RECORD BOY

EL ZINE Vol.33 w/ GALVANIZER INTERVIEW


*定休日夜中ですけど、これだけアップさせてください!!


elzi-33-1.jpg

elzin-33-2.jpg

・EL ZINE - Vol.33 BOOK 税込600円

Doll MAGAZINEの編集者だった山路氏によるパンク・ファンジンの最新号となる#33です。今回はフィメール・パンクの特集号なんですが、ここはやはり私も関わりましたデス・メタル関連ページについて語らせてください。Me Saco Un Ojoオーナー氏から依頼され、Asakusa Deathfestで来日したフィンランド・ヤング・デス・メタル GALVANIZERのインタビューが掲載されています。しかしEL ZINEの貴重な誌面をいただいたはいいけど、パンク・マガジンに唐突にGALVANIZERだけ載っても果たしてプロモーションになるのか?ということで、急遽BUTCHER ABC / Obliteration Recordsの関根氏とFAST ZINEの松本氏にも協力をいただき、フィンランド・デス・メタル座談会を行いました。Asakusa Deathfest前で大忙しの関根氏と、お仕事を早く切り上げてもらった松本氏のお二方を新宿の居酒屋に呼び出して、飲み代は自腹で語ってもらうという、なんとも急で失礼な提案にも関わらず快諾していただき、非常に面白いフィンランド・デス・メタル談義ができたと思います。当店でデス・メタル商品を買って下さっている方全員必読と断言致します!!!


●WOMEN in HARDCORE

・EXOTICA (11月に来日ツアーを予定しているニューヨークの女性Voハードコア・バンド、EXOTICAへのインタヴューby Shogo/GREAT DANCE・PLANKTON L/S/D)

・MALIMPLIKI (EXOTICAと共にツアーを廻る、東京の女性3人組ロウ・ハードコア・パンク・バンド、MALIMPLIKIへのインタヴューby Shogo/GREAT DANCE・PLANKTON L/S/D)

・KRIMEWATCH (THE COMES meets NYHCなサウンドで話題沸騰中の、日本人女性がVoを務めているニューヨークのハードコア・バンド、KRIMEWATCHへのインタヴュー)

・RINA (メキシコ・シティの女性Voロウ・ハードコア・バンド、RINA [VoとBaはex.ANTI-SEX]へのインタヴュー、その後編)

・PAST (THE FIGHT [vol.5にてインタヴューを掲載]などのハードコア・バンドで活動してきたGosiaがVoを務めるポーランドのポスト・パンク・バンド、PASTへのインタヴュー)

●BLACK KONFLIK RECORDS (カセット・テープでのリリースをメインに行なっている、マレーシアのクラスト・パンク/ハードコア・レーベル、BLACK KONFLIK RECORDSのオーナー、Aizuへのインタヴュー&ディスク・レヴュー)

●フィンランド・デス・メタル座談会 (BUTCHER ABC etcの関根氏、FAST ZINEの松本氏、RECORD BOYの大倉氏による、フィンランドのデス・メタルについて語ってもらった座談会)

●GALVANIZER (Asakusa Death Fest 2018で来日を果たすフィンランドの若手デス・メタル・バンド、GALVANIZERへのインタヴューby Edu/ATARAXY)

●Inner Space Photography (前号vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

●ATARAXIA (茨城のクラスト・パンク・バンド、ATARAXIAのVoであるAsao氏 [ex.DESTRUCTION]へのインタヴュー)

●Umea Punk City (ex.AC4~現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●TOM AND BOOT BOYSカナダ・ツアー・レポートPART.2 (6月にカナダ/バンクーバーで開催されたHave A Good Laugh Festivalに出演したTOM AND BOOT BOYSのツアー・レポート、その後編by 今村紀康/TOM AND BOOT BOYS, POGO 77 RECORDS)

●PUNK LIVES!! (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、AXE RASHとBATTLE RUINSのライヴ・フォト・レポート)

●BARROWS (9月に自主で1st 7インチをリリースした兵庫/但馬のD-Beatパンク・バンド、BARROWS。そのBa & VoであるAsada氏へのインタヴュー)

●Dra at helvete! (正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのVoであるSkitkatt氏によるコラム)

●ナカムラルビイ (酢酸カーミンetcのフロントマンにして、中村達也氏の娘さんでもあるナカムラルビイ氏へのインタヴューby ツトム/悲観レーベル)

●MAD MANIAXヒロシ vs DEFORMATION QUADRICカラクリ (11月にリリースされるMAD MANIAXとDEFORMATION QUADRICによるスプリットCDを記念した、両バンドのメンバーによる対談)

●LASHING SPEED DEMONS:PINK FAIRIES (MOTORHEADの前身バンドの一つとも言える、PINK FAIRIESの詳細なバイオグラフィby 大越よしはる)

●LO-FI (ブラジルのリグレッシヴ(回帰的)ロックンロール・バンド、LO-FI へのインタヴューby Rafael Yaekashi)

10月29日(月)臨時休業のお知らせ


boytag-gold.jpg

本日10月29日(月)は臨時休業とさせていただきます。
ご不便/ご迷惑をお掛けしますが何卒宜しくお願い致します。

Beyond The Gates!!


*昨晩フィニッシュできなくて臨時休業日のアップで恐縮ですが、南米デス・メタル系商品とジャパニーズ・パンク/グラインド新作を先ほどカートアップしました。受注対応は明日10月30日以降となります。


agathocles-gates-regular.jpg

agathocles-gates-yellow.jpg

・AGATHOCLES / G.A.T.E.S - Split 7" BLACK VINYL 税込972円 / CLEAR YELLOW VINYL 税込1,944円 (Insane Society)

"Children Of the Night" CDEP発売の際の解説でチラッと触れましたが、G.A.T.E.SギターのFutatsugi氏がバンドをやってるうえで、90年代風スリムケースCDのリリースと並びいつか実現したかった2つの夢のうちの一つだという、ベルギー・ミンスコア・ゴッズ AGATHOCLESとのSplit 7"がチェコのInsane Society Recordsの協力により遂に実現!!


「その昔、kawakami君がAGATHOCLESに負けないようにSPLITを出しまくったろーと思ってると良く言っていた。Discloseも普通に考えたらかなりのSPLITリリースがあるが、御大には到底及ばないし彼は死んでしまったので、ぐうの音も出ないほどに完敗してしまったわけだけど、まぁ、、、そんなに悔しくは無いだろう。なので今回のSPLITは彼の弔い合戦では無い。俺も今まで散々、METALPUNKと言い続けて頑張っては来たが、所謂オリジナルのENGLISH DOGSやBLACK UNIFORMUSそしてこのAGATHOCLESには到底及ば無いし、及べない。(今回のAGのメッセージは極右で男根至上主義のポーランドの政治家についてハーシュなサウンドに載せ痛烈に批判している。ゲイツの内容は配布プロモCDと同じです)じゃあ、俺に何ができる?って考えたときにこのSPLITを思いついたんだ。そう、これは誰の為でもない俺の為のリリースだ。俺がMETALPUNKSとしてこの世に存在した証のひとつなのだ」


もちろん限定バージョンも存在しまして、ltd.100枚クリア・イエロービニールというのがあるのですが、こちらには両サイドのジャケ・アートのステッカーが付きます。ジャケと同じサイズで、エクストラ・カバーも兼ねたステッカー、と言うか、透明ビニールの上にこれをペタっと貼って、実際にクリア・イエロービニール専用のエクストラ・カバーを自身で完成させてほしい、というのがFutatsugi氏の願いだそうです。"Fuck Heads" LPの尻面ラベルとか、"Ian MacKaye" MLPのltd.150肛門無修正ステッカーみたいな感じですかね。このレコードのステッカーはGAUZEやPIと違ってお尻じゃないですけど、Futatsugi氏の思惑を察したのか、AxGxの曲テーマも上手いことマッチして、ナイスなコレクタブル・レコードとなっています!!



gates-zombiecover-ts.jpg

・G.A.T.E.S - Back From The Grave (Promo Demo Cover) T-SHIRT 税込2,700円 (Insane Society)

東京メタルパンク G.A.T.E.Sの新作Tシャツが、チェコのInsane Societyからリリース!!もちろんオフィシャル・ライセンスですが、基本的にヨーロッパでの需要を満たすために制作されたもので、日本では流通させないそうです。しかし、日本のG.A.T.E.Sコレクターのために、特別にバンドとレーベルに販売許可をもらいました!!1回こっきりの入荷です。

2016年に無料配布されたBack From The Grave Promo Demo CDのZOMBIE COVERアートで、Fruit Of The Loomの黒ボディ/白プリント、サイズはS / M / Lの3種。



gate-resurrection.jpg



・GATE - Resurrection of Relentless God CD 税込1,728円 (Obliteration)

1999年結成の栃木ベテラン・グラインダーズ GATEの1stフル・アルバムCDがObliteration Recordsからリリース。以前は2人編成でしたが、ベースレスの3人編成となった現在も昔から変わらず、残念ブルータル且つマセマティックな、抜群の切れ味でカオティックに暴走するスタイルを貫いています。アナログ盤はドイツ名門RSRからのリリース予定とのことだけど、WOJCZECHやYACOPSAEなどのジャーマン・グラインドのハイ・クォリティーにも匹敵する文句なしの傑作として、バンドもレーベルも誇れる1stアルバムではないでしょうか。日本盤CDのみ324カバーも収録!!


1999年の結成からメロディや感情的なものを排除し残虐で冷たいリフとブラストビートを基軸としたビートによる無慈悲なグラインドコアを追求してきたGATE。これまでにいくつかの7インチ、カセット音源、スプリットCDをリリース。2015年にデジタルグラインドコアバンド、DEATHCOUNTの村田がボーカル、ドラムには数々のバンドでの活動経験があるベテラン、石黒が加入して初のフルアルバム。これまで以上にブルータルで無慈悲なグラインドコア、22曲を収録。アナログはドイツのRSRから、CD盤のみ国産グラインドコアレジェンド、324のカバーを収録。

Southern Death Metal Cult!!


necrodeus-womb.jpg



・NECRODEUS - Womb of Sathanas TAPE 税込864円 (Zombi Danz)

ブラジル出身という情報以外は詳細不明のブラック・メタル・バンドの1stデモ・カセット。そもそもブラジリアンという情報も確証がなく、リリースしたのがベルギーのレーベルなので、ベルギーのバンドと紹介してるところもあったりと、情報も少々混乱しています。しかし確実に言えることは、ベルギーとブラジルという2つの国名を聞いてソワソワするプリミティブ・ブラック・メタル/ロウ・ベスチャル・デス・メタル・マニアは、このバンドもレーベルも、今後かなり要注目だと思います。

NECRODEUSのサウンドは完全にブラジリアン・スタイルなのですが、レーベルのインフォメーションがまた南米マニア悶絶級です。NECROBUTCHER, DIFFAMATOR, INVOKER, INSULTER, NECROFAGO, etcのブラジリアン・ブラック・デスコア・スタイル、と言い切るそのサウンドは、まさにそのまんまなブラック・サタニック・コア・メタル・デス・ノイズ!!!新人バンドですがサウンドの解説として一番わかりやすいと思うので敢えてズルい言い方で言いますと、NWN!とDeathrash Armageddonが南米の秘境奥地から連れ出してきて世にさらしたような深海魚メタル、いや、川口浩メタルとでも呼びたくなるような南米マニア必聴till deathデス!!!666!!!



necromante-themagickal.jpg



・NECROMANTE - The Magickal Presence of Occult Forces DIGIPACK CD 税込1,944円 (Iron Bonehead prod.)

2007年の結成以降、デモやEPなどのリリースを重ねてきたブラジル・ミナスジェライス出身ブラック・メタル・バンドの1stアルバム・デジパックCD。ドイツIron Boneheadからのリリースです。

ブラジリアン・ブラック・メタルの特徴を欧州型ブラック・メタルにミックス、と文字にして説明しても全く新鮮さが感じられないでしょうが、ところがこれが案外ありそでなかったタイプで結構渋いです。MYSTIFIERやIMPURITYなどのSARCOFAGOフォロワー・ブラック・メタルが、MASTER'S HAMMER, BATHORY, NIFELHEIMなどの冷たくオカルト性を積極的に導入したようなスタイルで、近年の欧米のMASTER'S HAMMERウォーシップ・オカルト・メタルとの同時代性を感じさながらも、このタイプの優良バンド宝庫のチリのメタルとは明らかに違う、ブラジリアン・ブラック・メタル・プライドが強いのもグレード。これは今後注目かも知れません!



expulser-theunholyone-tape.jpg



・EXPULSER - The Unholy One TAPE 税込1,080円 (Greyhaze)

1989年にブラジル・ミナスジェライスで結成されたデスラッシュ・メタル・バンド EXPULSERの1992年発表名作1stアルバムがカセットで再発。お、再発CDはわりと安い!とレーベル・カタログ見て良く確認せずオーダーしたら、カセット・バージョンでした。。。でも海外では今カセットがエライ盛り上がってるせいで、この再発もけっこう話題となっているようです。当時Cogumeloによるリリースのカセット・バージョンが存在しなかった(みたいです、たぶん)というのもカセット・マニアの心をくすぐる再発となっています。

公式デビュー作のSplit LP w/ BRUTAL DISTORTIONの時点でSARCOFAGOウォーシップ・デスラッシュとして既に完成の域に達していたバンドですが、やはり最高傑作は本作ではないでしょうか。ベイエリア・スラッシュやフロリダ・デスラッシュに匹敵する、とまでは言わないけど、それら世界の第一線であった米国産スラッシュにも全く劣らないダイナミズムを手に入れながらも、ブラジリアンCogumeloメタル・デスラッシュのスタイルから逸脱せず高い完成度を実現させたのは、SEPULTURAでもSARCOFAGOでもなく、EXPULSERのこのアルバムだと思います。南米ファンのみならず、全デスラッシュ・メタル・ファン必聴のマスターピース!!



nebiros-demorehearsal91.jpg



・NEBIROS - Demo Rehearsal 91 DIGIPACK CD 税込2,484円 (Seol prod.)

REENCARNACIONやBLASFEMIAなどの第1世代に次ぐ90'sカルト・コロンビア・ブラック/デス・メタル群の中では断トツで高い人気を誇るNEBIROSの1991年発表1stデモがデジパックCDで再発!!1992年ライブもボーナス収録した全12曲入りです。


1. Intro (Presagio)
2. Misa negra
3. Pudrición
4. Almas Perdidas (Intro)
5. Nebiros
6. Intro Realidad Oculta
7. Realidad Oculta
8. The Dark (Arpegio)
9. Deathcrush (Mayhem cover)
10. Into the Pentagram (Samael cover)
11. Bull Metal Presenta Misa Negra, La Cortina de Hierro
12. Jesus a Muerto (en vivo 1992)


カバーもやってるSAMAELの極悪初期スタイルを、ギリシャ・デス・ブラック・メタルのような黄昏感と、南米ならではのグダグダな酷い演奏力で表現したような感じが特徴のカルト・バンドですが、この1stデモはやはりファースト音源らしい勢いも感じられるナンバーもあります。しかし何をやろうがキメはバラバラ、叙情パートもズッコケるし、テクニカルなフレーズのカオスっぷりも素晴らしい。さらにこの音源を語るうえで忘れてはならないのは、1992年に銃殺されてこの世を去ったオリジナル・シンガー 故Sacrilegusが残した唯一の録音だという点。NEBIROSのミステリアスなエピックと殺伐さを一身に背負ったような彼のヴォーカルは言うまでもなく必聴です。

Japanese Hardcore Punk!!


*毎週水曜は当店の定休日ですが、昨日フィニッシュできなかった国内外パンク系商品を先ほどカートアップしました。


forward-future.jpg

・FORWARD - Future Troops CD 税込2,484円 (Break The Records)

11月にはハードなスケジュールでUSツアーも控えている東京ハードコア・パンク FORWARDの2018年新作アルバムCDがBreak The Recordsからリリース。まさに留まることを知らない重鎮パンクスのパワーが爆発しています!!

日本が世界に誇るBURNING SPIRITS HARDCOREの代名詞、FORWARDが放つ最新作アルバム。2018年11月に敢行される、25本に及ぶタイトなUSツアー用に制作された10曲収録のLPと2曲収録のEPが一つとなり、日本盤12曲収録CDとしてリリースされる。
結成より22年の歳月を経て表現方法が更に広がり、2018年型のBURNING SPIRITS HARDCOREを提示。メンバーそれぞれの個性が引き立たされながらも、一個小隊としての繋がりは一層強固なものとして全ての核となっている。その音像に乗る辛辣なメッセージは、現代社会の歪みがそうさせたものであろう。これがHARDCORE PUNKがHARDCORE PUNKである為の正しい形であるのだと痛感させられる。そしてこの作品が生み出された混沌とした平成の終わりが、前向きな一歩を踏み出す契機になる事を心から願うばかりだ。
(インフォメーションより)



camarada-kamiau.jpg

・カマラーダ (CAMARADA) - 噛み合う歯車 CD 税込2,160円 (Break The Records)

静岡ハードコア・パンクの2018年リリース11曲入りCD on Break The Records!!曲間に寸劇も挟んだ独特の作品。



eiefits-mezame.jpg

・EIEFITS - メザメ DIE HARD YELLOW VINYL 税込3,240円 (F.O.A.D.)

イタリアF.O.A.D.からアナログ盤もリリース!!今回はダイハード・イエロー・ビニールでの入荷です。

独自のキャラクターと独自のセンスで我が道をひた走る東京ハードコア・パンク、EIEFITSの3rdアルバム。本作からドラムがSLOWMOTIONSのIzumi氏が担当。ハードコア・パンクとしてこれ以上無駄の無く、しかし長年積み重ねてきたものを凝縮したような芯の強いサウンドを出すミュージシャンは、世界広しともそうは存在しないはずです。全ジャパニーズ・ハードコア・パンク・ファン必聴!!!

2ndアルバムから4年、ドラマーチェンジを経て制作された3rdアルバム”メザメ”!ex-HECKのボーカルSAHO、ex-FORWARD、KGSのT.T.がギター、ex-COMES/LIP CREAM/COLORED RICE MENのMINORUがベースという結成時からのメンバーと、新たに現- SLOWMOTIONSのIZUMIをドラマーに迎えた新体制で2017年から活動開始、約1年という期間を経て生み出された今作は生粋のPUNK ROCKドラマーIZUMI氏の繰り出すD-BEATならぬEIE-BEATとでも呼びたくなる 切れ味鋭いタイトなビート感によりバンド全体のPUNK ROCK度が倍増!うねりまくるベースにハードで多彩なギターワーク、更に力強さを増したボーカル、EIEFITSでしか創り上げられないメロディアスで強靭なHARDCORE PUNK!明確なメッセ―ジを持った歌詞も力強く胸に響き、歌われる事象に対し考える事をさせられる。PUNK ROCKは考えるきっかけになる音楽だと言う事を改めて認識させられる傑作!全15曲!(インフォメーションより)



vulgaritykids-noone-lp.jpg

・VULGARITY KIDS - No One / Bloody Splatter LP DIE HARD SPLATTER VINYL 税込2,808円 (F.O.A.D.)

1985年結成の栃木宇都宮シティ・ハードコア・パンク VULGARITY KIDSの、復活して録音した2017年音源と1989年デモを収録したLPがイタリアF.O.A.D.からリリース。限定300枚リリースで、今回はそのうちのltd.100枚ダイハード・スプラッター・ビニールで入荷しました。

Asia Recordsからリリースされていた8"ソノシートが近年中古市場で価格が高騰していましたが、このA面に収録にされている新録も時代が止まったような80年代後期国産アメハー・スタイル全開で凄い!!北関東産ながら、まるでAsia Records/モルガーナ系三多摩シティー・ハードコア/Adventure Familiy系京浜スラッシュなサウンドで、いや~、これは古い。勘違いしてもらっては困りますが、この「古い」は完全なる賛辞です。現代の20代にこの感覚は残念ながら絶対に出せないでしょう。80年代アメハーに影響された純正日本産パンク・スラッシュ。F.O.A.D.がサポートし続けるのも納得です。そしてB面の1989年音源が、VULGARITY KIDS全音源の中でも最もロウ・ダーティー・バイオレント且つクロスオーバー・タッチの暴走ハードコア・スラッシュでグレート!!初期RIPCORD、デモ時代FINAL CONFLICT、そしてその辺に強く影響されたスタイルを日本でイチ早く実践していた横須賀MAD CONFLUXなどのファンは絶対必聴の激渋発掘音源です!!

Great Dance Records New Releases


malimpliki-diskografio.jpg



・MALIMPLIKI - Diskografio 2014-2017 CD 税込1,620円 (Great Dance)

UNARMメンバーも在籍する東京の女性3人組ハードコア・パンク・バンドのディスコグラフィーCD。初回生産分は巾着袋に収納されています。プリミティブ&ノイジーなロウ・クラスト・パンク・サウンドが迫力満点!

◇Elasta 7''ep - Acclaim Collective(ACM030) 2015
1.Dicida momento
2.Tiu estas mia
3.Anti nuklea
4.Revolucio
5.Imagita malamiko
6.Agado
7.Malliberejo

◇Split with UNARM Flexi 2015
8.Agrabla vivo
9.Melankolio mateno

◇Revas En La Son?o Split with Saca La Fiesta Tape 2016
10.Imparable impulso
11.La komenco de la milito
12.Sykes-picot kontrakto

◇Unreleased track
13.Hakamada Iwao memoro

◇Split with Unskilled Lab Tape- Fantomo Diskoj(Fd002) 2017
14.Mulkolora
15.Esplorante la respondon
16.Absoluta



exotica-musique.jpg



・EXOTICA - musique exotique (Complete Discography) CD 税込1,620円 (Great Dance)

2018年11月に来日ツアーを予定しているNYブルックリンのハードコア・パンク・バンドのディスコグラフィーCDが、ツアーをサポートするGreat Danceからリリース。スリムケースで、ポストカードが付きます。

大阪PUNK AND DESTROYのMouse Recordsからのカセットが当店にも入荷していたバンドです。Riot City等UKハードコアのシンプルな土台を作為的でないロウネスで衝動的に演奏し、尚且つモダンなアヴァンギャルド感を漂わせた2010年代型ロウ・ハードコア・パンク!!


EXOTICA with MALIMPLIKI JAPAN Tour
musique exotique in japan
Tour schedule
11月
10(sat) Tokyo Nakano Heavysick Zero
11(sun) Osaka Namba Bears
12(mon) Mie Yokkaichi Vortex
13(tue) Hiroshima Spyder
14(wed) Okayama Tsuyama K2
16(fri) Nagoya Tsurumai Bar Ripple
17(sat) Tokyo Nakano Moonstep

SALEM (Japan) - Ancient Spells of the Witch 2LP




・SALEM (Japan) - Ancient Spells of the Witch 2LP BROWN VINYL 税込3,456円 / BLACK KVINYL 税込2,916円 (Floga)

CHURCH OF MISERY, ex. G.A.T.E.S.のベーシスト Tatsu氏が在籍した東京のへヴィメタル・バンド SALEMのデモ&ライブ・コレクション2枚組アルバムが、ギリシャFloga Recordsから2枚組でアナログ盤もリリース!!2003年にリリースされたコレクション・アルバム The Legacyは、今では中古市場で人気のレア・アイテムとなっていますので、ファンは間違いなく必須のコンピレーションです。最初期デモ3作と93年のライブを収録の全16曲収録で、2枚組CDと比べると収録曲数は減りましたが、ゲートフォルド・スリーブ内側にはライナーノート(英語)と当時の写真を多数掲載し、ブラウン・ビニールとブラック・ビニールの2種発売され、黒盤はこのレーベルの2枚組モノとしては今回はかなり安い値段ですので、ぜひこの機会にどうぞ!!

Howling Bullからのリリースなどもあって、スラッシュ/パワー・メタル系のシーンで活動したバンドですが、根っこは正統派と言い切ってもよいへヴィメタル・サウンドで、Back to the Frontデモが後にドイツのレーベルからアナログ化されたり、93年にイギリス・ツアーを行うなど、海外バンドやシーンとの交流に非常に積極的でした。パワー/スラッシュ系のソリッドでダイナミックな演奏によるプログレッシブなへヴィメタル・サウンドで、日本では数少ないエピック・パワー/へヴィメタル・スタイルですが、Tatsu氏本人はできれば封印したかったという1stデモは、まだVo.が日本語詞で、80'sジャパニーズ・アングラ・メタル好きの外国人が狂喜する様が目に浮かぶ、最高にカルトな内容でグレート!!後にヴィニール化された3rdデモあたりになると、まるでShadow KingdomやStorm Spellあたりが発掘再発してそうな、極上オブスキュアな合衆国産エピック・メタルにも引けをとらないクォリティー!

A-1 to A-4: Demo I. 1988
B-1 to C-1: Demo II. 1988
C-2 to C-4: Back to the Front. Demo III 1991
D-1 to D-4: Live at Shinjuku Loft, Tokyo 1993

MILITARY SHADOW - Metal Punk Ironfist CD BACK IN STOCK NOW!!






・MILITARY SHADOW - Metal Punk Ironfist CD 税込756円

再入荷!!

世界中でやりたい放題が暴走する2010年代メタルパンク・シーンに登場した救世主と言い切ってしまいたい、大注目の東京若手正統派メタルパンク・バンド MILITARY SHADOWが遂に1st CDを自主リリース。ドラムは先頃1stアルバムを発表したばかりのSLAMMING AVOD NUTSにも参加してるGoblin氏ですし、ギタリストのBranded Rebel氏はRUNNING WILDウォーシップ・ソロ・プロジェクト BRANDED REBELの方でも当店はお世話になっておりますが、そのBRANDED REBELデモCDR納品時にチラッと聴かせてもらって以来、非常に気になって仕方なかったのがこのMILITARY SHADOWでした。今年になって東京のシーンでもそのライブ・パフォーマンスが話題となり一気に注目度がアップしてきて、絶好のタイミングでリリースされたこのCDは、今後彼らを全国区に、または海外のマニアックなメタルパンク・ファンにも大いに刺激を与えることでしょう!!

"This is the New Age Of Metal Punk Anarchy"を掲げ、このバンド名ですから、WARFAREを連想してしまいますが、サウンドは"正統派"と強調したくなるほどのピュア・ジャパニーズ80'sスタイル・メタルコア・パンク。GASTUNKを筆頭にいろんなバンド名を羅列してオススメするのは簡単ですが、東京のSCOURGEとか、ちょっとタイプは違うけどメタルパンク移行期のNO EVACUATIONSなどといった、ファッションやイメージ先行だけでなく音楽に真摯に向き合っていた若手メタルコア・パンクスに年甲斐もなくワクワクしたあの頃の興奮がよみがえります。全メタルパンク・ファン必聴大注目&大推薦!!!

FRAMTID - Under The Ahes CD REPRESS!!




・FRAMTID - Under the Ashes CD 税込1,512円 (Crust War)

日本を代表する大阪クラストコア・パンクの、1st 12"と1st 7"を収録した21曲入りCD。

スカンジナビアン・ハードコアから影響されたノイジーなクラスト・サウンドを基盤に、メンバーの音楽的趣向の深さもにじませる、あらゆる80年代のハードコア・ロウ・パンクのフレーバーが絶妙に顔を覗かせる、ジャパニーズ・クラストの代表的名盤!!

Hardcore Punx from the Graves!!






・BATTALION OF SAINTS - Complete Discography 3LP 税込7,992円 (Pine Hill)

再入荷ぁぁぁaaarrrggghhh!!!!!

嵐を呼ぶ男達のフル・ボリューム・コンピレーション・アルバムが到着です。USサンディエゴ・ハードコア・パンク・キングス BATTALION OF SAINTSの初期から最新未発表まで収録した全60曲3枚組LP。2015年にBatts自身のレーベル Nutrons Recordsの名義を突如復活させ、Taang!とのライセンスなどお構いなしに再発した1984年1stアルバム Second ComingでシンガーのGeorge Anthony氏は吹っ切れたのか、この3枚組LPでもSouthern Lordからの2015年最新EPから、激レア1st 12" Fighting Boysまで余すところなく収録しています!!!!!

DISCHARGEの影響をUSHCらしいライトなドライビン・リフとキャッチーなVo.で聴かせるBATTALION OF SAINTSは、DISCLOSEの川上氏などがBATTSのDISCHARGEテイストにスポットを当てるまでは、自分達世代のUSHCファンにはさほどDISCHARGEインフルエンスなバンドとして認知は無かった印象ですが、数々の武勇伝を残した不良パンクス George Anthony氏の極悪キャラクターと、そして彼以外のオリジナル・メンバーが次々とこの世を去っていったという死神のような伝説は日本にも伝わっていたせいか、非常に荒々しいUSHCパンク・バンドの代表格のような存在で人気がありました。確かにGeroge氏はDISCHARGEとは当時から大の仲好しでフル・リスペクトもしていましたが、Ace Of Spadesをカバーしてたように、BATTSの核にあるのはDISCHARGEよりももっとR&Rのルーツに近いところがUSHCらしいカッコよさだと思います。恐れ多くもmotor-chargedなどと自ら名乗るには、まずはGeorge Anthony氏の下で10年ほど修行せねばならないのです。無事、生きて帰って来れればの話ですが。

そしてこの3枚組LP、これまで録音されなかった1985年の曲を2017年に初めて録音した未発表ナンバーや激レアFighting Boys 12"など、人それぞれ楽しみにしてるポイントが違うかも知れないけど、真性BATTSファンならば絶対に見逃せないのが、1995年発表大傑作2ndフル・アルバム Cutsの初アナログ・フォーマット化でしょう。初ヴィニール化のみならず、初アナログ・フォーマット、つまりオリジナルはCDのみでの販売で、カセット・テープも存在しなかった大傑作なのです。DISCHARGE, BROKEN BONES, etcのTerry "Tezz" Roberts氏がギターで参加して世紀の最強不良コンビとして90年代に暴れまくったBATTALION OF SAINTS A.D. (After Death)名義の、Cuts CD, Hell's Around The Next Corner 7", Muscle Of Love 7"の3作品を絶頂期と捉えているファンも少なくないのではないでしょうか?Alice CooperカバーのMuscle Of Love 7"のB面なんか、もはやBROKEN BONESやAGNOSTIC FRONT 2nd~3rd並みのソリッド・メタリック・スピード・スラッシュで震えます。その当時のBATTSのムチャクチャすぎる武勇伝も凄まじかった。。。

3枚組LPながら特に豪華な作りでもなく、付属物はインナーシートとDLコード、あとシュリンクラップの上にデカデカとハイプ・ステッカーを貼ったものですが、まぁこんなリリースこの先2度と無いでしょうし、それよりも、どーでもいい音源かき集めたようなその辺のバンドのコンピレーション・アルバムとは中身がまるで違うのです。本物です。全USHCパンク・ファン、必聴and dieeeggghhh!!!!!


SIDE A
Unreleased Tracks (Written 1985, Recorded 2017)
S/T 7" (2015年)
Punk Rock Christmas COMP. LP (2015年)
Muscle of Love 7" (1997年)

SIDE B
Cuts CD (1995年)

SIDE C
Hell's Around The Next Corner 7" (1995年)
Sweaty Little Girls 7" (1988年)
Rock in Peace COMP. LP (1987年)

SIDE D
Second Coming LP (1984年)

SIDE E
Second Coming LP (1984年)
Unreleased from Second Coming Sessions (1984年)
Our Blowout COMP. CASSETTE (1983年)
Someone Got Their Head Kicked In! COMP. LP (1982年)

SIDE F
Fighting Boys 12" (1982年)
Unreleased from Fighting Boys Sessions (1982年)



ataquefrontal-lp.jpg



・ATAQUE FRONTAL - S/T LP 税込4,860円 (Impulso Ruin)

AAARRRGGGHHH!!!届いてしまったーよー!!!AAARRRGGGHHH!!!

ATAQUE FRONTALは比較的ここ日本でも知名度の高い南米ペルーの伝説的ハードコア・パンク・バンドなのですが、高い。。。値段がとにかく高い。。。エレー高すぎる!!!中南米&東南アジア・ブラック・メタル発掘の第一人者、北海道の某レーベル様と「これは仕入れたいですね~。そちらは仕入れますか?入れるなら是非どうぞ!そして私もほしいです!」と、奪い合って勝ったのか、譲り合って負けたのか、どっちかわかりませんが、当店に入荷致しました。

ダッチD-Beatハードコア・ロウ・パンク AGENT ORANGEの2nd 7"や、フレンチ・デスラッシュ・メタルLOUDBLAST & AGRESSORのSplit LPといったパンク&メタルの激レア盤もたまに存在し、あとたいしてレアじゃないけど、シンガポールのメタルコア・パンク OPPOSITION PARTYの7"とか、スウェディッシュ・デス・メタル SUFFERの7"など、パンクとメタルでけっこうナイスなリリースの多かったフランスのNew Wave Recordsから1987年に7"を出していたペルーのバンドで、2000年代にUSのレーベルが再発したこともあって、日本の南米ハードコア・ファンにも広く愛されてきたカルト・バンドです。サウンドも南米ハードコア・ファンにはたまらないロウ・パワー爆発サウンドで、久しぶりに聴く前から良く覚えていた「あそこ!アソコ!アそこ!」を連発する名曲 "Asco"は2バージョン入ってるし、崩壊手前のロウ・パンク・ノイジー・デストロイ・スラッシュがとにかくかっこいい!!南米ハードコア・パンク・ファンのみならず、UNDERAGE, MG15, U.B.R.といったイタリアの伝説的レーベル Attack Punkのパンク・スラッシュ・クラシックスにも似た雰囲気もあります。どっちも名前にアタック入ってますからね。

で、このレコード、内容については以上の通り文句なしなんだけど、レーベル・オーナー(DIOS HASTIOの人)が張り切りすぎちゃって、まーーー高ぇーーー!!!それは南米からの送料以上にこの無駄に豪華な仕様によるところで、エクストラ・カバー・シート(ジャケとおんなじデザイン/サイズの紙)、ポストカード(ハガキ・サイズの厚紙)、ステッカー、バッジ、ミニポスター、ブックレットを付けてこのお値段です。しかし、奇跡的にインナースリーブが1ミリも抜けることなく南米から日本に到着したし、あとプレスも粗くなく、ジャケもちょっと厚めで、送金した後は「やっちゃったかなー」と若干後悔したけど、現物届いて、そして再生して「やっぱり入れて良かった!」と感じています。限定200枚リリースです、南米好きはぜひどうぞ!!

09 | 2018/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR