意味death!!



actofimpalement-perdition.jpg



・ACT OF IMPALEMENT - Perdition Cult CD 税込1,836円 (Unspeakable Axe)

USナッシュビル出身、これまでデモやEPのリリースを重ねてきた2012年結成デス・メタル・バンドの1stフルレングス・アルバム9曲入りCDです。Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからのリリース。

ドゥーミー・ステンチな重厚さのオールドスクール・デス・メタル・サウンドはASPHYXからの影響を感じさせます。スロウ・パートのドゥーム・テイストがCELTIC FROSTテイスト満点で、ハードコア・デス・クラスト・ファンにもけっこう人気が出そうな感じです。激烈パートの突進力も素晴らしく、スペインATARAXYの初期やHAIL OF BULLETSなどのファンに間違いなくオススメdeath!!



molder-anact.jpg



・MOLDER - An Act Of Revenge CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe)

2017年に結成されたばかりのUSシカゴの新人デス・メタル・バンド。無名/若手バンドの門戸を開くようなスタンスのリリースが多いUnspeakable Axeからの5曲入りCDです。

Vo.がChuck SchuldinerやJohn Turdyタイプの正統派ガテラル・デス・シャウトで、楽曲も初期DEATHからの影響を感じさせるオールドスクールな疾走感とSLAYER起源のテクニカル・リフで構成されています。一緒に届いたチリのBLOOD OATHもDEATH影響下だけど両者がまるで違うのは面白くて、こちらはスロウ・ドゥーム感は無いけど若干AUTOPSYテイストの鈍さも感じさせるのがポインです。その要因は言うまでもなくドラミングで、ここのドラマーはなかなか良いタイム感で突き進みます。DEATH, OBITUARY, AUTOPSY, etcの正統派アメリカン・デス・メタル好きにオススメdeath!!



bloodoath-theline.jpg



・BLOOD OATH - The Line Between CD 税込1,620円 (Unspeakable Axe)

チリの新人デス・メタル・バンドの初の公式流通作品となる6曲入りCDが、Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからリリース。無名/若手バンドの門戸を開くようなスタンスのリリースが多いUnspeakable Axeらしいオールドスクールなデス・メタル・バンドです。

楽曲や演奏は十分に平均点を上回っているので、音圧でねじ伏せるタイプのデス・メタル作品に耳慣れてると、こういうシンプルなサウンドにはいささか物足りなさを感じてしまう人も居るかも知れません。ちょっと行儀の良いソツのなさはありますが、それも目をつぶらざるを得ない技術力の高さが最大のポイントの新人デス・メタルです。特にギタリストのテクニックはファースト・リリースにして申し分ないクォリティーで、これでDEATHみたいにドラムが良くも悪くも個性的なプレイヤーだったら、いきなり1st~3rdまでを凝縮したDEATHのような作品になっちゃってたかも知れません。アメリカン・オールドスクール・デス・メタル・ファンはぜひチェックを!!



gravewards-ruinous.jpg



・GRAVEWARDS - Ruinous Ensoulment CD 税込1,836円 (Unspeakable Axe)

Dark Descentの兄弟レーベル Unspeakable Axeからリリースされた2015年結成ギリシャ・アテネのデス・メタル・バンドの1stフルレングス・アルバムCD。個性的なスタイルで世界中に信者の多いギリシャのデス・メタル・バンド新鋭ということで、しっかりと心構えて迎え撃ったつもりでしたが、予想と違うスタイルで面喰い、そしてノックアウトされました!!もっとオーダーすべきだった。。。

まー、ホントはデス・メタル・モグリの自分には非常に解説しづらいサウンドなんですが、別に奇をてらったようなタイプでなく、むしろ各パーツはオーソドックスすぎて適格な表現が出来ません。土台は非スラッシュだけどリフはSLAYER起源テクニカル、ATHEISTのテクニカル・メロディック・ギターでRIPPING CORPSE化したような直線的な疾走感もあるけど、それよりもBOLT THROWERがエモーティブになったようなダイナミズムが印象的で、そこに北欧メロディック風リフが絡むと、なんかちょっとMOLSTEDみたいでもあって、とにかくこれはカッコいい!!Vo.はTom Gスタイルではないけど、曲がダイナミックなんでなんかちょっとUSURPERみたいな感じもなくはない。バルチモア/メリーランド近辺のハードコア・ファンにも人気出そう。とにかく聴いてもらいましょう。大注目death!!

Japanese Grinding Death!!




・CAASSIMOLAR - Demo 2018 CDR 税込500円

注目の東京産HM-2デス・メタル CAASSIMOLARの3曲入りデビュー・デモCDR!!ロゴからもお分かりの通りDISMEMBERから強く影響され、NIRVANA2002やINTERMENTなども視野に入れた超スウェディッシュ・スタイル・デス・メタル。このメンバー構成からも興味が湧かないわけがありません。

Vo - Bo)))b-o Sakai (ex-SETE STAR SEPT,ex-200% etc)
Gu - Atsushi Amano (ex-Red Ran Amber,ex-324, etc)
Ba - Motsu A (Slumber Syndorome, etc)
Dr - Kenji "Kerry" Ide (SIGNS OF SIN,ex-SCOTOPHOBIA, etc)





・CORBATA - Un Odio Sin Fin CD 税込1,080円 (Bloodbath)

以前に自主製作CDが入荷していた東京グラインドコア CORBATAが、老舗レーベル Bloodbath Recordsから新作2nd CDをリリース。VIVISECTION, I.R.F., SPIRAL, REALIZEDといった、90年代に活躍した関東のグラインドコア・ミュージシャンらによるバンドで、サウンドはジャパニーズ・ハードコア・テイストもあるストロング&キャッチーな爆走グラインド。クラスティーな疾走感のグラインディング・スラッシュが好きな人は必聴です!!

東京グラインドコア CORBATAのセカンドアルバムCD。
自らコンピレーションを企画したり、海外へも積極的にツアーに行ったり、東京グラインドコアシーンを積極的に牽引しているCORBATA。
本作は、グラインドコアとしか形容のしようのない怒涛の10曲が詰め込まれています。
メンバーの元VIVISECTION、元I.R.F.、元SPIRAL、元REALIZEDといった経歴を見ただけでも充分納得の内容です。
現在の3名編成になって初の音源。過去の名曲も再録で収録。限定300枚プレス。
(インフォメーションより)

Japanese Hardcore Punk!!




・MALIMPLIKI - Libervola 7" 税込900円 (Hardcore Survives)

先に発売されたディスコグラフィーCDも好評だった東京/静岡女性3人組ノイズ・ロウ・パンク・バンド MALIMPLIKIのEPが、Hardcore Survivesからリリース。ディスコグラフィーCDにはもちろん未収録の最新作です!!ジャパニーズ・クラストならではのノイズ・スラッシュに、アバンギャルドな感覚もミックスした、原始性と前衛性が同居した現代的なロウ・パンク・ノイズ・ハードコア!

with EXOTICA (from NYC)と軌跡を残したジャパンツアーも記憶に新しく、単独作品としてはACCLAIMからの1st 7"ep以来になり、GREAT DANCEからリリースされたDiskografio CDにも未収録の2nd 7"ep音源としてリリース!
東京/静岡のメンバーを擁しながらも各地を精力的に活動をし、アジテートを弛まぬMALIMPLIKI!
タイトル-Libervola-(自由意志)は正しく彼女たちの根幹となっている様を表す!自由とは何か、意思と何か、我々に問い掛けるTOTAL NOIZE MANGEL CRUSHERAARRGGHHH!!!
(インフォメーションより)






・SKITKLASS - Greatest sHits CD 税込2,160円 (Break The Records)

ジャケ色違い2ndプレス入荷!

2017年に突然カセットテープをリリースして以降、旋風を巻き起こしているパンク・バンド、SKITKLASSのディスコグラフィーCDがBreak The Recordsからリリース!!80年代北欧ハードコア・パンク影響下のサウンドは並みのマニアックさではなく、しかしその挑発的な言動は分別のあるオヤジに成り下がった20年前のクソガキ・パンクスへの反抗のようでもあり、昨今では貴重なまでのセンセーショナルなパンクスです!!


1st 7inch EP "KAOS OCH FÖRSTÖRELSE"
01.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA(falsk fred)
02.SKITKLASS
03.SLAKT OCH PLUNDRA
04.VI SKIT-PUNK

2nd 7inch EP "THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES"
05.INTRO
06.EXCLUSIONISM SHIT
07.SOFIE IS PUNK
08.SOCIAL SYSTEM
09.THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES
10.OUTRO

1st CASSETTE "VI SKIT PUNK"
11.SEX, ALKOHOL OCH PUNK
12.VI SKIT-PUNK
13.SLAKT OCH PLUNDRA
14.SKITKLASS
15.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA

2nd CASSETTE "KAOS OCH FÖRSTÖRELSE"
16.KAOS OCH FÖRSTÖRELSE
17.ANTI AUKTORITÄR
18.SEX, ALKOHOL OCH PUNK

3rd CASSETTE "SKIT ISTÄLLET FÖR MUSIK"
19.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA
20.SKITKLASS
21.SLAKT OCH PLUNDRA
22.VI SKIT-PUNK







・CONTRAST ATTITUDE Relentless Assault 2018 U.S. West Coast Tour PHOTO ZINE by SENNA CHANEL 税込1,890円

東京在住の若手カメラマン
SENNA CHANEL氏渾身の写真集!!三重ハードコア・パンク CONTRAST ATTITUDEの2015年USツアーに同行した際のショットを掲載した全108ページ。ツアー先で交流したパンク・バンドも含めて、インターナショナルなパンクスの生き生きした表情がたくさん見ることができます。ファッションの参考にするもよし、海外パンク・シーンの現状を探るもよし、要するに理屈抜きに楽しめる一冊です!!

三重のD-beat Raw Punkバンド CONTRAST ATTITUDEのU.S WEST COAST TOUR 2018をここ数年間、日本のパンクシーンを撮影し続けているフォトグラファーSENNA CHANELがスタッフとして付き添い記録してきましたので、そのツアーのPHOTO BOOKをリリースさせていただきます。gu/voのGORI氏によるツアーリポート、各ライブ、オフショット、スナップ写真含む108ページにも及ぶフルカラーPHOTO ZINE!サイズはB5となります。HARDCORE PUNKが好きな方もアメリカのパンクシーンが好きな方もその雰囲気がビシビシと伝わる興味深い濃い内容となっています!"Limited 300!" 数々のバンドを撮影してきた彼女のこれまでの経験がこのZINEには詰まっている!さらなる高みを目指すSENNA CHANEL渾身のPHOTO ZINEを見逃すな!

108P / B5 / 限定300部

Hardcore Punk Holocaust!!





・ABSOLUT - Demo 2013 12" BLACK VINYL 税込2,916円 / RED VINYL w/PATCH 税込3,996円 (Monolith)

オリジナルのカセット・バージョンが当時入荷してノックアウトされたカナディアンD-Beatメタルパンク ABSOLUTの2013年1stデモが、ヨーロッパ盤で12"ヴィニール化!!ポルトガルのレーベルからのリリースで、とても高い送料をセーブするため伝統的なDIYパッキングで送られてきたせいで少々ジャケ角が打ってるけど、致命的な折れや抜けはなく届きました。ジャケとインナーはけっこうしっかり出来てて、ポスターも付きます。ltd.100枚のパッチ付レッド・ビニールも入荷しています!!

オールドスクール・メタリック・ハードコア LEFT FOR DEAD, ゴリゴリ・ソリッドなリフに殺られた日本のスラッシャーも多かったスラッシュ・メタル・バンド RAMMER, 短命だったけどデス・メタル・クラスト・ファンに高く評価されたハードコア・デス・メタル SLAUGHTER STRIKEなどの他に、MIDNIGHTのサポート・メンバーとしてギターも担当していたJoel F.氏が在籍するモントリオールのD-Beatパンク。Joel F.氏の経歴を知れば、BOYのお客さんに期待するなと言う方が無理ですが、ABSOLUTはその名の通り、ANTI CIMEXウォーシップなD-Beatをやるべくスタートしたバンドでした。そこにJoel F.氏のメタル・ギターが容赦なく絡みついてきて、この2013年デモは本当に目の覚めるような素晴らしい内容でした。その後リリースを重ね、日本でもクラスト・パンク・ファンに徐々に認知されてきていましたが、ドラマーが他界しバンドは惜しまれつつ解散。

今聴いても、BOYがABSOULTに殺られたメタルコアJawbreaker D-Beatロウ・パンク・サウンドはこのデモに凝縮されていたのが再確認できます。流通悪いレコードですが、D-Beatファンも日本ハードコア・ファンもメタルパンク・ファンも全員必聴でお願いします!!!







・ZYGOTE - A Wind Of Knives LP BLACK VINYL 税込3,240円 / CLEAR VINYL w/STICKER 税込4,860円 (Monolith)

AMEBIXのギタリストStig氏とドラマーSpider氏が、最初期AMEBIXメンバーやSMARTPILS (Spider氏がAMEBIX以前にやってたバンド)メンバーといった旧友達と1988年に結成して短期間活動したUKブリストルのダーク・パンク・バンド ZYGOTEの唯一のアルバムとなった1991年発表作が遂にLPで再発。このアルバムはMCR UKからのアナログ盤に数年遅れてドイツEpistrophyからリリースされたCDバージョンがボーナス・トラックを収録していましたが、今回のアナログ盤再発はそのCDバージョンでをLPで初再現しているので、オリジナル盤LPよりも曲が多いです!!ポルトガルのレーベルからのリリースで、とても高い送料をセーブするため伝統的なDIYパッキングで送られてきたせいで少々ジャケ角が打ってるけど、致命的な折れや抜けはなく届きました。ジャケとインナーはけっこうしっかり出来てて、ポスターも付きます。レギュラー・バージョン・ブラック・ビニールが既に割高ですが、さらに値段高いけどltd.100枚のステッカー付クリア・ビニールももちろんスルーなんて出来なかったので張り切って入荷させました!!

昨今のポスト・パンク・ムーブメントからは若干距離を置いてる当店でも、このアルバムは昔から本当に大好きだったので、ポスト・パンクのブームもとてもありがたく感じてますが、ZYGOTEの場合はやはりもっと根底にKILLING JOKEやGANG OF FOUR以前のR&Rがあるので、クラスト/ゴス/ニューウェーブ/パンク/メタルなど幅広い層と世代に(自分らの世代だけかな?)人気があるのかと思います。このアルバムに収録されている "The Man In The Crowd"は、AMEBIXの”Arise! + 2"が2000年に再発された際に初公開された1987年録音未発表曲 "Right To Ride"が原曲となっていて、そのAMEBIXバージョンはまるでOrgasmatron eraなMOTORHEADテイストの激渋なタッチでしたが、このZYGOTEバージョンも本当にかっこいいです。SAMHAIN "November Coming Fire"と並んで、ニューウェーブ/デス・ロック/ポスト・パンク・ファンならずとも、メタルパンク・ファンにもぜひ押さえておいてもらいたいダーク・パンク・トゥルー・クラシックdeath!!

Thrash from the Graves!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、メタル系商品が到着していましたので先ほどカートアップ致しました。


blackvirgin-most-lp.jpg



・BLACK VIRGIN - Most Likely To Exceed LP 税込3,240円 (WYLN)

NYカルト・へヴィメタル BLACK VIRGINの各種作品がアナログ盤各種オフィシャル再発!!以前にハンガリーのレーベルからCDで再発されて当店でもかなりプッシュしたバンドですので、覚えてる人も少なくないのではと思います。褐色の用心棒風体ベーシスト、ウィッチング・ビリーなオバサン・メタルヘッズ・ドラマー、そんなキョーレツな2人にも負けないガッツがみなぎる中心メンバーらしきギターVo.の3人がとてもインパクト強く、そしてサウンドがまたルックス以上の素晴らしさの真性クサレ・パワー・スラッシュ・メタル・カルトです!!

こちらは1986年に発表された唯一のアルバムの再発盤LPです。アメリカン・パワー・メタルの濃厚カルトな部分を抽出したようなサウンドはとにかくキョーレツ。SATAN'S HOSTやDESTRUCTORみたいな、全開のパワーと反比例してるような感触が好きなヘッドバンガーズは必聴&die。女性ドラマーが他パートも巻き込みながら崩壊するようなボロボロの演奏力が輪をかけてカルト臭を強めます。あと、だいたいこういうUSカルト・バンドはローカルなガレージ・テイストが強いけど、このバンドはNYバンドらしい冷たく都会的な質感も非常に面白いです。



blackvirgin-sleghammer-lp.jpg



・BLACK VIRGIN - Sledgehammer Justice LP 税込3,240円 (WYLN)

こちらは1990年に発表したデモ7曲を初ヴィニール化したものです。1stアルバムに比べると幾分真っ当なスピード/スラッシュ・メタルの疾走パートもあって、ユーロ寄りのダークネスで聴かせるオープニング・ナンバーなんて、ちょっとIRON ANGELとARTILLERYのミックスをNYらしい都会的な冷たで演奏してるような感じだし、2曲目はHALLOW'S EVEみたいなメイデン・パワー・スラッシュですが、演奏は相変わらずボロッボロの音質はスッカスカ。ドラムは酷いもんです。でもパワーはやっぱり最高!!コブシを効かせまくるVo.がちょっとリー・ヴィングに似てますが、実際パンク・ファンにもけっこうオススメできると思います。



blackvirgin-44-ep.jpg



・BLACK VIRGIN - 44 Killer 7" 税込1,296円 (WYLN)

このEPはまだ用心棒みたいなベーシストが入る前の音源で、初代ベーシストがVo.も兼任しています。しかもレミーにあこがれてるようなコスプレ・ファッションのこのベーシストのヴォーカルがまるで女性のような甲高い声で、最初聴いた時、ドラムのおばさんが歌ってるのかと思いました。もちろん演奏はヘタクソ、そして空回りパワー全開!!こちらのEPはハンガリー盤コンピレーションCDにも収録されなかった、BLACK VIRGIN作品の中で最もレアな音源です!!



betrayer-grandma.jpg



・BETRAYER - Grandma 2CD 税込2,160円 (Dark Symphonies)

オーストラリアのスーパー・ウルトラ・オブスキュア・スラッシュ・メタル・バンドの作品がDark Symhoniesから再発。1993年にCDでリリースされた1stアルバムと、1991年デモをまとめた2枚組ディスコグラフィーとなっています。あまりにも無名すぎて、まだ中古市場での相場も定まってなく、オリジナル盤はレアなのかレアじゃないのかよくわかりませんが、実は入荷する前からなぜか海外の人にまで、「入荷しますか?予約したいんですけど」なんてメールもらってましたので、ちょっと気になっていた再発盤ではあります。


CD 1 : "Grandma" (1993年)
CD 2 : "Older Than God" (1991年)


しかし、、、ところが、、、これが、、、スラッシュ・メタルの最もダサい部分を凝縮したような内容で、いやはや、クソだせーーーーよーーーー!!!デッケネのカバーやってますが、スラッシュでモテたいからパンキーなテイストも入れてる、みたいな、ほんとカンベンしてほしいタイプで、タイトル曲なんて腹立たしいくらいチャラいです。ま、売り切れたら2度と入荷させないでしょう。



hydravein-after-lp.jpg

・HYDRA VEIN - After the Dream LP MINT GREEN VINYL / YELLOW VINYL 各税込3,240円 (The Crypt)

アナログ盤も再発!

スラッシュ・メタル生誕の地でありながら、他国から明らかに後れを取っていた80年代後期のUKスラッシュ・メタル・シーンで奮闘したHYDRA VEINの1989年発表2ndアルバムが、The Crypt / Dark Symphoniesから限定500枚でLPも再発。ゲートフォルド・スリーブで、ltd.150枚ミント・グリーン・ビニールとltd.150枚イエロー・ビニールの2種入荷しています。

DEATHWISHのリズム隊だったDamon & Nathanの兄弟がDEATHWISH脱退後に結成したバンドで、1stアルバムでは随所にSLAYERリフが飛び出してましたが、実際Damon & Nathan兄弟にはUKからのSLAYERへの回答を狙ってたところもあったそうです。1stアルバムはそこにどこかへヴィメタルのクサレた感覚も漂ってるのもポイントでしたが、本作ではよりアメリカン・スラッシュ・メタルの正統派路線を推し進めたような感じで、FORBIDDENミーツANTHRAXのような感じになっています。1stアルバムではいきなりSLAYERから拝借したようなリフでスタートしてたけど、この2ndはFORBIDDENのパクリ?みたいなハイトーンで幕を開けます。そう言えば、Martin Walkyier氏が離脱した時にブリティッシュSABBATのオーディションも受けていたという故Mike Keen氏のVo.は、ちょっとFORBIDDENのRuss Andersonにも似ています。

しかしHYDRA VEINと言えばなんと言っても毎度素晴らしいジャケ・アートです。R.K.T.スラッシュ・ファンから、初期EaracheやNuclear Blastなどのデス・メタル名盤でもおなじみのDan Seagrave氏の作品の中でも最高の部類と言ってもよいアートワークです。



torr-armageddon.jpg



・TORR - Armageddon CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

Dark Symphoniesからチェコのブラック・スラッシュ・メタル TORRの初期2作品がCD再発。昔は都内のヘヴィメタル輸入盤屋でもLPをチョクチョク見かけた記憶があるので、ブラック・メタルのROOTと並んで比較的日本でもマニアには認知されている東欧メタル・バンドではないかと思います。しかし当時は手を出す勇気がなく、そして今回再発された2作はどちらもCDバージョンが中古市場でとんでもない値段で取引されるコレクターには有名な激レア・カルト名盤として人気が高いと知り、驚いてしまいました(LPはたいしてレアじゃないみたい)。

こちらは1990年発表1stアルバムで、ボーナスとして1990年オムニバス "Death Metal Session"アルバム提供曲と同年EPの曲も追加した13曲入りとなっています。もうこれこそチェコ・メタル!な独特の質感が爆発していますが、曲やフレーズにはけっこうCELTIC FROSTからの影響が随所にうかがえます。じゃぁ、CELTIC FROSTファンにオススメできるか?と言われれば、そう単純な話ではありません。むしろ薦めません。しかし、東欧メタル・ファンを自負するならば全員必聴級の内容です。裏打ちしないスピード、でも重いビートのスロウ~ミドル・テンポ、そして独特の語感で、MASTER'S HAMMERがCELTIC FROST影響下のあまり速くないダーク・スラッシュ・メタルをやってるような感じに聴こえます。1度は行ってみたい、有名なこのセドレツ・ボーン・チャーチで撮影したジャケもウルトラ・クール!!



torr-institut.jpg



・TORR - Institut Klinicke Smrti CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

こちらは1991年発表2ndアルバムです。1stはCELTIC FROST影響下ながらもチェコ・メタル独特の質感が爆発していましたが、この2ndはかなり西欧スラッシュ・メタル、もっと言うとCELTIC FROSTスタイルからDESTRUCTIONスタイルに鞍替えしたようなサウンドになっています。しかし、アクの強いチェコ・メタルの感覚が体質に合わなかったスラッシュ・メタル優等生には、ジャーマン・スラッシュ・タイプになったこちらの2ndが高く評価されているようです。優等生は言い過ぎましたが、東欧メタルの重いビートが、疾走パートにあまりドライブ感を必要としないDESTRUCTION型のジョリジョリ・スラッシュに非常にマッチしていて、NECRONOMICONなどのDESTRUCTIONフォロワー・スラッシュ好きにオススメ!!でもやっぱりチェコ・メタルらしさがぬぐいきれないところが最高です。

Break The Records New Releases






・TRAGEDY - Fury CD 税込1,620円 (Break The Records)

2000年代アンダーグラウンド・ハードコア・バンドで最も影響力のあるバンド、USポートランドのTRAGEDYの2018年新作CD!!日本盤はBreak The Recordsからのリリースです。

それまで海外ではまだ一部のマニアのみに熱狂的に支持されていたジャパニーズ・ハードコア・パンクが、よりインターナショナルに認知度を高めたのはやはりこのバンドによるところが大きかったと思います。一時、かなりメロディックなテイストの方を強めてたけど、今回はTRAGEDY作品史上最高のジャパコア度高い内容ではないでしょうか!!







・BUTCHER - Return To Nothingness PAPER SLEEVE CD 税込1,620円 (Break The Records)

WORLD BURNS TO DEATHのJack Control氏率いるバンドの2018年新作2ndアルバムCDがBreak The Recordsからリリース。前作もゲストで参加していたFORWARDのSouichi氏は本作から正式メンバーとなっています!!

1stアルバムはキャッチーなロッキン・テイストが強かったけど、今回はよりアグレッシブなパンク・スラッシュを連写して激しく疾走しています。ドラマチックな展開、メロディックなギター、そしてJack Control氏のちょっとブラックメタリックにすら聴こえるヴィシャスVo.が迫力満点!!

Japanese Hardcore Punks!!






・害人 (GAIZIN) - S/T 7" 税込1,620円 (General Speech)

北海道札幌で1985〜1988年の3年間のみ活動したハードコア・パンク・バンドのデモ音源がUSのGeneral Speechから発掘再発!!GAI, CONFUSE, TRANQUILIZER, etcのファンは買い逃し厳禁です!!







・100 SWINDLE - For Survival Punx 7" 税込1,296円 (General Speech / Bater)

POISON COLA、LITTLE BASTARDS、UNKIND、VOCO PROTESTA、UNARM etcで活動してきたメンバーが結集した東京ハードコア・パンク・バンド 100 SWINDLEがUSのGeneral Speechから1st 7"をリリース!!古き良きジャパコア・パンク・スラッシュを彷彿とさせるキャッチーさとスピード感抜群サウンド!!


バンドインフォメーション:
2015年 密かに 結成以来 マイペースに活動して来た 100swindleだが 1st デモから早2年!

平成もいよいよ最期の年に アメリカのレーベルは GENENAL SPEECHから放たれる このレコード!

その下手な演奏を アイデアでカバーし、乗り切った 1st EPが遂に完成した(笑)

80年代の音をリアルに体感したオヤジども、そして 90年代 初期、JAPCOREと呼ばれた俺達、そして数多くのジャパコア達が 今も尚 そのまま現在まで活動を続けていたら こうなってたかな?的要素をブチ込んだ 伝統的 かつ古典的ハードコアな楽曲! やっぱり ほんのりリフが泣いてるぜ!

オジパンには懐かしく ヤングなパンクスには新鮮に? 聞こえるかも(笑)

JAPCORE~CRUST~そして 一回りして また ここに居る 俺! そして 各メンバー達!

ライブの次の日は 体が痛いけど なんて清々しいんだ。

最後に。このレコ ジャケ イメージに騙されるな!

目で見 体感しろ!そして このレコードを聴いて確かめろ!その先には きっと何かが見えるはずだから。 そして俺達100swindleは常に変わり 進化し続ける!

まあ そんな大それたものじゃないんだけどさ ギャフン(笑)

ps. このレコードを 90年代のジャパコア バンドに捧げる!


Death Masters!!


*火曜日の夜に完了するつもりが、某商品の対応ですっかり時間をとられてしまい、相当遅れてしまいました。TRAGEDY新作CDとBUTCHER新作CDは明日にはアップできれば、と思っています。



asakusadeathfest2018.jpg



・V.A. - Asakusa Deathfest 2018 CD 税込1,080円 (Obliteration)

Obliteration Records主催による恒例のインターナショナル・デス・メタル・フェスティバル Asakusa Deathfestの2018年版サンプラーCDが、ステッカー付で一般流通開始。今年の目玉のCONVULSE, これまで日本では非常に知名度が低かったけど今回フェスで一番の話題をさらったDRAWN AND QARTERED, 期待のフィンランド若手 GALVANIZERなどの海外勢と、INTESTINE BAALISM, NECROPHILE, ABIGAIL, UNHOLY GRAVE, GATE, 死んだ細胞の塊といった日本勢が同時に聴けるのは嬉しく、そしてとても楽しめる内容となっています!!

1. CONVULSE - Incantation Of Restoration 03:46
2. MEAT SPREADER - Uterine Derangment 01:36
3. UNHOLY GRAVE - Human Mummification 01:16
4. DRAWN AND QUARTERED - Mutilated Offerings 03:28
5. INTESTINE BAALISM - A Curse of Baal 03:26
6. ABIGAIL - No Pain! No Limit! 03:01
7. KUTABARE - Cannibalistic Hobo 03:52
8. INHUMATE - The Traveller 02:08
9. GUTTED - False Hapiness 04:17
10. PETRIFICATION - Summon Horrendous Destruction 03:01
11. NECROPHILE - Forgotten Worship 03:29
12. BULLETBELT - Cloak the Night 04:55
13. DISKORD - Entropic Death 03:31
14. TEETHGRINDER - The Pain Exceeds The Fear 03:44
15. GALVANIZER - Enjoyment of Annihilation 02:30
16. DEAD ROOT - Dolphin Stabber 03:12
17. CRASH SYNDROM - Glands [Tonsils Necklace Version] 00:49
18. THE MEN'S TOILET - Hallucinatory Necroses of Psychotropic Lucidity 03:29
19. GATE - Megumarenai Yumi 00:36
20. GORE INFAMOUS - Bacterium Cerebrum Imfectus 03:45
21. SHINDA SAIBO NO KATAMARI - Futanari (live at GIGS,Tsurumi 2018) 03:30



anthropomancy-demo-lp.jpg



・ANTHROPOMANCY - Demo MCMXCIII LP BROWN VINYL / BLACK VINYL 各税込2,592円 (Rotting Misery)

オブスキュア・デス・メタル発掘花盛りの昨今、練習テープのようなものもリハーサル・デモとしてでっち上げ、「知られざるバンド発掘!」なんてリリースはちょっとね、、、と、EL ZINEでのフィンランド・デス・メタル座談会で話題になりましたが、確かに「こりゃ埋もれて当然だろ、、、」という無理矢理発掘音源も中にはあります。しかし、現代まで全く正当に評価されていないこんな凄い音源も事実まだ発掘されるのですから、やはり90年代デス・メタル・ムーブメント掘削作業を留めるわけにはいきません。イングランド・ウェスト・ヨークシャーで1980年代末期~1990年代に存在したANTHROPOMANCYなるバンドが唯一残した1993年4曲入りデモのオフィシャル・ヴィニール化初再発で、ブラック/ブラウン/オレンジの各ltd.100枚ワックス3種でプレスされた限定300枚リリース。今回はブラウンとブラックが入荷しています。

インナーには当時ファンジンで掲載されたインタビューも載ってて、当時は意識して地元シーンとの交流に積極的ではなかったバンドのようです。影響されたバンドとして、BATHORY, DARKTHRONE, BURZUM, EMPEROR, etcとともに、SISTERS OF MERCY, FIELDS OF NEPHILIM, DEAD CAN DANCEといった非メタルのダーク・ミュージックも上げていますが、それらニューウェイブ系ダークネスの影響の方を強調したインタビュー回答になっているのもポイントです。実際、BATHORY, DARKTHRONE, BURZUM, EMPERORなんかの北欧ブラック・メタルとの共通性はほとんど感じられず、サウンドはもうズバリ完全なるUKゴシック・ドゥーム・デス・メタルの王道ど真ん中で、このインタビュー読む限り、MY DYING BRIDE, ANATHEMA, PARADISE LOSTの3バンドの名は禁句にしていたのでは?と思えるくらい、あの時代のUK特有のゴシック・ドゥーム・デス・サウンド全開!!けっこう疾走感のあるデス・メタル・パートもあるので、PARADISE LOSTの1stがもっとアグレッシブになったような感じですが、スロウ・ドゥーム・パートの叙情性とのミックスも完璧。とにかく、UKゴシック・ドゥーム・デス・メタル・ファン悶絶号泣の極上発掘デス!!

ちなみに当時このデモからの曲を、Total "Holocaust" Comp. Volume IIIというインターナショナル・コンピレーション・カセットに提供した記録もあるのですが、そこには日本からINTESTINE BAALISMとWORMも参加してたようなので、そのオムニバス・カセットをもし持ってる人がいましたら、今すぐチェックしてみましょう。そしてこのデモ・アルバムも買いましょう!!



svartsyn-aandens-lp.jpg



・SVARTSYN - Aandens Melankoli LP 税込2,592円 (Gnarled)

1990年代ノルウェーで人知れず存在したブラック・ドゥーム・メタル・バンドの1996年発表4曲入りMLP、2015年再発盤です。オリジナル盤は恐らく自主レーベルのような、他のリリースも存在しない名もなきレーベルからアナログ盤のみで発売され、しかし90'sドゥーム/フューネラル・ドゥーム・メタル・マニアには高く評価される、リアル・オブスキュア・カルトなブラック・ドゥーム・メタル・クラシックです。

とにかく全編暗く悲しいスロウネスに支配された音楽ですが、曲調はワンパターンでなく、フューネラル・ドゥーム・ブラック・メタルとして非常に質の高い作品です。SKEPTICISMやTHERGOTHONなどの北欧フューネラル・ドゥーム聖地フィンランドのレジェンド・バンドにも全く引けと取ってないと思いますし、MY DYING BRIDEやKATATONIAなども彷彿させるゴス風味の必殺叙情旋律で大いに泣きくれさせてくれますが、そこにブラック・メタル・スタイルの凶悪Vo.が乗って、個性的なスタイルを築いています。B面の曲なんて、ちょっとアンビエント具合がESOTERIC的な耽美でもあります。全然知らなかったけど、フューネラル・ドゥーム・メタル・ファンには間違い無しグレートです!!



autumntears-convalescence.jpg



・AUTUMN TEARS - Convalescence : A Retrospective DIGIPACK CD 税込1,944円 (Dark Symphonies)

2017年復活作 The Origin Of Sleep CDは1枚しか売れてませんが、そのお客様一人だけのためにではなく、Dark Symphonies / The Cryptのために性懲りもなく入れてしまいました。1995年~2007年にかけて活動したUSマサチューセッツの女性Vo.ネオクラシカル/ゴシック・ダークウェーブ・バンドで、作詞/作曲/アレンジ/鍵盤を担当する中心人物は、Dark Symphonies / The Cryptを長年運営するTed Tringo氏。そもそもDark Symphoniesは、この自身のバンドの1995年1st CDをリリースするために始まったレーベルだったようです。今回入荷したのは、未発表含むベスト・トラック集コンピレーション・アルバム。


Tracks 1-3 from "Love Poem for Dying Children... Act I" (1996年)
Tracks 4-5 from "Love Poem for Dying Children... Act II: The Garden of Crystalline Dreams" (1997年)
Track 6 : from "Love Poem for Dying Children... Act I: Reprise MCMXCVIII" (1998年)
Track 7 : from "Absolution" (1999年)
Tracks 8-9 : from "Love Poem for Dying Children... Act III: Winter and the Broken Angel" (2000年)
Tracks 10-11 : from "Eclipse" (2004年)
Tracks 12-13 : from "The Hallowing" (2007年)
Tracks 14-16 : 未発表


ヘヴィメタルではありませんし、ロックでもありませんが、「ヘヴィメタルのルーツはロックンロールではなくクラシック」とする説もありますから、クラシックの専門的なことはわからなくても楽しめるネオクラシカル・ミュージックです。バッキングはピアノ/チェロ/フルートで、ただし歌がしっかり主役になってますので、そこが古典的なクラシックと違い、あたまに"ネオ"が付く所以なのかと思います。この繊細で美しいとしか言いようのない音楽を全て取りまとめているのが、Ted Tringoさんだなんて。。。凄い。。。と、The Origin Of Sleep CD入荷の時に思わず感動して解説しても1人のお客さんしか買ってないのが現状ですから、これはもうTed Tringo氏と付き合いのある他店さんなど業界人が買うように!!



absu-barathrum-lp.jpg



・ABSU - Barathrum : V.I.T.R.I.O.L. LP RED VINYL / CLEAR SMOKE VINYL 各税込3,240円 (The Crypt)

アメリカン・ブラック・メタル・レジェンド ABSUを生涯フルリスペクトして各種リイシューをライフワークとするThe Crypt / Dark Symphoniesオーナーが、1993年発表1stアルバムのアナログ盤を25周年記念盤として再発。Osmose盤激渋メンバー写真ジャケをジャケにして、ゲートフォルド・スリーブとなっています。限定500枚で、そのうちのltd.150枚レッド・ビニールとltd.100枚クリア・スモーク・ビニールが入荷しています。

デスラッシュだったDOLMEN ~ デス・メタル色を強めたAZAGTHOTHへと深化して、より北欧ブラック・メタルの美学に肉迫したABSUの金字塔的名作です。キーボードや女性コーラスでミステリアスな要素を強めながらも、リフや複雑な展開はまだかなりデス・メタル・テイストが強く、スウェーデンのDARKIFIEDやなどのようなオカルト・ミステリアスな北欧デス・メタルに近い世界観です。現在も活動を続けるUSブラック・メタルの大御所ですが、Dark Symphoniesが再発している各種初期作品は、アーリー・デス・メタル・ファンのツボも突きまくる、オカルト・カルト・デス・メタル全開デス!!



excruciatingterror-legacy.jpg



・EXCRUCIATING TERROR - Legacy Of Terror Sessions DIGIPACK CD 税込2,160円 (Mierdas prod.)

日本ではパワーバイオレンス・ファンに知名度が高いUSカリフォルニア・グラインドコア重鎮 EXCRUCIATING TERRORの、1stデモと1st 7"音源をカップリングしたメキシコ盤CD。トリプル・フォールドのデジパックCDがスリップケースに収納されていて、ロゴ・ステッカーも封入されています。


Tracks 1-8 : Vision of Terror DEMO (1991年)
Tracks 9-12 : Legacy of Hate EP. (1991年)


FEAR FACTORYのDino Cazares氏も最初期に在籍したバンドで、LAのグラインドコア/デス・メタル・シーンの中でも、TERRORIZERやNAUSEAが開拓したスタイルを正統的に継承する代表的なバンドではないかと思います。Vision of Terrorデモは音質も粗くて、TERRORIZERやNAUSEAというよりもEXTREME NOISE TERRORの初期みたいな猪突猛進型ドタバタ・ロウ・クラスト・デスコア・グラインディングで、これはかっこいい!!1991年当時、ENTのお墨付きだったボストンのDISRUPTはEPを連発し始めた頃ですが、これはDISRUPTよりも全然かっこいい。ま、EXCRUCIATING TERRORはクラストじゃなくてグラインド・デス・メタルですけど。1st 7"はENTみたいなクラスト・スラッシュ感は後退して、よりデス・メタル・グラインドとしてカルトなかっこよさが増しています。TERRORIZERとNAUSEAが好きならば、デス・メタル・ファンもグラインドコア・ファンも必聴の重要バンドです!!



sickness-plague.jpg



・SICKNESS (Florida, US) - Plague : Ornaments of Mutilation and More CD 税込1,836円 (Vic)

MALEVOLENT CREATIONやフロリダGRUESOMEのメンバーなどが在籍して1990年代に活動したUSフロリダ・デス・メタルの1995年発表1stアルバムが、デモ音源なども追加したディスコグラフィーCDとしてVic Recordsから再発。ブックレットには当時の写真やインタビューも掲載しています。


Tracks 1-8 : Ornaments of Mutilation ALBUM (1995年)
Tracks 9-13 : Promo (1997年)
Tracks 14-19 : 1997年セッション
Tracks 20-22 : Torture of Excistence DEMO (1994年)


ブルデス・テイストもありつつ、CANNIBAL CORPSEやSUFFOCATIONなどのNYデス系ダイナミズムはなく、BENEDICTIONのようなUKデス・メタルっぽい鈍くさいパートもあったりと、Ornaments of Mutilationアルバムはジャケット通りマイナー臭の強いアメリカン・デス・メタル作品です。しかし、CDの半分以上を占めるボーナス・トラックはいずれもなかなか聴き応えのある内容で、アルバム発表以降の1997年音源はブラスト・ビート炸裂しまくりのアメリカン・デス・メタルらしいブルタリティーが爆発し、そして1994年デモも、Ornaments of Mutilationアルバムでは鈍くさかったグラインディング・パートがロウで、MONSTROSITYタイプのアメリカン・ブルータル・デス・メタル・ファンにオススメです!!



miser-revel-lp.jpg



・MISERY (Australia) - Revel In Blasphemy LP RED+AQUA MARBLE VINYL / CLEAR VINYL 各税込3,240円 (The Crypt)

アナログ盤もリリース!!

1stアルバム An Necessary Evilの再発盤も好評だったオーストラリアのデス・メタル・バンド MISERYの1997年発表2ndアルバムが、The Crypt / Dark Symphoniesから再発。オリジナル・フォーマットはCDのみだったので、今回が初ヴィニール化となります。限定500枚リリースで、そのうちのltd.175枚レッド+アクア・マーブル・ビニールとltd.150枚クリア・ビニールが入荷しています。

1stアルバムの起伏に富んだゴリゴリのデス・メタル・サウンドは、どっちかと言うとブルデス・ファンにも喜ばれそうな、CANNIBAL CORPSEタイプのファットなブルタリティーの印象が個人的には強かったバンドなので、この2ndのジャケ&タイトル、そしてジャリジャリしたロウ・ノイジー・サウンドにちょっと驚きました。そしてカッコいい!!オーストラリアのバンドが、冒涜スタイルで発揮するバツグンのセンスは、やはり見事としか言いようがありません。実際、この作品も、OZベスチャル・デス・メタルのルーツの一つとして捉えられて高く評価されることもあるようです。NYデス・メタルにも通じる1stアルバムの感触とは打って変わって非常に野蛮性が強く、しかしプリミティブとは違い、むしろテクニカルで、楽曲構成もデス・メタルの整合感を失っていないので、INCANTATIONなどのUS東海岸デス・メタルと、ABOMINATORやIGNIVOMOUSなどのOZベスチャル・デスとのミックス、さらにはブラスト・パートの爽快感はKRISIUNのようでもあります。オススメdeath!!



euthanasia-italy.jpg



・EUTHANASIA (Italy) - Hideous Memories CD 税込1,944円 (Dark Blasphemies)

1990年結成イタリアン・デス・メタル・バンドのディスコグラフィーがDark Blasphemiesから限定500枚でリリース。1993年にNuclear Blastからリリースされたインターナショナル・コンピレーション・オムニバス・アルバム "Grindcore" CDに参加していたバンドでしたが、活動時にデモ以外の公式作品は残さず解散。シンガーは後にELECTROCUTIONに加入しました。


Tracks 01-07 : "Wormeaten" Demo (1992年)
Tracks 08-09 : "Chopped By Sin" Demo (1992年)
Tracks 10-13 : "Corpses Promo" Demo (1993年)
Tracks 14-17 : "Cassette EP" Demo (1994年)


どの音源もなかなかしっかりとしたクォリティーのデス・メタルで、NAPALM DEATHとCANNIBAL CORPSEに影響されてたそうですが、ホントその通りのサウンドです。NAPALM DEATHほどつんのめりグラインディングでなく、CANNIBAL CORPSEほどブルデス・ファットな大味さもなく、それ故にアングラで終わったんでしょうが、オールドスクール・デス・メタル・ファンにはむしろ絶妙なB級感でかっこいいです。DEATHやCARCASSなどには及ばない、ほどよくクラシカルなギターソロも申し分ありません。もし当時CD出てたら、たぶんすっごくレアになってたでしょう。マニアは是非コレクションに加えてほしいナイス・オブスキュア・デス・リイシューです!!



gutwrench-theart.jpg



・GUTWRENCH - The Art of Mutilation CD 税込1,836円 (Vic)

1990年代前半にデモを2種残したのみで消滅したオランダのデス・メタル・バンドのディスコグラフィーCD。2種デモ+オムニバス提供曲&アウトテイクの、恐らくコンプリートな音源集であろう全15曲入りです。


Tracks 01-05 : "Wither Without You" Demo (1993年)
Track 06 : "Antichrist Superstar" Compilation (1994年)
Tracks 07-12 : "Beneath Skin" Demo (1994年)
Tracks 13-15 : Outtakes from "Beneath Skin" Demo (1994年)


1990年代~2000年代にかけてデス/ドゥーム系を中心に母国のエクストリーム・メタル・バンド作品をワールドワイドにディストリビュートして、ダッチ・デス・メタル・シーンの底上げに大きな役割を担ったDispleased Recordsが、リリース活動もまだ本格的じゃなかった最初期にこのバンドの1stデモを流通していたそうで、 彼らが参加した唯一のオムニバス Antichrist Superstar CDもDispleasedからのリリースでした。PENTACLEメンバーも在籍していて、サウンドはダッチ・デスらしい重厚さを感じさせるASPHYX型の爆裂感と、BOLT THROWERにTROUBLEっぽいサバス・ストーナー感もあるフレーズをミックスしたような、ちょっとUKデス・メタルみたいなセンスのスロウネスなどもあり、最終的に非常にダッチ・デス・メタルらしい魅力のあるサウンドにまとまっています。オランダ・デス・メタルのファンはいっといて間違いないでしょう!!


risaripa x VIVIANKRIST - Sugar & Salt CD




・risaripa x VIVIANKRIST - Sugar & Salt CD 税込1,620円 (Hello from the Gutter)

GALLHAMMERの両氏がrisaripaとViviankristの名義で発表したコラボレーション作品。両者シンセサイザーを使って制作されたエレクトロ、インダストリアル・ナンバーで、浮遊感のあるエフェクト処理や、機械的に反復するミニマルな楽曲、ボイス挿入しながらノイズ的な要素も取り入れたりと、バリエーション豊富な全8曲を収録。

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR