RECORD BOY

Hardcore Punx from the Graves!!






・BATTALION OF SAINTS - Complete Discography 3LP 税込7,992円 (Pine Hill)

再入荷ぁぁぁaaarrrggghhh!!!!!

嵐を呼ぶ男達のフル・ボリューム・コンピレーション・アルバムが到着です。USサンディエゴ・ハードコア・パンク・キングス BATTALION OF SAINTSの初期から最新未発表まで収録した全60曲3枚組LP。2015年にBatts自身のレーベル Nutrons Recordsの名義を突如復活させ、Taang!とのライセンスなどお構いなしに再発した1984年1stアルバム Second ComingでシンガーのGeorge Anthony氏は吹っ切れたのか、この3枚組LPでもSouthern Lordからの2015年最新EPから、激レア1st 12" Fighting Boysまで余すところなく収録しています!!!!!

DISCHARGEの影響をUSHCらしいライトなドライビン・リフとキャッチーなVo.で聴かせるBATTALION OF SAINTSは、DISCLOSEの川上氏などがBATTSのDISCHARGEテイストにスポットを当てるまでは、自分達世代のUSHCファンにはさほどDISCHARGEインフルエンスなバンドとして認知は無かった印象ですが、数々の武勇伝を残した不良パンクス George Anthony氏の極悪キャラクターと、そして彼以外のオリジナル・メンバーが次々とこの世を去っていったという死神のような伝説は日本にも伝わっていたせいか、非常に荒々しいUSHCパンク・バンドの代表格のような存在で人気がありました。確かにGeroge氏はDISCHARGEとは当時から大の仲好しでフル・リスペクトもしていましたが、Ace Of Spadesをカバーしてたように、BATTSの核にあるのはDISCHARGEよりももっとR&Rのルーツに近いところがUSHCらしいカッコよさだと思います。恐れ多くもmotor-chargedなどと自ら名乗るには、まずはGeorge Anthony氏の下で10年ほど修行せねばならないのです。無事、生きて帰って来れればの話ですが。

そしてこの3枚組LP、これまで録音されなかった1985年の曲を2017年に初めて録音した未発表ナンバーや激レアFighting Boys 12"など、人それぞれ楽しみにしてるポイントが違うかも知れないけど、真性BATTSファンならば絶対に見逃せないのが、1995年発表大傑作2ndフル・アルバム Cutsの初アナログ・フォーマット化でしょう。初ヴィニール化のみならず、初アナログ・フォーマット、つまりオリジナルはCDのみでの販売で、カセット・テープも存在しなかった大傑作なのです。DISCHARGE, BROKEN BONES, etcのTerry "Tezz" Roberts氏がギターで参加して世紀の最強不良コンビとして90年代に暴れまくったBATTALION OF SAINTS A.D. (After Death)名義の、Cuts CD, Hell's Around The Next Corner 7", Muscle Of Love 7"の3作品を絶頂期と捉えているファンも少なくないのではないでしょうか?Alice CooperカバーのMuscle Of Love 7"のB面なんか、もはやBROKEN BONESやAGNOSTIC FRONT 2nd~3rd並みのソリッド・メタリック・スピード・スラッシュで震えます。その当時のBATTSのムチャクチャすぎる武勇伝も凄まじかった。。。

3枚組LPながら特に豪華な作りでもなく、付属物はインナーシートとDLコード、あとシュリンクラップの上にデカデカとハイプ・ステッカーを貼ったものですが、まぁこんなリリースこの先2度と無いでしょうし、それよりも、どーでもいい音源かき集めたようなその辺のバンドのコンピレーション・アルバムとは中身がまるで違うのです。本物です。全USHCパンク・ファン、必聴and dieeeggghhh!!!!!


SIDE A
Unreleased Tracks (Written 1985, Recorded 2017)
S/T 7" (2015年)
Punk Rock Christmas COMP. LP (2015年)
Muscle of Love 7" (1997年)

SIDE B
Cuts CD (1995年)

SIDE C
Hell's Around The Next Corner 7" (1995年)
Sweaty Little Girls 7" (1988年)
Rock in Peace COMP. LP (1987年)

SIDE D
Second Coming LP (1984年)

SIDE E
Second Coming LP (1984年)
Unreleased from Second Coming Sessions (1984年)
Our Blowout COMP. CASSETTE (1983年)
Someone Got Their Head Kicked In! COMP. LP (1982年)

SIDE F
Fighting Boys 12" (1982年)
Unreleased from Fighting Boys Sessions (1982年)



ataquefrontal-lp.jpg



・ATAQUE FRONTAL - S/T LP 税込4,860円 (Impulso Ruin)

AAARRRGGGHHH!!!届いてしまったーよー!!!AAARRRGGGHHH!!!

ATAQUE FRONTALは比較的ここ日本でも知名度の高い南米ペルーの伝説的ハードコア・パンク・バンドなのですが、高い。。。値段がとにかく高い。。。エレー高すぎる!!!中南米&東南アジア・ブラック・メタル発掘の第一人者、北海道の某レーベル様と「これは仕入れたいですね~。そちらは仕入れますか?入れるなら是非どうぞ!そして私もほしいです!」と、奪い合って勝ったのか、譲り合って負けたのか、どっちかわかりませんが、当店に入荷致しました。

ダッチD-Beatハードコア・ロウ・パンク AGENT ORANGEの2nd 7"や、フレンチ・デスラッシュ・メタルLOUDBLAST & AGRESSORのSplit LPといったパンク&メタルの激レア盤もたまに存在し、あとたいしてレアじゃないけど、シンガポールのメタルコア・パンク OPPOSITION PARTYの7"とか、スウェディッシュ・デス・メタル SUFFERの7"など、パンクとメタルでけっこうナイスなリリースの多かったフランスのNew Wave Recordsから1987年に7"を出していたペルーのバンドで、2000年代にUSのレーベルが再発したこともあって、日本の南米ハードコア・ファンにも広く愛されてきたカルト・バンドです。サウンドも南米ハードコア・ファンにはたまらないロウ・パワー爆発サウンドで、久しぶりに聴く前から良く覚えていた「あそこ!アソコ!アそこ!」を連発する名曲 "Asco"は2バージョン入ってるし、崩壊手前のロウ・パンク・ノイジー・デストロイ・スラッシュがとにかくかっこいい!!南米ハードコア・パンク・ファンのみならず、UNDERAGE, MG15, U.B.R.といったイタリアの伝説的レーベル Attack Punkのパンク・スラッシュ・クラシックスにも似た雰囲気もあります。どっちも名前にアタック入ってますからね。

で、このレコード、内容については以上の通り文句なしなんだけど、レーベル・オーナー(DIOS HASTIOの人)が張り切りすぎちゃって、まーーー高ぇーーー!!!それは南米からの送料以上にこの無駄に豪華な仕様によるところで、エクストラ・カバー・シート(ジャケとおんなじデザイン/サイズの紙)、ポストカード(ハガキ・サイズの厚紙)、ステッカー、バッジ、ミニポスター、ブックレットを付けてこのお値段です。しかし、奇跡的にインナースリーブが1ミリも抜けることなく南米から日本に到着したし、あとプレスも粗くなく、ジャケもちょっと厚めで、送金した後は「やっちゃったかなー」と若干後悔したけど、現物届いて、そして再生して「やっぱり入れて良かった!」と感じています。限定200枚リリースです、南米好きはぜひどうぞ!!

Metal Deadness!!


demilich-nespithe-lp.jpg



・DEMILICH - Nespithe LP RED VINYL 税込3,240円 (Svart)

2014年の復活以降もカルト性を失わずにアンダーグラウンド・デス・メタル・マニアックスに絶大な人気を誇るキングス・オブ・カルト・フィニッシュ・デス・メタル、DEMILICHの音源がSvart Recordsからアナログ盤再発。唯一のアルバムとなったこの1993年作は、オリジナルPavement Music盤、Xtreem Music前身Repulsive Recordsによるジャケ違いライセンス・リリース・ユーロ盤、2004年のジャケ違いNecropolis盤、2009年のジャケ違いXtreem Music盤がこれまでありましたが、アナログ盤は2009年のXtreem Music盤まで存在しませんでした。オリジナルPavement Music盤アートのジャケでのLP化は20周年記念盤ボックスセットの際に初めて実現しましたが、単独販売されるLPでのオリジナル・アート・ジャケ・バージョンは今回が初ということになります。ltd.200枚ゴールド・ビニールは即完売、ltd.500枚レッド・ビニールも恐らく今回のみの入荷になりそうなくらいバカ売れしてるそうなので、逃すことなくぜひ入手してください。

オーストラリアのPORTALに代表されるようなアバンギャルド・デス・メタルのルーツとも言えるバンドであり、またオールドスクール・デス・メタラーにとっては、CONVULSE, DEMIGOD, ABHORRENCE, SENTENCEDなどと並んで初期フィンランド・デス・メタル最重要バンドの一つとして崇めらますが、他のフィンランド・デス・メタル・バンドよりもカルト性が一層強く、またフィンランド・デス・メタルならではの病的な特徴も色濃く反映しているバンドだと思います。這いずり回るような偏屈な展開を助長するかのようにうめくウルトラlowゴア・ガテラル・ボーカルが凶裂で、しかも本作ではその変態性を維持したまま、北欧デスらしエピックなギター・ソロ、CARCASSフレーバー漂うフィンランドらしいほのかなロック・フィーリングのアバンギャルド感、そしてプログレッシブな展開も完成度が高い。病的で変態で知的なデス・メタル美学を集約した、これぞまさにフィンランド・デス・メタルなカルト・クラシックdeath!!!



demilich-em9t2ness.jpg



・DEMILICH - Em9t2ness of Van2s1ing / V34ish6ng 0f Emptiness 2LP CLEAR VINYL 税込4,860円 / BLACK VINYL 税込3,780円 (Svart)

こちらのコンピレーション2枚組LPはゲートフォルド・スリーブでブックレット付き。唯一のアルバムとなった1993年作 NespitheアルバムのXtreem Music盤CDは当店ではもう何年も入荷してませんが、2014年に20周年記念盤としてSvart Recordがコンプリート・ディスコグラフィーをリリースした際もまんまと逃していました。その時はアナログ・バージョンが3枚組ボックスセットで値段もかなり高かったため躊躇した、というのはもはや言い訳として全く説得力がないくらいその3枚組LPボックスは今では高額で取引されています。今回はNespitheアルバムとコンピレーション・アルバムを切り離して再発してくれたので、それでもまだ高額なSvartリリースではありますが、ぜひ押さえておきましょう。限定200枚クリア・ビニールはレーベルで即完売しております!!


SIDE A1-A4 : The Four Instructive Tales …Of Decomposition (1991)
SIDE B1-B5 : …Somewhere Inside The Bowels Of Endlessness… (1992)
SIDE C1-C5 : The Echo (1992)
SIDE D1-D3 : Vanishing Sessions (2006)
SIDE D4 : Regurgitation Of Blood (1991)


ここに収録されている初期デモは、這いずり回るような偏屈な展開を助長するかのように、まるでご臨終直前の爺さんのつぶやきのような世界最低記録のウルトラlowゴア・ガテラル・ボーカルが炸裂してて、初めて聴く誰もが驚愕することでしょう。Nespitheアルバムの完成度は申し分なしに激渋ですが、DEMILICHの凶裂な変態性を実感したいのならばデモも絶対に聴かねばなりません。実感したくなても聴け!!これぞフィンランド・デス・メタル!!!



undergang-gorephilia-ep.jpg



・UNDERGANG / GOREAPHILIA - Split 7" WHITE VINYL 税込1,296円 / BLACK VINYL 税込972円 (Me Saco Un Ojo)

デンマークのUNDERGANGとフィンランドのGOREPHILIA、ともにMe Saco Un Ojoを代表する2バンドによるSplit 7"シングルが実現。こういった実力も人気も安定したバンド同士のSplitは互いに捨て曲を提供し内容が伴わない失敗例もありますが、共に新曲を披露したこのEPはその心配はなく、そしてどちらも本当にカッコいい!!ホワイト・ビニールとブラック・ビニールの2種入荷しています。

UNDERGANGはいつものグルーミーなダークネスに偏屈さも今回は強調していて、尚且つギター・ソロも普段よりエピックなフィーリングがあるから、DIMILCHやROTTREVORE型の極上low-twistedデス・メタルで激渋death!!!INCANTATION影響下の王道フィンランド・スタイルから徐々にコズミックなテイストも導入して、それが見事に成功しているGOREPHILIAも、テクニカルなリフ&フレーズ、展開のダイナミズム&神経質さ、爆発力&エピックなど全ての要素が完璧なバランスで成り立った素晴らしいナンバーを披露。両バンド、文句なしにオススメの新曲death!!



hyperdontia-nexus-lp.jpg

・HYPERDONTIA - Nexus of Teeth LP OXBLOOD VINYL 税込3,240円 (Me Saco Un Ojo)

UNDERGANG, WORMRIDDEN, PHRENELITH, そして自身の運営するカセット・レーベル Extreme Rotten Recordsなど、もうデス・メタルでやりたいことがありすぎて止まらない!といった具合で精力的に活動するDavid Torturdod氏のまた新たなるデス・メタル・バンドが注目を集めています。2015年に始動し、2017年に1st EPを7"ヴィニールとカセットでリリースしてデビューしたHYPERDONTIAの1stフル・アルバム。先にがDark DescentからのCDが入荷して好評でしたが、お待ちかねのMe Saco Un Ojoからのアナログ盤も到着しました。注目のメンバー構成は以下の通り。


Mustafa Gurcalioglu (ENGULFED, BURIAL INVOCATION, etc) Guitars
Tuna (from PHRENELITH, etc) Drums
Malik Camlıca (from BURIAL INVOCATION, NECROWRETCH,etc) Bass
David Mikkelsen (UNDERGANG, WORMRIDDEN, PHRENELITH) Vocals


ご覧の通り、トルコ&デンマーク混合の編成で、現在はデンマーク・パンク・バンド NIGHT FEVERのギタリストも加わって5人編成のもよう。サウンドはこれまでDavid君が追求してきたlow-endなデス・メタルとちょっと違い、弦楽隊のBURIAL INVOCATIONチームのカラーに近いのですが、これがオールドスクール・デス・メタラーはガッツポーズ必至のかっこよさ!!昨今の暗黒音圧に埋もれて死にかけていたアラフィフ・デス・メタラーはこれでまたムクムクと精力回復することでしょう。これぞ我々が聴いてたデス・メタル!なキラー・リフ連発、疾走感も畳みかける&ドラマチックな展開もバツグン、不穏エピックなフレーズもテクニカル・リフも見事な切り込み具合。USもUKも北欧も余計な先入観なく色んな国や地域のデス・メタルの最新情報をむさぼるように求めていた90年代のデス・メタルが蘇りますが、強いて言えばMORBID ANGELやINCANTATIONの系統に部類されるタイプでしょうか。でもあまりその辺を強調せずに、当店としましてはトルコENGULFEDやイスラエルKEVERといった、素晴らしい作品を発表しながらもまるで日本では人気の出ない中東デス・メタルもチェックしてた人達必聴と言ってプッシュしたい感じです。再プレス動いてると思いますが、初回プレスはoxbloodカラー盤もブラック・ビニールもレーベルで即完売していますので、待っていた方は確保お早めに。オススメdeath!!
09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR