RECORD BOY

Eastern Europe DeSpeed Metal Cult Thrashers!!


fantom-lucifer.jpg



・FANTOM - Lucifer Jelenj Meg! DIE HARD LP 税込2,916円 (F.O.A.D.)

ハンガリー・ブダペストで1987~1988年の短期間に活動したデスラッシュ・ブラック・スピード・メタル・バンドが唯一残した1987年デモ9曲と同年リハーサルを収録した全14曲入りLPが、イタリアF.O.A.D.から限定300枚でリリース。両面プリントの歌詞インナーと、多数のカラー写真とデモ・スリーブを掲載したインナーも付いてます。今回はltd.100枚グリーン・ビニールのダイハード・バージョンで入荷しました。


Tracks A1-B2 : "Lucifer Jelenj Meg!” DEMO (1987年)
Tracks B3-B7 : "Próbafelvételek" リハーサル (1987年)


TORMENTORを輩出したハンガリーだけあって、これはなかなか極上のオブスキュア・ブラック・スピード・メタルです。TORMENTORのようなKREATORミーツBATHORY型のブラック・スラッシュよりも、POSSESSEDから絶対に拝借したであろうリフでShow No Mercy ~ Haunting the Chapelの頃のSLAYERタイプの曲を構成したような感じは、Vo.がさほど低音でガナったりしてないハードコア・シャウトなのに、サタニックなムード満点でかっこいい!!ジャーマンPOISON, クロアチアEVIL BLOOD, ニュージャージーSAVAGE DEATH, ワシントンDC MALFEITOR, etcのファンに絶対オススメdeath!!客は友達4~5人+その彼女だけのような状況でもステージでビシッときめてる写真など、オブスキュア・スラッシュ発掘ファンにはたまらないような写真の数々も最高です。



devastation-croatia-thepossibility-lp.jpg





・DEVASTATION (Croatia) - The Possibility of Life's Destruction DIE HARD LP + CD 税込3,240円 (F.O.A.D.)

世界中にたくさん同名スラッシュ/デス・メタル・バンドの存在するDEVASTATIONですが、こちらは現在も活動を続けるクロアチアのスラッシュ・メタル・バンドの、旧ユーゴスラビア時代1980年後半に残したデモを収録したコンピレーション・アルバムです。過去に中国のArea Death prod.からもコンピレーションCDが出ていたバンドなので思い出した人も居るかと思いますが、今回のF.O.A.D.リイシューは1989年2ndデモを初ヴィニール化し、CDには1987年1stデモ、さらに1990年代の活動停止期にメンバーがやってたHATROSSというスラッシュ・メタル・バンドのデモ種も収録して、中国盤CDよりもボリューム・アップした内容となっています!!Ltd.300枚プレスで、今回はそのうちのltd.100枚クリア・ビニールで入荷しました。


LP 1-10 : The Possibility Of Life's Destruction DEMO ~ 30th Anniversary (1989年)
CD 1-7 : DEVASTATION - The Upcoming Mayhem 08/1987 DEMO (1987年)
CD 8-14 : HATROSS - A Look At Tomorrow DEMO (1992年)
CD 15-17 : HATROSS - Demo 1996


パンク・ファンならば聴き馴染みのある本作/2ndデモ・タイトルはもちろんDISCHARGEのカバーで、HATROSS時代の1stデモもDISCHARGEのカバーをデモ・タイトルにしてるので、相当DISCHARGEは好きだったのかと推測もできます。でも、旧ユーゴスラビア時代ですから、DISCHARGEのサウンドよりも強烈な反戦メッセージに強く共感していたのがうかがえるスピード・メタル・スラッシュで、DISCHARGEタイプのクラスティーな黒さではなく、まるでジャーマン・ハードコア・パンクのような牧歌風メロディーがしびれる実に東欧産らしいクロスオーバーです。1stデモではS.O.D.のカバーもやってます。ポーランドのKATや、オランダMANDATOR、あとKAFKA PROSESSロゴも革ジャンにペイントしてたジャーマンDARKNESSみたいなスラッシュ/スピード・メタル・ファンには断然オススメです。そして恐らくこのたび初めて再発されるHATROSSは、ロゴとバンド名から連想させるVOIVODの影響はさほど感じさせず、というかDEVASTATION期とほぼ同じスタイルでこれまたグレート!!

Darkness DeathScent!!


*定休日の昨日カートアップして既にいくつか売り切れちゃいましたが、Dark Descent Records新作各種到着しています!!






・KRYPTS - Descending Era of Putrefaction DIGIPACK CD 税込1,836円 (Dark Descent)

2000年代以降のフィンランド・デス・メタルを代表するバンドの一つにまで上り詰めたと言っても過言ではないKRYPTSのデモ/EP/リハーサルを収録した初期音源コンピレーション・アルバムが、デジパックCDでDark Descentからリリース。


Tracks 1-4 : Open the Crypt DEMO (2009年)
Tracks 5-6 : Krypts 7"EP (2011年)
Track 7 : 2013年リハーサル


SENETENCED, AMORPHIS, DEMIGOD, DEMILICH, etcのフィンランド・デス・メタル諸先輩方からの影響を公言しながらも、2000年代のバンドらしい感覚で退廃感が増幅し、現在ではリチュアル・デス・メタル・ムーブメントも触発したような暗黒性を備えて、アンダーグラウンド・シーンで絶大なる人気を誇ります。ここで聴ける初期のサウンドは、まだ疾走パートもけっこう飛び出し、INCANTATIONとDEMIGODあたりの影響が強く感じられるスタイルで、特に後にMSUOから12"ヴィニール化された1stデモでは、BOLT THROWERやASPHYXなども思わせる重戦車級の突進パートも聴かせていました。そこから徐々にスロウネスが増し、S/T 7"では後の1stアルバムでの音楽性を既に匂わせる、HOODED MENACE的な黄昏れとグルーミーなデス・メタル・アビスへと堕ちていくのであります。


desolateshrine-deliverence-lp.jpg



・DESOLATE SHRINE - Deliverance from the Godless Void 2LP GOLD VINYL 税込3,780円 (Dark Descent)

2枚組LPも入荷!

CONVOCATIONやSEARといったプロジェクトやバンドをやってきたLLという人物が中心になって全パートをほぼこなし活動するスオミ・アポカリプティック・デス・メタル DESOLATE SHRINEの通算4枚目となる最新アルバム。リリースする作品は全てフル・レングスのアルバムのみ、という、このバンドの特性を今回もフルに発揮したような大作となっていて、このアルバムはCD入荷時から当店でもかなり好評です。アナログ盤はゲートフォルド・スリーブの2枚組で、今回はゴールド・ビニールで入荷しました。

AUTOPSYやINCANTATIONなど、USバンドの混沌激重デス・メタルの根底にはBLACK SABBATHを起源にする精神病質的狂気が渦巻いてると思いますが、片や欧州/北欧のバンドの世紀末的重苦しさのデス・メタルには、宗教的な美意識が感じられます。と、このDESOLATE SHINEが新作を発表して聴くたびに毎度感じます。DEATHSPELL OMEGA以降のAjna Offensiveバンドのプログレッシブなブラック・メタルにも通じるところがあるけど、今回最も強い印象を受けるのは素晴らしいドラミング。いかに装飾が派手だったり雰囲気作りに重きを置いていても、演奏力という根本的なところがこういうふうに激しいとまるで違います。ブラック・メタル・ファンにもオススメの傑作death!!



bloodincantation-starspawn-lp-yellowred.jpg



・BLOOD INCANTATION - Starspawn LP YELLOW / RED HAZE TRANSPARENT VINYL 税込2,700円 (Dark Descent)

イエロー/レッド・クリア・ビニールでようやく再入荷!!

Dark Descent Recordsの拠点 USコロラド出身デス・メタル・バンドの大ヒット1stフル・アルバムです。Dark Descentが以前から注目していた若手で、今回はそんな周囲の期待に十分応えることができた聴きごたえ満点の力作に仕上がっていますが、先にCDで発表された直後から大きな反響を呼び、このポスター&DLコード付きイエロー/レッド・クリア・ビニールLPは4thプレス2017年版になります。この後2018年版5thプレスも既に出ています。

DEMILICHやROTTREVOREにも通じる偏屈に低音域を徘徊するツイステッドなlowデス・メタルを土台に、キーボードは導入してないけどNOCTURNUSやTIMEGHOULを彷彿させるスペーシーなメロディック・ギターをブチ込んだSci-Fiデス・メタルです。このテのデス・メタルはメロディック・ギターがポイントとなってくるけど、以前は少々強引だろうがギター・ソロをブチ込んでくるところが微笑ましかったのが、今回は展開/構成ともにとても良く練られていて、SFデス・メタルとして申し分ない内容となっています。ズグズグlowなのに宇宙を感じさせるという、デス・メタルを聴いてないと意味不明なこの感覚は、地元コロラド出身の若者ならずとも、Dark Descentはいずれ目を付けたことでしょう。NOCTURNUS, TIMEGHOULファンにオススメ!!
08 | 2018/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Graphical Clock

Profile

RECORD BOY

RECORD BOY
Koenji Building 303
4-7-10, Koenji Minami
Suginami, Tokyo 166-0003
Japan
OPEN 13:00~CLOSE 20:00
CLOSE on WEDNESDAY

〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4-7-10
高円寺ビル303
BOY
TEL 03-3315-2682
FAX 03-3315-0484
営業時間午後1時~8時
毎週水曜日定休

MAP









Mobile Store

入荷情報BBS

How to Order

Recent Entries
Search this site
Categories
Archives
Link
QR Code
QR